Archive for the '*exchange list' Category

heart and health / 心臓と健康

February 22, 2016

1972Japan002
*exch. 069  ( one mint only )

15 April 1972, Japan
Heart Ailment Prevention Campaign
design: Katsutoshi Hioki

From the same international campaign as the Irish stamp in my last post, this is delivering the message of awareness of heart disease.

Printed in only three colours – grey, orange-red and black – still appealing graphically, but it would be better without the small body builder!  I would imagine that there was a version without the human silhouette in the designer’s sketch, but in a meeting this version was chosen as the artistic ability of their audience was evaluated low.  The designer, who also designed my favourite stamp from the same year, knew about the graphic trend of the world and thought he must have done something as polished as the Irish example.

昭和47年4月15日発行
心臓病予防運動
デザイン:日置勝駿

前回アップした「心臓病を予防する国際キャンペーン」の日本からの発行です。

グレーと朱色と黒の三色で刷られ、廉価ながらも印刷色の重なりが効果的な印象の強い切手ですが、左下の白抜きのヒトがないほうが、より良かったのに、、とかなり残念。デザイナーのスケッチには人体のないバージョンもあって、けれども図柄が決定される時に、メッセージを受け取る対象としての購買者のデザイン的成熟が低く評価された結果なのでは?と想像をたくましくするのでした。同年に出ている「ナンバー君」が封筒から出ているのをデザインしたこのデザイナーは、おそらく世界的な切手デザインの傾向などにも精通していたはずです。

ちなみに日本ではこの「キャンペーンの内容を図柄でわかりやすく(グラフィック・アートとしては稚拙に)表現する」手法は1990年代中ごろまで続き、時代遅れな印象の切手がたくさん見つかります。そんな中では、シンプルな70年代の切手は好ましく思えます。

happy monkey year / 謹賀新年

January 1, 2016

1968Japan001
*exch. 068  ( limited number )

11 December 1967, Japan
New Year of 1968, ‘Rising Monkey’ – toy from Miyazaki
のぼりざる(宮崎の玩具)

I wish you a happy new year of 2016!

As you may notice by now, this is the year of the monkey in Eastern zodiac astrology.  This stamp is depicting a monkey toy, which slides up a pole somehow.  The round thing on it back is a drum for traditional Japanese music.

I notice that the last post I made was in August last year…  I hope to have more time and space in my mind to view and feature stamps here this year.

新年あけましておめでとうございます。
みなさんにとって、楽しい一年になりますよう!

申年の切手を探したら、、、たった一枚持っているだけでした。「のぼりざる」って、、どうやって昇っていくのか、実物を見てみたいです。黄色の背景が、お正月らしい突き抜けた明るさです。

さてこれで、猿の切手のご紹介は早くも終了。前回のポストがなんと昨年8月だったのです。今年こそは、少し余裕をもって暮らして、切手をながめたりここで紹介する時間を持てたら、と思います。今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

pink kawaii? / ピンクかわいい?

August 13, 2015

2006Finland001
*exch. 067  ( limited number )

11 January 2006, Finland
St. Valentine’s Day

I am still thinking about kawaii/cute in stamps – how about colours?  OK, this is not only colour, but with a motif, of course.  Yet, is it still cute if not in pink?

I did not like the colour of pink for long time, since my low-teen until recently, because I though pink is representing girly flatter to gain anything better, which I was not equipped with.  I was reconciled with pink when I recognised that I am not called ‘girl’ any more.

Anyway, this stamp is simple and cute, and it delivers very strong message, anytime.

