Archive for the '1960-64' Category

barbed wire and hands / 手と有刺鉄線

January 21, 2017

16 September 1962, Belgium
Concentration camp victims
designer: Idel Iancheleveci / engraver: Jean de Bast

A minimalist stamp, depicting humble hands desiring freedom.  In fact, this simple design was very advanced if you compare it to other stamps from the early 1960s.  Using two print techniques, screen print for the background pale blue and intaglio for the delicate black lines.

I have found an archive of Belgian stamps – added the designer and engraver’s name.

A philatelist had kindly forwarded me information of the engraver of this stamp, Jean de Bast.  Click comment for further info sent by Jürgen.

1962年という発行年からするとものすごくシンプルな切手。まだこの頃は、こういうデザインは多くありませんでした。ナチスの強制収容所で命を落とした人たちを追悼するこの切手。シルクスクリーンで刷られた水色の空に向かう凹版印刷の細い指が自由を求めるはかない希望を表現しています。

ベルギー切手のアーカイブを発見。デザイナーや凹版彫刻師の名前を足しました。そしてベルギーの切手収集家より凹版彫刻師と原画を描いた彫刻家の情報が寄せられました。下記コメント欄をご参照ください。

 

Happy New Year / あけましておめでとう

January 2, 2017

1962France001

12 March 1962, France
Gallic cock and sun
designer & engraver: Albert Decaris

I wish you all a happy new year in 2017!
Where the world is directing to – I am almost lost if I think about it.  Yet let’s have healthy and joyful year ahead.

Rooster is the animal of the year in Eastern zodiac.  This stamp is made by a veteran engraver who created a lots of beautiful works during his career of 50 years, which include a definitive Marianne original by Cocteau, satellite communication with starry sky and the 50th Anniversary of Tour de France. Splendid results of trained hands.

新年あけましておめでとうございます。
みなさんにとって、素敵な2017年になりますよう。時代がどこに向かっているのか、考えると不安にもなりますが、愉しく健康にこの一年を過ごせたらと思います。

酉年のとりとは雄鶏なのですね?1枚だけ持っていた雄鶏は、フランスのベテラン凹版彫り師がその50年にわたる職歴のちょうど中間頃に手がけた、足元に陽の登るお正月らしいものでした。この彫り師の作品には、コクトー原画のマリアンヌ星の散りばめられた通信系ツールドフランス50周年など、精緻な切手がたくさんあります。訓練された手わざの華です。

 

engraving hands / 彫る手

December 20, 2016

1962Austria001-2

1962 Austria
Stamp Day
design: A. Pilch / engraver: R. Toth

Hands are engraving an intaglio plate for stamps.  Without well trained pair of hands, you don’t have these beautifully engraved stamps.  It seems tools and techniques have not been changed much since the first stamp was engrave in England in 1840.

切手の凹版を彫っている手元を描いた切手です。もちろん、訓練された手なくしては、精緻な凹版切手は生まれません。1840年にイギリスで最初に発行された切手も、この絵のような道具で印刷用の彫刻がなされた凹版切手でした。

longing hands / 求める手

November 30, 2016

1964UN001
1964UN002

21 September 1964, United Nations
International Efforts and Achievements in the Control of Narcotics
design: Kurt M. Plowitz

Hands are eager to grab an opium poppy – owing to unavoidable circumstances.  Effective White band to separate hands from what they want… a simple graphic effect for what the campaign to achieve.

アヘンを育てているケシの実に向かって延びる「のっぴきならない」3本の手。麻薬中毒を減らすための国際的な努力を謳った切手です。画面を縦に横切る白い帯が、手とケシの実を隔てる。グラフィックによる「断ち切り」の表現ですね。

ant on hand / 手のひらの蟻

June 7, 2016

1961Monaco001

3 June 1961, Monaco
Nature Preservation
designer:  J. E. Lorenzi
engraver: Gandon

Hands are often depicted as icons.  Here is another stamp from Monaco, which does not really express the stated concept of nature preservation, but is nicely drawn with beautiful colours.

