Archive for the '-art: modern' Category

Your heart is your health / ハートビート・バレンタイン

February 14, 2016

1972Ireland001-2

7 April 1972, Ireland
World Health Day – ‘Your heart is your health’
art work: Louis Le Brocquy

I looked up a stamp for St Valentine’s day – and found this set, and they were issued to draw attention to the importance of listening your heart beat.  The text is in Gaelic Language, and Slàinte! is used for a toast… like Cheers!  This is my first featured stamp from Ireland – I did not pay attention to their stamps until recently, but found some nice ones issued.

Then I found this article ‘A Visual Catalogue of Irish Commemorative Stamps 1929 – 2013‘ and the writer says these heart stamps are a ‘true graphic art nasty’ and she mentions this Malta heart stamp and wrote ‘almost bearable’.  Ummmm, I don’t agree with her at all!

1972Ireland002-2

今年も、バレンタインの♡切手を探しました。好きなこの2枚、でもいまいちロマンチックでない、、と思ったら「心臓の鼓動に耳をすまそう」という、心臓病予防の切手でした。下の文は古語ゲール語で「あなたのハートがあなたの健康」。なぜかあまり関心を払っていなかったアイルランドの切手ですが、友人がFBで紹介しているのを機に見たら、けっこう好みのものが見つかります。

ところで、原画アーティストなどの詳細はこの記事で見つけたのですが、筆者はこの切手を「品がなく、まったくもって不快なグラフィック」とこきおろし、同年に出た他の心臓切手の中では「これは見るに耐える」とマルタからの切手を紹介している、、、えぇぇ、ご冗談!?世の中には、いろいろな意見があるものです。

hair comb / 髪に櫛

September 16, 2013

1974Japan003
*exch. 063  ( limited number )

20 April 1974, Japan
“Finger” ( 1911 ) by Itō Shinsui ( 1898 – 1972 )
Philatelic Week
layout: Hitoshi Otsuka

This paining is showing 20 years earlier fashion than the previously featured stamp.  When the hair style was completed, the comb was often placed in the hair, part of the coiffure decorations.

I visited an excellent exhibition “Origins of the Afro Comb” at The Fitzwilliam Museum in Cambridge and saw many combs made in different materials.  In Japan the customs of showing combs in your hair came to an end around the 1930’s, but in Africa they are still used and expressing identity of their culture.

1974Japan003-2

昭和49年4月20日発行
切手趣味週間
原画:伊東深水画『指』(明治44年)
切手デザイン:大塚均

東京生まれの伊東深水は14歳の頃にこの絵を描いているようです。一つ前に載せた小林古径の『髪』はこの絵よりも20年のちに描かれ、妹はそれまでの結われた日本髪からモダンなおかっぱになり、1930年頃に櫛が髪に飾られる風習が絶えて行ったことが見てとれます。

ケンブリッジのフィッツジェラルド博物館で11月3日まで開催されている『Origins of the Afro Comb』はとても面白い展覧会で、木や動物の骨、金属などのいろいろな素材で作られた6000年前からプラスティック製も加わった最近の櫛までが展示され、アフリカの歴史や文化を世界に示すツールとして櫛が今も髪に飾られている様子が紹介されています。

combing hair / くしけずる

September 13, 2013

1969Japan012
*exch. 062 ( one mint only )

20 April 1969, Japan
“Hair”  (1931)  by Kobayashi Kokei ( 1883-1957 )
Philatelic Week
layout: Hideo Hasebe

This was the first Japanese stamp featuring a painting of a topless female.  The artist Kobayashi Kokei was living in London between 1922 – 1923, where he copied Gu Kaizhi‘s “Admonitions Scroll‘ exhibited at the British Museum.

In this piece, he painted very delicate hair lines and the younger sister combing it, as well as depicting the fashion colours of 1930’s Japan.  His house was planned by Isoya Yoshida and it is reconstructed next to his museum in Jōetsu City.

昭和44年4月20日発行
切手趣味週間
原画:小林古径画『髪』(昭和6年)
切手デザイン:長谷部日出男

女性の上半身裸が初めて日本の切手になったのは1969年です。画家の小林古径は1922年から翌年までロンドンに住んでいて、大英博物館で展示されていた顧 愷之(344-405)の作品「女史箴図巻」を模写して線描の練習をしたそうです。

この作品は、線描での簡潔な描き方とシンプルな色合いが綺麗で、昭和初期の衣服や色合いが美しく描かれています。吉田五十八によって設計された小林古径邸は、新潟県上越市に移設されているらしく、いつか見に行きたいなぁ。

Oak leaves and a cat / ナラの上の『黒き猫』

November 8, 2011

1979Japan006
*exch. 049

21 September 1979, Japan
‘Black Cat’ (1910) by Shunso Hishida (1874-1911)
layout: Yoshiaki Kikuchi

The cat is sitting on an Oak tree – we are more familiar with straight Oak trees, but sometimes it is bendy and provides a good place for a cat.

