Archive for the 'Austria' Category

engraving hands / 彫る手

December 20, 2016

1962Austria001-2

1962 Austria
Stamp Day
design: A. Pilch / engraver: R. Toth

Hands are engraving an intaglio plate for stamps.  Without well trained pair of hands, you don’t have these beautifully engraved stamps.  It seems tools and techniques have not been changed much since the first stamp was engrave in England in 1840.

切手の凹版を彫っている手元を描いた切手です。もちろん、訓練された手なくしては、精緻な凹版切手は生まれません。1840年にイギリスで最初に発行された切手も、この絵のような道具で印刷用の彫刻がなされた凹版切手でした。

Red & Black on White / 白地に赤と黒

March 2, 2013

1964Austria001

1964 Austria
40 years of Austrian broadcasting

The colours and the central Ö are similar to the stamp from previous post, issued by the same country.  Letter R, in front of Ö is for rundfunk = broadcasting.  Cool design featuring a car radio.

I listen to the radio every morning – the tuning is digital and this layout of the frequency bar with the rotating dials are really evocative.  When I was a teenager, I used to listen to an English conversation program on radio every morning, and had to re-tune the frequency every time as I was listening to pop music on a different channel at night.

オーストリアからもう一枚、モノトーンにÖを赤く配しているのが似ているかっこいいデザインの切手。ÖはÖstereichの頭文字、Rは放送のRで、図柄はカー・ラジオのチューナーです。

ラジオは今でも毎日聴きますが、この懐かしいチューナーを見てから、RCサクセションの『トランジスタ・ラジオ』が頭をはなれません。「君の知らないメロディー、聞いたことのないヒット曲」というフレーズと、未知の世界から送り出される電波を受け取って興奮した、遠い思い出、、、。

Mother Language / 母語

February 23, 2013

2011Austria001

4 October 2011, Austria
‘Brand Austria’
designer:  Nik Thoenen

21 February is the International Mother Language Day, which is an annual observance to celebrate and promote awareness of linguistic and cultural diversity and Multilingualism.

This stamp from Austria shows 15 different linguistic groups in the country, in the manner that the size of letters reflect the population of people to use them as their mother tongue – I think.  And I guess that the red letter E, sideways up on top of the central O, is the modern version of the umlaut for Ö of Östereich, when you spell it in the ‘www’ world.

The latest statistics tells us that native British population is less than a half in London.  I am one of these non-British who speaks English for everyday communication.  At the same time I am trying to keep my Mother Language as good as it was – not easy!

一昨日の2月21日は国際母語デーでした。母語を捨てることを強要された東パキスタン人(現バングラデシュ人)が1952年にベンガル語を公用語にするよう抗議行動を起こしたことに由来します。

この切手は、オーストリアに住む人たちのさまざまな言語集団とその人口比率を文字のサイズで表したもの?と推測するのですが、どなたか知っている方がいたら教えてください。中央の赤いOの上で横になっているEは、ネット環境でタイプできないウムラウトの替わりに並べて使われる「oe」を表し、バイエルン語の国名Östareichのことだと思われます。

最近の統計によると、ロンドンでは白人イギリス人の全市人口における割合が45%に減ったのだそうです。たくさんの人が外から来てこの街で生活しているわけです。その一人であるわたしも、日常会話や仕事には英語を使いながら、国語を忘れないよう努めて書いたりしていますが、なかなか簡単ではない、、。ここで子供を育て、現地校に通わせながら母語も教えている友人たちの努力を思うのでした。

handset in the 1970s / 40年前の受話器

April 7, 2012

1972Austria001

1972 Austria
completion of full automation
design: A Pilch

This black handset of a telephone is evocative – I remember that I thought the handset was bloody heavy when I first made a telephone call.  I think I was six or seven years old and had to support the handset with both hands whilst talking.  Young children today don’t know about those heavy things, as at the beginning of their memory there are mobile phones!

Although using only two colours, this stamp is attractive for me.  I particularly like the coiled telephone cord which is connected to the map of the country…

子供の頃、こんな黒い受話器が重くて両手で支えていたことを懐かしく思い出すのは、きっとわたしと同じか少し上の世代ですね。今の子供達は記憶の最初から携帯電話があるのだ、と思うとちょっと不思議な感じがします。

たったの2色しか印刷に使われていないのに、なぜかチャーミングなこの切手。黒い受話器の存在感と、くるくると螺旋を描いている受話器のコードがオーストリア地図にこっそり繋がっている様子に惹かれているみたいです。