Archive for the '2010-14' Category

country of spirited people / 元気な人々の国

November 11, 2013

2010Philippines003
2010Philippines002

2 December 2010, Philippines
Ateneo de Manila High School

I was in a highly rated national hospital in London in early September for a week.  I was taken care of by a team of the British doctors and a group of hard-working nurses – majority of the nurses were from the Philippines.  They were prompt, kind and cheerful.  My experience in the hospital was lifted up by their merrily smiles a lot.

And now in their mother country, many towns and villages are totally devastated and many people are living without safe place, food and water.  I really hope that the help they need and deserve will arrive to them as quickly as possible.

This stamp is celebrating their most historical educational institution‘s 60th anniversary since it became a university.

9月に一週間ほど、脳神経科で名高いロンドン市内の国立病院に入院したのですが、治療チームは医師団はイギリス人、看護士&看護婦はダントツでフィリピン人が多かった。彼ら、彼女たちは、きびきびとよく働き、親切で暖かい人たちでした。あの元気な笑顔がなかったら、わたしの入院生活はずいぶんと陰鬱になっていた気がします。

あの人たちの故国が今、大変なことになっている。一刻も早く、安全に眠れる場所や食料や水が被災地に届く事を祈ります。

この切手は16世紀にさかのぼる歴史を持つ学校が、大学になって60年を祝う切手です。

autumn colours from Japan / 日本の秋の色

October 23, 2013

2013Japan001

30 August 2013, Japan
illustration: Hikaru Hatano
stamp design:  Akira Tamaki

One of the recent issues from Japan has arrived and they are carrying a nice evocative smell of Autumn.  They are beautifully illustrated and made a lot smaller ( 21.5mm × 25.5mm ) than normal commemorative stamps – I like their fineness although they are self-adhesive.

2013Japan002
2013Japan003
2013Japan004
2013Japan005

平成25年8月30日発行
野菜とくだものシリーズ 第1集
原画:波多野 光
切手デザイン:玉木 明

野菜とくだものの切手を載せている間に、今の季節にぴったりのシリーズが届きました。日本の秋の香りが漂ってくるようです。普段は好きではないシール式だけど、イラストの精緻さとこの小さなサイズ ( 21.5mm × 25.5mm ) が相まってとても魅力的。友人の梨影(りえ)さんに、この洋ナシの切手が貼られた展覧会の招待状が届いた話を聞いて、ネットでは伝わらない暖かさを運ぶ切手の存在を改めて確認しました。

home grown vegetables / 家庭菜園から

October 5, 2013

2011Thailand004
2011Thailand001
2011Thailand003
2011Thailand002

15 January 2011, Thailand
Home-grown Vegetables

Odd shaped vegetables are more attractive than uniform and shiny ones from the supermarket – I have a feeling that many people think in this way, nowadays.  Heart warming vegetable stamps from Thailand.

ライムやかぼちゃの断面が愛らしいタイの切手たち。スーパーで買う均一な大きさでつるつるの野菜よりも、ちょっと変わった形やサイズがまちまちの家庭菜園の収穫のほうを魅力的に感じる近ごろ。そんな人が増えている気がします。

ocean mammals / 海のほ乳類

August 16, 2013

2010UK029
2010UK030

13 April 2010, United Kingdom
Action for British Mammals
design: Jason Godfrey
photograph: Thomas Haidar for Sperm whale, Brandon Cole for Humpback whale

I hear from Japan that the temperature and humidity are on their maximum, people are experiencing the extreme summer.  It seems similar or even hotter in South Korea.  How about where you are?

These stamps are for visual chill-out – huge animals living in British seas.  I am strongly against Japanese ‘Research’ Whaling, by the way.

日本の暑さは尋常ではないようですね。お隣の韓国もとっても暑いとか。少しでも涼んでもらえるよう、海の中の巨大なほ乳類を2枚。

マッコウクジラザトウクジラは、捕鯨が制限されてからは個体数が少しずつ戻っているようです。はるか昔、小学校の給食でクジラのタツタ揚げを食べたけれど、ぜんぜん美味しくなかった。他のいろいろなタンンパク質食品が安く得られる今、遠くの海を血の色に染める必要はまるでない、とわたしは思います。調査捕鯨ほど、日本の国際社会に対する態度が試されていることもないと思うのです。

native animals / もともといた動物たち

August 13, 2013

2010UK027
2010UK028

13 April 2010, United Kingdom
Action for British Mammals
design: Jason Godfrey
photograph: Laurie Cambell for hedgehog, Paul Hobson for polecat

I found the British Wildlife Centre while searching about the Otter.  Hedgehog and Polecat, two animals on today’s stamps are found at this centre, too.  I learned that they are both native to Britain.