手の切手。そう、手はかなりの頻度で切手に登場し、気持ちや行動を象徴するモチーフです。この場合は、小さな命を守ろう、と伝えたいのはわかるけれど、意図する大きなコンセプトの「環境保護」はあまりうまく表せていないような、、、それでも、綺麗な色の美しい切手です。

 

matured / 歳を重ねる

February 1, 2015

1962Romania004
1962Romania005

20 November 1962, Romania
Prime Farm Stock, Lamb and Ram
design:  I. Untch

How fast January has passed and this feeling is growing stronger every year!  Events over Christmas and the New Year made me think about the fact that we all are getting older year by year.  OK, we have to accept it naturally and let’s call it becoming mature, rather than getting old – we might be ‘fermenting’ in other words..

A vulnerable and cute Lamb is grown into a tough Ram in a few years –  well, these stamps give us a completely different impression.  Some character has gone, but another is developing.

一月があっと言う間に過ぎました。歳を追うごとに月日が短く感じられ、特に年末年始は自分を含めた誰もが少しずつ老いていくことに気付かされる季節です。それはあっさり諦め、老けつつあるのではなく成熟しているのだ、と考えることにしましょう。すでに「発酵」かも、という感じもありますが、、。

この2枚の切手が描いているように、ふらふらした脚で立ってメエエと鳴いた可憐な子羊は、数年経つと頑丈でタフな牡羊になる。失なったものは明らかだけれど、月日がくれた新たな価値について考えたいと思います。

jump over a hurdle / ハードルを越えた

December 29, 2014

1960Poland003

15 June 1960, Poland
Olympic Games, Rome
design: S. Malecki

This year has passed very fast – OK, this is a fact that each year passes faster than the previous one!  And at least I feel that I have jumped over a hurdle and am getting back to normal.

I like the graceful design of this Polish stamp – do you notice the embossed figure other the horse and rider?  But I was puzzled by the mention of Berlin 1936 here… then I found out that the rider was one of the Polish successes in the previous notorious Olympic Games of that year.

今年もあっという間に過ぎ去り、1年が徐々に短くなることを実感する年の瀬です。でも、今年はひとつハードルを越えて健康を取り戻しつつある、という充実感もあります。

さて、年始のごあいさつに使ったポーランドの端正な切手、エンボスで描かれた陰影が見えますか?きりっとした色と構成が好きですが、なぜ1936年のベルリンオリンピックのことが書いてある?とギモンに思っていました。調べると「以前のオリンピックで優勝したポーランド人」を描いていたようです。

mono colour and strong 2 / 単色で強い切手 その2

December 5, 2014

1963Czechoslovakia001

25 May 1963, Czechoslovakia
60th Anniversary of Moravian Teachers Singing Club
designer: K. Šolínský / engraver: L. Jilka

This stamp will make an envelope cheerful and its strength is based on the spontaneous lines, together with hand written letters, I guess.  And its vigorous lines are all engraved with great patience!

これを貼ると封書がぱっと明るくなりそうな切手です。のびのびした手描き文字と強弱のある線描がこの単色の切手を強くしているようですが、よく見るとその線は、忍耐強い凹版の彫刻作業の結果なのでした。

State Crest / 州の紋章

August 27, 2014

1963Madagascar003
1963Madagascar002
1963Madagascar001

3 December 1963, Madagascar
State crest of Antsirabe, Tulear and Majunga
design of coat of arms: Robert Louis & Suzanne Gauthier

Not only the nation or the head of state have their coat of arms – almost all states, cities and towns in Europe and their colonies have their heraldry.  Here some modern design of states in Madagascar.

For example of the last one of Majunga – shows Baobab tree from the region and three boats, indicating that Majunga ( Mahajanga ) is a harbour town.  Yes, they must have crocodiles in their region, too.

This summer I met a young French designer who has her family origin from Madagascar.  It was a lovely encounter with her, to know her poetic approach in her creations.

