Archive for the '1980-84' Category

icosahedron and Euler’s formula / 正二十面体とオイラーの多面体公式

September 19, 2018

6 September 1983, German Democratic Republic
Death Bicentenary of Leonhard Euler
design: A. Bengs

The out-line geometry is Icosahedron and the formula is thought by Euler on the right.  The formula is “v (vertices) – e (edges) + f (faces) = 2” in English.  Some people think this is very beautiful formula – well, for me as non-mathematician, polyhedra as three-dimensional objects are more attractive.

左に描かれている立体は正二十面体で、真ん中に「オイラーの多面体公式」があり、右がそのオイラー本人です。この公式は、( 頂点の数 )- (辺の数 )+ (面の数) = 2 というもので「世界で二番目に美しい数式」という本が上梓されていますが、、、数学者ではないわたしにとっては、立体の多面体のほうがよほど魅力的に映ります。

Impossible object 3 / 不可能図形 3

August 22, 2018

16 February 1982, Sweden
“Impossible Object”
designer: Oscar Reutersvärd
engraver: Czesław Słania

The third stamp designed by Oscar Reutersvärd.  This one is also, is not possible to exist in the three-dimensional world.  A visual trick of perspective in a subtle and somehow gentle way – I like it!

オスカー・ロイテスバルトのデザインした切手の3枚めも、遠近感が入れ違っているヴィジュアルのトリックで、、、静かにそっとだましている感じがとても好きです。

Impossible object 2 / 不可能図形 2

August 8, 2018

16 February 1982, Sweden
“Impossible Object”
designer: Oscar Reutersvärd
engraver: Czesław Słania

The second stamp designed by Oscar Reutersvärd.  Again, not possible to exist in the three-dimensional world, thus called Impossible Object.

オスカー・ロイテスバルトのデザインした切手の2枚めも、奥行きの見え方を逆手に取ったヴィジュアルのトリックで、実際の三次元世界には存在が不可能な立体です。

Impossible object / 不可能図形

July 19, 2018

16 February 1982, Sweden
“Impossible Triangle”
designer: Oscar Reutersvärd
engraver: Czesław Słania

Nine cubes are floating in the air – and if you look closely, you notice that this is an “impossible object“.  Oscar Reutersvärd is an artist who started to draw these figures earlier than Escher, in the 1930s when he was still 18 years old – and he made a lot.  It seems this stamp was designed by him, and engraved by Slania.  What a gorgeous collaboration yet humble looking – a stamp treasure!

立方体が9個宙に浮いているこの図。よく見るとあぁぁ、と立ちくらみのような不思議な感覚を呼び起こすこの「不可能図形」は、エッシャーよりも早い1930年代に、まだ十代のころからたくさんの不可能図形を描いたアーティスト、オスカー・ロイテスバルトの作品です。どうやら切手のデザインも本人ですね?しかもスラニアが凹版を彫っている、地味に見えて実は豪華な一色刷りの切手。お宝です。

saving hand / 貯める手

February 18, 2017

1981Israel002

1981 Israel
Energy Conservation

The light bulb is a symbol of energy and pink hand stocks saving.  Strong colours and bold lines to express – but without words, not telling me the intention of design straight away.  Does it tell to you?

電球はエネルギー資源の象徴で、ピンクの手がそこにエネルギーを貯めている、、、インパクトのある色と図柄で、ぱっと目に留まるデザインではありますが、「エネルギーの保護」と書き足されているコンセプトに沿ったデザインか?と問うと、、謎です。

hand squeezes sun / 太陽をしぼる手

February 8, 2017

1981Israel001

1981 Israel
Solar Energy

A hand is squeezing solar energy from the sun.  With my Eastern origin, this concept is rather difficult to understand.  But this stamp shows me an active attitude towards the energy problem – we need a big hand to squeeze the sun to use its benefits to the last drop.  But how big should this hand be?  Well, the size of the hand of God!

