Archive for the '2000-04' Category

hand and tool 3 / 手と道具 3

March 13, 2017

5 September 2000, United Kingdom
Mind and Matter / Millennium projects
design:  The Post Office

Only 31 years since the last featured stamp “hand and tool 2” – one of many Millennium stamps was showing the latest tool at that time, and an operating hand in X-ray photo.

Well, it is a bit old-fashioned shape of mouse with wire ( ooops, already 17 years ago! ), but it was less than a decade since the mouse became a common tool for many industries.

ひとつ前のポストで紹介した『手と道具 2』から31年経った2000年に、ミレニアム記念としてたくさん発行された切手のひとつがこの手とマウスのレントゲン写真でした。

17年前(え〜、もうそんなに前?)の、すでに古く感じるマウスの形とワイヤー。当時はまだ、いろいろな職業でマウスが使われ始めてから10年ぐらいしか経っていなかった頃です。

toys / 玩具

January 26, 2016

2003UK058-2

18 September 2003, United Kingdom
Classic Transport Toys
designed by Trickett & Webb

I wrote that I don’t like stamps of photographed toys….. and then I found these British stamps!  They are good – delivering an evocative feeling of vintage toys.  What makes them different then? Maybe the simplicity of a white background and the braveness of adding nothing behind the object.  For example, these Swiss stamps or these Bosnia and Herzegovina – are not bad, but not cool.  This Liechtenstein set is funny and my favourite.

Once I saw a collection of Meccano used in the design development process in a design studio.  It’s a wonderful system, good enough to examine how a real product works!

写真に撮られた古いおもちゃの切手はどうも、、、と一つ前のポストで書いたのち、このイギリスの玩具を発見。雰囲気とても良いです。なぜ?たぶん、背景にまったく加工をしないこの潔いシンプルさだと思われます。例えば、このスイスのボスニア・ヘルツェゴビナの切手は、それなりにかわいいけれどクールではない、、。惜しいところです。あ、でもリヒテンシュタインのは好きかも。

最後の一枚に撮影されているMeccanoの部品を使って、あるデザインスタジオで製品のしくみを工夫しているのを見た事があります。高度に機能的で、洗練されたおもちゃです。

2003UK055-2
2003UK054-2

retro kawaii / レトロかわいい

June 25, 2015

2001UK021
2001UK022
2001UK023
2001UK024

15 May 2001, United Kingdom
150th Anniversary of First Double-Decker Bus
design: Consignia plc

Somehow British stamps like to show objects or faces from the straight front.  I think this is brave to illustrate buses from the front – they are normally depicted their character of the long side views.  As a result of these stamps, you notice that some buses have kawaii faces…

But not all of them are kawaii, in fact – it is very personal opinion, maybe, but the ones in a stamp below are not cute.  To compare to those industrialised faces, very recent bus designed by Thomas Heatherwick is, in a way, kawaii.  What is the decisive point?  Round, low and distanced eyes??

Oh, and as you might notice, that this series are printed in one long band of 16 front faces.  Click the bottom image to enlarge.

真っ正面からの写真やイラストは、なぜかイギリス切手によく登場するのですが、バスという前後に長い存在を正面から眺めるその度胸というか、いさぎよさが好きです。そこで、ロンドン名物ダブルデッカーの顔って実はこんなにかわいかったんだ〜、と初めて気付くわけです。

けれど、正面から見たからかわいい訳ではなく、つい最近までバスはかわいい顔をしていたのだ、と5枚の切手をながめると気付く。下の1枚に描かれた近年のバスは、なぜかかわいくないのです。このあたりと比べると、2011年に走り始めた、トーマス・ヘザウィックのデザインしたバスはまだかわいいかも。何?丸くて離れた眼??

そして、お気づきの方もあると思いますが、このシリーズは切り取る前は、ずらっと並んだ16台のバスの正面です。クリック拡大してお楽しみください。

2001UK025

2001UK021_025

Printing revolution / 印刷革命

February 26, 2015

2000Germany001

17 February 2000, Germany
600th birthday of Johannes Gutenberg

The hand carved woodblock print was born in China, and in the 15th century in Europe, metal letter press was invented and that made the printing culture wide spread.

