Archive for the 'Finland' Category

pink kawaii? / ピンクかわいい?

August 13, 2015

2006Finland001
*exch. 067  ( limited number )

11 January 2006, Finland
St. Valentine’s Day

I am still thinking about kawaii/cute in stamps – how about colours?  OK, this is not only colour, but with a motif, of course.  Yet, is it still cute if not in pink?

I did not like the colour of pink for long time, since my low-teen until recently, because I though pink is representing girly flatter to gain anything better, which I was not equipped with.  I was reconciled with pink when I recognised that I am not called ‘girl’ any more.

Anyway, this stamp is simple and cute, and it delivers very strong message, anytime.

ずっと長い間、わたしはピンクが嫌いでした。中学の時に母が買ってくれたブラが体操服から透けてバスケット部の後輩から「ピンク先輩」と呼ばれたのがたぶんトラウマの始まりで、その後はピンクが似合うかわいい女性にはなれないとあきらめ、自分らしさを表現できる別の色を模索したのでした。

友人のFBで知ったジェーン・スーの『ピンクと和解せよ』という記事を読んだとき、あぁ、自分だけではなかったのだ!と知り、その分析の明快さに「そう!そうなのよ!!」と何度つぶやいたか。「媚びて発情している色」と思っていたから避けたのです。そして、わたしも40歳あたりで和解した。

この切手はもちろんハートの形もあるけれど、色がピンクでなかったら可愛さよりもシンプルさをまず感じるのではないかな、と思います。何より、強く正しくメッセージを運ぶデザイン。明日は「裏バレンタインデー」ですが、好きな人にはいつでもピンクの♡を届けたいものです。

covered with snow / 雪景色

January 20, 2013

1998Finland003

15 January 1998, Finland
from Moomin
‘Too-ticky playing barrel organ and Littly My dancing’
illustration: Tove Jansson
design: Pirkko Vahtero

In the last post I featured self-adhesive stamps from 2011, because Nyoro Nyoro was on one of them – but I like conventional gum with perforated edges far better and this is my best favourite set from the Moomin stories.  They live in severe Northern weather and the Moomin Troll family is hibernating during the winter.

It has snowed all day today here and we are surrounded by a White world.  We went for a walk, enjoyed to leave foot steps in powdery 4 inches of snow, but at the same time I am bored by this dull colour of sky and badly dreaming that the warm sunshine arrives soon, and Moomins are coming out from their house.

1998Finland004
1998Finland001
1998Finland002

‘Moomintroll dancing with the Snork Maiden’
‘Moominmamma making jam’
‘Moominpappa writing Play’

今日は一日雪が降って、ロンドン郊外のこの辺りは銀世界です。雪が小降りになった午後に長靴をはいて散歩に出かけ、10センチ以上積もっている雪に足跡をつけて楽しかったけど、正直、暗い朝を迎えることにいいかげん嫌気がさしているのでした。早く春が来ないかな〜〜。

ひとつ前のポストではニョロニョロの載っているセットを紹介しましたが、ムーミン切手ではこの1998年のものが一番好きです。目打ち糊付きの切手のほうが、紙の質感が良くて印刷も繊細だと思う。一枚目はムーミン一家が冬眠していて寂しいトゥーティッキーとミーが雪に囲まれている図。あとの3枚は春以降に太陽を浴びて嬉しそうなムーミン達、ジャムを作るムーミンママと執筆にはげむムーミンパパ。

Nyoro Nyoro in Moominvalley / ムーミン谷のニョロニョロ

January 13, 2013

2011Finland003
2011Finland004
2011Finland006

6 May 2011, Finland
illustration: Tove Jansson
design:  Satu Lusa

Nyoro Nyoro in Japan is the name of a creature in Tove Jansson‘s Moomin series – they are pictured on the third stamp, called Hattifattener in English translations.  They walk swayingly together and gather in mass numbers when a storm is arriving… then get electrified in a ceremonial manner!

These three stamps from ‘Hur gick det sen? (1952)’ are showing beverage/tea time in Moominvalley.  Oh no, not a drop left in a flask…

「ニョロニョロ」というと、日本ではムーミンに出てくるゆらゆら集団で歩く生き物の名前をまず思い浮かべる人も多いと思います。嵐の中で集団で電気チャージするこの生き物を思いついたトーベ・ヤンソンの想像力に憧れます。

上の3枚は、1952年原作の6枚の切手の中から、飲み物をめぐる情景を集めてみました。水筒がからっぽでがーん!としているムーミンがかわいい。セルフのりの切手は普通は好きではないけれど、これくらい形で遊んでいると楽しめます。

year of the Snake / 祝・巳年

January 3, 2013

1964Finland001

13 June 1964, Finland
General Assembly of World Medical Association
designer: O. Vepsäläinen
engraver: B. Ekholm

Happy New Year to everyone!