太陽からエネルギーを搾り取る手。自然に対する、発想というか考え方の違いをまざまざと見るこの切手。たしかに、昨今の資源問題を考えると、受け身になっている場合ではない切迫感はありますが。でも、熱くない?その前に、この手どのくらい大きいの?これも、神の手ですね。

handover / 世代を引き継ぐ手

December 4, 2016

1980Sweden005
1980Sweden004

22 April 1980, Sweden
Care
designer: G. Oddner (1.60K) & S.-E. Delér (1.40K)
engraver: Zlatko Jakus

Two stamps to show caring minds and also handover of generations.  I have been thinking about change of generations – very personal matter, as well as a part of long human history.  Hands represent one’s wish, to be treated with dignity and supportive mind for growing ones.

Wrinkled hand is depicted warmly by fine intaglio engraving.  Humble, yet strong stamps.

切手タイトルの「Care」はおそらく、介護と保育の両方を指すのだと思います。ここ数日、齢を重ねて生きることや長い人類の歴史の中での世代交替についてあれこれ考えることが多かったのです。ここでは「手」は、尊厳を持って老いることや次の世代を育てることを象徴しているようです。

凹版の彫刻で、精緻にしかも暖かく描かれたしわだらけの手。謙虚で強い切手です。

hand in hand / 手と手をつなぐ

August 19, 2016

1980Canada001

29 May 1980, Canada
Rehabilitation
design: Rolf P. Harder

It took me two and a half months to get round to writing a new post – but I am still interested in stamps with hands.  I am impressed by this endurance of attraction.

This strong design is about hand in hand – simple, and delivers a message for help and coexistence.  This stamp is featured on the cover of a wonderful book called Graphic Stamps, published this June in London.  Hands are in two different metallic colours.

一つ前のポストから一月半が経っているのですが、未だに「手」の切手への興味が続いています。なんという持久力、と自分で感心しているところ。

この切手は、リハビリテーションというテーマを手のモチーフで力強く表現している秀作です。この6月にロンドンの出版社から発表された『Graphic Stamps』という素敵な本の表紙に使われています。手は2色のメタリック。

rainbow Love / ♡な日が近い

February 12, 2015

1984USA005
*exch. 064  ( limited number )

31 January 1984, USA

St. Valentine’s Day is soon.  I know the chocolate shops in Japan are in the busiest time of the year.  Here in East London, where Christians could be a minority group, you can see modest red hearts only in the supermarket check-out area.

I like the font on this stamp and I discovered that it is called ‘Bodoni‘ designed in 1798 by Giambattista Bodoni – a 226 year old font!   It is interesting to learn that the typographer is already a recognised profession in Europe at that time, alongside the rapid development of Letterpress printing since the 15th century.

バレンタインデーが近づいていますね。きっと日本ではチョコレート商戦がピークを迎えていることでしょう。キリスト教徒がたぶん少数派のスタジオ近辺では、coopスーパーのレジ周りだけ、控えめに♡が飛んでいます。

この切手のフォントが好きで由来を調べたところ、「Bodoni」という名前で今から226年前の1798年にジャンバッティスタ・ボドニによってデザインされていました。タイポグラファーという職種はヨーロッパでは活版印刷が広まるとともに育ち、国際的に使われる文字も生まれはじめたのですね。

farm produce & horse / 農作物と馬

January 20, 2014

5 October 1983, United Kingdom
British Fairs / Early Produce Fairs
design: Andrew Restall

Another stamp from UK, depicts horses as a part of a summer farm fair.  They transported vegetables and geese to the farmer’s markets.

And a cat.

イギリスから。夏の農作物マーケットの様子を描いた切手に、野菜やがちょうを運んできた馬たちが描かれています。

あ、猫も。

Hippocampus / 魚の尾をもつ馬

January 9, 2014

1983France005

18 June 1983, France
50th anniversary of Air France
design: C. Andréotto

I thought Unicorn stamp might be in my collection – did not find one, but instead I found Hippocampus – another mythological creature, a horse in its forepart with a coiling fish-shaped hindquarter.

1983France005-2

The Hippocamp was the company logo when Air France was first founded in 1933.  Together with the strips used for the tail assembly, design of this stamp is cool.

