Archive for the '-art: popular' Category

kawaii〜 / かわいい〜

May 30, 2015

2005Netherland012
2005Netherland011

2005 Netherland
illustration: Dick Bruna

‘Kawaii’ is a Japanese word – maybe one of the first 5 vocabularies an oversea visitor leans from natives in Japan.  Together with animated film culture, among with young Anime fans all over the world, this word is becoming a common keyword of Japanese culture.

I used to have ‘kawaii’ category in this blog, but it covers so many diversities and gave up to nominate.  I want to look at this word again, as it might be more universal than I thought.

So, the first examples are not even stamps, but so kawaiiiiiiii (to emphasise your feeling, you stretch the last vowel) !  It is very easy to analyse why we feel so – our hidden infancy is recalled by these illustration.

「かわいい」切手。日本人には説明する必要もなく、もちろん個人によって「かわいい〜」と感じる範囲も違い、ブスかわいい、キモかわいいなど派生も多いこの領域。かつてこのブログにkawaiiというカテゴリーを作っていたのだけど、あまりにたくさんの切手が該当するので消したのでした。

その「かわいい」が国際語になろうとしている今、切手をとおして分析してみてどんな要素に「くねくね」させられているのか、考えてみようかなと思います。「kawaii」を取り巻く細やかな感覚は、国境を越えてシェアされると楽しそうなので。

まず、第一弾は切手ではありませんが、再掲するミッフィー、、、かわいい〜〜。分析するまでもなく、わたしたちの中に残る幼児性が、ちょこちょとくすぐられているのです。

covered with snow / 雪景色

January 20, 2013

1998Finland003

15 January 1998, Finland
from Moomin
‘Too-ticky playing barrel organ and Littly My dancing’
illustration: Tove Jansson
design: Pirkko Vahtero

In the last post I featured self-adhesive stamps from 2011, because Nyoro Nyoro was on one of them – but I like conventional gum with perforated edges far better and this is my best favourite set from the Moomin stories.  They live in severe Northern weather and the Moomin Troll family is hibernating during the winter.

It has snowed all day today here and we are surrounded by a White world.  We went for a walk, enjoyed to leave foot steps in powdery 4 inches of snow, but at the same time I am bored by this dull colour of sky and badly dreaming that the warm sunshine arrives soon, and Moomins are coming out from their house.

1998Finland004
1998Finland001
1998Finland002

‘Moomintroll dancing with the Snork Maiden’
‘Moominmamma making jam’
‘Moominpappa writing Play’

今日は一日雪が降って、ロンドン郊外のこの辺りは銀世界です。雪が小降りになった午後に長靴をはいて散歩に出かけ、10センチ以上積もっている雪に足跡をつけて楽しかったけど、正直、暗い朝を迎えることにいいかげん嫌気がさしているのでした。早く春が来ないかな〜〜。

ひとつ前のポストではニョロニョロの載っているセットを紹介しましたが、ムーミン切手ではこの1998年のものが一番好きです。目打ち糊付きの切手のほうが、紙の質感が良くて印刷も繊細だと思う。一枚目はムーミン一家が冬眠していて寂しいトゥーティッキーとミーが雪に囲まれている図。あとの3枚は春以降に太陽を浴びて嬉しそうなムーミン達、ジャムを作るムーミンママと執筆にはげむムーミンパパ。

Nyoro Nyoro in Moominvalley / ムーミン谷のニョロニョロ

January 13, 2013

2011Finland003
2011Finland004
2011Finland006

6 May 2011, Finland
illustration: Tove Jansson
design:  Satu Lusa

Nyoro Nyoro in Japan is the name of a creature in Tove Jansson‘s Moomin series – they are pictured on the third stamp, called Hattifattener in English translations.  They walk swayingly together and gather in mass numbers when a storm is arriving… then get electrified in a ceremonial manner!

These three stamps from ‘Hur gick det sen? (1952)’ are showing beverage/tea time in Moominvalley.  Oh no, not a drop left in a flask…

「ニョロニョロ」というと、日本ではムーミンに出てくるゆらゆら集団で歩く生き物の名前をまず思い浮かべる人も多いと思います。嵐の中で集団で電気チャージするこの生き物を思いついたトーベ・ヤンソンの想像力に憧れます。

上の3枚は、1952年原作の6枚の切手の中から、飲み物をめぐる情景を集めてみました。水筒がからっぽでがーん!としているムーミンがかわいい。セルフのりの切手は普通は好きではないけれど、これくらい形で遊んでいると楽しめます。

Thunderbird / サンダーバード

October 20, 2012

11 January 2011, United Kingdom
The Genius of Gerry Anderson
Thunderbird (1965)

At the same time as the previously posted Supermarionation series, the Royal Mail issued this Thunderbird – the best known work by Gerry Anderson.  In the same set, they issued special stamps with lenticular printing, to show the starting movements of four Thurderbird ships.

To share the effect of these stamps, I made four movies, 4, 3, 2 and 1 – click the stamp to guide you YouTube clips.  I am not equipped to add sound to these movies yet – this link would give you evocative memories.




Thunderbird 4, piloted by Gordon Tracy
Thunderbird 3, Piloted by Alan Tracy
Thunderbird 2, Piloted by Virgil Tracy
Thunderbird 1, Piloted by Scott Tracy

前回ポストしたセットには、このサンダーバードの切手がもちろん入り、レンチキュラー印刷を使った1号機から4号機の「動く切手」つきです。

どんな風に見えるのかご紹介したく、角度を変えてコマ撮りした切手でアニメーションを作ってYouTubeにアップしました。上の4枚をそれぞれクリックして見てください。ムービーに音楽を足すやり方はこれから学習するので、音響はこちらをかけながらどうぞ。

Supermarionation / 特撮人形劇

October 6, 2012





11 January 2011, United Kingdom
The Genius of Gerry Anderson
Supercar (1961)
Fireball XL5 (1962)
Stingray (1964)
Captain Scarlet (1967)
Joe 90 (1968)

The shape of old style television screens in these stamps, are showing works by Gerry Anderson – of course, best known for the Thunderbird series.  They have influenced a lot of science fiction films after then.

テレビ画面の切手は特撮人形劇プロデューサーのジェリー・アンダーソンの作品たち。上から『スーパーカー』『宇宙船XL-5』『海底大戦争 スティングレイ』『キャプテン・スカーレット』そして『ジョー90』の場面です。『サンダーバード』もアンダーソンの作で、これらのテレビ・シリーズは後の世界中の立体アニメ番組やサイエンスフィクション映画に影響を与えたのは間違いないですね。

spaceship interior / 宇宙船内部

November 1, 2011

2004Belgium004

4 November 2004, Belgium
Explorers on the Moon‘ by Hergé, 1954

I like this interior colour – Hergé must have been influenced by his contemporary designers, such as Jean Prouvé.  Design details for light weight structures and round corners of drawers, dots on the floor… they all are reflecting the atmosphere of that time.

Why do I categorise this in ‘kawaii/cute’? – the back view of Snowy… his skinny neck is so cute!

月世界探検』に出てくる宇宙船のインテリアの色合いが好きです。作者のエルジェは、間違いなくジャン・プルーヴェなどの同世代を生きたデザイナー達の仕事に影響を受けていたと思います。軽量化のための穴、角の丸い引き出し、床の丸い模様など、どれも時代の空気を感じさせてくれます。

そして、スノーウィーのほっそりした首の後ろ姿がかわいいので「kawaii」カテゴリーに。

Tintin 3D / 立体タンタン

October 30, 2011

2004Belgium002
2004Belgium003

4 November 2004, Belgium
clay figure, sketch and illustration by Hergé (1907-1983)

In fact Hergé worked on 3D films and made clay figures for ‘Destination Moon‘ in 1953 and ‘Explorers on the Moon‘ in 1954.  The sketch shows his detailed design for that evocative Red & White checkered spaceship.

Then the Belgium post released a set of stamps which shows his Black & White stop motion animated film of 1947, based on his illustrated book of ‘The Crab with the Golden Claws‘ of 1941.

So – it’s not hard to think that he imagined quite a detailed ’real’ version when Spielberg told him his ideas about filming Tintin.  Was the concept of digital 3D indicated at that time already?

2004Belgium006
2004Belgium005

タンタンの原作者エルジェはかなり初期から、絵本のフォーマットを越えて先に進むことを考えていたのですね。この2004年の切手には、1953年の『めざすは月』と1954年の『月世界探検』のために作られたフィギュアが作者とともに載っています。宇宙船の詳細なスケッチにも、立体的な世界を構想していた跡がみられます。

そして今年、たぶん3D映画化にあわせてベルギー郵便から発売された切手シリーズには、1941年にすでに作られていたストップ・モーション撮影によるアニメ映画『金のはさみのカニ』の一コマが。白黒でしっかり影が出ていて、雰囲気があります。

彼が亡くなる前にスピルバーグが訪れて「実写タンタン」の構想を伝えた時、エルジェとスピルバーグはデジタルによる3D化の可能性も話したのでしょうか?

run to a cinema? / タンタン3D?

October 25, 2011

2000France001

11 March 2000, France
Tintin and Snowy
illustration by Georges Rémi ‘Hergé’

Yesterday and today are the world premiere of ‘The Adventure of Tintin – 3D‘ – the movie is shown in the cinema from tomorrow.  I watched YouTube clip of the trailer, also the channel 4 feature… well, rushing to a cinema?  Ummm… I realised that I am a fan of those distinctive black line drawings and well-chosen colour compositions.  I am not sure if I am keen to watch the 3D.  Is it a too conservative opinion?  Should it be good because it is directed by Steven Spielberg?

昨日と今日がワールド・プレミアで、明日から公開される『The Adventure of Tintin – 3D』。さて、映画館に走るべきなのか?トレイラーとチャンネル4のニュースまで観たけれど、スティーブン・スピルバーグがタンタンを「ティンティン」と発音するのにいちいちひっかかって困りました。タンタンだもん!そして気付いたのです。わたしはあの黒い線描とマットな着色が大好き!ということに。3Dなぁ、、、こんな困惑は保守的すぎますか?

butterfly, radish and sun / 大陽はどこに

August 18, 2011

1971Netherland002
1971Netherland001
*exch. 051 ( bottom one only )

9 November 1971, Netherlands
design: Babs van Wely

When I was in the countryside for cycling last weekend, I saw a couple of yellow butterflies.  I had an idea that butterflies are found from spring to early summer and not after the peak of a hot summer.  It seems we haven’t had the peak of summer yet – and I am seeing some trees getting coloured already…

Where is our sun!?

1971Netherland003
*exch. 052 ( limited number )

Has summer gone already?

But in our garden, the branches of our pear tree are heavily laden with the biggest pears of the last few years.  How about the vegetable harvest?

I like the composition of these stamp designs – wide sky for the butterfly and deep ground for the radish, as well as the sun with big hands.

先週末、郊外をサイクリング中に蝶がひらひら飛んでいるのを何度か見かけました。あれ、蝶は春先から初夏にかけて飛んで、お盆を過ぎたらぱったり見ないもののはずでは?というか、ここイギリスではこの夏、ほとんど暑くならないままに木々が色づき始めているのでした。

大陽はどこに?
夏は終わったの?

そんな天候なのに、庭の梨の木が今まで見た事のない大きさでたわわに実って、枝が重みで垂れ下がっています。土の中の野菜類は順調に育っているのかな?

地面の位置の違いで蝶に広い空、カブには深い大地を作っている、この女性イラストレーターのおおらかな構図が大好きです。手を振っているような大陽も甘すぎず、クール。

Pooh and Me / プーと「僕」

January 22, 2011

2010UK017
2010UK018

12 October 2010, UK
Winnie-the-Pooh
work by Alan A. Milne ( writer ) and Ernest H. Shepard ( illustrator ) in 1926

Four more stamps are issued together with the set from the previous post, Pooh and Me.  I always thought this child was a girl, but in fact it is a boy, A. A. Milne’s son Christopher.

『くまのプーさん』の切手は先に紹介した絵だけの6枚と、文章も載せているこの4枚がセットです。わたしは『くまのプーさん』の文章を読んだ記憶がなく、絵を見て女の子だと思っていたのだけど、作家の長男でクリストファーという名前の男の子でした。

2010UK019
2010UK020

musical children / 奏でる子供たち

May 12, 2010

1969Netherland011
1969Netherland012
1969Netherland014
*exch. 041 & 042 ( top / blue  & middle / white )

11 November 1969, Netherland
illustration: Dick Bruna

The first set of stamps illustrated by Dick Bruna, one of seasonal ‘Kinderzegels’ series.  He was 42 years old and his favorite colours were the same as fourty years later!

