Archive for the '-art: classic' Category

hand of God / 神の手

February 6, 2017

1958USA002

31 May 1958, USA
International Geophysical Year

The hand of God is giving Adam a human intelligence – a part of Michelangelo‘s huge fresco ceiling in the Sistine Chapel of the Vatican.  The background for this stamp is the burning surface of the sun, which could be the mother of the earth.

When I read about Michelangelo’s life, I discovered that he was always angry because his life was affected by the change of rulers, and also what those rulers forced him to create.  Well, 500 years later in our global era, we still have to be aware about what a ruler wants and how our life is influenced by that.  I am imagining Michelangelo’s feeling when he painted this hand of God.

神の手。1958年、国際地球観測年の記念切手として、ミケランジェロがバチカン市国のシスティーナ礼拝堂の天井画に描いた、『アダムの創造』のアダムと神の指先が選ばれています。背景には地球の存在の根源として、燃えさかっている太陽の表面が描かれています。

ミケランジェロの生涯を読むと、彼のキャリアがその時の教皇の意思や交代によって左右され、やりたかった仕事になかなか取りかかれないことを生涯怒っていたらしいことが伺えます。そして、今。500年後のグローバル社会で、権力を手にしたある人物の言動がまわりまわって日々の暮らしに影響を与えることを、思い知らされるわたしたち。ミケランジェロがどんな気持ちでこの神の手を描いたのかに思いを馳せます。

 

staying cool / 納涼図

August 23, 2013

1978Japan009
*exch. 061

3 March 1978, Japan
Staying Cool under the arbour of evening glory
by Kusumi Morikage  (c. 1620–1690)
2nd National Treasure Series
layout: Saburo Watanabe

In the past at the height of summer, Japanese went outdoors to enjoy the cool air.  This is no longer possible, as no cool air is breezing through town since the exhaust from the air conditioners are out onto the streets.

This painting is regarded as the most subtle national treasure and it depicts a family sitting under a trellis.  The original shows that someone added the Yukata on top of husband’s body, but the wife was left as she was.  It is interesting to know that the female topless was fine at that time.

昭和53年3月3日発行
第2次国宝シリーズ 第8集
原画:久隅守景画『夕顔棚納涼図屏風』(17世紀)
切手デザイン:渡辺三郎

今度は「のんびり涼しそうな」情景の切手です。

この原画は日本一地味な国宝と言われているそうです。切手になっても地味ですが、よく見ると、家族三人が葉の茂った棚の下で涼んでいる、なんだか楽しそうな光景なのでした。

面白いのは、拡大図を見ると、ふんどし一丁でくつろいでいた夫には後に衣が描き足されたのに、上半身裸の妻はそのままです。誰かに配慮して加筆した人にとって、女性のトップレスはOKだったのですね。

year of the Dragon / 祝辰年

January 2, 2012


1 November 1971, Japan
Government Printing Works Centenary
‘Ryu-ko zu (Dragon and Tiger)’ 1895
by Hashimoto Gahō ( 1835-1908 )
tonal-engraving
layout: Kyohei Maeno

The year of the Dragon has started ( at least in Japan yesterday, so I follow this one. )  I wish you all have a fruitful year – we should really prove that our happiness is not controlled by the unstable situation of the world’s finances.

These stamps, a set of two, were issued to celebrate 100 years of stamp and banknote printing.  So, they are naturally representative of what they can do best for this kind of process.  Surely they took time to do the details of the waves.  I have to look up what ‘tonal engraving’ could be – if I magnify, it seems the tone is made by lines and dots together.

Paper as well, seems a little special for this printing.

新年おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくおねがいします。

昭和46年11月1日発行
政府印刷事業100年記念
橋本雅邦画『竜虎図屏風』(明治28年)
印刷:階調凹版
原画構成者:前野京平

昨年は日本にとっては試練の年でした。エネルギー政策がなんの展開も見せないまま、年を越してしまいました。ヨーロッパでは金融問題が今年も続き、ここイギリスも引き続きあおりを受けそうです。でも「金融事情だけが自分の幸せを左右するのではないよね」と、年末に思えるような実りの多い年にしたいものです。