2013 is the year of the Snake.  As shown on this stamp, the snake ( or the serpent ) is the symbol of wisdom or medical care – the energy of life in ancient Inca and Indian worship, and the Greek and Roman herald’s wand of Caduceus.  Long, spiral and ‘kune-kune’ as we say in Japanese.  We have to learn from this animal, for endurance of life, avoiding obstacles in a smooth and quiet manner.

明けましておめでとうございます。

巳年の2013年が始まりました。まずはフィンランドから、医療の象徴としてのヘビを一枚。古代のインカ文明やインドでは神々の一員として、ギリシャやローマでは神の使者が持つ杖にからまって、ヘビは生命力や生きる知恵を人々に授ける存在として描かれたようです。今年はヘビに習って、障害物の隙間をするすると静かに通り抜ける練習をしてみようと思います。

fresh leaves / 若葉の季節

April 22, 2012


24 January 2011, Finland
Birch bud and leaf
design: Teemu Ollikainen and Timo Berry

Here in South East England, we have been having this extreme weather – blue sky in the morning and thunder and heavy rain in the afternoon – for last two weeks.  These rains must be giving a great relief to farmers, forests and all plants in the country, after the record dry winter.  The little buds on the Silver Birch tree in front of our house have grown significantly.  Summer soon? ( or too early to say? )

This set of stamps from Finland were issued last year, using the same die-cut tool as the Water Ripple stamps in 2008 – the shape is working better this time, I think.

ロンドンでは「午前は快晴、でも午後から雷が鳴ってどしゃ降り」という天気がここ2週間ほど続いています。雨の少なかった冬の後で水不足が心配されていたから、農家や森の木々にとっては恵みの雨です。やっぱり水が足りていなかったのか、家の前のシラカバも今年は新芽が遅かったのですが、ここ数日で小さいながらも葉っぱの形になってきました。夏はすぐそこか(それにしては寒い!)?

このフィンランドの切手は2008年の水シリーズの「押し切り型」を使い回しているようですが、、、こっちのほうが図柄としっくり合っている気がしません?

Northern Owls / 北国のふくろう

June 12, 2011



4 September 1998, Finland
‘Bubo bubo’
‘Aegolius funereus’
‘Bubo bubo’
design: E Brunn

The previous two stamps are from a set, completed by these three.  They are all on one sheet, as shown below.  Bubo bubo, known as the Eurasian Eagle-owl, is a large owl, with a wingspan of up to 2 metres.  The smaller one beside it, Tengmalm’s Owl, is similar in appearance to the Tawny Owl, which is hooting near by our house these days, but has a golden ring in its eyes.

上の写真はこのポストのトップから3枚の切手と前回、前々回のポストの切手をあわせたシートです。一番大きく描かれているワシミミズクは大きいフクロウで、翼を広げると2メートルになるものあるそうです。その翼の下の小さめのフクロウはキンメフクロウで、見かけは近くの森で啼いているモリフクロウに似ていますが、目に金色の輪があることが特徴です。

Great Grey Owl / カラフトフクロウ

June 7, 2011

4 September 1998, Finland
‘Strixnebulosa’
design: E Brunn

Maybe the owl I saw last summer in France was this Great Grey Owl, as I saw a kind of white face?  But this type of owl lives in Northern areas and is very large – it is also threatened in numbers.  In fact, what I saw was the more common Barn Owl – and its face is featured in this stamp.

去年の夏に見たフクロウはこれだったかな?と白っぽい顔のところを見て思ったけど、これも違いました。カラフトフクロウはもっと北に住んでいるし巨大で、最近は数が減っている種類のようです。わたしが見たのはメンフクロウでした。この切手になっているのがそれで、白いお面を付けているような顔です。

Snowy Owl / シロフクロウ

June 6, 2011

4 September 1998, Finland
‘Nyictea Scandiaca’
design: E Brunn

Last summer in France, I saw an owl for the first time in my life.  I thought it was greyish White, but it was already in an almost dark atmosphere.  So, I checked the Latin name on this stamp, then read articles about it.  No, the Snowy Owls live further north than where I was…

去年の夏、念願かなってはじめてフクロウを見たのです。かなり暗くなった空を背景に、農家の屋根から木立に向かって飛び立ったフクロウはうすいグレーだったと思ったのだけど、、、学名から調べたこのシロフクロウは違うみたい。ずっと北にしか住んでいないのでした。

wallpaper and chair / 壁紙とイスと

November 20, 2010

2007Finland001
2007Finland002

24 August 2007 Finland
top
‘2+3’ wallpaper by Ilmari and Annikki Tapiovaara in 1958
‘Paimio’ chair by Alvar Aalto in 1931-32
bottom
‘Pavroo Garland’ wallpaper in Biedermeier style
Empire style chair

I am amazed at how just a few elements can express a sense of  interior.  Wallpaper, the corner of a picture frame, a chair and its shadow – they are enough to convey the atmosphere of the room and taste of the owner.