ずっと長い間、わたしはピンクが嫌いでした。中学の時に母が買ってくれたブラが体操服から透けてバスケット部の後輩から「ピンク先輩」と呼ばれたのがたぶんトラウマの始まりで、その後はピンクが似合うかわいい女性にはなれないとあきらめ、自分らしさを表現できる別の色を模索したのでした。

友人のFBで知ったジェーン・スーの『ピンクと和解せよ』という記事を読んだとき、あぁ、自分だけではなかったのだ!と知り、その分析の明快さに「そう!そうなのよ!!」と何度つぶやいたか。「媚びて発情している色」と思っていたから避けたのです。そして、わたしも40歳あたりで和解した。

この切手はもちろんハートの形もあるけれど、色がピンクでなかったら可愛さよりもシンプルさをまず感じるのではないかな、と思います。何より、強く正しくメッセージを運ぶデザイン。明日は「裏バレンタインデー」ですが、好きな人にはいつでもピンクの♡を届けたいものです。

175 years ago, the very first one / 世界発の切手

May 26, 2015

2015UK001
*exch. 065

6 May 2015, United Kingdom
The 175th Anniversary of the Penny Black
designed by Sedley Place

The original stamp was designed by Henry Corbould, based on ‘City’ medal by William Wyon

175 years ago this month, the world’s first stamps were printed and used.  Yes, the Penny Black.  Postal services were already used all over Europe, but for the first time the cost for the delivery of a message is made uniform within a nation by the innovation of stamps – the brainchild of Sir Rowland Hill, who founded the Post Office.

The stamp design is very simple, just added perforation line, the current Queen’s silhouette and denomination on one corner – no other way to celebrate this stamp, I agree.  Then the two are matched with the Twopenny Blue, in a sheet.

2015UK003
*exch. 066

175年前の今月、世界で始めての切手が生まれたのでした。有名な「ペニー・ブラック」です。手紙を配達するサービスはすでに各地で始まっていてそれが郵便として整えられ、多くの人に使われるようになったのはこの切手からです。近代郵便制度の父と呼ばれるローランド・ヒルが考え出し、その功績で彼はナイトに叙されたのでした。

記念切手はいたってシンプル。目打ちをつけ、女王のシルエットと金額を足しただけです。これ以外に、やりようがないですよね。すぐ後に発行された「2ペンス・ブルー」と4枚でシートになっています。

 

rainbow Love / ♡な日が近い

February 12, 2015

1984USA005
*exch. 064  ( limited number )

31 January 1984, USA

St. Valentine’s Day is soon.  I know the chocolate shops in Japan are in the busiest time of the year.  Here in East London, where Christians could be a minority group, you can see modest red hearts only in the supermarket check-out area.

I like the font on this stamp and I discovered that it is called ‘Bodoni‘ designed in 1798 by Giambattista Bodoni – a 226 year old font!   It is interesting to learn that the typographer is already a recognised profession in Europe at that time, alongside the rapid development of Letterpress printing since the 15th century.

バレンタインデーが近づいていますね。きっと日本ではチョコレート商戦がピークを迎えていることでしょう。キリスト教徒がたぶん少数派のスタジオ近辺では、coopスーパーのレジ周りだけ、控えめに♡が飛んでいます。

この切手のフォントが好きで由来を調べたところ、「Bodoni」という名前で今から226年前の1798年にジャンバッティスタ・ボドニによってデザインされていました。タイポグラファーという職種はヨーロッパでは活版印刷が広まるとともに育ち、国際的に使われる文字も生まれはじめたのですね。

hair comb / 髪に櫛

September 16, 2013

1974Japan003
*exch. 063  ( limited number )

20 April 1974, Japan
“Finger” ( 1911 ) by Itō Shinsui ( 1898 – 1972 )
Philatelic Week
layout: Hitoshi Otsuka

This paining is showing 20 years earlier fashion than the previously featured stamp.  When the hair style was completed, the comb was often placed in the hair, part of the coiffure decorations.

I visited an excellent exhibition “Origins of the Afro Comb” at The Fitzwilliam Museum in Cambridge and saw many combs made in different materials.  In Japan the customs of showing combs in your hair came to an end around the 1930’s, but in Africa they are still used and expressing identity of their culture.