The painter Shunso Hishida started to bring innovative techniques into traditional Japanese painting around 1900.  He traveled to India, America and Europe between 1903-05, after which he even tried pointillism – but the Japanese painting authorities did not accept him at that time.  It is a pity that he died young and did not try to stir up the artistic circles further.

昭和54年9月21日発行
菱田春草画『黒き猫』(明治43年)
近代美術シリーズ第3集
原画構成者:菊地吉晃

オークは木材用のものはまっすぐですが、こんなに曲がった育ち方をすることもあるのですね。

明治33年頃から輪郭線を使わない画法を試していた夭折の画家菱田春草(明治7-44年)は、岡倉天心と一緒にアメリカとヨーロッパを旅し、帰国後には点描で日本画を描くことを試したようです。「ジャポニズムの影響を受けて始まった」とされる印象派の作品に触れ、その革新に刺激されたのだろうか?と推測するのも面白いです。

The Enchanted Owl / 魔法のふくろう

May 30, 2011

1970Canada001

27 January 1970, Canada
Centennial of the Northwest Territories
design: Norman E. Hallendy & Sharon Van Raalte
based on a stone-cut print by Kenojuak Ashevak

Since last autumn I have not heard the sound of an Owl at all, until tonight.  I am really pleased to hear it!

This beautiful Owl stamp is based on an Inuit artist‘s work from 1960, named ‘The Enchanted Owl’.  How magical the Owl was in their tradition – I would like to find out.  In Canada, the indigenous people’s full political rights were entitled in 1960 – two years earlier than the Australian Aborigine – just 51 years ago.  That is a suprise.

昨年秋ぐらいから、まったくふくろうの鳴き声を聞かず、どうしたんだろう?と話していた今夜、久しぶりにはっきりした声を聞きました。あぁ、よかった。戻ってきた。

この美しい切手にはカナダの原住民イヌイットのアーティストの『魔法のふくろう』という名の石版画が使われています。この切手を見て、ふくろうがイヌイットや他の原住民にとってどんな意味を持った鳥だったのか、知りたいと思いました。カナダでは、この石版画が制作された1960年にやっと、原住民の参政権が認められています。オーストラリアのアボリジニよりは2年早かったとはいえ、今からたった51年前のことだと思うと、ちょっと驚きです。

Southern paradise / 南方楽園

September 29, 2010

1968France010

21 September 1968, France
‘Arearea’ by Paul GauguinArearea‘ (1892)
engrave: Durrens

A retrospective of Paul Gauguin is starting tomorrow at Tate Modern in London.  In relation to this, there are TV and radio programs, talking about this artist’s life – it seems a lot of people think he was immoral.  Perhaps we have to see his works, to judge if he was a bit out of the way or was lucky to have a different approach to others of that time.

The title of this picture ‘Arearea’ means joyousness in Polynesian language. Interpretation of the original by engraver is very interesting – it was a challenge within limited printing colours as well, and it is done really well.

明日からロンドンのテート・モダン美術館ポール・ゴーギャン展が始まります。関連して「妻子を捨て、南の島で少女を追いかけていた画家」とされるゴーギャンの生涯は本当にそうだったのか?と問う番組がテレビとラジオで放映され、これは展覧会を観に行かねば、と思いました。

この切手は1892年にタヒチで描かれた『アレアレア(楽しい時)』という題の油絵を、デリケートな凹版印刷と色の組み合せで復刻させた美しい切手です。原画はオルセー美術館収蔵。

devil in your mind? / 魔がさす?

September 28, 2010

1967France006

15 April 1967, France
‘The Carriage of Pere Junier’ by Henri Rousseau
engraved by Pheulpin

I feel really tired today and realise that I drive meanly.  Not allowing anyone cuts in, didn’t give way when one was wanting to cross.  Then I saw this stamp, picture from Henri Rousseau – ah, this is it! A little devil sitting in my car, doesn’t allow me to be generous…

The original picture was painted in 1908, now owned by Musée de l’Orangerie.  This intaglio interpretation is nicely done, trying to evoke its original’s atmosphere.

ロンドンデザイン週間が終わり、身体が疲れ果てると気分までさくさくし、運転をしていても他者に親切になれない自分を発見。なんだかな〜、と思っている時に、このフランスの切手を見ました。これこれ、小さな悪魔が一緒に車に乗っている!