国や国家元首だけでなく、ヨーロッパやその植民地だった都市や地方には紋章があります。これは1960年にフランスの植民地から独立したマダガスカルの州の紋章です。

たとえば最後の一枚はマハジャンガ州のもので、バオバブの木が中心にあり、三艘の帆船はハジャンガが港湾都市であることを伝えてくれます。この州にはまちがいなく、ワニも住んでいたはず。

この夏、マダガスカルにルーツを持つ若いフランス人デザイナーと出会いました。ヨーロッパに起源を持つデザインとはひと味ちがう、詩的な創造に楽しい刺激を受けたのでした。

 

not too late / 今も支援が必要です

December 30, 2013

1963Philippines003

1963 Philippines
100 years of Red Cross

Tomorrow is the last day of this year – and one of the things I should not forget is there are still a thousands of people do not have their secure houses to sleep in peace.  Still not too late to support them through Red Cross in your country.  In the UK, the link is here.

今年も残り1日となりました。忘れないでおこうと思うのは、まだ心やすらかに眠る家のない人たちが、フィリピンにはたくさん残っていることです。各国の赤十字を通じて、今も被災地に援助ができます。日本での窓口はこちらです。

African intaglio prints / アフリカ凹版切手

September 24, 2013

1962Gabon001
1962Gabon002

1962 Gabon
grapefruit & coconut

Many African stamps have influences from their old suzerain country and many intaglio stamps are made with the influence of French postal history.  In my ‘print: intaglio‘ topic, I featured five African stamps in the last three months.

These stamps are made with a creative sketch style engraving and a radical shape.  They look exotic and seasonal.

アフリカの切手からは、植民地時代の宗主国の影響が強く読み取れます。このガボンからの切手はフランスの凹版切手の影響が強く、「print: intaglio」のここ3か月に掲載した5種類のアフリカの切手もすべて元フランスの植民地の発行でした。

この2枚はスケッチ調の力強い彫刻と三角形のモダンな形のバランスが良く、アフリカらしい風物の切手です。

diversity in Tour? / ツールにも多様性?

July 23, 2013

1960Togo001

27 Feburary 1960, Togo
Olympic Games, California & Rome
designer: M. Shamir / engraver: Claude Durrens

The Tour de France 2013 winner Chris Froome is Kenyan-born British and he says that he wishes to inspire young cyclists from Africa.  To celebrate the future diversity in this sport, I feature this mellow coloured yet crisp stamp from Togo.

By the way – it is a terrible choice of picture in the BBC article – is it only me that thinks so?

今年のツールドフランス勝者のクリス・フルームはケニア生まれで、ツールのために特訓したというフランス語のほかに、スワヒリ語も話すそうです。優勝後のインタビューで、自分の姿が若いアフリカ出身のサイクリスト達を元気づけたら嬉しい、と語っています。ツールの未来の多様性を予想して、トーゴから、かりっとした凹版印刷の色がきれいなこの切手を。

それにしても、このBBCの記事に使われているクリス・フルームの写真を選んだ記者のセンスを疑うのはわたしだけ?

in the water / 水の中

July 19, 2013

1962Niger001

29 Jan 1962, Niger
‘Protection of Wildlife’
design & engraving:  Jacques Combet

It has been 10 days since ‘the real summer’ arrived.  The indoor temperature is gradually rising – but last night we had a nice cool breeze and I felt refreshed as if I am dipping myself in the cool water.

This stamp from Niger is showing the water surface as the central horizon and depictes above and below the water with two different green colours.  An African Manatee looks cool and content.

暑い日が10日つづき、冷房のない室内の気温は日増しに上がっています。大きなバケツを買って冷水に足でも浸さないと仕事の能率下がる〜、と思った昨日ですが、夜には涼しい風が吹いて気温が少し下がったようです。

このニジェールからのさわやかな切手は、真ん中が喫水線で区切られ、水中と水上の世界が2色の緑で描き分けられている面白い構成です。水の中で涼しそうなマナティーが、ちょっとうらやましい。

Telegraph key / 電鍵

March 22, 2013

1962New Zealand001

1 June 1962, New Zealand
Telegraph Centenary
design: A G Mitchell

This stamp is celebrating 100 years of the telegraph in New Zealand.  The picture shows an early Telegraph key for sending Morse code, with operating hand, and telegraph poles and wire.  The hand looks somehow strained – it must be sending an urgent and important message.

It is interesting to see these modern alternatives to postal services, which are often depicted on stamps.  They did not imagine about the new world with ‘internet file transfer services’ yet, did they?

The host of Going Postal gave this stamp to me, among with many others from New Zealand.  Thank you!

なんだか力んだ手が電鍵を使ってモールス符号を打っているこの切手は、ニュージーランドの電信開始から100年を祝って発行された切手です。

郵便が担っていた役割をどんどん代替していくことになる技術を、こうやって切手の絵柄としてとどめてある、というのが興味深いです。この頃、まだネット上でのファイル送付サービスのことなど誰も想像していなくて、短い電信は送れるけれど、束になった書類は郵便しか無理だよねー、という余裕があったということか、、。

Red & Black on White / 白地に赤と黒

March 2, 2013

1964Austria001

1964 Austria
40 years of Austrian broadcasting

The colours and the central Ö are similar to the stamp from previous post, issued by the same country.  Letter R, in front of Ö is for rundfunk = broadcasting.  Cool design featuring a car radio.

I listen to the radio every morning – the tuning is digital and this layout of the frequency bar with the rotating dials are really evocative.  When I was a teenager, I used to listen to an English conversation program on radio every morning, and had to re-tune the frequency every time as I was listening to pop music on a different channel at night.

オーストリアからもう一枚、モノトーンにÖを赤く配しているのが似ているかっこいいデザインの切手。ÖはÖstereichの頭文字、Rは放送のRで、図柄はカー・ラジオのチューナーです。

ラジオは今でも毎日聴きますが、この懐かしいチューナーを見てから、RCサクセションの『トランジスタ・ラジオ』が頭をはなれません。「君の知らないメロディー、聞いたことのないヒット曲」というフレーズと、未知の世界から送り出される電波を受け取って興奮した、遠い思い出、、、。

World Meteorology / 世界気象機関

February 8, 2013

1962Taiwan001

23 March 1962, Taiwan
‘2nd World Meteorological Day’
designer: Tsai Cheng-lun, Wen Hsueh-ju & Yen Ki-shih
engraver: Pao Liang-yu, Chen Lien-huei & Li Pin-chien

The World Meteorological Organization was established in 1950, as a specialist agency of the United Nations for meteorology, succeeding from the International Meteorological Organization from 1873.  It is no surprise that people tried to share meteorological information from that early time – yet cross-governmental actions towards climate change started a lot later.

Last year I visited Taiwan for the first time, and would love to go back again.  I met a lots of intellectual, diligent and polite people there, and the country has a rich vein of stamps of my favourite type!

1962Taiwan003
1962Taiwan002

気象に関する情報の交換を目的として設立された世界気象機関は1950年にはじまり、その原型は1873年に創立された政府間組織である国際気象機関にさかのぼります。そんな以前から、人々はある場所の気候が地球の別の地域の気象に関係していることに気付いていたのですね。けれど、各国政府が集まって環境に対する取り決めをはじめるのは、もっと後になってからだったのでした、、、。

この切手は台湾からの発行です。台湾には昨年秋に初めて行きました。勤勉で知的なたくさんの人(特に若い女性たち!)と出会い、素晴らしい料理に舌鼓をうち、、、そして、好みの切手もいろいろ見つかってほくほく。また行きたい場所です。

year of the Snake / 祝・巳年

January 3, 2013

1964Finland001

13 June 1964, Finland
General Assembly of World Medical Association
designer: O. Vepsäläinen
engraver: B. Ekholm

Happy New Year to everyone!

2013 is the year of the Snake.  As shown on this stamp, the snake ( or the serpent ) is the symbol of wisdom or medical care – the energy of life in ancient Inca and Indian worship, and the Greek and Roman herald’s wand of Caduceus.  Long, spiral and ‘kune-kune’ as we say in Japanese.  We have to learn from this animal, for endurance of life, avoiding obstacles in a smooth and quiet manner.