1974Japan003-2

昭和49年4月20日発行
切手趣味週間
原画:伊東深水画『指』(明治44年)
切手デザイン:大塚均

東京生まれの伊東深水は14歳の頃にこの絵を描いているようです。一つ前に載せた小林古径の『髪』はこの絵よりも20年のちに描かれ、妹はそれまでの結われた日本髪からモダンなおかっぱになり、1930年頃に櫛が髪に飾られる風習が絶えて行ったことが見てとれます。

ケンブリッジのフィッツジェラルド博物館で11月3日まで開催されている『Origins of the Afro Comb』はとても面白い展覧会で、木や動物の骨、金属などのいろいろな素材で作られた6000年前からプラスティック製も加わった最近の櫛までが展示され、アフリカの歴史や文化を世界に示すツールとして櫛が今も髪に飾られている様子が紹介されています。

combing hair / くしけずる

September 13, 2013

1969Japan012
*exch. 062 ( one mint only )

20 April 1969, Japan
“Hair”  (1931)  by Kobayashi Kokei ( 1883-1957 )
Philatelic Week
layout: Hideo Hasebe

This was the first Japanese stamp featuring a painting of a topless female.  The artist Kobayashi Kokei was living in London between 1922 – 1923, where he copied Gu Kaizhi‘s “Admonitions Scroll‘ exhibited at the British Museum.

In this piece, he painted very delicate hair lines and the younger sister combing it, as well as depicting the fashion colours of 1930’s Japan.  His house was planned by Isoya Yoshida and it is reconstructed next to his museum in Jōetsu City.

昭和44年4月20日発行
切手趣味週間
原画:小林古径画『髪』(昭和6年)
切手デザイン:長谷部日出男

女性の上半身裸が初めて日本の切手になったのは1969年です。画家の小林古径は1922年から翌年までロンドンに住んでいて、大英博物館で展示されていた顧 愷之(344-405)の作品「女史箴図巻」を模写して線描の練習をしたそうです。

この作品は、線描での簡潔な描き方とシンプルな色合いが綺麗で、昭和初期の衣服や色合いが美しく描かれています。吉田五十八によって設計された小林古径邸は、新潟県上越市に移設されているらしく、いつか見に行きたいなぁ。

staying cool / 納涼図

August 23, 2013

1978Japan009
*exch. 061

3 March 1978, Japan
Staying Cool under the arbour of evening glory
by Kusumi Morikage  (c. 1620–1690)
2nd National Treasure Series
layout: Saburo Watanabe

In the past at the height of summer, Japanese went outdoors to enjoy the cool air.  This is no longer possible, as no cool air is breezing through town since the exhaust from the air conditioners are out onto the streets.

This painting is regarded as the most subtle national treasure and it depicts a family sitting under a trellis.  The original shows that someone added the Yukata on top of husband’s body, but the wife was left as she was.  It is interesting to know that the female topless was fine at that time.

昭和53年3月3日発行
第2次国宝シリーズ 第8集
原画:久隅守景画『夕顔棚納涼図屏風』(17世紀)
切手デザイン:渡辺三郎

今度は「のんびり涼しそうな」情景の切手です。

この原画は日本一地味な国宝と言われているそうです。切手になっても地味ですが、よく見ると、家族三人が葉の茂った棚の下で涼んでいる、なんだか楽しそうな光景なのでした。

面白いのは、拡大図を見ると、ふんどし一丁でくつろいでいた夫には後に衣が描き足されたのに、上半身裸の妻はそのままです。誰かに配慮して加筆した人にとって、女性のトップレスはOKだったのですね。

slight variation / バリエーション

April 19, 2013

1965Japan002
*exch. 060

17 May 1965, Japan
Centenary of International Telecommunication Union
design: Yoshiomi Higashikadoi

Issued for the same theme of telecommunication as the previous two stamps from Ceylon, Brazil, France and British.  A Japanese stamp designer had taken guidance from the ITU a little straight, and made minor changes – somehow this modest stamp appeals to me, it’s charming.

If you look at the little detail of the electrical Insulators, and find slight differences in shape between each country – you might share an odd passion on ‘Insulator watchers’ – I am one of those proud Otaku.

