Archive for the '1975-79' Category

concentric circles / 電波・同心円

April 23, 2017

1976, Ireland
50 years of Irish Radio
design: Graham Shepherd & Al O’Donnell

Another way of showing the invisible phenomenon of radio waves – a set of concentric circles.  Often the waves are dispatched from a radio tower ( yes, in this case of an Italian, 1947 ) and in this Irish stamp, there is an earth in the centre to tell us that their broadcast is connected to the world.

電波が飛んでいく、見えない現象を描く手法でよく使われるのが、ラジオ塔から飛び立つ同心円の線(1947年のイタリア切手も)。このアイルランドの切手では、同心円の中心に地球が描かれ「発信元は世界とつながっている」表現ですね。

この切手からRCサクセションの『トランジスタ・ラジオ』を思い出し、びっくりするくらい歌詞を覚えていて、今も耳から離れません。『ベイエリアから / リバプールから / このアンテナがキャッチするナンバー』と清志郎(あぁ、すてきなしゃがれ声だったなぁ。追悼)が歌ったのが1980年、この切手の4年後でした。

radio waves / 電波

April 12, 2017

1976, Ireland
50 years of Irish Radio

When you depict something which you normally don’t see, you have to analyse the phenomenon and embody it.  In this case, arcs from one place to another show that some voice or information has gone through the air and is being received.

This simple and clean design tells us that remote communications are flying in the blue sky over the green earth.

目に見えないことがらを描く時、まずその事象を分析してそこに何らかの形を与える必要があります。この切手の場合は、1本の直線と3本の弧で、ある場所から発信された電波が別の地点で受け取られたことを明快に図象化しています。

濃緑の大地を離れて青空を進み受信される電波。シンプルながら、どこかお国がらが見えるデザインです。

Handshake / 握手

September 25, 2016

1979Netherlands006

23 January 1979, Netherlands
Union of Utrecht
Design: Gerrit Noordzij

A handshake – the most symbolic expression of friendship.  But here in this stamp, seven arrows are together – is it friendly or not..?  I searched and read wikipedia – it was a union to fight a war against Spain together, 400 years before the year of issue.

Although multi coloured stamps were the mainstream in the Netherlands in late 1970s, this is a simple and rare intaglio print, and I like it.

握手、、友情と団結、または仲直りのシンボル。でもこの握手は、7本の矢を一緒に握っている( or 後ろで束ねられている)ユトレヒト同盟の図柄です。これって仲良しなのか、どうなのか?ググってわかりました、400年前にスペインと戦うために7つの州が握手した、軍事同盟だったのですね。

マルチカラーが多かった1970年代後半のオランダ切手としては稀な、シンプルな凹版印刷。地味だけど好きです。

propagation of print / 技術は伝播する

March 5, 2015

1976UK008

29 September 1976, UK
500th Anniversary of British Printing
designer: Richard Gay ( winner of the stamp design competition )

Only 20 years after the Gutenberg Bible, already in England the new technology of letterpress printing had been developed and large numbers of publications were produced.

These stamps with letters from that time and a picture of a printing workshop are showing British printer William Caxton’s works.  He was the first English publisher that produced commercial books.  His printer’s device is quite beautiful.

1976UK010

グーテンベルグが考案した活版印刷を使って『グーテンベルク聖書』と呼ばれる聖書を印刷してから20年のちに、すでにイギリスで印刷と出版を手がける人が手できていました。情報のつまった「本」という存在が、多くの人を魅了したのですね。

この2枚の切手はイギリスで出版業の先駆けとなったウィリアム・カクストンの仕事と、印刷所の様子を伝えています。この切手の発行当日の記念消印にも使われた彼の印刷物の紋章は、古風で美しい文字と模様の構成です。

year of the sheep / 未年おめでとうございます

January 1, 2015

1979Faroe Islands001

19 March 1979, Faröe Islands
Ram
engraver: Czesław Słania / printed in Helsinki

Are you having a relaxed holiday?  I wish you have a fresh and prosperous new year in 2015.  In the Eastern calender, 2015 is the year of the Sheep.  In some country the sheep year starts from the lunar new year, but in Japan it starts today.

This stamp is a treasure – one of the great masterpieces by a master craftsman.  Please do enjoy the magnified view below, different textures of fleece and transparency of the eyes.

