Archive for the '2005-09' Category

radio tower / ラジオ塔

April 24, 2017

23 September 2005, Sweden
Varberg Radio Station, Grimeton
designer: Hannu Jarvio / engraver: Piotr Naszarkowski

I really like the lattice towers.  They are designed purely for function – built as high as possible with  a minimum of materials, the wind passes through otherwise it would topple down in a storm.

This stamp is looking up at one of 6 transmitters at the radio station at Varberg in Sweden, built in 1922 to 1924.  Now it is classified as a World Heritage Site and opened to public on Alexanderson Day.

鉄塔がとても好きです。少ない素材で出来るだけ高く、風に倒れないようスカスカに組んである、機能に徹した構造体。

この切手は世界遺産にも指定されている、スェーデンにあるヴァールベリのグリメトン無線局(1922年から24年に建設)の鉄塔のひとつを見上げた図です。鉄塔も、切手も美しい♡

hand and tool / 手と道具

February 26, 2017

2007San Marino001

20 April 2007, San Marino
Birth Centenary of Bruno Munari
design: Ilaria Montanari

One more design by Bruno Munari – description on stamp ‘attrezzo per vetrinista’ is translated to ‘window dresser’s tool’.  Window dresser?  Wikipedia told me that is window display professionals, includes young age of Giorgio Armani and Salvador Dali!

I wonder if Munari has invented this tool for them or refined existing tool for production… Anyone knows?

一つ前のポストで紹介したムナーリの記念切手の最後の一枚。印刷されている「attrezzo per vetrinista」を訳すと「ウィンドー・ドレッサーのための道具」。窓職人?と思ったら、店のウィンドーディスプレイを手がける人たちで、アルマーニやサルバドール・ダリが若い頃に「ヴェトリニスタ(良い響き)」だったと、ウィキぺディアが教えてくれました。

この道具がムナーリの発明品なのか、すでに存在した道具のプロダクト化だったのか、、ご存知の方、教えてください。

holding hand / 持つ手

February 22, 2017

2007San Marino004
2007San Marino002
2007San Marino003

20 April 2007, San Marino
Birth Centenary of Bruno Munari
design: Ilaria Montanari

Memorial stamps for the Italian designer Bruno Munari showing hands holding products he designed, and receiving the Compasso d’oro award.  Until I saw this stamp, I didn’t know the stylish and common hook-or-hold garage lamp which was designed by him.  He is known more for his beautiful illustrated books.  Using hands for these stamps pays a compliment to Munari’s book from 1963, named Supplement to the Italian dictionarya lot of photos to tell us how Italians use their hands in conversation.

1998年に他界したブルーノ・ムナーリの生誕100年を記念したサンマリノの切手には、彼がデザインしたプロダクトとそれを持つ手が描かれました。これまで、フックで引っ掛けたり手に持って使うガレージ用のランプが彼のデザインだと知りませんでした。手を使っているのは、ムナーリの有名な本『イタリア語辞書の付属として』に敬意を払ってのことと思われます。この本では、イタリア人が手でいろいろな形をつくりながら会話する、独特なジェスチャーについて写真で解説しています。

pink kawaii? / ピンクかわいい?

August 13, 2015

2006Finland001
*exch. 067  ( limited number )

11 January 2006, Finland
St. Valentine’s Day

I am still thinking about kawaii/cute in stamps – how about colours?  OK, this is not only colour, but with a motif, of course.  Yet, is it still cute if not in pink?

I did not like the colour of pink for long time, since my low-teen until recently, because I though pink is representing girly flatter to gain anything better, which I was not equipped with.  I was reconciled with pink when I recognised that I am not called ‘girl’ any more.

Anyway, this stamp is simple and cute, and it delivers very strong message, anytime.

