Archive for the 'East Germany' Category

Rainbow jersey / マイヨ・アルカンシエル

February 28, 2012

1960, German Democratic Republic
Cycling World Championship

In international cycling events, you see a rare few athletes wearing this jersey – 5 coloured stripes on a white background. They are called Rainbow jerseys and only World Champions of the time are allowed to wear them, and only in the discipline in which they won the Championship.

This stamp shows a racer Gustav-Adolf Schur of East Germany (via), who was twice the winner of the World Road Race Championship in 1950s.

Those racers look proud of wearing the Rainbow jersey, but they are also fighting against the ‘Curse of the rainbow jersey‘ – the champions are always challenged by competitors.

自転車競技を観ていると、5色の縞で飾られたこのジャージを目にします。これは「マイヨ・アルカンシエル」と呼ばれ、自転車競技大会の世界選手権の優勝者のみが着ることができます。ストライプの緑、黄、黒、赤、青の5色は五つの大陸を表しているのだそうです。

この切手には世界自転車選手権で1958年と59年に2度の優勝を果たした東ドイツのグスタフ=アドルフ・シューアが描かれています。

マイヨ・アルカンシエルを着るのはもちろん名誉なのですが、次にレースに臨むと「アルカンシエルの呪い」と呼ばれるような結果や事故が起こることすらある、という例を上記のウィキペディアで読んで、勝者のプレッシャーというのも大変だなぁ、、、と思ったのでした。

追記:友人が「自転車が小さい」とコメント。たしかに、そう思ったら選手が妙に大きいですよね。実は、このグスタフさんが巨大な選手で、切手デザイナーはことさらそれを強調した、、、というような事実が見つかると面白いのだけど。

spectators / 観客の存在

February 21, 2012

31 March 1962, German Democratic Republic
Cycling World Championship

It was interesting watching the Track Cycling World Cup highlights on TV this past weekend. Several athletes mentioned that they were supported by the spectator’s cheers a lot, especially when they were almost burnt out towards their goal.  It seems that cheers make a difference to achieve good competition and new records.

This stamp is showing a lot of spectators in a velodrome – although their faces are a bit expressionless…   I featured another stamp, which is showing spectators alongside the road to support Tour de France racers – in this case, they are more animated with their arms raised.

トラックレースの中継やハイライトを観ていて印象に残ったのは、レーサー達が観客の声援に励まされたことを繰り返しインタビュアーに話したことです。6000人の観客が立ち上がって応援したイギリス選手達がよい結果を残したのも、偶然ではないのでしょう。競技場では、選手たちはたくさんの応援者を代表して頑張るわけですね。

この切手も自転車競技場の観客の顔が選手のうしろにびっしり描き込まれていますが、表情にとぼしくちょっと怖い。もう一枚、以前に紹介したツールドフランスの切手には、沿道の観客がしっかり盛り上がっている様子が描かれています。

racers at Tokyo Olympic / 東京オリンピック

August 2, 2009

1964DDR001

15 July 1964 German Democratic Republic
Tokyo Olympic

The United Team of Germany won Gold Medal of Team pursuit, of Cycling at the 1964 Summer Olympics, Tokyo.  I guess this stamp celebrates that moment… or not – not really sure.

東京で開催された1964年の夏季のオリンピックの自転車競技のうち、4000m団体追い抜きで東西統一ドイツが優勝しています。この切手はその瞬間を描いたもの、、、かどうかは不明。

Road Safety / 交通安全

July 19, 2009

DDR1969001
DDR1969002
DDR1969003
DDR1969004

18 February 1969 DDR
5 Pfg: carefully + considerate
10 Pfg: always time orient
20 Pfg: precaution to railway crossing
25 Pfg: in doubtful case not overtake

Images are capturing trafic, but somehow very calm and static.

路上の様子なのに静止しているような静けさで、不思議な魅力があります。