Archive for the '-endangered species' Category

Great Grey Owl / カラフトフクロウ

June 7, 2011

4 September 1998, Finland
‘Strixnebulosa’
design: E Brunn

Maybe the owl I saw last summer in France was this Great Grey Owl, as I saw a kind of white face?  But this type of owl lives in Northern areas and is very large – it is also threatened in numbers.  In fact, what I saw was the more common Barn Owl – and its face is featured in this stamp.

去年の夏に見たフクロウはこれだったかな?と白っぽい顔のところを見て思ったけど、これも違いました。カラフトフクロウはもっと北に住んでいるし巨大で、最近は数が減っている種類のようです。わたしが見たのはメンフクロウでした。この切手になっているのがそれで、白いお面を付けているような顔です。

Happy New Year / あけましておめでとう

January 1, 2011

30 August 1974, Japan
Nature Conservation Series: Mammals
Amami Rabbit

Happy New Year!

This is the year of rabbit in Chinese astrology, which consists of 12 dedicated animals.  This rabbit from the South Island of Japan is an ancient type of rabbit, now endangered.  Mongooses released by island residents to kill poisonous snakes have killed a large number of Amami rabbits, too…

I would like to learn more about those delicate balances of enironment and biodiversity this year.

あけましておめでとうございます。
新年もよろしくお願いします。

このブログを始めてから2度目の元旦は、干支の兎です。離島に生息し古代のウサギの名残をとどめているこのアマミノクロウサギは、残念ながらかなり数が減っているようです。理由は、毒蛇を減らそうと島に持ち込まれたマングースと、ペットの犬猫らしい。

生態系とはデリケートなものなのですね。今年は生物多様性についてもう少し学びたいと思います。

Ryukyu Robin / アカヒゲ

February 10, 2010

1976Japan001
*exch.032

27 February 1976 Japan
Ryukyu Robin (Erithacus komadori)
photogravure with engraving
designer: Yoshiomi Higashikadoi
engraver: Tsuneo Kasano

The bird lived Southern islands, was certified as Natural monument in 1970.  Now it becames one of vulnerable species.  I wonder if that is the case for other animal and insect featured in the same series?  No voice file is found of this bird – no picture in Wikipedia.  I should send this stamp picture, as this is beautifully illustrated.

昭和51年2月27日発行
自然保護シリーズ 第2集 鳥類
デザイン:東角井良臣
原版彫刻:笠野常雄

もう一枚、丁寧に作られた日本の小鳥の切手があったことを思い出しました。絶滅危惧種のアカヒゲでした。おもに南西諸島に棲み、大隅半島に渡って繁殖するのだそうです。1970年に国の天然記念物に指定され、その後も数が減り続け。「ハブ退治を目的として各島に導入されたマングースが食べている」んだって。そういう「導入の失敗」ってあちこちで起こってるんですね。この「自然保護」シリーズで70年代に取り上げられた鳥や動物は、今では絶滅危惧種が多いのかな。調べてみようと思います。精緻な足元を拡大します。

1976Japan001-4

sound of Cicada / 蝉しぐれ

August 31, 2009

1977Japan004
1977Japan005
1977Japan002
*exch.010, 011 & 012

1977 Japan
Nature Conservation Series: Euterpnosia chibensis, Boninthemis insularis, Graphium doson albidum & Luciola cruiata

All those insects have association to specific season strongly.  A week ago in Japan, I heard a lot of sound of Cicada, sound like strong squall, even in a small park in town.  Today I realised that no sound of cicada, and Red Dragonfly, a sympol of autumn, was elegantly flew in front of me.

ヒメハルゼミ、シマアカネ、ミカドアゲハ、ゲンジボタル。せみ時雨はわたしにとって、なつかしい夏の風物として「楽しむ」音です。一週間前は夏の終わりを感じつつもまだ公園などでセミの声を楽しんだ。台風が通り過ぎた今朝、セミの音はもうなくなり、目の前を赤とんぼが横切った。秋ですね。

追記:その赤トンボ、シマアカネが環境省の昆虫類レッドリストに入っていました。

1977Japan003
*exch.013

Nature Conservation Series / 動物保護

August 28, 2009

1974Japan001
1976Japan002
*exch.007 & 008

1974 (top) and 1976 (middle and botton) Japan
Nature Conservation Series: Mayailurus iriomotensis (Iriomote Wild Cat), Geoemyda spengleri japonica (Ryukyu Leaf Turtle), Rhacophorus arbreus

Mixed to methods of photogravure print and Intaglio, this set of express delicate texture of different aninals – rare species of Japan in 1976.

The Iriomote Wild Cat of first stamp is now critically endangered.  Ryukyu Leaf Turtle is endangered as well.  The frog is surviving all right!

イリオモテヤマネコ、リュウキュウヤマガメ、モリアオガエル。動物保護切手として1974年からの2年間に発売された17枚のうちの3枚。凹版印刷グラビア印刷を組み合せ、種類の違う動物の細かい質感を描き分けてあり、大好きな切手です。

追記:この3枚のうち、イリオモテヤマネコは現在国際保護動物になっていて、IUCN「絶滅寸前 Critically Endangered (CR)」、リュウキュウヤマガメもレッドリストに入っています。モリアオガエルだけは、まだたくさん居るようです。

1976Japan003
*exch.009

pheasant walk / キジ歩き(走り?)

May 4, 2009

1997China001

5 May 1997 China
Rare Birds  ‘環頚雉’
design: 曽孝濂 & Inga-Karin Eriksson

I like pheasant, the way their tails bob around as they run cross the road.  Somehow I never see them flying.

This stamp was a joint issue between China and Sweden, on theme of rare birds.  Two stamps were issued and this one is depicting Swedish ‘Common Pheasant’.  Swedish stamps of same design has C. Slania’s name printed.

イギリスの田舎でサイクリングしていると、たまにキジが道を横切る。なぜか飛ばずに走って逃げるのだけど、その時に尾が上下に揺れるのを見るのが楽しいのです。

この切手は中国とスェーデンの合同発行で、同時に2枚出されました。スェーデンの切手には凹版の彫り師スラニアの名前が記されているようです。この美しさは、スラニアの技だったのですね。もう一枚の切手も、手に入れたい。

追記:のちに、これは絶滅危惧種だとわかったので、カテゴリーに追加します。