Archive for the '-arrows' Category

upward arrows 3 / 上むき矢印 その3

December 27, 2017

14 November 1962, United Kingdom
National Productivity Year / Unified productivity
design: David Gentleman

Another Christmas coloured stamp on rising productivity – well, after 55 years it reminds us that whole world has to re-think about the pace of productivity and what is damaged since the industrial revolution.

生産性の向上を呼びかけるクリスマス色の切手をもう一枚。時代の雰囲気をものすごく反映していま。55年後の今となっては産業革命以来の人類の生産活動が、地球環境にどんなダメージを与えたかを考えされる切手でもあります。

upward arrows 2 / 上むき矢印 その2

December 12, 2017

14 November 1962, United Kingdom
National Productivity Year / Units of productivity
design: David Gentleman

N (national) and P (productivity) share an arrow and all stacked up units have upward arrows!  The year when The Beatles played their first session in the Abbey Road Studios, also the Rolling Stones made their debut in London.  The futuristic design of Concord was shown, British and French governments agreed to develop it together ( yes, it took off in 1973! ).

This stamp has an atmosphere of Christmas – of course, its colours.

N(national:国の)とP(productivity:生産性)が上むき矢印を一緒にしょっているデザインが、国を挙げた産業の活性化を謳っている、1962年の切手。ビートルズがアビーロードスタジオでレコーディングを始め、ローリングストーンズがロンドンデビューをした年。コンコルドの最初の模型が発表され、イギリスとフランスが共同開発を始めた年でもありました(11年後には営業をはじめたし!)。

この切手がとてもクリスマスな雰囲気なのは、3色の色合いですね。

upward arrows / 上むき矢印

November 29, 2017

1974, Turkey
3rd year of 5 years Kalkinma Plani

I could not find what the Kalkinma Plani was – just guessing it is about industrial or agricultural productivity, having a high target to achieve.  Very 1970s – the mood, composition and the colour.

ネットの辞書ではトルコ語の「Kalkinma Plani」が何なのか分からなかったのですが、デザインから読み解くと、これは生産性を上げよう!という国家のスローガンではないかと思われます。デザインや雰囲気、使われている色まで、とても70年代な切手です。

spreading arrows / 多方向矢印

October 4, 2017

1954, Turkey
The Peace force of liberty / NATO

Single rooted arrows are progressing into multi directions.  These arrows made me a search on Turkey’s entry to NATO in relation to Greek-Turkish relations over the years.  By the design of this stamp, we can read that they were willing to grow this relationships with European and North American countries.

多方向に広がっていく矢印と、その根本の苗木というデザインから、トルコがNATOへの加入を祝って欧州諸国と北アメリカとの関係を育てようと願っていたことが読み取れます。その立地から、アジアとヨーロッパのはざまで何度も支配者が移り変わったトルコと隣国ギリシャとの関係も、この切手をきっかけにじっくり読みました。地味なのに惹かれるのは、矢印の効果でしょうか?

 

two-way arrows 2 / 双方向矢印 2

October 1, 2017

21 October 1966, USA
Great River Road
design: Herbert Bayer of Aspen

The river looks modest in this stamp, but in fact it is 2,069.0 miles ( 3,327.9 kilometers ) long – and it is a road for cars, sign posted through ten states of the US.  This simple design is printed with intaglio and lithography methods, in 3 colours.

3色刷りのぱっきりしたデザインですが、切手の小ささのゆえ描かれた「川沿いの自動車道」が3,300キロ以上ある(だいたい那覇から旭川ぐらいの距離のようです)ことをうまく想像できません。印刷には凹版とリトグラフが使われているようですが、他にもこの組み合わせ、ありますか?

two-way arrows / 双方向矢印

September 20, 2017

1969 + 1971, USA
Special Delivery Arrows
design: Norman Ives

Swift and reliable – a very clean and strong design for a special delivery stamp.  The normal postal stamp was 6 cents in 1969 and this is more than 7 times expensive.

