Archive for the 'Brazil' Category

TV and arrows / テレビと矢印

July 30, 2017

1974 Brazil
tribute to Assis Chateaubriand
design: Aluisio Carvao

A stamp dedicated to the founder of the first television network in Brazil, called Rede Tupi.  Dual directional arrows emerge in characteristic TV lines – well, we don’t have these lines on the digital TV anymore…

ブラジルに最初のTVネットワークを作ったアーシス・シャトブリオンを記念する切手。ブラジルのメディア王で、美術のパトロンであり、政治家にもなった人物です。双方向に走る矢印が、ひと昔前までのテレビ独特の平行線(懐かしいのは、なぜ?)に浮き出ている、クールなデザイン。

concentric and arrows / 同心円と矢印

July 8, 2017

1974 Brazil
tribute to Edgar Roquette-Pinto
design: Aluisio Carvao

A stamp dedicated to the founder of the first radio station in Brazil, called Radio Society of Rio de Janeiro.  Cool design of radio waves from a tower – a bit psychedelic yet well controlled.

ブラジルに最初のラジオ放送局を作ったロケッテ-ピントを記念する切手。ラジオ局長は、もともと医者で、のちに民俗学者になった人のようです。70年代のちょっとサイケな色使いが、電波の飛ぶ様子をクールに抽象化しています。

UIT 100 years / 国際電気通信連合100年

March 30, 2013

1965 Brazil
Centenary of International Telecommunication Union

Seeing the top left hand corner of the previous stamp, I remembered this one – a Brazilian stamp which has the same UIT logo with the globe.  Yes, they were issued for the same centenary and this colour combination of bright yellow and green reminds me of cheerful Brazilian music.

ひとつ前に紹介したフランスの切手の左上に見える国際電気通信連合のロゴが中心に置かれているこれも、同じ100年記念の切手でした。明るい色合いがなんともブラジルらしく、この切手が色付きの封筒に貼られて来たら嬉しいだろうな、と思う。印刷の中心が少し外れているのも愛嬌でしょう。

telecommunication / 遠距離通信

June 1, 2012

1980 Brazil
15 years of Embratel
design: Gian Calvi

Issued in 1980, this stamp shows six different ways of sending messages to a remote place – I am not sure what the left hand side top image indicates, though…  Middle one on the right hand side is a punch card.  My mother (born 1937) was a forefront key puncher from 1955 in the Mazda car factory.  The recording efficiency has been dramatically improved since!

I like this simple composition and modest colours.

1980年に発行されたこの切手には6通りの遠距離通信が描かれていますが、、、左上の図が何を表しているのか見当がつかないのでした。右列の真ん中はパンチカードです。わたしの母は1955年に、当時の最先端の職業としてマツダ工場のキーパンチャーを務めたのでした。記録メディアはその頃からすると、比べ物にならない進歩を遂げているのですね。

控えめな色味とあか抜けない構成なのに、なぜか惹かれる切手です。