ずっと長い間、わたしはピンクが嫌いでした。中学の時に母が買ってくれたブラが体操服から透けてバスケット部の後輩から「ピンク先輩」と呼ばれたのがたぶんトラウマの始まりで、その後はピンクが似合うかわいい女性にはなれないとあきらめ、自分らしさを表現できる別の色を模索したのでした。

友人のFBで知ったジェーン・スーの『ピンクと和解せよ』という記事を読んだとき、あぁ、自分だけではなかったのだ!と知り、その分析の明快さに「そう!そうなのよ!!」と何度つぶやいたか。「媚びて発情している色」と思っていたから避けたのです。そして、わたしも40歳あたりで和解した。

この切手はもちろんハートの形もあるけれど、色がピンクでなかったら可愛さよりもシンプルさをまず感じるのではないかな、と思います。何より、強く正しくメッセージを運ぶデザイン。明日は「裏バレンタインデー」ですが、好きな人にはいつでもピンクの♡を届けたいものです。

kawaii〜 / かわいい〜

May 30, 2015

2005Netherland012
2005Netherland011

2005 Netherland
illustration: Dick Bruna

‘Kawaii’ is a Japanese word – maybe one of the first 5 vocabularies an oversea visitor leans from natives in Japan.  Together with animated film culture, among with young Anime fans all over the world, this word is becoming a common keyword of Japanese culture.

I used to have ‘kawaii’ category in this blog, but it covers so many diversities and gave up to nominate.  I want to look at this word again, as it might be more universal than I thought.

So, the first examples are not even stamps, but so kawaiiiiiiii (to emphasise your feeling, you stretch the last vowel) !  It is very easy to analyse why we feel so – our hidden infancy is recalled by these illustration.

「かわいい」切手。日本人には説明する必要もなく、もちろん個人によって「かわいい〜」と感じる範囲も違い、ブスかわいい、キモかわいいなど派生も多いこの領域。かつてこのブログにkawaiiというカテゴリーを作っていたのだけど、あまりにたくさんの切手が該当するので消したのでした。

その「かわいい」が国際語になろうとしている今、切手をとおして分析してみてどんな要素に「くねくね」させられているのか、考えてみようかなと思います。「kawaii」を取り巻く細やかな感覚は、国境を越えてシェアされると楽しそうなので。

まず、第一弾は切手ではありませんが、再掲するミッフィー、、、かわいい〜〜。分析するまでもなく、わたしたちの中に残る幼児性が、ちょこちょとくすぐられているのです。

finally summer / やっと来た、夏

July 16, 2013

2007UK024
2007UK025
2007UK026

15 May 2007, United Kingdom
Beside the Seaside
design: Phelan Barker

Finally we have summer here in the UK for the last 7 days.  Blue sky! Ice cream!!  Our hydrangea has survived a long cold spring and is just starting to bloom now.

The negative side of summer here is; melting roads, steaming Underground and buses and expanded rails – all making our travels nasty…  I thought about beaches, but have not been there yet.

なんだかずっと寒かったのに、一気に暑い夏になりました。急だなぁ、それにしても。ともかく、青い空とアイスクリームを楽しむ日々は嬉しい。庭のアジサイもやっと咲きはじめたところです。

ところで、イギリスは暑さに弱いのです。地下鉄やバスは冷房がないのでものすごく蒸し暑く、道路は舗装が溶けてぷちぷちと泡を出し、レールが伸びて列車が遅れ、、。浜辺のことを考えないでもないけれど、風の通り抜ける家でじっとしているのが、じつは一番涼しいのでした。

www. on stamps / 切手にHPアドレス

March 10, 2013

2010Croatia003
2010Croatia002

2008 & 2010, Croatia
‘Ana Rukavina Foundation’

After a stamp features @, here are a set from Croatia, which are showing URL of a National Humanitarian Campaign on leukaemia.  Ana Rukavina Foundation was made to raise awareness of bone marrow donations.  As Ana’s fight against the illness was known through the internet, it is appropriate to spread the information of this campaign via the www address.

I haven’t seen any other URL printed on stamps yet, but a few more have been issued, I imagine.