This stamp is celebrating the inventor’s birthday of 600 years ago – well, he is responsible for many areas of later development, such as publication, education and yes of course, typography.

The letters from 600 years ago were quite a bit different in written manner, by the way.

印刷の歴史は中国で興った手彫りの木版印刷にさかのぼりますが、15世紀のヨーロッパで活版印刷が発明されたことが、印刷物の量をぐんと増やし、情報の伝わるスピードを一気に速めたのは間違いないようです。

この切手はその活版印刷の発明者と言われるヨハネス・グーテンベルクの600年前の誕生を記念したものです。たしかに、量産が可能な印刷物が出来たことで書物が庶民に届くようになり、さらにタイポグラフィーというものも生まれたのですね。

それにしても600年前の文字は、今とはずいぶん違った表記だったことが、拡大するとわかります。

2000Germany001-2

season of red wine / 赤ワインの季節

September 22, 2014

2000Argentina001
2000Argentina002
2000Argentina003
2000Argentina004

26 February 2000, Argentina

In autumn, somehow I want to drink Red wine rather than summery White wine.  So, I feel that I am in autumn season, today.

I met a very nice designer/artist couple from Argentina this summer in France – OK in their country the season is now spring, but here in Europe I think about harvest of grapes.

Well designed stamps with rhythmically placed circles, to tell us their passion on wine – I wish to visit in the near future.

秋になると、赤ワインが飲みたくなります。さっぱりと冷やした白ワインばかり飲んでいた夏から、あ、今日この日にわたしの食欲が秋に突入した!とようやく実感したので、アルゼンチンからぶどうとワインの切手を。

この夏にフランスで、アルゼンチン出身の素敵なカップルに出会いました。そういえば彼らの故郷では春が始まるところなのだけど、、、ともかく収穫の秋の切手です。

丸が効いてリズム感があり、かの地でのワインへの情熱が伝わる切手たち。いつか訪れてみたい国です。

design-it-yourself / オリジナルを作る切手

October 7, 2013

2003UK046
2003UK048
2003UK047
2003UK045
2003UK052

25 March 2003, United Kingdom
Design-It-Yourself ‘Fruit and Vegetables’
designer: Johnson Banks
photographer: Kevin Summers

2003UK059

I am not a fan of self-adhesive stamps normally, but for this set it is appropriate and a great joy to have a lots of sticker parts to choose from.

The only one restriction is not to hide the Queen’s silhouette and 1st class value.  So, the results are my designs, except Mr. Potato, which was one of the examples by the designer.

In 2010 Finland issued a bad copied version of this series – not as cool as this British original design.  What’s going on at the Finnish Post??

2003UK046-2
2003UK048-2
2003UK047-2
2003UK045-2
2003UK052-2

「Design-It-Yourself 」というテーマでシール切手に付属して顔や帽子などのパーツのシールを足してオリジナルな切手を作るシリーズです。女王の肖像とファーストクラスの額面を隠さないよう、という注意書きつき。

普段はシール式の切手が好きではないのですが、シールだから簡単に出来ることでこんな風に遊べたら楽しい。顔パーツを足した切手たちは、じゃがいも君以外はわたしのデザインです。

2010年にフィンランド郵便がこのシリーズのコピーを発行したのには驚きました。しかもイギリスのオリジナルよりダサい。デザインを売りにしている国の郵政が、何をしてるんだ〜?

communication tools / 通信ツール

March 6, 2013

2000Korea001

2000 Korea
‘Cyber Korea 21 Century’

It was three months ago, on 3 December 2012 – the morning radio program was interviewing a man, a former researcher for Vodafone, who had sent the world’s first text message to a mobile phone in 1992.  The program was celebrating the 20th birthday of SMS.