It is interesting that you can join the photographic workshops at this Centre.  You may need special techniques to capture animals in photography – these two stamps feature nice faces.  The Hedgehog is surprised by sunlight and the Polecat looks determined.

カワウソのことを調べていて見つけた「British Wildlife Centre」には、この動物たちもいるようです。センターのHPでは、イギリスに今いる動物たちが、もとからいたのか持ち込まれたのかを知ることができます。今日の2枚のハリネズミヨーロッパイタチは原生種でした。

面白いのは、このセンターで動物写真を撮るワークショップをやっていること。動物を撮るにはコツが要りそうですが、この2枚の切手はなかなか良い顔が写されています。ハリネズミは光にびっくりしていて、イタチは気が強そう。

otter / カワウソ

August 12, 2013

2010UK026

13 April 2010, United Kingdom
Action for British Mammals
design: Jason Godfrey / photograph: Paul Hobson

In Britain the Otter was on the verge of extinction about 30 years ago.  After the harmful pesticides were regulated and rivers became cleaner, they are back.  As they live far from towns and their activities start around sunset, we still don’t see them much.

This stamp is issued for the International Year of Biodiversity, one of a set which is featuring rather unfamiliar animals in Britain.  Royal Mail is good on photographic stamps and this series is well executed, showing great details of whiskers and the stream of water.

イギリスの川に棲むユーラシアカワウソは、30年前に絶滅しかけたそうです。有害な農薬が規制されて川に自然が戻った10年前ごろ、カワウソも戻っていることが確認されました。人里離れた場所で夕方から夜にかけて活動するので、今でもなかなか実物を見れないようです。日本では1979年を最後に見つからず、絶滅種になりました。

この切手は国際生物多様性年を祝ったシリーズからの一枚です。イギリスでは写真を使った切手が多く発行されていますが、特にこのシリーズは写真を生かした印刷に細心の注意が払われ、ヒゲのディテールや水の動きがしっかりと表現されています。

tracing your letter / 手紙を追跡する

March 16, 2013

2011Croatia001

9 September 2011, Croatia
’20 Years of Postage Stamps of The Republic of Croatia’
design: Nikola Žinić & Davor Bruketa

This one has the simplest design amongst QR stamps – and it allows you to track the journey of your letter.  The QR takes you to the Croatian Post website, where the sender types the unique number on the stamp, then the receiver logs-in to tell the sender when it has arrived.  Yes, it is a new trial and I wonder how many people will actually use this function?  On the ‘Latest Activity’ section of the web site, it says one letter was posted 3 weeks ago and had not yet arrived to its destination.

クロアチアから出ているこれが、QRコード切手の中では一番シンプルで、しかも手紙を追跡する機能がついています。コードをスキャンして出てくるクロアチア郵便局のHPに切手下方に印刷された固有ナンバーを入れると、その切手が貼られた手紙の投函場所と到着までの距離がわかる、という仕組み。ただ、この機能を使う人がどれくらいいるかは疑問です。上記HPの「最新の動き」には、3週間前に投函されて以来まだ届いた記録のないものが載ってるのだけど、、。

QR code on stamps / 切手にQRコード

March 10, 2013

2011Liechtenstein002

2011 Liechtenstein
‘150 Years of Future’

QR ( Quick Response ) code was invented in Japan in 1994, originally for sorting parts on Toyota production lines.  After 19 years they are used everywhere – naturally on stamps, too.  Post offices in Spain, Taiwan, Russia, Iceland and Croatia have issued similar stamps.

I have installed an application of QR code reader on my iPhone – then what I found via this stamp is a boring cover page of a bank in Liechtenstein.  Well, this bank is 150 years old… then?  This is the latest phenomenon of hyper disappointment, isn’t it?  I don’t like this tendency that the postage stamps are used for advertisement, at all!