ディック・ブルーナが初めて手がけた1969年の切手です。毎年数回発行された『子供切手』のシリーズに彼がこのイラストを寄せたのは42歳の時。41年経った今も作風や好みの色がほとんど変わっていないのは新鮮な驚きですね。

1969Netherland009
1969Netherland010
*exch. 043 ( top / yellow )

Miffy is touring / ミッフィー展、巡回

May 11, 2010

2005Netherland005




2005 Netherland
illustration: Dick Bruna

The exhibition of Go Go Miffy is touring several venues in Japan.  So, I will have a chance to see it in the future!

It is odd not to show stamps inside the ‘sorroundings’ – here you are.  The hiding Miffies come out to dance, write and sit.  The whole sheet was below ( not anymore in the condition… ).

前回のポストで紹介した『ゴーゴーミッフィー展』は全国を巡回します。これなら、どこかでちゃんと見れそうです。

そして「フチ」を紹介して切手じたいを載せないのは変よね、やっぱり、と思い、中の切手も紹介します。きっと、上記展示会に原画がありますね。楽しみ。シートから切り取る前はこんなひと続きでした(下)。

Go Go Miffy / ゴーゴーミッフィー展

May 9, 2010


2005 Netherland
illustration: Dick Bruna

They are not stamps, but illustrated sorrundings of Miffy stamps of Netherland.  Miffy is a rabbit character of children’s books from 1950’s, which are still continued.  There is an exhibition in Tokyo named ‘Go Go Miffy‘, showing original drawings and artworks for printing – and tomorrow is the last day of this exhibition.  I am big fan of stamps designed by Dick Bruna and so pity not to see this exhibition…

松屋銀座で開催中の『ゴーゴーミッフィー展』が明日5月10日まで、というのを今日になって知りました。これを見れるように帰国の予定を立てるんだった、、、残念。そこで、この展示会HPで使われているイラストが、切手ではないのだけれど「フチ」に印刷された絵だったので、それをここでアップします。ミッフィーのファンのクリエーターから55歳の誕生日に寄せられたプレゼント、というのも見たかったなぁ。ブルーナの切手にはホントに毎回きゅーん!となり、きっといつかユトレヒトのブルーナ美術館にも行くと思うのです。


Japanese songs / 林静一の少女の横顔

February 21, 2010

1981Japan001
*exch.030

10 March 1981 Japan
Japanese Song Series
‘Hana’ composed by Rentaro Taki (1879-1903)
illustration: Seiichi Hayashi (1945 – )

One of the stamps issued Japanese songs popular in musical educations.  The illustrator was a commercial animator before becoming an illustrator.  His lines and colours are very much suitable for stamp format and on the matured end of ‘kawaii’ kind, for me.

昭和56年3月10日発行
デザイン:林静一
原版彫刻:栗嶋茂

瀧廉太郎の『花』の出だしを載せた「日本の歌シリーズ」の9集(上)と『浜辺の歌』の7集(下)から。林静一氏のイラストは、その軽やかな線と明るい色使いがとても切手に合っていると思います。構成はオトナっぽいけれど、少女の表情から「かわいい」範疇にぎりぎり入るかな。

below;
18 September 1980
Japanese Song Series
‘Song of Beaches’ by Tamezo Narita (1893-1945)
illustration: Seiichi Hayashi (1945 – )

1980Japan002
*exch.031

昭和55年9月18日発行
日本の歌シリーズ 第7集
デザイン:林静一
原版彫刻:岩国守

On a marché sur la Lune / 月世界探検

November 14, 2009

1999Netherland002
1999Netherland001

1999 Netherland
illustration by Hergé (1907-1983)

I think this is from ‘Explorers on the Moon’, one of the series of ‘The Adventures of Tintin’ by the great comic writer and artist.  I ofetn think about Cuteness or simply what appeal to me – this case, it is clearly Snowy, the dog… in a space suit with tail location.