ユニコーンもきっとお正月らしいなぁ、、と手持ちの切手を探したのだけど見つからず、かわりに見つけたのがこれです。前半分が馬で後ろ半身がうずまきの魚の尾みたいな、ヒッポカムポス

この伝説上の生物はエールフランス社が創設された当初1933年の会社ロゴだったようです。尾翼に使われたラインと一緒にすっきりまとまった一枚。

telecommunication / 遠距離通信

June 1, 2012

1980 Brazil
15 years of Embratel
design: Gian Calvi

Issued in 1980, this stamp shows six different ways of sending messages to a remote place – I am not sure what the left hand side top image indicates, though…  Middle one on the right hand side is a punch card.  My mother (born 1937) was a forefront key puncher from 1955 in the Mazda car factory.  The recording efficiency has been dramatically improved since!

I like this simple composition and modest colours.

1980年に発行されたこの切手には6通りの遠距離通信が描かれていますが、、、左上の図が何を表しているのか見当がつかないのでした。右列の真ん中はパンチカードです。わたしの母は1955年に、当時の最先端の職業としてマツダ工場のキーパンチャーを務めたのでした。記録メディアはその頃からすると、比べ物にならない進歩を遂げているのですね。

控えめな色味とあか抜けない構成なのに、なぜか惹かれる切手です。

five continents / 五大陸

March 3, 2012

1984 Czechoslovakia
Summer Olympic Games in Los Angeles

The five colours of the Rainbow Jersey – Blue, Yellow, Black, Green and Red – are representing five continents.  And yes, I finally realise that they are the same colours to make Olympic symbols, which was designed in 1912.  Now I learnt that each colour represents Europe, Asia, Africa, Oceania and North & South America in that order.

This stamp shows a track race, nearing the finish – the sprinter in front is a little behind the other – but for sure, he will be the winner as the other racer is distracted by the speed of the guy in the Czech national jersey.

マイヨ・アルカンシエルの5色がオリンピックシンボルの5色と一緒だということに、今ごろ気付きました、、。青、黄、黒、緑、赤の五色はその順にヨーロッパ、アジア、アフリカ、オセアニアと南北アメリカを表す、と英語版ウィキペディアにあるけれど、日本語版では「どの色の輪がどの大陸をあらわしているかという意味はない。」と書かれている、不思議。アジアが黄色って!?と抗議する人がいるとも思えないのですが。いるのかな。

この切手はチェコ代表選手がトラック競技のゴールを競っている図柄です。チェコ代表はこの時点で2位に見えるけれど、もう一人の選手があれ?と横を見ているうちに追い抜かして1位になるに違いない、というスピード感が好きです。

saving squirrels / 貯蓄リス

January 31, 2012

1980Sweden001

12 May 1980, Sweden
‘Home’ Rebate stamp
design: M. Gavler

Since December I had this incident twice – I slammed on the brakes when I was almost running over a squirrel, which was tottering across the road.  They were both plump, had well-rounded bottom.  I though that was because we had a mild winter and they came out from hibernation too early – but someone told me that squirrels in London never hibernate, as they can find food all year round.

Well, maybe the squirrels don’t symbolize Savings any more – but those winter squirrels are certainly saving some fat on their body.  Better to watch out for little fluffy animals on the road, not to make them a victim of a traffic accident.

This stamp was in a booklet, which was distributed to all households in Sweden and they were valid for inland postage only, and gave a rebate on the normal cost for postcards and letters up to 100g.  This is why there is no face value.

昨年末からすでに2度、近所を運転中にリスを轢きそうになってあわててブレーキを踏む、という事がありました。暖冬だったから、春になったと思って冬眠から出て来たのかな?と思うような、よたよたとした足取りで道を横切るリス。でも、ロンドン周辺では、いつでも餌があるのでリスは冬眠しないのだそうです。

ちょっと昔の切手に登場するような「貯蓄の象徴」ではなくなっているらしいリスですが、でも、あの2匹のリスは丸まると太っていたから、秋にたくさん食べて脂肪を貯蓄する習性は変わっていないのかも。木立の近くを走る時は、気をつけないといけません。

この切手はブックレットとしてスウェーデンのすべての家庭に配られ、国内の郵便に使うか、またはその対価の払い戻しを受け取ることができたようです。額面が印刷されていないのは、それが理由なのですね。

dragon and lion / 龍とライオン

January 3, 2012

1982 Hong Kong

After a pair of Dragon and Tiger, next one is the Dragon and Lion on both sides of the Queen.