日本ではずいぶん前からおなじみのQRコードは、トヨタの工場でパーツを監理するために生まれたものだったのですね。ここ数年、このQRコードが図柄として使われた切手が各国から出ています。これはリヒテンシュタインのもので、他にもスペイン台湾ロシアアイスランドクロアチアなど。

さて、と思いつつiPhoneにQRコードリーダーのアプリをダウンロードして、わくわくしながらこの切手をスキャンしたら、つまらない銀行のHPが出て来た、、、。この落胆って、ネット世界のあちこちで目に入るうるさい広告が生むストレスと似ています。お金持ちの大企業が切手を広告媒体として使うようになったら、もう古い切手しか見なくなりそうです。

Mother Language / 母語

February 23, 2013

2011Austria001

4 October 2011, Austria
‘Brand Austria’
designer:  Nik Thoenen

21 February is the International Mother Language Day, which is an annual observance to celebrate and promote awareness of linguistic and cultural diversity and Multilingualism.

This stamp from Austria shows 15 different linguistic groups in the country, in the manner that the size of letters reflect the population of people to use them as their mother tongue – I think.  And I guess that the red letter E, sideways up on top of the central O, is the modern version of the umlaut for Ö of Östereich, when you spell it in the ‘www’ world.

The latest statistics tells us that native British population is less than a half in London.  I am one of these non-British who speaks English for everyday communication.  At the same time I am trying to keep my Mother Language as good as it was – not easy!

一昨日の2月21日は国際母語デーでした。母語を捨てることを強要された東パキスタン人(現バングラデシュ人)が1952年にベンガル語を公用語にするよう抗議行動を起こしたことに由来します。

この切手は、オーストリアに住む人たちのさまざまな言語集団とその人口比率を文字のサイズで表したもの?と推測するのですが、どなたか知っている方がいたら教えてください。中央の赤いOの上で横になっているEは、ネット環境でタイプできないウムラウトの替わりに並べて使われる「oe」を表し、バイエルン語の国名Östareichのことだと思われます。

最近の統計によると、ロンドンでは白人イギリス人の全市人口における割合が45%に減ったのだそうです。たくさんの人が外から来てこの街で生活しているわけです。その一人であるわたしも、日常会話や仕事には英語を使いながら、国語を忘れないよう努めて書いたりしていますが、なかなか簡単ではない、、。ここで子供を育て、現地校に通わせながら母語も教えている友人たちの努力を思うのでした。

Nyoro Nyoro in Moominvalley / ムーミン谷のニョロニョロ

January 13, 2013

2011Finland003
2011Finland004
2011Finland006

6 May 2011, Finland
illustration: Tove Jansson
design:  Satu Lusa

Nyoro Nyoro in Japan is the name of a creature in Tove Jansson‘s Moomin series – they are pictured on the third stamp, called Hattifattener in English translations.  They walk swayingly together and gather in mass numbers when a storm is arriving… then get electrified in a ceremonial manner!

These three stamps from ‘Hur gick det sen? (1952)’ are showing beverage/tea time in Moominvalley.  Oh no, not a drop left in a flask…

「ニョロニョロ」というと、日本ではムーミンに出てくるゆらゆら集団で歩く生き物の名前をまず思い浮かべる人も多いと思います。嵐の中で集団で電気チャージするこの生き物を思いついたトーベ・ヤンソンの想像力に憧れます。

上の3枚は、1952年原作の6枚の切手の中から、飲み物をめぐる情景を集めてみました。水筒がからっぽでがーん!としているムーミンがかわいい。セルフのりの切手は普通は好きではないけれど、これくらい形で遊んでいると楽しめます。

Thunderbird / サンダーバード

October 20, 2012

11 January 2011, United Kingdom
The Genius of Gerry Anderson
Thunderbird (1965)

At the same time as the previously posted Supermarionation series, the Royal Mail issued this Thunderbird – the best known work by Gerry Anderson.  In the same set, they issued special stamps with lenticular printing, to show the starting movements of four Thurderbird ships.

To share the effect of these stamps, I made four movies, 4, 3, 2 and 1 – click the stamp to guide you YouTube clips.  I am not equipped to add sound to these movies yet – this link would give you evocative memories.