1979Faroe Islands001-2

新年あけましておめでとうございます。

のんびりしたお正月を過ごされていますか?羊のことを、年の名前の時だけなぜ「未」と書く?英語では生きてたらsheep、肉ならramと呼ぶけれど(注:大まちがいでした!正しくはlamb、しかも子羊の肉です。なんて日本人的な間違い、、)、図録にある「Ram」はどうして?(注:去勢されていない雄羊のことでした)などと思いながら、新年です。

この迫力の切手は巨匠スラニアの技術の結晶のような、わたしの宝ものです。毛質の違いや瞳の透明感など、奥行きのある彫刻作品を拡大で楽しんでください。

Merry Christmas! / メリークリスマス

December 24, 2014

1978Uruguay001

1978 Uruguay
Christmas
design: F. Alvarez Cozzi

After all greetings ( received only ) and tidy up of the year, finally I am in a mood of holidays/resting.  I have just got a new music book of baroque for Ukulele  – now I am thinking of design for the new year’s greeting message.

This Christmas stamp from Uruguay has refined style and peaceful atmosphere – but this stamp was released when the current president José Mujica, known for his criticism against rich politicians, was imprisoned by the Right wing police state.

クリスマスの挨拶を横目に見ながらいろいろ片付け、ようやく冬の休暇の気分の今日、ウクレレで弾くバロック音楽の楽譜が届きました。新しい曲を練習しながら、新年のあいさつに付ける図案を考え中。すてきなクリスマスを!

このウルグアイの切手は流麗なイラストとほんわかした雰囲気が好きですが、実はこの切手が発行された頃は「異常な警察国家」体制が敷かれていて、「金持ちは政治家になってはいけない」という実に的を得た消費社会への批評で知られる現大統領のホセ・ムヒカ氏は獄中でした。

Jeans / ジーンズ

November 20, 2014

1975Mexico007-sq
1975Mexico008
1975Mexico006

1975 Mexico
Mexican exports
design: Rafael Davidson

Jeans – I had a kind of complex about my legs and didn’t wear jeans until 10 years ago.  But now, I realise jeans are for functionality not fashion, then I enjoy their adjustability on many occasions – I love them.

These stamps are from the ‘Export from Mexico’ issue – the simplicity of design suits to the subject very well.

永年、脚の短さへのコンプレックスからジーンズを履かなかったのですが、ジーンズのポイントは機能なのだと気付いて着るようになり、今ではジーンズがない暮らしはちょっと想像できないぐらいです。

この「メキシコの輸出品」シリーズの切手は、シンプルなデザインがジーンズ的に気持ちよいです。

autumn appetite / 食欲の秋

October 23, 2014

1975 Mexico
Mexican exports
design: Rafael Davidson

After red wine, my appetite goes to beef – but I think my consumption of beef in recent years has been reduced.  This is because of my age, amount of exercises goes down and a little concern to the environmental issue, I guess.

In 1975, beef was one of the main export from Mexico and this is one of my favourite example of definitive stamps in the same format.  The following one of shoes – the byproducts of beef, I guess, is modest yet cool.

I met a numbers of young designers from Mexico through the Vitra Design Museum Workshops at Boisbuche and they are almost all female, somehow.  All of them are hard-working ladies with bright smile and they form my impression of the country.

食欲の秋です。秋になると赤ワインと一緒にビーフを食べたくなる、、、けれど、加齢と運動不足ゆえか、肉の消費量が近年ぐっと減りました。豆類を多く食べるようになったことと、牛の飼育がどれくらい環境に負荷が多いかを知った、その衝撃も理由のひとつです。

この切手が出た1975年、牛肉はメキシコの主要な輸出物のひとつだったのですね。この「輸出品」シリーズは、シンプルで力強いデザインで大好きなシリーズです。

フランスのBoisubuchetで主催されるVitra Design Museum Workshopsで、ここ数年たくさんのメキシコ人デザイナーと出会いました。なぜかほぼ全員女性で、働き者の陽気な人たち。わたしのメキシコの印象は、この女性たちのあたたかい笑顔で満たされているのでした。

flower and horse / 花と馬

February 13, 2014

1975Czechoslovakia008

5 September 1975, Czechoslovakia
Biennial Exhibition of Book Illustrations for Children
“Horseman” by V. Munteanu
design & engrave:  Jindra Schmidt

OK, tomorrow is St. Valentine’s Day – already!  Time flies.  Although I am still featuring horses, yet a flowery one for tomorrow.  But somehow, this horse has eight legs and the man on it has a gun…

Anyway, have a happy Valentine!