This stamp shows the communication tools in 2000.  After only 13 years, we rarely see this type of telephone handset these days, handle CD format data less and less, and also the mouse has evolved.  The appearance of physical products don’t stay long, but “@” has been surviving well and we will keep it for a while.. won’t we?

ほぼ3か月前の昨年12月3日、朝のラジオで、20年前に世界で初めて携帯電話へのSMSを送った英国人がインタビューされていました。テキストメッセージを使わない生活はもう想像できないぐらいですが、そういえば今ほど頻繁に使うようになったのはここ4〜5年ですよね。

この切手は2000年に発行された「21世紀のサイバー韓国」。まだ13年しか経っていないのに、こんな形の受話器はもうほとんど見ないし、CDも以前ほど使わなくなり、マウスの形すら進化しています。@マークだけは生き残っていて、これだけはもうしばらく使いそうですよね?そうでもない??

microphone and TV / マイクとテレビ機器

September 29, 2012

15 November 2001, Japan
50th Anniversary of Private Commercial Broadcasting
design: Akira Tamaki

In the early times of TV news broadcasting, the microphone was prominent – although news-readers are no longer talking to microphone these days, it being hidden or at least discreet.

I like this almost stoic stamp showing early TV equipment, together with the shape of a TV screen in the three primary colours, and the old style ending title of a program.  In my memory this shape of TV screen is familiar, but current TVs are all rectangular with a lot more width than height – cinema proportions, almost.

平成13年11月15日発行
民間放送50年
デザイン:玉木明

初期のテレビ放送ではニュースキャスターもマイクロフォンを前に話していましたよね?ピンマイクと無線レシーバーがある今は、もうテレビ画面に写らなくなりました。

ほとんど「禁欲的」と呼べそうなデザインのこの切手は、レトロなマイクとかつてのテレビ画面の形を描いていてお気に入りの一枚です。額面の入っている一番下の画面は、かつて放送終了後に流れていたエンディング・タイトルの印象を再現したとか。こののちに、ざーっと砂の流れるような画像と音に変わって、うたた寝から目覚めていたのでした、、、。

Bravo Wiggo / 初の英国人ツール勝者

July 24, 2012

16 July 2002, UK
17th Commonwealth Games, Manchester
design: Madelaine Bennett

Bradley Wiggins has become the first British winner in the history of the Tour de France.  It was really exciting to watch him winning the individual time trial stage on day 19 – even when he knew he was the winner of the Tour, he did not stop pushing his bike faster!

This stamp is showing the Team pursuit, in which Wiggins won the silver medal at the Commonwealth Games, held at his home ground of the Manchester Velodrome.  I am just imagining one of the three racers might be Wiggo.  His career was built step by step since that time, adding mountain climbing skills on top of his talent in the time trial – a sport of solitary effort.  After all of those endless trainings, team work and physical and psychological support, he has been drawn as a Bicycle Saint by howies!

イギリス人初のツールドフランス優勝者になったブラッドリー・ウィギンズ。19日目のタイム・トライアルでは、もう勝者だと分かっているのに全力で駆け抜けてステージ優勝までして、ノリにのっている感じでした。

この切手で使われているのはウィギンズが頭角をあらわし始めた約10年前の団体追抜競技( Team pursuit )の写真です。2002年コモンウェルスゲームズで英国は銀メダルを穫ったので、写っている選手の一人がウィギンズだったとしても不思議はないです。もともとトラック競技のタイムトライアルに強かったウィギンスは、ロードレースに必要な坂道でのスキルを少しずつ身につけ、チームメートに助けられ、32歳にしてツールの勝者となりhowiesのTシャツではとうとう聖人に!

oxidized silver love / いぶし銀の♡

February 13, 2012


*exch. 053 ( one mint only )

6 February 2001, United Kingdom
Love
design: Springpoint Design

Since I arrived to Tokyo last week, I have been seeing a lot of ‘hearts’ floating in window displays, on greeting cards, balloons attached to temporary chocolate stands – yes, St. Valentine’s Day! Here in Japan, 14 February is a big day, when women are able to express their love to men with a package of chocolate.  In fact, a lot of little ribboned boxes are given to male colleagues, male teachers, fathers, grandfathers and even sons.

I admit that those bubbly hearts cheer up this cold winter towns, and also make you to think about delivering your love.  But I think that love can be expressed every day, not necessarily with floating pink hearts, but with something subtle and blended into your daily life – something like in this oxidized silver.

This is my favourite set with hallmark letters on sliver and nice patina.




*exch. 054
*exch. 055 ( one mint only )
*exch. 056 ( one mint only )

Thanks
Welcome
Cheers

明日はバレンタインデー。赤やピンクのハートがあちこちにディスプレイされている光景を久しぶりに見ると懐かしく、中学や高校の頃はこの時期に本当に緊張したよなぁ、、、と遠い記憶がよみがえったりしています。この寒い中、街がハートでにぎやかになるのも悪くないけれど、なんだがふわふわしている。この切手のようないぶし銀のほうがしっくりくる大人のハートもあるんじゃないかな、と思ったのでした。

このグリーティング切手のシリーズは銀をはじめとする貴金属細工の加工メーカーや品質保証の刻印を模して文字を並べたもので、遊びごごろのある文字の配置と使い込まれた銀器の質感がかっこいい、お気に入りのセットです。

「あなたを大切に思っています」という気持ちは、刻印のようなひかえめな表現でいいから、毎日の暮らしで折りにふれ伝えるのが一番ではないかな、と近ごろ思うようになりました。

spaceship interior / 宇宙船内部

November 1, 2011

2004Belgium004

4 November 2004, Belgium
Explorers on the Moon‘ by Hergé, 1954

I like this interior colour – Hergé must have been influenced by his contemporary designers, such as Jean Prouvé.  Design details for light weight structures and round corners of drawers, dots on the floor… they all are reflecting the atmosphere of that time.

Why do I categorise this in ‘kawaii/cute’? – the back view of Snowy… his skinny neck is so cute!

月世界探検』に出てくる宇宙船のインテリアの色合いが好きです。作者のエルジェは、間違いなくジャン・プルーヴェなどの同世代を生きたデザイナー達の仕事に影響を受けていたと思います。軽量化のための穴、角の丸い引き出し、床の丸い模様など、どれも時代の空気を感じさせてくれます。

そして、スノーウィーのほっそりした首の後ろ姿がかわいいので「kawaii」カテゴリーに。

Tintin 3D / 立体タンタン

October 30, 2011

2004Belgium002
2004Belgium003

4 November 2004, Belgium
clay figure, sketch and illustration by Hergé (1907-1983)

In fact Hergé worked on 3D films and made clay figures for ‘Destination Moon‘ in 1953 and ‘Explorers on the Moon‘ in 1954.  The sketch shows his detailed design for that evocative Red & White checkered spaceship.

Then the Belgium post released a set of stamps which shows his Black & White stop motion animated film of 1947, based on his illustrated book of ‘The Crab with the Golden Claws‘ of 1941.

So – it’s not hard to think that he imagined quite a detailed ’real’ version when Spielberg told him his ideas about filming Tintin.  Was the concept of digital 3D indicated at that time already?

2004Belgium006
2004Belgium005

タンタンの原作者エルジェはかなり初期から、絵本のフォーマットを越えて先に進むことを考えていたのですね。この2004年の切手には、1953年の『めざすは月』と1954年の『月世界探検』のために作られたフィギュアが作者とともに載っています。宇宙船の詳細なスケッチにも、立体的な世界を構想していた跡がみられます。

そして今年、たぶん3D映画化にあわせてベルギー郵便から発売された切手シリーズには、1941年にすでに作られていたストップ・モーション撮影によるアニメ映画『金のはさみのカニ』の一コマが。白黒でしっかり影が出ていて、雰囲気があります。

彼が亡くなる前にスピルバーグが訪れて「実写タンタン」の構想を伝えた時、エルジェとスピルバーグはデジタルによる3D化の可能性も話したのでしょうか?

run to a cinema? / タンタン3D?

October 25, 2011

2000France001

11 March 2000, France
Tintin and Snowy
illustration by Georges Rémi ‘Hergé’

Yesterday and today are the world premiere of ‘The Adventure of Tintin – 3D‘ – the movie is shown in the cinema from tomorrow.  I watched YouTube clip of the trailer, also the channel 4 feature… well, rushing to a cinema?  Ummm… I realised that I am a fan of those distinctive black line drawings and well-chosen colour compositions.  I am not sure if I am keen to watch the 3D.  Is it a too conservative opinion?  Should it be good because it is directed by Steven Spielberg?

昨日と今日がワールド・プレミアで、明日から公開される『The Adventure of Tintin – 3D』。さて、映画館に走るべきなのか?トレイラーとチャンネル4のニュースまで観たけれど、スティーブン・スピルバーグがタンタンを「ティンティン」と発音するのにいちいちひっかかって困りました。タンタンだもん!そして気付いたのです。わたしはあの黒い線描とマットな着色が大好き!ということに。3Dなぁ、、、こんな困惑は保守的すぎますか?

coastlines 2 / 海岸線 2

April 22, 2011





19 March 2002, UK
‘Coastlines’
Photography: Richard Cooke

Another five stamps complete the set.  Again, a variety of coastlines are shown – characteristic chalk cliffs, sunbathing people on beach, beach huts lined up, sailing boats, and a coast road alongside old mining industry.

Although I am not a great fan of stamps with photography, I have to admit photoraphy has the power to stop a moment and show us documentary fact.

この「海岸線」切手は10枚で1セットです。残りの5枚も載せます。切り立った石灰岩の崖、ビーチで日光浴する人たち、海辺の小屋が並ぶ海岸、浅瀬を迂回するボート、古い採鉱跡地。

写真が使われた切手はどちらかというと好みではないのですが、写真は「瞬間を切り取って」事実をみせてくれ、自分の住んでいる地球のことを教えてくれることに改めて気づきます。

coastlines / 海岸線

April 17, 2011





19 March 2002, UK
‘Coastlines’
Photography: Richard Cooke

Coastlines are cultural interfaces between ‘native’ and ‘overseas’.  This set of stamps with aerial photos around the British Isles are showing geographical fact and the lives of people, who protected their land from invaders, the ports for importers and fishermen to bring food, as well as the farmers working on flat land.

This series of satellite photos from the New York Times show us that the Tsunami has taken thousands of lives from the East coast of North Japan, and had destroyed history and culture alongside a long section of the coastline.

海岸線は単に海と陸の境界線というだけでなく、海を越えて人がたどり着く場所であり、攻めて来る敵から土地を守る人びとの戦いの歴史があり、物資が運びこまれ食料の魚が集まる港、平坦な海岸沿いには農家が作物を植えて、、、と、この切手の航空写真を見るだけでも豊かな文化が育まれる場所だということがわかります。

ニューヨーク・タイムズに掲載されたこの衛星写真は、津波が一瞬にしてたくさんの命を奪い、同時に海岸沿いに豊かに育まれていた歴史や文化をめちゃくちゃに壊していったのだ、という事実をわたしたちにつきつけます。

hazardous? / 体に害?

February 15, 2011

2000Israel001

2000 Israel

Finally, the power of the people removed the Egyptian President.  Israel, which is sharing a border with Egypt is concerned about the future of its neighbouring countries.

This stamp was issued 11 years ago, not concerning the communication and networking which mobile phones are offering now, which are contributing towards change, but rather the so-called ‘micro wave effect’ to your brain, I guess.  It was discussed for a while, but we all forgot about it by now, didn’t we?

親イスラエル派だったムバラク大統領がとうとう退陣し、隣国イスラエルではエジプトの今後の動きと、近隣国の追随を気にかけているようです。

11年前に発行されたこの切手は、今回の政変のようなソーシャル・ネットワーキングでの結束やコミュニケーションの力を懸念したのではなく「電子レンジに頭をつっこんだみたいな」と表現されていた脳への影響などに警告を発しているものと思われます。携帯電話のない生活が想像できない今となっては、みんな忘れてしまってますよね?

under 60 / 60歳以下

April 26, 2010

2001Italy001
2001Italy006

2001 Italy

2 stamps from a set of 6 – well, I though I wouldn’t show them here… but I found name of Patricia Urquiola on one of them.  This year she had released projects from several companies and most of them in high quality, and she is under 60 years old!  First stamp features a shelving system for Edra, which she took part in at Piero Lissoni’s office.  Second stamp features Bombo, designed by Stefano Giovannoni for Magis, which was and still is one of the most popular bar stools.  And he is under 60, too.

Maybe, the failuer of stamp design comes from photos, which feature objects as furniture catalogues do.  This set of British Design Classics is beautiful, as stamp designer puts priority on composition on stamps and not showing objects in normal way.

切手としてのデザインがいまいちだから載せたくない、と前回のポストで書いた2001年発行のイタリアのデザイン家具切手ですが、60歳以下で活躍しているイタリア在住デザイナーの名前を2人見つけたので、ましなほうから2枚選んで載せることにしました。パトリシア・ウルキオラは今年のミラノで一番たくさん新作を出したデザイナーです。どれもよい仕事をしているなぁ、と思いました。2枚目の切手に載っている「Bombo」バースツールはステファノ・ジョバンノーニの1997年のデザインで、13年経った今もMagisから作り続けられています。

家具デザインが切手になるのは素晴らしいのだけれど、切手として美しくないのは、印刷が良くないことと、商品カタログに載せるような写真を使っているからではないかと思うのです。このイギリスのデザイン切手のように、切手としてのバランスを重視してオブジェの写真を撮り直すぐらいしないと。

too many maestros / 巨匠多すぎ

April 24, 2010

2000Italy001
2000Italy002
2000Italy003
2000Italy004
2000Italy005
2000Italy006

2000 Italy

I have returned from Milano furniture fair last weekend, took 25 hours in total, through night train and Euro tunnel train in a car.  I had new pieces launched in a few places, but I am not sure if these commercial activities are going into the right direction altogether, or not.  I think, we, design industry, are in between realistic momentum and nostalgia for the bubbly time. Italian furniture industry has an unique problem as well – in Guardian.co.uk article, Justin McGuirk is describing a kind of situation there – ‘no one under the age of 60 gets a look-in’.

These stamps depict a lot of famous pieces from Italy.  From top;

stamp 1:
‘Arco’ floor lamp by Achille and Pier Giacomo Castiglioni for Flos, 1962
‘Carlton’ bookcase by Ettore Sottsass Jr., for Memphis, 1981
‘Cupola’ coffee maker by Aldo Rossi for Alessi, 1988
‘Breeze’ chair by Carlo Bartoli for Segis, 1995

stamp 2:
‘Le Tentazioni’ series chair by Mario Bellini for Cassina, 1973
‘Anna G’ anthropomorphic corkscrew by Alessandro Mendini for Alessi, 1994
‘Atollo’ table lamp by Vico Magistretti for O-Luce, 1977
‘Titania’ hanging lamp by Alberto Meda & Paolo Rizzatto for Luceplan, 1989

stamp 3:
‘Superleggera’ chair by Gio Ponti for Cassina, 1957
‘Sacco’ chair designed by Gatti Paolini Teodoro for Zanotta, 1969
‘Papillona’ floor lamp by Tobia Scarpa for Flos, 1977
‘Pasta set’ by Massimo Morozzi for Alessi, 1982;

stamp 4:
‘Luminator’ floor lamp by Pietro Chiesa for Fontana Arte, 1937
‘Boby’ trolley by Joe Colombo for Bieffeplast, 1970
‘Ghost’ chair by Cini Boeri & Tomu Katayanagi for Fiam, 1987
‘Quartetto’ sideboard by Lodovico Acerbis & Giotto Stoppino for Acerbis International, 1991