Thunderbird 4, piloted by Gordon Tracy
Thunderbird 3, Piloted by Alan Tracy
Thunderbird 2, Piloted by Virgil Tracy
Thunderbird 1, Piloted by Scott Tracy

前回ポストしたセットには、このサンダーバードの切手がもちろん入り、レンチキュラー印刷を使った1号機から4号機の「動く切手」つきです。

どんな風に見えるのかご紹介したく、角度を変えてコマ撮りした切手でアニメーションを作ってYouTubeにアップしました。上の4枚をそれぞれクリックして見てください。ムービーに音楽を足すやり方はこれから学習するので、音響はこちらをかけながらどうぞ。

Supermarionation / 特撮人形劇

October 6, 2012





11 January 2011, United Kingdom
The Genius of Gerry Anderson
Supercar (1961)
Fireball XL5 (1962)
Stingray (1964)
Captain Scarlet (1967)
Joe 90 (1968)

The shape of old style television screens in these stamps, are showing works by Gerry Anderson – of course, best known for the Thunderbird series.  They have influenced a lot of science fiction films after then.

テレビ画面の切手は特撮人形劇プロデューサーのジェリー・アンダーソンの作品たち。上から『スーパーカー』『宇宙船XL-5』『海底大戦争 スティングレイ』『キャプテン・スカーレット』そして『ジョー90』の場面です。『サンダーバード』もアンダーソンの作で、これらのテレビ・シリーズは後の世界中の立体アニメ番組やサイエンスフィクション映画に影響を与えたのは間違いないですね。

Sir Paul’s Olympic Games / ポール・スミスのオリンピック切手

September 1, 2012

1 January 2012, Isle of Man
London 2012 Olympic Games
design: Sir Paul Smith

There is another set on the Olympic Games, designed by Sir Paul Smith.

I like the top one the best.  As the designer stated in the presentation pack, they are positive and colourful – but I suspect that he did not take a long time to research and design them, unfortunately…  The in-house design team was perhaps shocked by the colour restriction and smallness of what they had to design – even so, for example, the stamp on Archery issued in 2009 has a similar and better composition.

Anyway, they are cheerful and pleasant if you use them on an envelope and a post card, as their colours are sophisticated.






オリンピックにちなんだ切手が、マン島の発行で1セット出ていました。ポール・スミスのデザイン。

一番上のプールのは、色合いと構図が好きです。「はつらつとカラフルな切手にしたかった」と本人も言っているように、こうやって並べるとさすがに色使いはこなれていると思う。

けれど、時間をかけて真面目にデザインしてないよね、サー・ポール。普段はふんだんに色数を使ってファッションアイテムとかパッケージ、広告などを手がけているインハウスデザイナーが、リサーチもほどほどに、ボスのスケッチを整えてセンス良く色を乗せました、、、という印象。たとえば、最後の一枚アーチェリーは、2009年のパラリンピック・シリーズの一枚のほうが緊張感があってかっこ良いと思う。自転車だって、背景に描かれたベロドロームでの競技用自転車ではないし、サドルをクロップして外すか?という感じ。

でもまあ、封筒に貼って出すにはすっきり綺麗だし、元気よく楽しい雰囲気にはなりそうですが。

rarely featured on TV, but / 地味だけど

August 20, 2012

27 July 2011, United Kingdon
Olympic & Paralympic Games, Series 3
Wrestling
design: Studio David Hillman
illustration: Daniel Stolle / Anna Goodson Management

We did not see this sport featured much on the TV during the Olympic Games – because no British were participating in it – but there were three Gold medals for Japanese girls!

This stamp is designed nicely, sensitively controlled thickness and volume of white lines and Olympic red & blue colours plus subtle other tones.  I respect this kind of attentive work.

英国人が一人も参加しなかったからか、イギリスではレスリングの中継はほとんどされませんでした。結果を見ると、あれまぁ、日本女子が大活躍したのですね。

この切手は渋い色合いだけれど、白の分量と線の太さが細かく計算され、見慣れた赤と青の競技用コスチュームがバックの3色にしっとりと溶け込んでいます。こういう丁寧な仕事は、しみじみと好きな一枚。

paralympic games – 2 / パラリンピック- 2

June 26, 2012

22 July 2010, United Kingdom
‘Olympic and Paralympic Games 2012‘
Paralympic Games: Table Tennis
design: Michael Craig-Martin

Another set of stamps on Olympic games was issued in 2010. My favourite designs are about the Paralympic games, again.  The stamp below is showing the ringing bell of Goalball – which is a team sport designed for blind athletes.