「@」の載った切手の次は、「www.」が印刷されている切手を。クロアチアで2006年に始まった、白血病患者を救う骨髄献血を呼びかけるキャンペーンの切手には、キャンペーンのロゴとHPが載っています。Ana Rukavinaのブログがきっかけで広まったこの活動をもっと多くの人に知らせるために、切手というメディアを使っていることが興味深いです。

わたしはこれしか見つけていないけれど、きっと他にもURLを載せた切手が出ていますよね?

nyoro nyoro / にょろにょろ

January 7, 2013

2008UK014

11 March 2008, United Kingdom
St. Patrick‘ in a sheet of Celebrating Northern Ireland
illustration: Clare Melinsky / design: Silk Pearce

Kune kune is mostly for a single object swaying or winding.  When more than one object are together going kune kune – that is nyoro nyoro!!

The third stamp of this year is from the UK, showing St. Patrick – with three snakes nyoro-nyoro-ing behind columns!  In the legend, St. Patrick was attacked by snakes when he was doing his ’40 Day Fast’ and he chased them into the sea and banished all snakes from Ireland…  Well, modern research tells us different reasons why no snakes are found on the island.

「くねくね」している生き物が集まって一緒に動いている様子が「にょろにょろ」ー という定義をしてみました。そんな感じがしませんか?

2013年の3枚目の切手はイギリスから、北アイルランドの聖人パトリックを描いたもので、背後ににょろにょろと3匹。伝説では、聖人が断食の行をしている時にヘビに襲われ、彼がヘビたちを追いつめて海に落としたのでアイルランドにはヘビがいない!のだそうです。けれど、アイルランドやグリーンランドは南半球のニュージーランドや南極大陸と同じようにもともとヘビが生息していないらしい。海を渡れなかったのですね。

sitting on a goose / 150歳を記念して

November 27, 2012

13 November 2008, Germany
Nils Hogersson on Goose
150th birthday of Selma Lagerlöf
illustration: Wilhelm Schulz

Another stamp to feature a scene from “The Wonderful Adventures of Nils”, and this is celebrating the 150th birthday of Swedish author Selma Lagerlöf.  This popular story for children was published in 1906.

I saw a group of birds in a V-shape, traveling towards the South of Tokyo, beside the Tama River.  I imagined sitting on one of them again, thinking that mountains, coastlines and rivers must be the guides for their long journey – but how do they remember all of those?

セルマ・ラーゲルレーヴの生誕150年を記念したドイツの切手にも『ニルスの不思議な旅』のひとコマが描かれています。原作の発表は1906年。このイラストが、その当時にすでに使われていたものかどうかは不明。

先日多摩川の河川敷にて、南に向かうV字編隊の渡り鳥を見ました。またもや、鳥の背に乗る小さな男の子の気分で「空の上から見る、川の描く地形は彼らのナビに違いない、、でもどうやって記憶している?」と想像をたくましくしたのでした。

Diving / 飛び込み

August 11, 2012

2009UK033

22 October 2009, United Kingdom
Olympic and Paralympic Games 2012
designed by Julian Opie ( born 1958 )

During this Olympic games I watched several sports which I was not familiar with.  One of them was Diving – throw oneself from a high board, perform acrobatic rotations or twists within a second or two and enter the water with minimum splash… the TV cameras showed great details of control of muscles in the air.

My first feature of a stamp on London 2o12 Olympic Games is designed by an artist, Julian Opie, who is good at capturing flexible movement of the human body.

大企業の過剰コマーシャルにはうんざり、と思いつつも、これだけ盛り上がるとやっぱり観てしまうオリンピック。普段あまり目にしない競技で思いのほか楽しんだのは「飛び込み」です。特に、細やかな筋肉の動きがあちこちから狙う望遠カメラで仔細に映し出され、飛び込み台の高さを実感できるのもおもしろかった。選手たちが揃って男前だった、というのもありますが、、、。

という訳で、今年のオリンピックを取り上げた切手として、最初にジュリアン・オピーのこの一枚を紹介します。たくさんの選手を観たのちに、この線描は良くしなやかな動きをとらえているなぁ、と感心したので。

paralympic games / パラリンピック

June 25, 2012

22 October 2009, United Kingdom
Olympic and Paralympic Games 2012
Paralympic Games: Equestrian
design: Andrew Davidson

In busy London, Wimbledon has started today.  Then it’s 31 days to Olympic games and 64 days to Paralympic games…  My studio is located on the edge of the ‘Olympics event zone’, and the area is dedicated for authorised staff car parks.  It is easy to imagine that total chaos is coming soon!

