Archive for the '1950-54' Category

huge radio tower / 巨大ラジオ塔

May 3, 2017

22 December 1951, Monaco
Monte Carlo Radio Station
designer: M. Camia / engraver: P. Gandon

This stamp is full of elements that I like – multi coloured intaglio print, lattice tower, concentric circles and zig-zag electrical arrows.  In addition, the size of the tower in comparison to the port town makes me smile.

All three colour combinations are delightful.

この切手には、わたしの大好きな要素がいっぱい詰まっています。切れ味のよい凹版印刷の多色刷り、鉄塔、同心円とそれをビビッと横切る電撃矢印。山の後ろから港町を見下ろす鉄塔の巨大さも、微笑ましく。

3種類の色彩、どれも綺麗です。


hard worker / 500年前の働き者

February 28, 2015

1954Germany002

5 May 1954, Germany
500 years of Gutenberg Bible

Gutenberg invented ‘mobile’ letters which can be placed in a frame and set to make a page.  He also developed alloys for the letter press, the formula of ink for the method, and adapted the farmer’s press device for printing… I imagine he might have worked hard.

Mono and modest coloured stamp but strong – the atmosphere of a work place of 500 years ago is well presented within a small stamp.

グーテンベルグは文字を小さな活字にして組み合わせる方法を発明し、何度も使える活版のための合金の割合も考え、農家で使われていた圧搾プレスを組み合わせたり、、、よく働いた人だったのは間違いないです。

地味な一色刷りなのに、クール。小さな切手の中に500年前の仕事場の雰囲気がとても良く再現されています。

suit of armour 2 / 甲冑 2

April 14, 2014

1953Portugal001

1953 Portugal
Seal of authority of King Dinis or ‘Cavalinho’
design: Martins Barata

Another stamp of medieval knight – showing the seal of Denis of Portugal, a king of 13 – 14th century Portugal.

I went to Milano furniture fair since I posted the last Swedish knight stamp two weeks ago, I am still in a feeling of wearing armour.  I was worn out and slept almost two days after I return to home.

中世の騎士、今度はポルトガルからの一枚です。13ー14世紀のポルトガルの王「ディニス1世」の紋章をまとっている騎士。

2週間前にスェーデンの騎士と馬をアップしてからのち、ミラノの家具見本市に行ってロンドンにもどったところですが、、、まだ心の鎧が取れていません。疲れ果て、2日間ほとんど寝ていました。

dark days.. / 昼も暗い、、

December 23, 2013

1953Iceland001

12 February 1953, Iceland
“Reykjabók” manuscript with candle
design: S. Jónsson

It was stormy day today and even at noon I needed a desk lamp to read.  I imagined how dark the inside of a house was before electricity was invented – and even worse in parts further north than here in London.

I found a candle light reading picture on an Icelandic stamp and the rumpled book is a manuscript from 14th century.

今日は嵐の一日で、昼間でもデスクランプを灯さないと本も読めない暗さでした。電灯が発明される以前の、ここよりも北のヨーロッパの冬がどれくらい暗かったかを想像します。

このキャンドル読書の切手は、なんだかよれよれの本が置いてあるけど、、と思ったら14世紀の手書きの本が描かれていました。ランプもその時代のものかな?

lattice tower 2 / 鉄塔 その2

May 12, 2013

1 February 1952, Switzerland
Swiss Telecommunications Centenary
design:  P Gauchat
‘Radio’

Another abstract lattice tower which is dispersing wavy lines.  This is a set of four stamps and each design commemorates a different method of communication.

We get used to imagining our sky covered by communication networks, but 100 years before this stamp, it must have been a new concept to have invisible waves flying above us.



‘Television’
‘Telephone’
‘Telegraph’

スイスの通信事業100年を記念した切手です。100年前の1852年というと日本ではペリーの黒船が来航して開国を迫られる前年。そんな頃に、すでにヨーロッパではモールス信号が飛び交っていたのか、、。切手は額面の低いほうから、通信の発展を時代ごとに象徴するモールス符号、電話線、ラジオ電波、テレビ送信が描かれています。

今ではネットワークの中にいないと不安になるほどですが、61年前の1952年ですら、眼に見えない電波が手元でカンタンに受信できるようになるとは、ほとんどの人は想像しなかったことでしょう。星空がロマンチックなかわいい切手たち。

electrical telegraph / 電信機

March 17, 2013

13 October 1954, Japan
75th Anniversary of Admission to ITU
designer: Yutaka Yoshida
engraver: Tsuneo Kasano

After the Croatian QR code stamp, I remembered this one, in a similar layout with mysterious lines and dots.  The centre picture is an early electrical telegraph receiver.  In the top bar, between two small squares, are Japanese Morse code, which says ‘ko ku sa i’, which means ‘international’.

Although there is a similarity in the first impression between this and the QR code stamp in the previous post, this one has far higher density in its stamp design.  I admire this old ‘stampness’ and joy of magnifying.

昭和29年10月13日発行
国際電気通信連合(ITU)加盟75周年記念
デザイン:吉田豊
原版彫刻:笠野常雄

白地に赤のQRコード切手を見て思い出したのが、これです。小さな四角の配置が似ているし、フチを囲んでいる不思議なコードも前時代のQRという感じ。中央は電気通信レシーバーで、上のフチの中は日本語モールス符号で「こくさい」と読めます。たぶん、他の3種類のフチにあるコードで「電気・通信・連合」と言っているのでしょう。

ぱっと見の印象は似ていても、小さな紙面に詰まった情報の密度にQRコード切手とは雲泥の差があって、やっぱりわたしは丁寧にカリカリと彫られた59年前の「切手らしさ」がとても好きみたいです。拡大して、うっとり。

追記:
2012年10月に日本郵趣協会から発売された『ビジュアル日本切手カタログ vol.1』に、この図案のフチを囲む記号が説明されています。左が「キネン」、右が「デンキ」拡大している下は「ツウシン レンゴウ カメイ 75 シウネン」と右から読む(ん?)ようです。

vintage cyclist / ヴィンテージ・サイクリスト

July 7, 2012

2 August 1952, Czechoslovakia
‘Physical Culture Propaganda – Cycling’
designer: V. