Archive for the '1970-74' Category

upward arrows / 上むき矢印

November 29, 2017

1974, Turkey
3rd year of 5 years Kalkinma Plani

I could not find what the Kalkinma Plani was – just guessing it is about industrial or agricultural productivity, having a high target to achieve.  Very 1970s – the mood, composition and the colour.

ネットの辞書ではトルコ語の「Kalkinma Plani」が何なのか分からなかったのですが、デザインから読み解くと、これは生産性を上げよう!という国家のスローガンではないかと思われます。デザインや雰囲気、使われている色まで、とても70年代な切手です。

TV and arrows / テレビと矢印

July 30, 2017

1974 Brazil
tribute to Assis Chateaubriand
design: Aluisio Carvao

A stamp dedicated to the founder of the first television network in Brazil, called Rede Tupi.  Dual directional arrows emerge in characteristic TV lines – well, we don’t have these lines on the digital TV anymore…

ブラジルに最初のTVネットワークを作ったアーシス・シャトブリオンを記念する切手。ブラジルのメディア王で、美術のパトロンであり、政治家にもなった人物です。双方向に走る矢印が、ひと昔前までのテレビ独特の平行線(懐かしいのは、なぜ?)に浮き出ている、クールなデザイン。

concentric and arrows / 同心円と矢印

July 8, 2017

1974 Brazil
tribute to Edgar Roquette-Pinto
design: Aluisio Carvao

A stamp dedicated to the founder of the first radio station in Brazil, called Radio Society of Rio de Janeiro.  Cool design of radio waves from a tower – a bit psychedelic yet well controlled.

ブラジルに最初のラジオ放送局を作ったロケッテ-ピントを記念する切手。ラジオ局長は、もともと医者で、のちに民俗学者になった人のようです。70年代のちょっとサイケな色使いが、電波の飛ぶ様子をクールに抽象化しています。

blood donor & hand / 献血と手

June 5, 2016

1971Monaco001

6 September 1971, Monaco
7th International Blood Donors Federation Congress
designer: B. Minneengraver: Pierre Gandon

A hand holds wishes of help and support – from the blood donor. An appealing design with the emblem of the congress and Monaco’s ‘Fusilly’ heraldry pattern on the sleeve.

手がどーんと中心にあるこの切手は、献血をひろめる大会のエンブレムを持っています。人の手で伝えることの重要性をうったえ、袖の模様でモナコ公国が国を挙げて支援することを宣言しているのでした。

Heart and hand / ハートと腕

March 26, 2016

1973Uruguay001-2

Uruguay 1973
Pan-American Federation of blood donation

Another example for encouraging blood donation – this time, a hand is used as symbol to give a gift, which is the heart as extended life, and the arm shows the position for blood donation.  It has strong composition and looks good, despite using only two colours.

この一枚はウルグアイから、献血を呼びかける切手です。ハートは贈り物となる生命を象徴し、手はをれを必要な人に渡す意思、腕と血管で輸血をする様子をそれぞれ描いているわけですが、2色しか使っていないのにクールな構成です。

representational / 具象表現

March 8, 2016

1972Pakistan001

1972 Pakistan

I featured a stamp on the heart in the previous post and now this one is encouraging blood donation, from the same year.

This stamp is not particularly cool or well designed, but strong.  This aspect of appealing is one of the desired characters of stamp design, I assume.

一つ前のポストでは心臓の切手を紹介し、これは同じ年の献血を呼びかける切手です。

ずばり具象で、デザイン構成として特にかっこ良いわけではないけれど、強い。こういう存在の強さも切手に求められていることだろうと思います。単純明快な表現と、色のチョイスでしょうか?

heart and health / 心臓と健康

February 22, 2016

1972Japan002
*exch. 069  ( one mint only )

15 April 1972, Japan
Heart Ailment Prevention Campaign
design: Katsutoshi Hioki

From the same international campaign as the Irish stamp in my last post, this is delivering the message of awareness of heart disease.

Printed in only three colours – grey, orange-red and black – still appealing graphically, but it would be better without the small body builder!  I would imagine that there was a version without the human silhouette in the designer’s sketch, but in a meeting this version was chosen as the artistic ability of their audience was evaluated low.  The designer, who also designed my favourite stamp from the same year, knew about the graphic trend of the world and thought he must have done something as polished as the Irish example.

昭和47年4月15日発行
心臓病予防運動
デザイン:日置勝駿

前回アップした「心臓病を予防する国際キャンペーン」の日本からの発行です。

グレーと朱色と黒の三色で刷られ、廉価ながらも印刷色の重なりが効果的な印象の強い切手ですが、左下の白抜きのヒトがないほうが、より良かったのに、、とかなり残念。デザイナーのスケッチには人体のないバージョンもあって、けれども図柄が決定される時に、メッセージを受け取る対象としての購買者のデザイン的成熟が低く評価された結果なのでは?と想像をたくましくするのでした。同年に出ている「ナンバー君」が封筒から出ているのをデザインしたこのデザイナーは、おそらく世界的な切手デザインの傾向などにも精通していたはずです。

ちなみに日本ではこの「キャンペーンの内容を図柄でわかりやすく(グラフィック・アートとしては稚拙に)表現する」手法は1990年代中ごろまで続き、時代遅れな印象の切手がたくさん見つかります。そんな中では、シンプルな70年代の切手は好ましく思えます。

Your heart is your health / ハートビート・バレンタイン

February 14, 2016

1972Ireland001-2

7 April 1972, Ireland
World Health Day – ‘Your heart is your health’
art work: Louis Le Brocquy

I looked up a stamp for St Valentine’s day – and found this set, and they were issued to draw attention to the importance of listening your heart beat.  The text is in Gaelic Language, and Slàinte! is used for a toast… like Cheers!  This is my first featured stamp from Ireland – I did not pay attention to their stamps until recently, but found some nice ones issued.

Then I found this article ‘A Visual Catalogue of Irish Commemorative Stamps 1929 – 2013‘ and the writer says these heart stamps are a ‘true graphic art nasty’ and she mentions this Malta heart stamp and wrote ‘almost bearable’.  Ummmm, I don’t agree with her at all!

1972Ireland002-2

今年も、バレンタインの♡切手を探しました。好きなこの2枚、でもいまいちロマンチックでない、、と思ったら「心臓の鼓動に耳をすまそう」という、心臓病予防の切手でした。下の文は古語ゲール語で「あなたのハートがあなたの健康」。なぜかあまり関心を払っていなかったアイルランドの切手ですが、友人がFBで紹介しているのを機に見たら、けっこう好みのものが見つかります。

ところで、原画アーティストなどの詳細はこの記事で見つけたのですが、筆者はこの切手を「品がなく、まったくもって不快なグラフィック」とこきおろし、同年に出た他の心臓切手の中では「これは見るに耐える」とマルタからの切手を紹介している、、、えぇぇ、ご冗談!?世の中には、いろいろな意見があるものです。

discovered Lithography / リトグラフィーが発見される

March 12, 2015

1972Germany001

14 April 1972, Germany
175 years of flat-surface printing

About 220 years after Letterpress printing, an actor and playwright Alois Senefelder found the method of Lithography by chance (!) – and developed it into a commercial printing technique. This stamp is celebrating that history with a detailed picture of his printing machine printed using the amazing quality of the Lithographic process.

I am always learning something new through stamps…

時代は活版印刷の始まりから220年ほど下り、ドイツの俳優で脚本家でもあったアロイス・ゼネフェルダーという人が、リトグラフ(石版画)の原理を偶然(!?)発見し、楽譜の出版を手がけていた会社と共同で、その技法を実用できる印刷技術にしたのだそうです。この切手はその発見と応用を記念した切手で、当時の印刷機の様子が精緻なリトグラフ印刷で描かれています。

切手がいろいろ教えてくれます、、、。

irreplaceable / かけがえのない

January 15, 2015

1971Uruguay001

1971 Uruguay
Natural Woolen – Irreplaceable

The rear half of a sheep is a roll of woolen fabric… I tried to find out about sheep in Uruguay, but could not find if they were the original species or if Europeans brought them to South America.  In either case, the farming of sheep was an important industry in 1971.

羊のうしろ半分がウールの反物になっているウルグアイの切手です。「天然の羊毛ーかけがえのない」と印刷されているように、1971年の時点では大切な産業だったのですね。もともと南アメリカに羊がいたのか、スペイン人が持ち込んだのか?と思って読んでみたけれど、ウィキペディアでは見つかりませんでした。

mono colour and strong / 単色で強い切手

November 27, 2014

1971Germany006-2

19 September 1971, Germany
‘Accident prevention’

There are strong stamps – even they are printed in only one colour.  So, after the mono printed Mexican stamps, I started look at those and thought why they are strong.

In this case, the graphic almost pictogram tells us the warning immediately – and visually strong.  Be careful loose wiring of plugs!!

By the way, there are two stamps with plug from Japan, energy recycling and saving, both are strong design, too.

一色で印刷されているのに「強い」存在感のある切手というのがけっこう存在します。メキシコのジーンズ切手のあと、そんな切手を眺めて思ったのは、、、どんな要素がその切手を目立つ存在にしている?ということです。

この切手の場合は、ピクトグラムのような簡略化された図柄が、注意!という警告を強く表現していることでしょう。ソケットの配線が抜けそうだったら、、、感電するかも!!

ちなみに、ソケットの描かれた日本の切手には1981年の省エネルギーエネルギーリサイクリングの2種があり、どちらもはっきりと強い切手です。

suit of armour 3 / 甲冑 3

May 26, 2014

1974UK005

10 July 1974, United Kingdom
Great Britons, The Black Prince (1330 – 1376)

I did not post a new stamp for one and half months… and I am still on the theme of horses and knights in armour!  A little too slow to move on, but now I am thinking to step into a new area of ‘heraldry‘ stamps – a recent favourite theme of my collection.

Edward, The Black Prince was the first English Prince of Wales in the 14th century and he was very popular as a strong military leader.

My reference book “Heraldry Stamps” (published in 1987) tells me about the patterns and significance of his decoration in this picture.  The following two are the Welsh leader Owain Glyndŵr (c. 1349 – c. 1415) and the Scottish king Robert the Bruce (1274 – 1329).

1974UK003
1974UK002

またもや、一月半ほど更新しませんでしたが、、、まだ切手は馬と甲冑の騎士!『偉大なブリテン島の人』のシリーズから。さすがに、ここを起点に馬から離れて「紋章の切手」に進むことにします。紋章も、大好きなモチーフなのです。

一枚目は「エドワード黒太子」と呼ばれ、イギリス系で最初にプリンス・オブ・ウェールズの称号がついた皇太子で、百年戦争で活躍した人気の高い軍人でした。二枚目はウェールズ人「オウイン・グレンダワー」、三枚目はスコットランド国王「ロバート・ドゥ・ブルース」のそれぞれが、紋章の入った飾りと一緒に馬にまたがっています。

ここに描かれている紋章がどんな意味を持つのか、『紋章の切手(1987年発刊)』という本に詳細があり、この切手の図案がどの原典から起こされたのかの推測もあって興味が尽きないのでした。

with a suit of armour / 甲冑をまとって

March 30, 2014

1970Sweden008

6 April 1970, Sweden
Seal of Duke Erik Magnusson (1282–1318)
design & engrave: Heinz Gutschmidt

I did not post any stamp for a month and a half – I had been living with a great anxiety about my first long trip to Japan since I had medical treatment last September.  I had my Meningioma, a type of tumour, removed in a long operation. It had been growing for many years just behind of my left eye.  After that I had Gamma Knife surgery, a type of radiotherapy treatment.  When the doctor said I was OK for long flights, I booked my trip to see my family and friends, who had been concerned about me.

Psychological preparation before the departure was more difficult than the bag packing – Anyway, I did make a trip, saw loving people and got back to home.  I could not contact many people who were worrying about me – but it was all I could do to complete this first mission after half a year, without fainting or getting worn-out too badly…  I needed a full suit of armour and a crested horse ( my partner who supported me during this trip ), really.

ひと月半、更新していませんでした。

去年の9月と12月に、長い時間をかけて左目の後ろに育っていた髄膜腫という名前の腫瘍を摘出する手術と、ガンマ・ナイフと呼ばれる放射線治療を受けました。2月初旬に経過も良く長時間のフライトも大丈夫と医師に言われたので、日本で心配していた家族に会いに帰る旅程を立てたのだけど、出発前になっても気がかりな「疲れやすさ」がほとんど改善されていなくて、こんな状態で旅行して大丈夫だろうか?と不安におそわれ、かなり凹み。

ともかく、できるだけ予定に縛られないよう、休みながら移動するように調整しながら、東京ー広島を往復し、ロンドンまで戻りました。心配してくださっていた多くの方たちに、帰国中に会えなかったことが心残りなのですが、、、ともかく倒れたり寝込んだりしないで旅を終えたことをご報告します。今思うと、旅行中はこの切手のような甲冑をまとった騎士の気分だったなぁ、と振り返りながら。一緒に旅行したパートナーが、同じ紋章をまとった馬だったような、、、。

このスェーデンの切手は、13世紀後半から14世紀にかけて活躍した皇子の騎士像です。頭の飾りが、、戦争向きではないですね。

horsepower mail coach / 三馬力の郵便荷車

January 23, 2014

1971Sweden005

28 September 1971, Sweden
engraver: Czesław Słania

Speed was one of the reasons why horses had been used for transportation, obviously.  So, they were the main motive power for the postal services, too.

This great piece of work by the engraver Czesław Słania shows, the express-speed of a three horsepower wagon with postal horn mark on.  You may hear the creak noise together with the clatter of hoofs.

1971Sweden005-2

荷物や情報を運ぶために馬が使われた理由が、その速さであることは明らかです。手紙を運ぶ郵便事業も、始めは馬脚に頼っていたのでした。

凹版彫刻師のスラニアが手がけたこの切手は、3頭の馬が引っぱって疾走する角笛のマークのついた郵便荷車を描いています。ひずめの音が聞こえてきそうな、馬が地を蹴るスピード感の表現がすばらしいです。

winter solstice / 冬至キャンドルナイトは?

December 22, 2013

1970Denmark001

4 May 1970, Denmark
25th Anniversary of Liberation
designer: P. Christensen
engraver: C. Slania

Today is the winter solstice day.  I have been looking for information on ‘Candle Night‘ – a series of campaigns for saving energy by switching off all electric lights between 8-10pm on the summer and winter solstice day.  It seems the campaign was finished in 2012 and is not happening today.  Why??  It’s very nice to spend time with candle light!

This Slania engraved stamp is imitating a wood carved print – primitive and toasty.

今日は冬至。あれ?今年は「100万人のキャンドルナイト」のことをツイッターとかFace Bookで見ないな〜と思ったら、10周年だった去年で終わったのですね。世界的なキャンペーンになって、近年は東京タワーほかたくさんの建物のイルミネーションが消されたのに、どうしてもっと続けないのかな。ろうそくの火で過ごす時間は素敵なのに。

巨匠スラニアが彫ったこの切手は、木版印刷の雰囲気を凹版で再現していて、暖かみがあります。

large almond / 巨大アーモンド切手

October 28, 2013

1970Sierra Leone002
1970Sierra Leone001

1970 Sierra Leone

Another set of stamps with unusual shape – they are big, L= 4.4 cm and W= 3.2 cm.  They are embossed, as the paper is thicker for self-adhesive type and the back-up layer gives a good impression during the pressing, I guess.  They have strong visual impact.

When these unique stamps were made, Sierra Leone was in short time peace, between political disputes.

アフリカ西部の小さな国シエラレオネから、縦が4.4センチある大きな切手です。シール式の利点をすべて使ってみました、というサンプルのよう。形ももちろん、紙が厚くて台紙もあるからアーモンドのシワと文字のエンボス加工もしやすかったと思われます。この切手が貼られた手紙はとても目立つだろうなぁ。

政治的紛争でずいぶん大変だった国だけれど、つかの間の平和時にこんな切手が試されたのですね。

hair comb / 髪に櫛

September 16, 2013

1974Japan003
*exch. 063  ( limited number )

20 April 1974, Japan
“Finger” ( 1911 ) by Itō Shinsui ( 1898 – 1972 )
Philatelic Week
layout: Hitoshi Otsuka

This paining is showing 20 years earlier fashion than the previously featured stamp.  When the hair style was completed, the comb was often placed in the hair, part of the coiffure decorations.