『ジュニエ爺さんの二輪馬車』という題のついたアンリ・ルソーの代表作の一枚(オラン ジュリー美術館収蔵)は亡くなる2年前の1908年に描かれ、丁寧な凹版印刷で切手になっています。小さな悪魔の顔が意外とかわいいので、拡大します。

1967France006-2

Marianne de Cocteau / コクトーのマリアンヌ

August 15, 2010

1961France001

23 February 1960, France
Marianne by Jean Cocteau
engrave: Albert Decaris

I visited Notre Dame de France in Soho, after reading about a fresco by Jean Cocteau.  Drawings are free, poetic, calm but somehow humorous.  He also made a fresco in the church of Milly-la-Foret near Paris, where he spent his last years, and two years before he died he designed a stamp.  I love this stamp and its chic lightness, which contrasts with the country’s heavy history.

ジャン・コクトーの描いたフランス共和国の象徴「マリアンヌ」。池澤夏樹の『異国の客』でコクトーが教会に壁画を残したことを知り、ロンドンのソーホーにある教会 Notre Dame de Franceのものを見に行きました。ユーモアをたっぷり含む軽やかな線描を、1959年末に8日間滞在して彼自身が描いたのだそうです。独特の「軽やかさ」とヘビーなフランスの歴史の対比が、大好きなこの切手の妙なのではないかと思います。

chilly morning / 『北方の冬』『朝の光へ』

February 18, 2010

1985Japan006
1985Japan005
*exch.028 & 029

20 April 1985
Philatelic Week
‘Winter in Northern Area’ and ‘Towards morning light’ by Yumeji Takehisa

Two more female portraits, painted both in 1921, by Yumeji Takehisa, an early Japanese commercial illustrator and book designer.

Somehow – maybe it is because the Japanese traditional paintings or wood prints are suitable for being transformed to stamp format – there are a lots of Japanese stamps issued under this category ‘beautiful ladies’.  Almost always portraits are made of anonymous female models, posed in front of artists.  This is not a category I am collecting stamps, but some of them are quite suitable for stamps.  They were my mother’s favorite stamps and as I put on ‘about this blog‘ post, I received a few letters with those stamps on.

昭和60年4月1日発行
原画:竹久夢二 (明治17 – 昭和9)
切手デザイン:菊地吉晃

竹久夢二が原画の切手をもう2枚。ともに1921年の『北方の冬』と『朝の光へ』。

たぶん、日本画や木版画の浮世絵などが切手のサイズに縮小しておさまりが良いのでしょう、日本ではかなりの頻度で「美人画」が切手の図案として採用されていますが、他国にあまり例がありません。海外のコレクターに受けが良い、という理由かもしれません。収集テーマではないけれど、すんなりと綺麗だなぁと思える日本の切手です。この2枚は母のお気に入りでもあったので、この切手の貼られた手紙をわたしは何度か受け取りました。「このブログについて」にも消印付きを載せています。

Black Ship Inn / 竹久夢二『黒船屋』

February 14, 2010

1980Japan001
*exch.027

27 October 1980 Japan
‘Kurofune-ya’ painting by Yumeji Takehisa (1884-1934)

The artist Yumeji Takehisa was an early example of commercial illustratior and graphic designer, as well as a poet.  He was one of first artists who went abroad, tried to open a school for illustration and design.

This was painted on rolled silk on paper as ‘hanging’, around 1919.  The title of this painting ‘Black Ship Inn’ came from the wodden box the model is sitting on – a sign of an inn named after a large ship from America, led by Matthew C. Perry.  This ship, first arrived to Japan in 1853,  was the direct force for Edo Shogun to open the counrty.  Later, the image of Black Ship was turned positive, as symbol of Westernising and industrial development.

昭和55年10月27日発行
近代美術シリーズ
原画:竹久夢二 (明治17 – 昭和9)

竹久夢二の代表作といわれる『黒船屋』。黒船の到来で揺れ動いた幕末からほぼ50年経った大正時代、この絵が描かれた1919年ごろには『黒船』はすでに西欧化、文明開化のシンボルだったのでは、と想像します。着物姿だけれどモダンな印象の女性と、巨大な黒猫。これが時代の空気だったのでしょう。挿絵や本の装丁を多く手がけグラフィック・デザイナーの先駆けとなったこの作家の掛け軸の作品が、そのまま切手としてすんなり見えるのも、なんとなく頷けます。

when she was 80 years old / 80歳のお祝い

August 17, 2009

1991Australia001

1991 Australia
150 Years of Photography
photo: ‘Tea Cup Ballet’ 1935 by Olive Cotton (1911-2003)

This Australian modernist woman photographer was 80 years old when this stamp was issued.  Very nice way to celebrate history of photography and also achievement of a pioneer female photographer.

この切手が発行された時、写真家オリーブ・コットンは存命で80才でした。女流写真家の開拓期を築きつつも商業的には成功といえなかった彼女が、晩年に代表作が切手になってさぞかし嬉しかっただろうな、と想像します。