あっと気付くともう明日はバレンタインデーです。月日が経つのがとても早い。まだ干支の馬の切手を紹介しているのだけど、少し浮いたデザインの、花に囲まれた馬を。けれど、よく見るとこの馬には脚が8本あって、白い衣の「馬上の人は眉間にしわをよせて銃をかまえている、、、。

ともかく、すてきなバレンタインデーになりますよう。

horse power / 馬力

January 23, 2014

1978Portugal011

1978 Portugal

Until the steam engine was invented in 18th century, horses had pulled a lots of good, supplies and people from one place to another – for very long time in the history.

農作業だけでなく、19世紀に蒸気機関が発明されるまでの長い人類の歴史で荷物を運んだのも動物で、その中でも力が強くて速い馬は重用されたのですね。

merry christmas / メリークリスマス

December 25, 2013

1979Bulgaria001
1979Bulgaria002

22 December 1979, Bulgaria
design: St. Kunchev

Merry Christmas!

I imagine that in the ancient world people had celebrated ‘longing daytime’ when they realise that – three or four days after the Winter Solstice.  Then the Christmas had taken over this festive season – this is my inference.

This Bulgarian stamps are in fact for the new year celebration – yet they look very Christmas for me.

あっと言う間にクリスマス。紀元前に暮らした人たちも、きっとこの頃「やっぱり、ちゃんと日が長くなっているね!」と、この頃にお祝いをしていたのではないかな、と想像します。そんなお祭の時期に、キリストが生まれてお祝いが重なったのでは?

このブリガリアの切手は、とってもクリスマスな雰囲気ですが実は新年のお祝い用みたいです。

わたしはこれからクリスマスディナーを作る我が家の料理人の手伝いです。よいクリスマスを!

small banana / 小さなバナナ切手

October 24, 2013

1978Tonga002

1978 Tonga

It is obvious that self-adhesive stamp can made in flexible shapes.  This banana stamp is from Tonga, where the world first self-adhesive stamp was issued from.  This one is clearly inspired by the commercial stickers which are used for showing the origin of fruits – this is why it is very small, end to end is about 2.5 cm.

I would be very pleased to receive a letter with this stamp from Tonga.  They are now exporting a lot of pumpkins to Japan.

シール式切手のいちばんの特徴は自由な形にできること。1963年に世界初のシール式切手を発行した国であるトンガのこの切手は、その代表格ですね。斜めの最長サイズが2.5センチと小さく、果物の産地を示すために貼る輸出用のシールを模している、粋なデザインです。

どこの植民地にもならなかったオセアニアに浮かぶ王国の歴史を、切手からたどって読みました。トンガ産のカボチャが毎年たくさん日本に届いているようです。

staying cool / 納涼図

August 23, 2013

1978Japan009
*exch. 061

3 March 1978, Japan
Staying Cool under the arbour of evening glory
by Kusumi Morikage  (c. 1620–1690)
2nd National Treasure Series
layout: Saburo Watanabe

In the past at the height of summer, Japanese went outdoors to enjoy the cool air.  This is no longer possible, as no cool air is breezing through town since the exhaust from the air conditioners are out onto the streets.

This painting is regarded as the most subtle national treasure and it depicts a family sitting under a trellis.  The original shows that someone added the Yukata on top of husband’s body, but the wife was left as she was.  It is interesting to know that the female topless was fine at that time.