I visited an excellent exhibition “Origins of the Afro Comb” at The Fitzwilliam Museum in Cambridge and saw many combs made in different materials.  In Japan the customs of showing combs in your hair came to an end around the 1930’s, but in Africa they are still used and expressing identity of their culture.

1974Japan003-2

昭和49年4月20日発行
切手趣味週間
原画:伊東深水画『指』(明治44年)
切手デザイン:大塚均

東京生まれの伊東深水は14歳の頃にこの絵を描いているようです。一つ前に載せた小林古径の『髪』はこの絵よりも20年のちに描かれ、妹はそれまでの結われた日本髪からモダンなおかっぱになり、1930年頃に櫛が髪に飾られる風習が絶えて行ったことが見てとれます。

ケンブリッジのフィッツジェラルド博物館で11月3日まで開催されている『Origins of the Afro Comb』はとても面白い展覧会で、木や動物の骨、金属などのいろいろな素材で作られた6000年前からプラスティック製も加わった最近の櫛までが展示され、アフリカの歴史や文化を世界に示すツールとして櫛が今も髪に飾られている様子が紹介されています。

kune kune / くねくね

January 6, 2013

1971Germany001

5 February 1971, Germany
‘Children’s Drawings’

In the Japanese language there are a lot of onomatopoeia terms to express movement, condition and feel of a material or its surface.  Kune kune is one of them – it means a road is winding or something sways, as in this stamp depicting a snake!

「くねくね」「のっしのっし」「ねばねば」など日本語には擬音語が多いけれど、似たような表現は英語の日常会話ではほとんど使われません。ふと口をついて出てくる擬音語が想像をかきたてることがあるようで、よく面白がられるのでした。音とビジュアルのサンプルとして、このブログで使ってみることを思いつきました。

Lights on the bike! / 自転車にライトを

December 22, 2012

1973Hungary001
*exch. 057 ( one used only )

1973 Hungary
‘Lights on the bike’

Yesterday was the Winter Solstice and from today we have day time getting longer.  Hurrahhh!  But still, it is a rainy, dark, miserable day today.  Grrrrrrh.

In this dark and shallow light season, all drivers have to be very careful watching the road.  Bicycles without lights popping out from side roads are real danger.  Please do fit your bike with the brightest set of lights!

This Hungarian stamp is telling us of the importance of the lights, also depicting the dark European winter very well.

世界が終わらなかった昨日は、冬至でもありました。久しぶりに晴れたこともあって「明日から昼間が長くなる、ららら〜ん」と喜んだのに、一夜明けるとまた暗い朝で、一日中雨。

こんなに暗いイギリスでは、車の運転も慎重にならないといけません。わき道からすっと出てくる無灯火の自転車には、毎度どきっとさせられます。

ざらざらした紙の質感と濃紺の印刷で、ヨーロッパの暗い冬の感じがよく出ているハンガリーの切手。「自転車にライトを!」という呼びかけが切実です。

seasonal journey / 渡り鳥

November 11, 2012

1971Sweden002

10 November 1971, Sweden
Nils Hogersson on Goose
from “The Wonderful Adventures of Nils” by Selma Lagerlöf
designer: P. Pettersson
engraver:  Czesław Słania

Yesterday afternoon I saw a group of birds in the sky, in formation flight heading South.  Too far away to identify, but I guess they are migrating Geese.  That V shape reminded me of this stamp, engraved by  Czesław Słania.  Let’s enlarge a beautiful detail…

1971Sweden002-2

“The Wonderful Adventures of Nils” was an animated film on TV when I was a child in Japan and it is evocative for me.  Because of that TV series, I still imagine a little boy on one of the Geese when I see the V-shaped formation of migrating birds.

V字の編隊を組んで南に向かうガンを見上げて『ニルスの不思議な旅』が描かれたこの切手を思い出しました。伝説の彫刻師と呼ばれるチェスラフ・スラニアのディテールを拡大すると、小さなドットの集まりでニルスの帽子や靴、ガンの立体感がたくみに表現されています。

子供の頃にアニメ番組で観た空からの眺めが頭に残っていて、渡り鳥の編隊を見ると地上を眺めている小さな男の子を思い浮かべます。原作の著者セルマ・ラーゲルレーヴは、スウェーデンではフェミニズムの先駆者としても知られる作家だったのですね。