明けましておめでとうございます。

巳年の2013年が始まりました。まずはフィンランドから、医療の象徴としてのヘビを一枚。古代のインカ文明やインドでは神々の一員として、ギリシャやローマでは神の使者が持つ杖にからまって、ヘビは生命力や生きる知恵を人々に授ける存在として描かれたようです。今年はヘビに習って、障害物の隙間をするすると静かに通り抜ける練習をしてみようと思います。

Merry Christmas / メリー クリスマス

December 24, 2012

Korea01

1960 South Korea

Wherever you go, you listen to Christmas songs.  TV has Christmas special programs and adverts of them all the time.  So, it is natural to find Christmas stamps among others…  yes, I would feature one I like.  Limited colours on rough paper, but delicate dots are showing softness of the socks and it is charming!

Have a peaceful Christmas, everyone.

街を歩くとどの店もクリスマス・ソングをかけていて、テレビもクリスマス休暇中に放映する番組の予告ばかり目につきます。ちょっとうんざりなんだけど、、、ともかく、明日が終わるとこの浮かれた感じも終わって、寂しくなったりするのだし、一枚ぐらいはクリスマスの切手を。大韓民国のものです。ざらっとした紙に3色のシンプルな印刷だけれど、細かいブルーの点々でやわらかそうな靴下が描かれていて、キュートなのでした。

すてきなクリスマスを。

Olympics 48 years ago / 48年前

August 8, 2012

1964 Czechoslovakia
Summer Olympic Games in Tokyo
designer: A. Podzemna
engraver: J. A. Švengsbír

Bradley Wiggins, Sir Chris Hoy, Jason Kenny, Laura Trott and Victoria Pendleton… ‘Team Britain’ is producing a lots of Olympic gold medalists in cycling.  The Olympic velodrome is full of spectators everyday, sending huge applause to the athletes.

I like this stamp from Czechoslovakia, on the Olympics from 48 years ago – which was held in Japan.  Carefully planned intaglio engraving with 4 colours.  The 1964 Olympics was a really big thing in Japan, as it was a symbol of reconstruction after the Second World War.  There is an exhibition at the Embassy of Japan in London, ‘TOKYO 1964‘ until 7 September.

連日のようにオリンピックのハイライトを見ているのはトラック自転車競技。なぜいきなりチーム・ブリテンはこんなに強くなったのか。層の厚いトレーナーだけでなくカウンセラーも精神面をサポートしているようで、それも理由なのかもしれませんが、選手たちがインタビューで話しているように、観客の大声援にも支えられているのですね。

この切手は1964年の東京オリンピックの自転車競技を描いたチェコスロバキアの切手。ピンクのグラデーションが画面を引きしめつつ、愛らしい図柄です。今、ロンドンの日本大使館では『TOKYO 1964』と題した48年前のオリンピックにまつわる展示が行われています。

cool portrait of the Queen / 女王肖像きりり

June 5, 2012

3 October 1962, Canada
Queen Elizabeth II
design: Ernst Roch
portrait engraver: Yves Baril
lettering and symbol engraver: John F. Mash

The Royal Mail have issued two sets of stamps for the Queen’s Diamond Jubilee in February and May, but from the graphical point of view, both are not very exciting or original.

Instead, I would nominate my best favourite portrait of the Queen – from 50 years ago.  Without a crown or heavy jewellery, this Canadian stamp is depicting the steady and beloved personality of the Queen.

街中にユニオンジャックがはためいたダイヤモンド・ジュビリー、女王の戴冠60年を祝うイベントも終了したようです。ロイヤルメイルからも2月5月に女王の切手が出ましたが、別に工夫もなくはっとする美しさもなく、ちょっと残念。

エリザベス女王の肖像はたくさん切手になっていますが、カナダで50年前に発行されたこの肖像が、きりりとしていて一番好きです。冠もジュエリーもつけない女王の、実直な人柄が出ている気がします。