stamp 5:
‘I feltri’ series chair by Gaetano Pesce for Cassina, 1987
‘Mobil’ drawers by Antonio Citterio & Oliver Loew for Kartell, 1994
‘Sciangai’ clothes stand by De Pas D’Urbino Lomazzi for Zanotta, 1974
‘Tonietta’ chair by Enzo Mari for Zanotta, 1985

stamp 6:
‘Fourline’ chair by Marco Zanuso for Arflex, 1964
‘4825’ stool by Anna Castelli Ferrieri for Kartell, 1979
name unknown tableware by Bruno Munari
‘Tolomeo’ lamp by Michele De Lucchi & Giancarlo Fassina for Artemide, 1986

ミラノでの家具見本市の2日目にアイスランドで火山が噴火し、飛行機が飛ばなくなったので、夜行列車とユーロトンネルを抜ける車で25時間かけて帰宅しました。今年は2社から新作が出たのですが、正直、デザイン業界が全体として向かっている方向がこれでいいのか、考えこんでしまいます。真摯に向きあうべき資源や環境の現実と、デザインバブルに浮き足立った過去への郷愁の間で、どう進むべきなのか探しあぐねている感じ。

イタリア家具界には、別の問題も存在し、、。ガーディアンの記者が「巨匠の作品の展示は楽しんだけど、イタリアでは60歳以下では見向きもされない現実って?」とサローネの記事をしめくくっていたのが印象的でした。まぁ、正確には60才以下で活躍してる人もたくさんいますが、この6枚の切手からも伺えるように、たしかにイタリアは巨匠の宝庫です。1枚に4人入れたけれどこのセットだけではカバーしきれず、翌年にもう6枚のセットが出ているのですが、そちらは切手としてのデザインがさらにダサくなったので、ここに載せるのをためらっています。

Easter Eggs / イースターエッグ

March 30, 2010

2001Liechtenstein001
2001Liechtenstein002

5 March 2001 Liechtenstein
design: Silvia Ruppen
engrave: Wolfgang Seidel

This Friday is beginning of Easter holidays and there are a lots of egg and rabit displays in town – it celebrates arrival of spring.

Pictured eggs are from Russia, sliver egg (top) and Cloisonné enamel (bottom) both from Imperial Workshop in St. Petersburg, around 1896 – 1908.  First Day Cover and history of Russian Easter Eggs are here. One of those workshops, Fabergé made highly decorative egg ornaments called Fabergé Eggs for emperors – the last emperors of Russia.

These two stamps are from a set of three and the third one (2 CHF) was awarded second prize at Grand Prix WIPA 2001 in Vienna – so, it was sold out at the Postal Museum at Vidaz, Liechtenstein and I don’t have it.  Not easy to take photo, but they have beautiful background print, as well as precision engrave of craft works.

この金曜日から復活祭の休日で、春の到来を祝う卵とうさぎのディスプレイがあちこちで見られます。

このリヒテンシュタインの切手になっているのはロシアのイースターエッグで、19世紀終わり頃にセント・ピーターズバーグにあった皇帝御用達の工房で作られた、銀と七宝の卵です。皇帝からの依頼で装飾たくさんのこんな卵も作られていたようですが、民衆が貧しい生活をしている時にこんな彫刻を作らせてうっとりしていたのでは、革命も起こるかも、、、と思ってしまいました。

ここに載せたのは3枚セットのうちの2枚ですが、2CHFの切手は2001年にウィーンの切手博覧会でグランプリ2位を受賞し、人気があってリヒテンシュタインの郵便博物館にも残っていなかったのでした。写真に撮るのがむつかしいのですが、精緻な金属細工が凹版印刷で描かれ、背景にも美しい模様が刷られています。

wealth of nature / 水。自然の恵み

December 3, 2009

2001Germany003-2

2001 Germany
Water – wealth of nature

Simple and straight forward – why not?  This should looks good on a pale Blue envelope.

シンプルで何が悪い?水色の封筒に貼って手紙を出したくなる。あ、ドイツまで行かないと投函できませんね、、。