昭和53年3月3日発行
第2次国宝シリーズ 第8集
原画:久隅守景画『夕顔棚納涼図屏風』(17世紀)
切手デザイン:渡辺三郎

今度は「のんびり涼しそうな」情景の切手です。

この原画は日本一地味な国宝と言われているそうです。切手になっても地味ですが、よく見ると、家族三人が葉の茂った棚の下で涼んでいる、なんだか楽しそうな光景なのでした。

面白いのは、拡大図を見ると、ふんどし一丁でくつろいでいた夫には後に衣が描き足されたのに、上半身裸の妻はそのままです。誰かに配慮して加筆した人にとって、女性のトップレスはOKだったのですね。

sailing / セーリング

September 16, 2012

11 June 1975, United Kingdom
Sailing
design: Andrew Restall

As you can see on the cover of a book of ‘Royal Mail Stamps’ (1980), the designer made many sketches for this set of stamps. He took a long time to decide the composition of the stamps, and also re-drew the chosen ones for adopting the new printing method of intaglio lines on top of gravure.  As a result of effort and fine adjustment, this set has outstanding beauty.

During the Olympic games, I enjoyed the view from those sailing boats – images sent from a little waterproof camera on each boat, showing how dynamic and subtle it is to control sails in the competition.  But 38 years ago, the stamp designer had to draw them from the land or a harbour, as no equipment was suitable for being soaked by the waves.



『Royal Mail Stamps』(1980) という本の表紙になっているように、この切手のデザイナーはセーリングのタイプやアングルを決めるために時間をかけてスケッチをしたようです。4枚の構図が決まったのちも、グラビアで刷った色面に凹版印刷を重ねる新しい手法に合うように、色と線の両方を描き直した、と本の中で紹介されています。当然ながら、そんなたくさんの手間ののちにこの美しい切手が生まれたわけです。

この夏のオリンピックでは、最新の防水カメラを積んだボートから、セーリング競技を選手の視線で見ることが出来てとても面白かった。ダイナミックな波の動きと、素早くデリケートなセールさばきと重心の移動のライブ中継。迫力でした。38年前のこの切手の頃には、そんな現場にカメラを持ち込むのはまだ無理で、デザイナーは陸からスケッチをしたのですね。

automated / 全自動化

May 17, 2012


*exch. 059  ( limited number )

14 March 1979, Japan
Completion of Automated telephone
design: Minoru Hisano

When I bought my first telephone for my flat in Tokyo in 1989, the shape of telephones had changed since the 1960s.  The rectangular body with slim hand set on one side, with ten keys – it had message function already, but the length of message was limited by the small cassette tape…  23 years ago!

This simple stamp from Japan is telling that telephone connection was automated already in 1979 – ten years earlier than my ten-key telephone era.

昭和54年3月14日発行
全国電話自動化完了
デザイン:久野実

自分の部屋に初めて電話を引いたのは東京で就職した1989年でした。ジーコロとダイヤルを回すタイプの電話機はもう売られていなかったと思います。買った電話はグレーの長方形で、受話器もスリムでマットな質感でした。小さなカセットテープが入ってメッセージを録音できたあの電話は、23年前の最先端でした。

「電話の自動化」が具体的にどういう事なのかいまいち分かっていないのですが、1979年には国内向けの「電話交換手」という職業が消えた、ということですよね?

Bakelite telephone / ベークライト電話

April 12, 2012

1976Sweden004

10 March 1976, Sweden
Telephone Centenary
designer: Tom Hultgren
engraver: Zlatko Jakus

This telephone was already retro when the stamp was issued – the central image is an Ericsson DBH 1001 model, designed in 1929 by Norwegian designer Jean Heiberg.  I was reading about the development of the telephone, then found this picture in the article!

A line drawing of an earlier telephone receiver is on top and an electric circuit is framing this stamp – technical but somehow enchanting – a celebration of the great invention, which has turned into the now indispensable article.

この切手が出た時、この電話機はすでにレトロなデザインだったはず、、、と思いつつ電話機の歴史を読んでいて、この写真を見つけて嬉しくなりました。エリクソンDBH 1001型は1929年にノルウェー人の手でデザインされ、工業化が可能になった初期のプラスティック、ベークライトで作られました。

受話器の上には初期の受話器の線描があり、周囲が電気回路記号でふちどられているこの切手。まじめな図柄なのに微笑ましく感じます。この切手が出た36年前、電話が今のような「生活に欠かせない道具」となることを人々は想像していたでしょうか?

ring around / もしも〜し

April 9, 2012




10 March 1976 United Kingdom
Centenary of the first telephone call
by Alexander Graham Bell
design: Philip Sharland

In 1976, people celebrated the invention of the telephone, which dates from 100 years earlier.  I did not know that the first telephone conversation was made that early.  I am interested in listening to the voice coming through the ‘liquid transmitter’, though.