壁紙、額縁、イスとその影。ほんの少しのアイテムとしつらえを描き出すだけで空間が出現して、部屋の雰囲気とか住んでいる人の好みがすっかり分かる。そういえば、インテリアってそういうものかも、、と思ったりします。

それにしても、ビーダーマイヤー様式が「簡素」の表現だったとは。たしかに、さらに以前は室内空間はもっと装飾的だったのですね。

water ripples / 水紋

September 7, 2009

2008Finland001
2008Finland002
2008Finland003

24 January 2008 Finland
design: Timo Berry
Lithography, printed by Joh. Enchedé

Are they a kind of definitives?  Simple idea and mysterious cut shape self adhesive stamps.  I may use this as a square stamp to avoid wasting  large part of water ripple print.

これは普通切手の一種でしょうか?シンプルな発想で、不思議な形に切られているセルフのりの切手。きれいだけど、捨てる部分が多すぎてもったいなく、結局、ふつうの正方形で貼りこんでしまいそうです。

2008Finland004

Moomin / ムーミン

September 6, 2009

2007Finland007
2007Finland004
2007Finland003
2007Finland005
2007Finland006
2007Finland008

9 May 2007, Finnland
illustration: Tove Jansson

Stories of Moomin valley is very popular in Japan, but I recognise that it is not well known in the UK.  Finish post has issued several set of stamps on this children books, which were fist published in 1954.

In this set of stamps from 2007, Moominmama is cooking outdoor.  Also they tell us that Finland is a contry of water.

ムーミンは日本では誰もが知っているけれど、英国ではあまり知られていません。フィンランドではムーミンに題材をとった切手がたくさん発行されています。

このシリーズではムーミンママが湖畔のたき火で料理をしています。トンボや咲き乱れる花が晩夏を思わせる色合いで、フィンランドが水の国であることを教えてくれます。

land sale? / 希望の灯り

September 5, 2009

1959Finland001

19 December 1959 Finland
Centenary of Trade Freedom in Finland
design: O. Vepsäläinen / engrave: R. Achrén

Firstly I guess this is about 100 years of some kind of lamp, but my translator describes ‘Maakauppa’ – the land sale.  I am confused.  Then I bought the ‘Stanley Gibbons Stamp Catalogue Part 11 Scandinavia’.  It helped me to find what it is about. Mono colour, simple and neat design.

最初は「電灯の100年」かな?と思ったのですが、オンライン辞書では最初の一語を「land sale」と訳すのです。何だろう?
(追記)
スタンリー・ギボンズの切手カタログを買って、何の切手だったかわかりました。希望の灯りが点ったのですね。単色ながらシンプルで端正なデザインです。

school board / 数学記号?

September 4, 2009

1969Finland001

24 November 1969, Finland
100 years of School Board

Design is made only by letters and Mathematical symbols.  Two layers of gravure and Intaglio Zammel print made beautiful mixture of colour and crisp letters.

「School Board」が何なのかいまいち不明ですが、その100年を記念した切手。グラビアで薄く数字と数学記号が印刷され、上から凹版ザンメル印刷で微妙な色合いとぱっきりした文字が印刷された、美しい一枚。

wood industry of Finland / フィンランドの林業

August 16, 2009

1956Finland001
1956Finland002

13 May 1959, Finland

Celebrating 100 years of wood industry.  Simple, clean and beautifully expressive.

林業の100年を記念した切手。単色のシンプルなデザインながら、言わんとすることがはっきり描かれ、美しいです。

windmill of New City? / 木造の風車

August 15, 2009

1967Finland003

19 April 1967, Finlan
350th Anniversary of Uusikaupunki in Nystad
designer: O. Vepsäläinen
Recess and Litho

My translator says New City, but yet to search.  It seems celebrating 50 years of a place, where an old wooden windmill is and has Two Fish coat of arms.

翻訳ソフトでは「New City」と訳したのだけど、詳細は不明。風車があって2匹の魚が紋章になっている場所の350周年を記念しているのではないかと思われます。