1969年当時普通の郵便は6セントだったのに、この速達用切手は45セント。確実で速い!!というのを図柄にしたらこうなった、という強さがあります。

TV and arrows / テレビと矢印

July 30, 2017

1974 Brazil
tribute to Assis Chateaubriand
design: Aluisio Carvao

A stamp dedicated to the founder of the first television network in Brazil, called Rede Tupi.  Dual directional arrows emerge in characteristic TV lines – well, we don’t have these lines on the digital TV anymore…

ブラジルに最初のTVネットワークを作ったアーシス・シャトブリオンを記念する切手。ブラジルのメディア王で、美術のパトロンであり、政治家にもなった人物です。双方向に走る矢印が、ひと昔前までのテレビ独特の平行線(懐かしいのは、なぜ?)に浮き出ている、クールなデザイン。

concentric and arrows / 同心円と矢印

July 8, 2017

1974 Brazil
tribute to Edgar Roquette-Pinto
design: Aluisio Carvao

A stamp dedicated to the founder of the first radio station in Brazil, called Radio Society of Rio de Janeiro.  Cool design of radio waves from a tower – a bit psychedelic yet well controlled.

ブラジルに最初のラジオ放送局を作ったロケッテ-ピントを記念する切手。ラジオ局長は、もともと医者で、のちに民俗学者になった人のようです。70年代のちょっとサイケな色使いが、電波の飛ぶ様子をクールに抽象化しています。

huge radio tower / 巨大ラジオ塔

May 3, 2017

22 December 1951, Monaco
Monte Carlo Radio Station
designer: M. Camia / engraver: P. Gandon

This stamp is full of elements that I like – multi coloured intaglio print, lattice tower, concentric circles and zig-zag electrical arrows.  In addition, the size of the tower in comparison to the port town makes me smile.

All three colour combinations are delightful.

この切手には、わたしの大好きな要素がいっぱい詰まっています。切れ味のよい凹版印刷の多色刷り、鉄塔、同心円とそれをビビッと横切る電撃矢印。山の後ろから港町を見下ろす鉄塔の巨大さも、微笑ましく。

3種類の色彩、どれも綺麗です。


Lights on the bike! / 自転車にライトを

December 22, 2012

1973Hungary001
*exch. 057 ( one used only )

1973 Hungary
‘Lights on the bike’

Yesterday was the Winter Solstice and from today we have day time getting longer.  Hurrahhh!  But still, it is a rainy, dark, miserable day today.  Grrrrrrh.

In this dark and shallow light season, all drivers have to be very careful watching the road.  Bicycles without lights popping out from side roads are real danger.  Please do fit your bike with the brightest set of lights!

This Hungarian stamp is telling us of the importance of the lights, also depicting the dark European winter very well.

世界が終わらなかった昨日は、冬至でもありました。久しぶりに晴れたこともあって「明日から昼間が長くなる、ららら〜ん」と喜んだのに、一夜明けるとまた暗い朝で、一日中雨。

こんなに暗いイギリスでは、車の運転も慎重にならないといけません。わき道からすっと出てくる無灯火の自転車には、毎度どきっとさせられます。

ざらざらした紙の質感と濃紺の印刷で、ヨーロッパの暗い冬の感じがよく出ているハンガリーの切手。「自転車にライトを!」という呼びかけが切実です。

paralympic games – 2 / パラリンピック- 2

June 26, 2012

22 July 2010, United Kingdom
‘Olympic and Paralympic Games 2012‘
Paralympic Games: Table Tennis
design: Michael Craig-Martin

Another set of stamps on Olympic games was issued in 2010. My favourite designs are about the Paralympic games, again.  The stamp below is showing the ringing bell of Goalball – which is a team sport designed for blind athletes.