昭和40年5月17日発行
国際電気通信連合( ITU )
デザイン:東角井良臣

続けて掲載しているセイロンブラジルフランス、そしてイギリスからの切手と同じく「国際電気通信連合の百年」を祝う切手です。連合が発行したデザインのガイドラインに沿っているけれど、少しだけ変えた中央の地球と背景の空に浮かぶ星が、この切手を愛らしくしているみたいです。

電信柱からひょろっと飛び出ている絶縁体の形が国ごとに少し違うことに気付いたあなたは、、、ガラスのでも陶器のでもがいしを見るとつい欲しくなってしまう、わたしと趣味を同じくするがいしファンですね。

rowing through a year / 一年を漕ぎきる

December 31, 2012

1985Hong Kong001
*exch. 058 ( used: limited number )

1985 Hong Kong
Dragon Boat Festival

On the last day of the year of the Dragon – again this year was busy as we rowed through the seasons…  Hoping these efforts will produce a nice calm peace in the near future.

Have a nice new year!

辰年の2012年の最後に、香港からドラゴン・レースの切手を。今年も一生懸命、えっさえっさと漕いだ気分。あー、なんだか疲れたなぁ。けれど、一緒に漕いでくれる人たちがいて幸せでした。この努力が、いつか平和な老後(!?)となって報われる日を待ちましょう。

良い年をお迎えください。

Lights on the bike! / 自転車にライトを

December 22, 2012

1973Hungary001
*exch. 057 ( one used only )

1973 Hungary
‘Lights on the bike’

Yesterday was the Winter Solstice and from today we have day time getting longer.  Hurrahhh!  But still, it is a rainy, dark, miserable day today.  Grrrrrrh.

In this dark and shallow light season, all drivers have to be very careful watching the road.  Bicycles without lights popping out from side roads are real danger.  Please do fit your bike with the brightest set of lights!

This Hungarian stamp is telling us of the importance of the lights, also depicting the dark European winter very well.

世界が終わらなかった昨日は、冬至でもありました。久しぶりに晴れたこともあって「明日から昼間が長くなる、ららら〜ん」と喜んだのに、一夜明けるとまた暗い朝で、一日中雨。

こんなに暗いイギリスでは、車の運転も慎重にならないといけません。わき道からすっと出てくる無灯火の自転車には、毎度どきっとさせられます。

ざらざらした紙の質感と濃紺の印刷で、ヨーロッパの暗い冬の感じがよく出ているハンガリーの切手。「自転車にライトを!」という呼びかけが切実です。

automated / 全自動化

May 17, 2012


*exch. 059  ( limited number )

14 March 1979, Japan
Completion of Automated telephone
design: Minoru Hisano

When I bought my first telephone for my flat in Tokyo in 1989, the shape of telephones had changed since the 1960s.  The rectangular body with slim hand set on one side, with ten keys – it had message function already, but the length of message was limited by the small cassette tape…  23 years ago!

This simple stamp from Japan is telling that telephone connection was automated already in 1979 – ten years earlier than my ten-key telephone era.

昭和54年3月14日発行
全国電話自動化完了
デザイン:久野実

自分の部屋に初めて電話を引いたのは東京で就職した1989年でした。ジーコロとダイヤルを回すタイプの電話機はもう売られていなかったと思います。買った電話はグレーの長方形で、受話器もスリムでマットな質感でした。小さなカセットテープが入ってメッセージを録音できたあの電話は、23年前の最先端でした。

「電話の自動化」が具体的にどういう事なのかいまいち分かっていないのですが、1979年には国内向けの「電話交換手」という職業が消えた、ということですよね?

courier bird 2 / 運ぶ鳥 2

March 19, 2012


*exch. 050

20 June 1977, Japan
Centenary of Admission to Universal Postal Union
design: Katsutoshi Hioki

I found another stamp with birds, carrying messages.  The rectangular shape in the middle is a post box – I noticed that Red post boxes are not universal.  This map shows the different colours of post boxes around the world – but for me, having lived in Japan and now living in the UK, post boxes have always been red!

The design of this stamp looks nicely dated and the shape of this post box is evocative of that time, in a similar way that I remember ‘Mr. Number’ of these stamps at the edge of my memory.