さて、年頭を飾る竜モチーフの切手は1971年に政府の印刷事業100年を祝ったもので、さすがに気合いの入った切手です。虫めがねで拡大すると線と点の両方が見えるのですが、この「階調凹版」という技法について知っている方はぜひその詳細を教えてください。わたしがよく辞書代わりに使っている「お札と切手の博物館・図録」にもこの技法についての解説が載っていないのです。

紙も普通の切手と違う和紙のような柔らかな質感です。

追記:この印刷技術に関して、友人が内藤陽介さんのブログにしっかり説明があることを教えてくれました。これは、日本の印刷局が開発した、グラビアと凹版印刷の組み合わせによるものだったのですね。素晴らしい!リサーチをしっかりされている先人(というか、専門家ですが)の書かれたものを、もっとちゃんと読んで勉強しよう、、、と思いました。

falling on one’s bottom / すってんころりん

January 8, 2011

1977Japan007
*exch. 048

25 March 1977, Japan
Animal wrestling on ‘Choju-jinbutsu-giga‘ ( 12-13 Century )
layout: Saburo Watanabe

‘Choju-jinbutsu-giga’ means ‘Animal-person Caricatures’, drawn by unknown artists at a temple in Kyoto, between the 12th and 13th century.  This set of scrolls are regarded as the first Japanese manga.

In this scene, a rabbit is thrown by a frog in sumo wrestling, and not just the frog audience, but also the defeated rabbit are laughing.  I remembered this stamp when I slipped and fell on my bottom on the stairs of a friend’s house a few days ago.

昭和52年3月25日発行
『鳥獣人物戯画』(平安時代末期 – 鎌倉時代初期)
第2次国宝シリーズ 第3集
原画構成者:渡辺三郎

お正月の3日に友人宅の階段ですべって尻もちをつき、まぶたに火花が飛び散りました。その時に思い出したのがこの切手。

『鳥獣人物戯画』の一場面のうさぎの表情が大好きです。こんな風に、すってん転んでもわははと笑っていられるような、そんな一年になったらいいな、と、、。

cooking beauty / 台所美人

November 29, 2010

1983Japan001
*exch. 044 & 045 ( two together )

20 April 1983, Japan
Philatelic Week
‘Kitchen Beauties’ by Utamaro ( 1753? – 1806 )
stamp design: Yoshiaki Kikuchi

This kitchen might be located in a house or outside – so, I sort it in ‘food and cooking’ category.  The original woodblock print is in the collection of Tokyo National Museum, as well as Museum of Fine Arts Boston.

This stamp is well representing details – coiled handles on boiling pot, delicate patterns on Kimono, smoke comes out from the cooker and a lot more.  It is great pleasure to inspect it with a magnifier.

1983Japan001-2

昭和58年4月20日発行
原画:喜多川歌麿 ( 宝暦3年? – 文化3年 )『台所美人』
切手デザイン:菊地吉晃

虫メガネでじっくり観察すると本当に楽しい一枚です。着物の柄、しなやかな手に握られた包丁と丸ナス、釜の持ち手についたコイル状の針金、炉から吹き出る煙。小さな切手にこのディテールを再現したデザイナーと印刷職人の心意気に拍手をおくります。

元になった木版画は東京国立博物館ボストン美術館に収蔵されています。

reading a letter / 文読み

November 28, 2010

1969Japan007

1 October 1969 Japan
‘Reading a letter’ by Harunobu Suzuki, 1750

This stamp was issued for Universal Postal Union Congress, showing a woman reading a long letter, in her house with great detail of Tatami mat, sliding wooden panels with paper, and a Bonsai pot on wooden floored terrace.

Harunobu Suzuki ( 1724? – 1770 ) was a woodblock print artist and invented slim long legged girls as his style.  A reprint of the original art is in the collection of Postal Museum Japan.

1969Japan007-3

昭和44年10月1日発行
原画:鈴木春信 ( 享保10年 – 明和7年 )『文読み』
切手デザイン:菊地吉晃

この切手は万国郵便大会議を記念して発行されました。原画は東京国立博物館に収蔵されている「中納言朝忠(文読み)」( 1750 ) で、復刻が郵政博物館の収蔵品として紹介されています。畳や障子、縁側に置かれた盆栽など、室内のディテールが楽しめる切手です。

足の指や着物の模様などの原画の繊細なディテールを再現しているのに、なぜか版画の線も文字の線もぎざぎざなのは、印刷技術の発展途上だったのでしょうか?