It is obvious that the lion with a crown is the sovereign Britain and the dragon is the symbol of Hong Kong.  Their paws are wide open, eyes are slanted upward and tongues are stuck out – they seem not to be in a peaceful relationship at all.  15 years to go for the transfer of sovereignty over Hong Kong.  Brave postal officers.  Sharrrrrrr.

辰年の切手2枚目は香港から。イギリスからの香港返還の話し合いが1979年に始まった3年後の発行です。

女王の両側に、王冠を戴いたライオンが統治国イギリス、龍が香港を象徴しているのは明らかですが、両者のたたずまいがあまり平和的でない。手足の指はかっと開かれ、口もぐわっと開いて舌が飛び出し、なによりも目が吊り上がって怒っている。両国の緊張状態を、郵便局員がこの小さな普通切手に表現したのでしょうか。勇猛果敢。

energy recycling / エネルギーリサイクリング

March 30, 2011

1981Japan002

1 August 1981, Japan
Energy Recycling
design: Hideo Toyomasu ( competition winner )
layout: Yoshiaki Kikuchi

Another stamp in the same set as the previous post, ‘save energy’.  When this stamp was issued, energy recycling did not yet mean ‘renewable’ in Japan, where the mainstream of energy discussion was around building more and more nuclear power plants.

Now, after the tsunami has made the cooling system of the Fukushima power plant disabled, people started to discuss the dangers of having 54 nuclear power plants on the edge of tectonics – and the 300 year long problem of how to keep nuclear waste safe.  I am shocked myself how I did not pay attention to the decommissioning of nuclear power plants, until this large scale distruction. This is going to be a problem all over the world – 531 existing and under construction plus on-going plans of nuclear power plants, if the buildings are not standing there for ever.

昭和51年8月1日発行
省エネルギー
原画:豊増秀男(公募から採用)
レイアウト:菊地吉晃

一つ前に紹介した『省エネルギー』とセットで出された切手です。原子力発電所の建設がどんどん進んでいた1981年、「エネルギー・リサイクリング」はまだ継続可能なエネルギー源のことではなく、発電余熱の有効利用とか、そういう事だったと思います。

地震と津波で福島第一原子力発電所の操業を止めるまで、原発は安全だと言われているけれど本当に?という疑問を持たなかった。今になって、どうやって原子炉を止めるかとか建て屋の放射能汚染がどれくらい残るのか、放射性廃棄物をどう管理するのかなどを知って愕然としています。300年間どこか隔離された場所にしまっておかないといけないような物が、何百万本ものドラム缶に入って、日本のどこかにある。日本だけでなく、世界中の435基の原子炉から同じような廃棄物が出ていて、まだ100基近くが建設中だったり計画されていたりする事実。世界中で、節電しないといけないんだよね、本当は。

save energy / 省エネルギー

March 23, 2011

1981Japan003

1 August 1981, Japan
Energy Saving
design: Sakae Maejima ( competition winner )
layout: Fumito Otani

It is not well broadcast abroad that in most of Tokyo people are having planned power cuts, up to 3.5 hours a day.  Many shops are open with reduced illumination, as well as in stations.  They must have a difficult time, even if they expect the black out they have to build their life around it.  But there are some positive comments on their situation – one found that the stars are so beautiful when the street lamps are out, another thought a restaurant was nice and intimate with a table lamp.

I thought I could find several stamps about Energy Saving, but found only a set of two, which were issued in 1981, just after the second oil crisis.  Since then people forgot to think about it for long time and power plants were built to sustain our wasteful habits.