昭和52年6月20日発行
万国郵便連合加盟100年記念
デザイン:日置勝駿

ポストの周りを舞う鳥がピンクの封筒をくわえている、しんみりとレトロな図柄。35年前の切手と思うとうなずけますね。以前に載せた「ナンバー君」切手にも出てくるこのポストは、この頃から登場したようです。

中央にあるのがポストなのは日本人なら誰でも分かるし、きっとイギリス人にも分かると思うけれど、実は世界のポストはこんなにいろいろな色で設置されているのですね。フランスとフィンランドの黄色ぐらいしか憶えていないのだけれど。

oxidized silver love / いぶし銀の♡

February 13, 2012


*exch. 053 ( one mint only )

6 February 2001, United Kingdom
Love
design: Springpoint Design

Since I arrived to Tokyo last week, I have been seeing a lot of ‘hearts’ floating in window displays, on greeting cards, balloons attached to temporary chocolate stands – yes, St. Valentine’s Day! Here in Japan, 14 February is a big day, when women are able to express their love to men with a package of chocolate.  In fact, a lot of little ribboned boxes are given to male colleagues, male teachers, fathers, grandfathers and even sons.

I admit that those bubbly hearts cheer up this cold winter towns, and also make you to think about delivering your love.  But I think that love can be expressed every day, not necessarily with floating pink hearts, but with something subtle and blended into your daily life – something like in this oxidized silver.

This is my favourite set with hallmark letters on sliver and nice patina.




*exch. 054
*exch. 055 ( one mint only )
*exch. 056 ( one mint only )

Thanks
Welcome
Cheers

明日はバレンタインデー。赤やピンクのハートがあちこちにディスプレイされている光景を久しぶりに見ると懐かしく、中学や高校の頃はこの時期に本当に緊張したよなぁ、、、と遠い記憶がよみがえったりしています。この寒い中、街がハートでにぎやかになるのも悪くないけれど、なんだがふわふわしている。この切手のようないぶし銀のほうがしっくりくる大人のハートもあるんじゃないかな、と思ったのでした。

このグリーティング切手のシリーズは銀をはじめとする貴金属細工の加工メーカーや品質保証の刻印を模して文字を並べたもので、遊びごごろのある文字の配置と使い込まれた銀器の質感がかっこいい、お気に入りのセットです。

「あなたを大切に思っています」という気持ちは、刻印のようなひかえめな表現でいいから、毎日の暮らしで折りにふれ伝えるのが一番ではないかな、と近ごろ思うようになりました。

Oak leaves and a cat / ナラの上の『黒き猫』

November 8, 2011

1979Japan006
*exch. 049

21 September 1979, Japan
‘Black Cat’ (1910) by Shunso Hishida (1874-1911)
layout: Yoshiaki Kikuchi

The cat is sitting on an Oak tree – we are more familiar with straight Oak trees, but sometimes it is bendy and provides a good place for a cat.

The painter Shunso Hishida started to bring innovative techniques into traditional Japanese painting around 1900.  He traveled to India, America and Europe between 1903-05, after which he even tried pointillism – but the Japanese painting authorities did not accept him at that time.  It is a pity that he died young and did not try to stir up the artistic circles further.

昭和54年9月21日発行
菱田春草画『黒き猫』(明治43年)
近代美術シリーズ第3集
原画構成者:菊地吉晃

オークは木材用のものはまっすぐですが、こんなに曲がった育ち方をすることもあるのですね。

明治33年頃から輪郭線を使わない画法を試していた夭折の画家菱田春草(明治7-44年)は、岡倉天心と一緒にアメリカとヨーロッパを旅し、帰国後には点描で日本画を描くことを試したようです。「ジャポニズムの影響を受けて始まった」とされる印象派の作品に触れ、その革新に刺激されたのだろうか?と推測するのも面白いです。

butterfly, radish and sun / 大陽はどこに

August 18, 2011

1971Netherland002
1971Netherland001
*exch. 051 ( bottom one only )

9 November 1971, Netherlands
design: Babs van Wely

When I was in the countryside for cycling last weekend, I saw a couple of yellow butterflies.  I had an idea that butterflies are found from spring to early summer and not after the peak of a hot summer.  It seems we haven’t had the peak of summer yet – and I am seeing some trees getting coloured already…

Where is our sun!?