Paralympic Games: Goalball
design: Tobratron

このオリンピック・セットは2010年に発行されました。いいな、と思ったのはまたしてもパラリンピック競技の卓球とゴール・ボールという競技を描いた2枚。ゴール・ボールは第二次世界大戦後の負傷兵のリハビリのために考案された、盲目の人たちの球技でした。

paralympic games / パラリンピック

June 25, 2012

22 October 2009, United Kingdom
Olympic and Paralympic Games 2012
Paralympic Games: Equestrian
design: Andrew Davidson

In busy London, Wimbledon has started today.  Then it’s 31 days to Olympic games and 64 days to Paralympic games…  My studio is located on the edge of the ‘Olympics event zone’, and the area is dedicated for authorised staff car parks.  It is easy to imagine that total chaos is coming soon!

Three related sets of stamps were issued for the Olympic games since 2009 – less than half of them I like.  Then I realise that the ones I like are mostly for the Paralympics.  So, I started to look up the details of sports in those games.  In the Equestrian events, people who started this sport for rehabilitation from Cerebral palsy will exhibit their developed skills, for example.

Not just for top elites of pro sports or mere nationalism, it will be very interesting to watch the results for people with a different type of motivation.

Paralympic Games: Archery
design: George Hardie

今年のロンドンはイベント続き。今日からウィンブルドン、31日後にオリンピックの開催、64日後には同じ会場でパラリンピックが行われます。わたしの仕事場周辺は「オリンピック・イベントゾーン」と名付けられ、先週末から関係車両の路上駐車区域になりました。通勤に時間がかかりそうな、、、。

オリンピック関連の切手は今までに3セット出されていますが、心おどるような素敵なのはまだ出ていないのです。そしてよく見ると、気に入っているのはほとんどパラリンピックの切手でした。そこで始めて、パラリンピックについて何も知らないことに気付いて、競技ルールや参加資格を読んでみました。たとえば、馬術競技は脳性麻痺のリハビリのためにこのスポーツを始めた人や、日常的に車いすを使う人たちが参加します。

スポーツ界のエリートが繰り広げるパフォーマンスや愛国心とは対照的な、もっと個人的なストーリーをパラリンピックでは観ることができそうです。

oxidized silver love / いぶし銀の♡

February 13, 2012


*exch. 053 ( one mint only )

6 February 2001, United Kingdom
Love
design: Springpoint Design

Since I arrived to Tokyo last week, I have been seeing a lot of ‘hearts’ floating in window displays, on greeting cards, balloons attached to temporary chocolate stands – yes, St. Valentine’s Day! Here in Japan, 14 February is a big day, when women are able to express their love to men with a package of chocolate.  In fact, a lot of little ribboned boxes are given to male colleagues, male teachers, fathers, grandfathers and even sons.

I admit that those bubbly hearts cheer up this cold winter towns, and also make you to think about delivering your love.  But I think that love can be expressed every day, not necessarily with floating pink hearts, but with something subtle and blended into your daily life – something like in this oxidized silver.

This is my favourite set with hallmark letters on sliver and nice patina.




*exch. 054
*exch. 055 ( one mint only )
*exch. 056 ( one mint only )

Thanks
Welcome
Cheers

明日はバレンタインデー。赤やピンクのハートがあちこちにディスプレイされている光景を久しぶりに見ると懐かしく、中学や高校の頃はこの時期に本当に緊張したよなぁ、、、と遠い記憶がよみがえったりしています。この寒い中、街がハートでにぎやかになるのも悪くないけれど、なんだがふわふわしている。この切手のようないぶし銀のほうがしっくりくる大人のハートもあるんじゃないかな、と思ったのでした。

このグリーティング切手のシリーズは銀をはじめとする貴金属細工の加工メーカーや品質保証の刻印を模して文字を並べたもので、遊びごごろのある文字の配置と使い込まれた銀器の質感がかっこいい、お気に入りのセットです。

「あなたを大切に思っています」という気持ちは、刻印のようなひかえめな表現でいいから、毎日の暮らしで折りにふれ伝えるのが一番ではないかな、と近ごろ思うようになりました。