Three related sets of stamps were issued for the Olympic games since 2009 – less than half of them I like.  Then I realise that the ones I like are mostly for the Paralympics.  So, I started to look up the details of sports in those games.  In the Equestrian events, people who started this sport for rehabilitation from Cerebral palsy will exhibit their developed skills, for example.

Not just for top elites of pro sports or mere nationalism, it will be very interesting to watch the results for people with a different type of motivation.

Paralympic Games: Archery
design: George Hardie

今年のロンドンはイベント続き。今日からウィンブルドン、31日後にオリンピックの開催、64日後には同じ会場でパラリンピックが行われます。わたしの仕事場周辺は「オリンピック・イベントゾーン」と名付けられ、先週末から関係車両の路上駐車区域になりました。通勤に時間がかかりそうな、、、。

オリンピック関連の切手は今までに3セット出されていますが、心おどるような素敵なのはまだ出ていないのです。そしてよく見ると、気に入っているのはほとんどパラリンピックの切手でした。そこで始めて、パラリンピックについて何も知らないことに気付いて、競技ルールや参加資格を読んでみました。たとえば、馬術競技は脳性麻痺のリハビリのためにこのスポーツを始めた人や、日常的に車いすを使う人たちが参加します。

スポーツ界のエリートが繰り広げるパフォーマンスや愛国心とは対照的な、もっと個人的なストーリーをパラリンピックでは観ることができそうです。

national celebrations / 国家的お祝い

June 2, 2012

18 April 2006, United Kingdom
80th Birthday of Queen Elizabeth Ⅱ
design: Sedley Place
photo: Enschedé

We are in the four days National holidays to celebrate the Queen’s Diamond Jubilee – 60 years since the coronation.  Many shops in town have window displays dedicated to this event and the radio is playing pieces of music written for historical monarchs and the Royal family.  It is a bit too much for me, this National feature of the flags and crowns in town!

But I like the Queen and stamps with her portrait or silhouette – hoping not to lose her for many years to come – this is my celebration of the Jubilee.

I especially like the Queen’s sunny smile (1972) on top – and both young (1951) and mature (2001) charming smiles.  As they feature the Queen’s portrait, they have no silhouette as you normally find on British stamps.

This link is showing 60 pictures of the Queen since 1953.


女王の戴冠60年を祝う4連休が始まりました。街ではたくさんのパブや店がお祝いの飾り付けをして、ユニオンジャックがひらひら舞い、王冠モチーフがショーウィンドーに飾られています。ラジオでも朝から歴代の君主に捧げられた曲がかかり、、、過剰なお祝いムードに少し食傷気味。

でも女王は好きだし、女王の肖像やシルエットの入った切手がすっかり当たり前になっていて、もう少しこのままがいいな、、と思うので、このポストで個人的にお祝いします。

このシリーズは6年前に、女王の80歳の誕生日を祝って発行されたものです。1972年(46歳)のサングラスでおおらかに笑っている女王が一番のお気に入り。1951年(25歳)と2001年(75歳)の50年を経てもチャーミングな笑顔も素敵です。

このBBCのニュースで女王の戴冠から現在までの写真がスライドショーになっています。

Rabbit out of Hat / 手品うさぎ

December 27, 2011

15 March 2005, UK
‘Centenary of the Magic Circle’
design: G. Hardie and Tatham Design

I met a Japanese magician this summer, who told me about the Magic Circle, where he performed sometime ago.  I remembered the story now, because I found this set of stamps, which are celebrating the Magic Circle’s 100 years.

Following their tradition with a top hat and a tailcoat, these pop designs recreate nice visual illusions within small stamps – pity you cannot rub digital images, but I feature one which I scratched with a coin.




I have ‘head’ of the coin, not ‘tail’.