Paralympic Games: Goalball
design: Tobratron

このオリンピック・セットは2010年に発行されました。いいな、と思ったのはまたしてもパラリンピック競技の卓球とゴール・ボールという競技を描いた2枚。ゴール・ボールは第二次世界大戦後の負傷兵のリハビリのために考案された、盲目の人たちの球技でした。

telephone again / 再度、電話機

April 28, 2012

2010USA006

29 June 2011, USA
‘Forever’
Pioneers of American Industrial Design

Model 302 Bell telephone, 1937
designed by Henry Dreyfuss (1904-1972)

When I saw this stamp, I thought this crisp telephone design must be the inspiration for the Ericsson telephone which I featured – but the fact seems the opposite.   The Henry Dreyfuss Associates web site is linked to a wikipedia articles, which says that the Ericsson phone was designed in 1929 and Henry Dreyfuss was influenced by that.  So, I amended my post accordingly.

This series of stamps ( 12 of them ) are showing early examples of American industrial design – some of them are familiar and the rest are not.  Simple images are featured, but there is no denomination on the stamp…  Is ‘Forever’ the replacement of postal price?

Two more designs for communication tools below – the radio was designed by Dreyfuss’s mentor Bel Geddes.

この切れのある電話機の切手を見た時、3つ前のポストで紹介したエリクソンの電話機はこれを見て影響を受けたのかも?と思ったのだけど、事実は正反対だったようです。今でも続いているHenry Dreyfuss事務所のHP(おそろしく前時代的なデザインですが、、)からだどって行くwikipediaの記事に、1929年にデザインされたエリクソンの電話機に影響を受けたとしっかり記されていました。

この12枚セットの切手はアメリカのインダストリアルデザイン黎明期を紹介しています。中には見慣れたデザインもあります。ラジオをデザインしたNorman Bel Geddesは、Dreyfussがかつて見習いとして働いたことのあるステージデザイナーでした。

2010USA007
2010USA010

‘Patriot’ radio for Emerson Radio & Phonograph Co. by Norman Bel Geddes (1893-1958)
‘Selectric’ typewriter for IBM in 1961 by Eliot Noyes (1910-1977)

fresh leaves / 若葉の季節

April 22, 2012


24 January 2011, Finland
Birch bud and leaf
design: Teemu Ollikainen and Timo Berry

Here in South East England, we have been having this extreme weather – blue sky in the morning and thunder and heavy rain in the afternoon – for last two weeks.  These rains must be giving a great relief to farmers, forests and all plants in the country, after the record dry winter.  The little buds on the Silver Birch tree in front of our house have grown significantly.  Summer soon? ( or too early to say? )

This set of stamps from Finland were issued last year, using the same die-cut tool as the Water Ripple stamps in 2008 – the shape is working better this time, I think.

ロンドンでは「午前は快晴、でも午後から雷が鳴ってどしゃ降り」という天気がここ2週間ほど続いています。雨の少なかった冬の後で水不足が心配されていたから、農家や森の木々にとっては恵みの雨です。やっぱり水が足りていなかったのか、家の前のシラカバも今年は新芽が遅かったのですが、ここ数日で小さいながらも葉っぱの形になってきました。夏はすぐそこか(それにしては寒い!)?

このフィンランドの切手は2008年の水シリーズの「押し切り型」を使い回しているようですが、、、こっちのほうが図柄としっくり合っている気がしません?

deliver your wish / 気持ちを届ける

March 14, 2012

2011Japan005
2011Japan003
2011Japan001
2011Japan002
2011Japan004

21 June 2011, Japan
Charity for East Japan Earthquake Disaster
design: Akira Tamaki

It has been a year since the Tohoku Earthquake happened on 11 March 2011.  There are still a lot of people living in temporary housing, and the debris of towns and cities washed away by the Tsunami are still piled beside the roads in many areas. The nuclear power station is still in the cooling down stage before sealing it off.

This set of stamps were issued to raise emergency support for the struck area, prepared within three months after the earthquake – I guess that was very quick compared to the normal process of issuing stamps.  The design is the reflection of the wish of many Japanese at that time – willing to deliver a message that we are thinking of people who lost their loved ones and their homes.

There was a charity concert in London last Sunday 11 March, to raise continuous support for Tsunami orphans.  Music has a strong power to share, and unites this supportive wish.  I was moved by slides which showed people around the world giving their encouragement to Japan after the tragedy.