It seems there were two more people who claimed to be the inventor of the telephone – Elisha Gray ( who invented a Facsimile machine later ) and Antonio Meucci ( who is currently regarded as the first inventor of the telephone ).

This set of stamps are showing smiley people who are blessed by telephone – their handsets were still connected to the main machine by a wire – so you did not have to listen to the one way conversations in a train.

「電話の発明100年」を祝う切手。発明者アレクサンダー・グラハム・ベルがスコットランド人だったのは知りませんでした。日本語が、電話で話された英語に次ぐ言語だった、というのも面白い。開国直後の1870年代、すでにアメリカに渡って時代の先端を見ていた人びとがいたのですね。

でもどうやら、もっと早くに電話を使っていたアントニオ・メウッチが「電話の発明者」と今では認めらているようです。他にも、ファックスの原型を発明したイライシャ・グレイがほぼ同じ頃に電話を作っていたらしい。そういう時代だったのですね。

この4枚の切手は、100年後にその恩恵を享受してにこにこ会話するイギリス人の様子。まだ、受話器はくるくるコイルで本体に繋がっています。

bird & postal code / 鳥と郵便番号(封筒も)

March 25, 2012


1978 Portugal
Postal Code

A bird carrying an envelope – and two stamps together promoting postal codes.  It seems that machine sorting was introduced in many countries during the 1970s.

ポルトガルから – 鳥が封書をくわえて飛ぶおなじみの構図で、しかも郵便番号の普及を呼びかけている切手です。1970年代に、世界の各国で手紙の機械分類が始まったのですね。

courier bird 2 / 運ぶ鳥 2

March 19, 2012


*exch. 050

20 June 1977, Japan
Centenary of Admission to Universal Postal Union
design: Katsutoshi Hioki

I found another stamp with birds, carrying messages.  The rectangular shape in the middle is a post box – I noticed that Red post boxes are not universal.  This map shows the different colours of post boxes around the world – but for me, having lived in Japan and now living in the UK, post boxes have always been red!

The design of this stamp looks nicely dated and the shape of this post box is evocative of that time, in a similar way that I remember ‘Mr. Number’ of these stamps at the edge of my memory.

昭和52年6月20日発行
万国郵便連合加盟100年記念
デザイン:日置勝駿

ポストの周りを舞う鳥がピンクの封筒をくわえている、しんみりとレトロな図柄。35年前の切手と思うとうなずけますね。以前に載せた「ナンバー君」切手にも出てくるこのポストは、この頃から登場したようです。

中央にあるのがポストなのは日本人なら誰でも分かるし、きっとイギリス人にも分かると思うけれど、実は世界のポストはこんなにいろいろな色で設置されているのですね。フランスとフィンランドの黄色ぐらいしか憶えていないのだけれど。

Maglia iridata / マリア・イリダータ

February 29, 2012

1979Italy002
1979Italy001

27 January 1979, Italy
World Championship of Cycling – Cyclo Cross

The rainbow jersey is known as ‘Maillot arc-en-ciel’ in French and ‘Maglia iridata’ in Italian.  This time, the stamps are showing Cyclo Cross – the athletes sometimes have to carry their bikes during the race.

These Italian stamps are kind of evocative – reminds me when I prepared for an entrance examination for the Art university in Japan.  I have a piece of paper and coloured pencils – then the brief says ‘You have five colours.  Make a colour composition in relation to the words – ‘Rainbow stripes’, ‘Cyclo Cross’ and ‘Speed’.  Condition: use geometrical lines only.  Time: 1.5 hours’.

In fact, the colours are nicely overlapped with knowledge of the print processes.

マイヨ・アルカンシエルは英語では「レインボージャージ」イタリア語では「マリア・イリダータ」になります。この切手は、競技の途中で自転車をかついで走るサイクロクロスの世界選手権を描いています。

この切手を見ると、美大受験の予備校での色彩構成の練習を思い出すのです。課題は『レインボージャージとサイクロクロス:色は5色まで使用可。幾何学の線のみを用いて色彩構成し、スピード感を表現せよ。時間は1時間半』

でも実は、印刷のことをよく知っている人が色を重ねて構成している、手のかかっている切手ではあるのですが。