peace race / 平和な競争

27 April 1962, Poland
Peace Race, Berlin-Prague-Warsaw

The last day of the Tour de France is traditionally peaceful and friendly – until a few laps before the goal.  All the team members of the winner and lots of others wore yellow sun glasses this year, as if they praised everyone’s courage.  Yes, riding through 21 stages is already a huge achievement.

These stamps are celebrating the 15th Peace Race, which started in 1948 to recreate a friendly reunion between Czechoslovakia and Poland, then extended to Berlin in 1952.  ‘Peace’ in different languages shows how international the race was already in 1962.

I forgot almost – but the right hand side top corner of this stamp below is my blog icon picture.

昨日のツールドフランス最終日は、恒例の「競争しない日」で、和気あいあいと話しながら、黄色のサングラスで勝者を讃えながらの行進、という風情。ただ、ゴール直前のシャンゼリゼでのスプリントだけは例年盛り上がります。

この2枚の切手は1948年に戦後の関係修復としてポーランドとチェコスロバキア間で始まった「平和レース」の15回目を祝ったものです。1952年には東ドイツも加わって3都市間レースになり、その後さらに距離も伸びて2006年まで続きました。

ほとんど忘ていましたが、2枚目の切手の右端がこのブログのアイコン・イメージです。ブログを始めてから2年と2ヶ月後にやっと掲載。