平成23年6月23日発行
東日本大震災寄附金付
デザイン:玉木明

震災からはやくも一年。あの頃は「デザイナーはこんな時に、どんな役に立てるのか??」と毎日考え込んだけれど、そんな思いも日々の忙しさにかき消されていた、そのことを考えたここ数日でした。まだまだ復興の道のりは長く、福島の逼迫した事態に触れた天皇陛下のお言葉がニュースでは編集され、原発反対の人間の輪は警察に阻まれる現実。遠くから見て、やるせない気持ちになった週末でした。

この切手は震災から3か月で発行され、被害者の救援への寄付金を募りました。デザインが抽象的すぎるのでは?震災と津波で失われた美しい風景や被災各県に伝わる伝統文化などを題材にしては?という意見も読みました。たしかに、そういうリサーチに時間をかけてじっくり作られた切手は今後、被災地へのサポートが忘れられそうな頃に必要になってくると思いますが、今回はスピードが肝心だったので、まずは暖かい気持ちにさせてくれる切手に拍手を送りたいと思います。

追記:切手の博物館で開催された『愛の切手展』でこの切手が紹介されたようです。東京の友人が、デザイナーのコメントが載っているリンクを送ってくれました。「一枚でも多く売れてほしい」という願い。なるほど。

year of the cat / ねこ年

December 30, 2011

2010Vietnam001
2010Vietnam002

1 December 2010, Vietnam
design: Nguyen Du

After I wrote ‘four days to the end of the year of Rabbit’, I realised that at the origin of the Chinese zodiac, new year does not come until 23 January 2012.  Also in Vietnam, one of the countries to follow the tradition of the Chinese zodiac, this year is the year of Cat.  This set of stamps were issued at the end of 2010, for the new year celebration of 2011.

Yes, the world consists of great diversity.  I want to learn more about those interesting differences and how people express their originality, through the world of stamps.

I wish you all have a happy new year.

「うさぎ年もあと4日」と一つ前のポストで書いてのち、十二支の発祥国である中国では新年が来年の1月23日まで来ないことに気付きました。そして、ヴェトナムでは今年は「ねこ年」だったことも。この切手は2010年の末に発行された、2011年の新年を祝うものだったようです。

世界は多様な気候と生活様式と考え方に満ちている。そんな興味深い違いについて、そんな違いがどんな風に目に見えるのかを切手を通して発見したい、という思いを新たにしています。

みなさんに素敵な新年が訪れますよう。

Penny Black celebrated / 最初の切手の切手

December 11, 2011

2011UK055

15 September 2011, United Kingdom
‘Penny Black – 184o’
Kings & Queens, The Age of Hanoverians
design: Atelier Works

Collect GB Stamps‘ by Royal Mail covers almost all stamps issued in the United Kingdom since the world’s first adhesive postage stamp – the Penny Black. I don’t have the real one, so here is a stamp that features it.

The archive site has huge image records, scanned presentation pack covers, and articles on each stamp.  This is a great archive, but could be improved a lot by featuring the people and stories behind the stamps – designers, creators of original art works, engravers and printers.

As far as I can see, this is the 6th time the first stamp design has been depicted, firstly in 1940 ‘Centerary of First Adhesive Postage Stamps’, in 1970 ‘Philympia 70 – the stamps exhibition’, in 1990 ‘150th Anniverersary of the Penny Black’, in 1992 ‘Greeting Stamps – Memories’, in 1995 ‘Pioneers of Communications’ and finally the one featured above.

イギリスの切手ももちろんアーカイブになっています。世界初の切手と最初の切手蒐集家を生んだ国ですから。そしてその世界最初の切手は「Penny Black」と呼ばれるヴィクトリア女王の横顔です。本物を持っていないので、今年発行されたその切手の切手をここに。

アーカイブには切手だけでなく、一緒に発行されるプレゼンテーション・パックのスキャンやテキストなどが掲載されていますが、残念ながらデザイナーや彫刻師のことは触れられていない。切手に関わる背景が語られたらもっと面白いのになぁ、と今後に期待するのでした。

わたしが見つけた限りでは、「最初の切手」をモチーフにしたイギリスの切手発行は6度目です。1940年に「切手の100周年」が祝われて以来、1970年に「スタンプ・フェア70の記念」1990年に「Penny Blackの150年記念」1992年のグリーティング切手にPenny Redが載り、1995年にはスラニアが彫った「通信のパイオニアたち」、そして今年発行の「ハノーバー家の時代」に、ヴィクトリア女王の切手が登場します。