The year of the rabbit is ceasing in four days.  I have this feeling that a year gets shorter and shorter – is it proving the fact that I am getting older faster!?

この夏東京で出会ったあるマジシャンが、ロンドンにあるマジック・サークルで公演した時のことを話してくれたのを、この切手のタイトルを探していて思い出しました。そのマジック・サークルの100年の歴史を2005年に祝っていたのでした。

燕尾服やシルクハットという伝統も描きながら、デザイナーはこの小さな切手で出来る紙面トリックをいろいろな手法で試していて面白いです。画像をこすってもらうわけにいかないので、わたしがコインで引っ掻いたのちの画像も載せます。

うさぎ年もあと4日で新しい年に変わります。なんだか、一年がどんどん短くなっていくと感じるのは、わたしの加齢が加速しているのか!?とちょっと焦る年末なのでした。

big appetite in autumn / 食欲の秋

October 6, 2011

2005Sweden003
2005Sweden002
2005Sweden001

10 March 2005, Sweden
Europa / Gastronomy
design: Jenny Halling Sjostedt

There is a saying in Japan that your appetite grows in autumn.  Yes, I have eaten a lot in Istanbul last week and now here in Tokyo.  My appetite will be more developed in Hiroshima in the next week, then I will start to miss my everyday meal in London.

This is the third radish stamp in my collection.  In Europe, now is the time to make preserved food, the grace of forest.

食欲の秋、というのは本当だなぁと思います。どうしてこんなにお腹が空く?と不思議になるほどです。仕事をしていたらお腹が空いて当然だけど、なんにもしていない移動待ちの半日とか、そんな生産的でない夕方にもぺこぺこにお腹が空くのはちょっと理不尽な気がする。

赤カブを描いた切手がもう一枚ありました。スウェーデンの秋の味覚と保存食作りの切手。ヨーロッパでは秋の味覚は大事に保存され冬を越す食料になります。

100 years scouting / ボーイスカウト100年

August 14, 2011

27 April 2007, Switzerland
Centenary of Scouting
design: Marc Waller

Another triangular stamp – in the shape of a tent.  I would imagine that in the early time of scouting, boys and girls were not together in a tent!… now they are happily on one site and enjoying new freedoms.

Each face pictured here remainds me someone I know – it is strange, though.

三角切手をもう一枚。図柄はちょっとあか抜けないけれど、テントの形の見立てが面白いと思います。100年前はきっと男子と女子は厳格に活動が分かれていたのだろうけれど、、、今はさすがに、男子と女子、いろんな人種が交流しているよ、と切手で訴えている感じもあり。

それにしても、描かれているどの顔もわたしの知っている誰かと似ているのが、、、変な感じです。

from letter press to @ / 活版印刷から@マークへ

February 8, 2011

2009Swiss001

8 May 2009, Switzerland
design: Meike Kollmann / Lithography

It happened in Tunisia and now in Egypt – they are telling us that the group of people who share opinions are exchanging information and being united faster than ever.

This stamp is evoking this change in forms of communication, and at the same time telling us the tactile quality we shouldn’t forget.  In fact, we are re-discovering the artistic value of letter press and traditional methods in stamp printing as well – I hope.

チュニジアの政変につづきエジプトでも、インターネットとソーシャル・ネットワーキングが意見を同じくする人々のつながりを早めたのは確かなことのようです。

この切手は近年のこの変化を図柄にしつつ、凸版印刷の伝える素敵な素材感を忘れないで、と言っているように見えます。レタープレスの名刺や本が静かな人気を保ち続ける日本で、凹版や凸版印刷の切手も再評価されて高い品質のものが発行されたらいいのにな、と願うのはわたしだけでしょうか?

wallpaper and chair / 壁紙とイスと

November 20, 2010

2007Finland001
2007Finland002

24 August 2007 Finland
top
‘2+3’ wallpaper by Ilmari and Annikki Tapiovaara in 1958
‘Paimio’ chair by Alvar Aalto in 1931-32
bottom
‘Pavroo Garland’ wallpaper in Biedermeier style
Empire style chair

I am amazed at how just a few elements can express a sense of  interior.  Wallpaper, the corner of a picture frame, a chair and its shadow – they are enough to convey the atmosphere of the room and taste of the owner.