昭和51年8月1日発行
省エネルギー
原画:前島栄(公募から採用)
レイアウト:大谷文人

首都圏の計画停電でたくさんの人が交通の乱れなどを体験している様子は、ここ英国のメディアでほとんど取り上げられていません。きっと毎日の生活で、細かく不便なことがたくさんあるだろうと思います。そんな中でも「店や駅もこれくらいの明るさで充分、今までがエスカレートしすぎだった」とか「街灯の消えた空にびっくりするほどたくさんの星が見えた」というようなコメントを見かけると、日本はこの困難を抜けた時にきっとより良い場所になる、と思えます。

省エネルギーに関する切手はきっとたくさんあるだろうと思ったら、日本ではこの1981年のセットだけでした。それ以降はバブルに突入し、だれも「ビルの広告明るすぎない?」と言わなくなった。そして、工業を促進して明るい夜を支えるために、発電所が建て続けられた。環境問題への意識が高まったここ数年にも、省エネルギーに関する日本の切手は見つからず。それは正直、驚きでした。

under the Mistletoe / ヤドリギの飾り

December 18, 2010

1980UK003
1980UK001
1980UK002
1980UK004
1980UK005

19 November 1980, UK
Christmas

design: J. Matthews

This snow makes airports closed, rail and tube largely suspended.  The roads are all covered with White and too scary to drive…  Let’s make our home warm and cosy for a long stay!

I specially like the Mistletoe and apples decoration of the top stamp.  Mistletoe is recently recognised in the important role of biological diversity in the wood, because it provides rich food and a base for birds nests.

イギリス全土が雪に覆われ、空港も鉄道も、地下鉄すらありこちで止まっている模様。道路も真っ白で運転をするのは怖い。仕方ない。家を暖かくして籠りましょう。

さっぱりしたイラストのイギリスのクリスマス切手。一枚目のヤドリギとりんごのモチーフが一番好きです。ヤドリギは最近まで、寄生した木を枯らすと嫌がられたらしいけれど、近年の研究によると、森の小鳥たちに良質の食料と安全に巣を掛ける場所をあたえ、生物多様性に味方する存在なのがわかってきたそうです。

cooking beauty / 台所美人

November 29, 2010

1983Japan001
*exch. 044 & 045 ( two together )

20 April 1983, Japan
Philatelic Week
‘Kitchen Beauties’ by Utamaro ( 1753? – 1806 )
stamp design: Yoshiaki Kikuchi

This kitchen might be located in a house or outside – so, I sort it in ‘food and cooking’ category.  The original woodblock print is in the collection of Tokyo National Museum, as well as Museum of Fine Arts Boston.

This stamp is well representing details – coiled handles on boiling pot, delicate patterns on Kimono, smoke comes out from the cooker and a lot more.  It is great pleasure to inspect it with a magnifier.

1983Japan001-2

昭和58年4月20日発行
原画:喜多川歌麿 ( 宝暦3年? – 文化3年 )『台所美人』
切手デザイン:菊地吉晃

虫メガネでじっくり観察すると本当に楽しい一枚です。着物の柄、しなやかな手に握られた包丁と丸ナス、釜の持ち手についたコイル状の針金、炉から吹き出る煙。小さな切手にこのディテールを再現したデザイナーと印刷職人の心意気に拍手をおくります。

元になった木版画は東京国立博物館ボストン美術館に収蔵されています。

water a tree / 日中青年友好

March 1, 2010

24 September 1984, China
Plan of ‘China-Japan Youth Centre’
design: 鄒建軍

In 1984, there was a discussion between China and Japan to establish this centre in order to induce cultural and economical exchange of young generations.  These stamps were issued to promote the plan.  The centre was built finally in 1991 in Beijing – so, it was a bit like watering a small plant to grow a tree.  I have not found any stamp to celebrate its completion, yet.

Following lastest three posts, which I happened to feature Japanese kimono girls, I am introducing these stamps from China.  3 March is a Girl’s Day in Japan.

着物の女性の切手が3度続いていることに気付いたので、今日は中国の切手に登場する着物の少女を紹介します。あさって3日は桃の節句だし。

1984年の中曽根総理と胡耀邦総書記との間で合意された「日中青年交流センター」の構想を受け発行された切手。センターは1991年に完成をみたので、この切手に描かれている気に水をやってゆっくり育てる、という図柄は正しかったのかもしれません。つるっと光ったプラスティックのバケツが時代を感じさせます。1984年または1991年に日本でこの「日中青年交流センター」を扱った切手が発行されていないようなのが、不思議ではあります。