1971Netherland003
*exch. 052 ( limited number )

Has summer gone already?

But in our garden, the branches of our pear tree are heavily laden with the biggest pears of the last few years.  How about the vegetable harvest?

I like the composition of these stamp designs – wide sky for the butterfly and deep ground for the radish, as well as the sun with big hands.

先週末、郊外をサイクリング中に蝶がひらひら飛んでいるのを何度か見かけました。あれ、蝶は春先から初夏にかけて飛んで、お盆を過ぎたらぱったり見ないもののはずでは?というか、ここイギリスではこの夏、ほとんど暑くならないままに木々が色づき始めているのでした。

大陽はどこに?
夏は終わったの?

そんな天候なのに、庭の梨の木が今まで見た事のない大きさでたわわに実って、枝が重みで垂れ下がっています。土の中の野菜類は順調に育っているのかな?

地面の位置の違いで蝶に広い空、カブには深い大地を作っている、この女性イラストレーターのおおらかな構図が大好きです。手を振っているような大陽も甘すぎず、クール。

falling on one’s bottom / すってんころりん

January 8, 2011

1977Japan007
*exch. 048

25 March 1977, Japan
Animal wrestling on ‘Choju-jinbutsu-giga‘ ( 12-13 Century )
layout: Saburo Watanabe

‘Choju-jinbutsu-giga’ means ‘Animal-person Caricatures’, drawn by unknown artists at a temple in Kyoto, between the 12th and 13th century.  This set of scrolls are regarded as the first Japanese manga.

In this scene, a rabbit is thrown by a frog in sumo wrestling, and not just the frog audience, but also the defeated rabbit are laughing.  I remembered this stamp when I slipped and fell on my bottom on the stairs of a friend’s house a few days ago.

昭和52年3月25日発行
『鳥獣人物戯画』(平安時代末期 – 鎌倉時代初期)
第2次国宝シリーズ 第3集
原画構成者:渡辺三郎

お正月の3日に友人宅の階段ですべって尻もちをつき、まぶたに火花が飛び散りました。その時に思い出したのがこの切手。

『鳥獣人物戯画』の一場面のうさぎの表情が大好きです。こんな風に、すってん転んでもわははと笑っていられるような、そんな一年になったらいいな、と、、。

shrimp, prawn or lobster? / エビ問題

December 14, 2010

1966Japan001
*exch. 047

31 January 1966, Japan
Japanese spiny lobster
original paint: Eizo Kato ( 1906 – 1972 )

When this stamp was issued, we were not aware of the impact of the commercial fishing on the ocean environment.  Recent researches are revealing the scale of destruction and I was shocked to watch ‘The Death of the Oceans?’ presented by David Attenborough.

This is the Japanese spiny lobster and they seem ethically OK.  But smaller ones, prawns or shrimps are more problematic.  Shrimp trawling causes a lot of bycatch.  According to Greenpeace Seafood Red List, there are 10 kgs of bycatch for 1 kg of shrimp, and endangered species, such as sea turtles, are often caught.  Prawns and shrimps are largely exported to Japan, USA and Western Europe.

Do we keep enojoying Dim Sum at a reasonable price in traditional Chinese restaurant or look for a MSC certified restaurant and pay a bit more? – Although I am used to choose vegetables and meat ethically, this is not an easy question to ask myself.