壁紙、額縁、イスとその影。ほんの少しのアイテムとしつらえを描き出すだけで空間が出現して、部屋の雰囲気とか住んでいる人の好みがすっかり分かる。そういえば、インテリアってそういうものかも、、と思ったりします。

それにしても、ビーダーマイヤー様式が「簡素」の表現だったとは。たしかに、さらに以前は室内空間はもっと装飾的だったのですね。

un grand merci / 大感謝

September 12, 2010

2005France001
2004France001

1 March 2005, France
design: BEN ( Benjamin Vautier )

It is said ‘Autumn is for Art’ in Japan.  Hot summer has finally gone and people start to read again and go to museums.  It was really too hot this summer to think – well, I have just experienced two weeks of it, and it was enough.

Anyway, I am back on this blog and featuring stamps by Benjamin Vautier, known as Ben is one of Fluxus artists.  He has a funky website, but did not tell me about his stamps at all ( my French problem ), I found the issue year finally on French wikipedia!  These stamps remind me an installation at Ecole d’art à Blois completed in 1995, named ‘Mur des mots’.

I am having my first solo exhibition at Rocket Gallery in East London from 18 September and these stamps express my current feeling as well.

暑かった日本の夏がようやく終わろうとしているのをtwitterで読み、ほっとしているところです。たった2週間しか体験しなかったのに、かなりのインパクトでした。

さて、気分を一新して芸術の秋。フランスではアーティストの切手が多数発行されていますが、フラクサスのメンバーでもあったベン・ボーティエの切手は彼の手描き文字に小さな穴が開いていて、粋な仕上がりです。フランス中部の都市ブロワの芸術学院の壁面に施されたインスタレーションは、こんな雰囲気のたくさんの文字のパネルで構成されていました。

この秋、London Design Festival時期に東ロンドンのRocket Galleryにて初めての個展を開くことになり、やっと今週、招待状を送ります。この2枚の切手は、わたしの今の心情をよく表現してくれています。

Miffy is touring / ミッフィー展、巡回

May 11, 2010

2005Netherland005




2005 Netherland
illustration: Dick Bruna

The exhibition of Go Go Miffy is touring several venues in Japan.  So, I will have a chance to see it in the future!

It is odd not to show stamps inside the ‘sorroundings’ – here you are.  The hiding Miffies come out to dance, write and sit.  The whole sheet was below ( not anymore in the condition… ).

前回のポストで紹介した『ゴーゴーミッフィー展』は全国を巡回します。これなら、どこかでちゃんと見れそうです。

そして「フチ」を紹介して切手じたいを載せないのは変よね、やっぱり、と思い、中の切手も紹介します。きっと、上記展示会に原画がありますね。楽しみ。シートから切り取る前はこんなひと続きでした(下)。

Go Go Miffy / ゴーゴーミッフィー展

May 9, 2010


2005 Netherland
illustration: Dick Bruna

They are not stamps, but illustrated sorrundings of Miffy stamps of Netherland.  Miffy is a rabbit character of children’s books from 1950’s, which are still continued.  There is an exhibition in Tokyo named ‘Go Go Miffy‘, showing original drawings and artworks for printing – and tomorrow is the last day of this exhibition.  I am big fan of stamps designed by Dick Bruna and so pity not to see this exhibition…

松屋銀座で開催中の『ゴーゴーミッフィー展』が明日5月10日まで、というのを今日になって知りました。これを見れるように帰国の予定を立てるんだった、、、残念。そこで、この展示会HPで使われているイラストが、切手ではないのだけれど「フチ」に印刷された絵だったので、それをここでアップします。ミッフィーのファンのクリエーターから55歳の誕生日に寄せられたプレゼント、というのも見たかったなぁ。ブルーナの切手にはホントに毎回きゅーん!となり、きっといつかユトレヒトのブルーナ美術館にも行くと思うのです。