『タンタンの冒険旅行』の中の一作『月世界探検』からの2コマと思われます。何かを見て「かわいい!」と反応してしまう要素って何だろう?と考えることがあるのですが、この場合は間違いなくタンタンのお供スノーウィーの、、、「しっぽまで曲がるように出来ている宇宙飛行士の服」ですね。

Pingu post / ピングー郵便

September 19, 2009

1999Switzerland001
1999Switzerland002

9 March 1999 Switzerland
Pingu: cray animation by Otmar Gutmann

Yellow horn on their hats.  I did not know until I googled about Pingu, that was fist made in Switzerland and shown on TV from 1986.  I had though they were Scandinavian, but from South Pole!  Their UK website is this.  So, this is again, one of Swiss national pride – although animation was directed by German and voice was roled by Italian.

この切手をここに載せるためにグーグル検索するまで、ピングーは北欧のアニメだと思っていました。スイス製の、南極のペンギンだったとは。というか、今のいままでペンギンは南半球にしかいない、という事実を知らなかった、、、。ピングーの日本のオフィシャルHPはこれです。実はドイツ人がディレクションをしてイタリア人が声の出演をしてるようですが、それでもスイスの国民的キャラクターだったのですね。

http://www.sonymusic.co.jp/MoreInfo/Chekila/Pingu/

Moomin / ムーミン

September 6, 2009

2007Finland007
2007Finland004
2007Finland003
2007Finland005
2007Finland006
2007Finland008

9 May 2007, Finnland
illustration: Tove Jansson

Stories of Moomin valley is very popular in Japan, but I recognise that it is not well known in the UK.  Finish post has issued several set of stamps on this children books, which were fist published in 1954.

In this set of stamps from 2007, Moominmama is cooking outdoor.  Also they tell us that Finland is a contry of water.

ムーミンは日本では誰もが知っているけれど、英国ではあまり知られていません。フィンランドではムーミンに題材をとった切手がたくさん発行されています。

このシリーズではムーミンママが湖畔のたき火で料理をしています。トンボや咲き乱れる花が晩夏を思わせる色合いで、フィンランドが水の国であることを教えてくれます。

grinning cat, singing frog / ニッと笑う猫

August 25, 2009

1979UK004
1979UK002
1979UK003
1979UK001

11 July 1979 UK
International Year of the Child
designed by Edward Hughes

Famous illustration from British stories for children.  From top ‘Alice’s Adventure in Wonderland’ by Lewis Carroll ( illustration by John Tenniel ), ‘The Wind in the Willows’ by Kenneth Grahame ( illustration by Ernest H Shepard ), ‘Winnie-the-Pooh’ by A. A. Milne ( illustration by Ernest H Shepard )and ‘The Tale of Peter Rabbit’ by Beatrix Potter.  I like their restricted sweetness and balance between colours and White.  Very stylishly British.

英国の児童絵本を代表する4作のオリジナルのイラストを切手にしたシリーズ。上からルイス・キャロル『不思議の国のアリス』(1865) (挿絵はジョン・テニエル)、ケネス・グレアム『たのしい川べ』(1908) (挿絵はE・H・シェパード)、ミルン作『クマのプーさん』(1926) (挿絵はE・H・シェパード)、ビアトリクス・ポターの『ピーター・ラビット』より。甘すぎない色使いと白の配分が粋なイギリスらしい秀作の切手だと思います。

Aunt was on a goose / ガチョウに乗るおばさん

August 10, 2009

1963Netherland001
1963Netherland002

12 November 1963 Netherland
design by Alice Horodisch-Garman

Catalogue title ‘Kinderzegels’ was translated ‘Baby Seals’ on Dictionary.com, but I guess these Semi-Postal stamps feature children stories and songs.  The light blue one says ‘Aunt Nans was on a goose’, maybe.

こどもの唄または詩をイラストにしている慈善切手。5枚シリーズのうちの2枚です。

In a pea-green boat / 豆色の舟で

August 5, 2009

1988UK001
1988UK002

6 September 1988 United Kingdom
design: M. Swatridge and S. Dew

Issued for centenary of death of Edward Lear, who was an English artist, illustrator, author, and poet.  Illustration of the top stamp is from “Nonsense Books Songs and Stories” (1871), titled “The Owl and the Pussycat”. Owls and cats are repeatedly used in his illustration.  A lots of pages of his Nonesense books are seen in this web site.

ナンセンス詩人として知られるエドワード・リアの没後100年を記念して発行された切手。フクロウと猫は彼の作品の中で繰り返し使われているモチーフです。一枚目の切手は“The Owl and the Pussycat”という題の詩にそえられたイラストが使われています。このサイトではたくさんのイラストが紹介されています。