昭和41年1月31日発行
魚介シリーズ
原画:加藤栄三 ( 明治39 – 昭和47 )

この切手が発行された時にはまだ、漁業が環境に与えている影響についてほとんど議論されていなかったと思います。最近、デーヴィッド・アッテンボローのBBCのドキュメンタリー『The Death of the Oceans?』を観てショックを受けました。人口の増加と漁業技術の進歩、寿司が世界中で好まれるようになったこと、、、原因はたくさんあるけれど、ともかくこのまま続けると海の生態系はずたずたになってしまう。

この切手に描かれているイセエビは、たまにしか口にしないけれど、さほど問題ではないようです。もう少し小さめのエビ、アジアの海で底網で収穫されるタイプが環境に深刻な影響を与えています。1キロのエビを穫るために他の生き物が10キロもトロール網にかかってしまうのだそうです。その網には、絶滅の危機にある海ガメもかかってしまう。そして、エビは遠く日本やアメリカ、ヨーロッパなどの消費地に輸出されます。

今までのように中華街で安く美味しい飲茶を食べ続けるか、それともMSCに認定された別のレストランで(ある?)少し高い料金を払うか?卵や肉、野菜などをサステナブルな売り手から買うことには慣れてきたけれど、エビ問題にはちょっと困っているのでした。

season of fish / 冬は魚

December 5, 2010

1967Japan004
1967Japan005
1967Japan001
*exch. 046 ( bottom one only / limited number )

1967 Japan ( from top: 10 March, 30 June, 10 February )
Fugu / painted by Shingo Yamada ( 1908 – 1977 )
Flying Squid / painted by Takayama Tatsuo ( 1912 – 2007 )
Amberjack / painted by Okumura Dogyu ( 1889 – 1990 )

I was grown up in Yamaguchi prefecture, which is known for Fugu fishing.  I remember once my grandfather caught this funny looking but poisonous fish and my mother took it to a fishmonger who had a license to prepare it for sashimi.

Amberjack is a special delicacy for me as it fished far away from where I used to live.  And I was wrong to remember about squid as a winter taste – this Flying Squid, the most common squid is summer/autumn food.

Recently I am more concerend about what I eat – not just the safety of it, but also the impact of commercial fishing on the environment.  Then I started to look up names and the recent statistics.  This list is helpful for getting some idea, from their names.

昭和42年2月~6月発行
魚介シリーズ
原画:
トラフグ / 山田申吾 ( 明治41 – 昭和52 )
スルメイカ / 高山辰雄 ( 明治45 – 平成19 )
ブリ / 奥村土牛 ( 明治22 – 平成2 )

山口県で育ったのでフグは身近な魚でした。祖父が近くで釣って帰って、母が免許を持った魚屋に持ち込んでさばいてもらったのを憶えています。ブリは遠く日本海側で釣れる魚だから、家族にとってはお正月用の特別な魚でした。イカも冬の味だと思い込んでいたのですが、スルメイカは夏が旬なのですね。

近頃、日常的に食べるものがどんな風に育ったり捕獲されたりしているのか、魚好きのわたしたちによる消費が環境にどんな影響を与えているのか気になります。けれど、魚についてあまりに何も知らないので、この一覧表の助けをかりて魚の名前と姿を見比べることから始めようと思います。

cooking beauty / 台所美人

November 29, 2010

1983Japan001
*exch. 044 & 045 ( two together )

20 April 1983, Japan
Philatelic Week
‘Kitchen Beauties’ by Utamaro ( 1753? – 1806 )
stamp design: Yoshiaki Kikuchi

This kitchen might be located in a house or outside – so, I sort it in ‘food and cooking’ category.  The original woodblock print is in the collection of Tokyo National Museum, as well as Museum of Fine Arts Boston.

This stamp is well representing details – coiled handles on boiling pot, delicate patterns on Kimono, smoke comes out from the cooker and a lot more.  It is great pleasure to inspect it with a magnifier.

1983Japan001-2

昭和58年4月20日発行
原画:喜多川歌麿 ( 宝暦3年? – 文化3年 )『台所美人』
切手デザイン:菊地吉晃

虫メガネでじっくり観察すると本当に楽しい一枚です。着物の柄、しなやかな手に握られた包丁と丸ナス、釜の持ち手についたコイル状の針金、炉から吹き出る煙。小さな切手にこのディテールを再現したデザイナーと印刷職人の心意気に拍手をおくります。

元になった木版画は東京国立博物館ボストン美術館に収蔵されています。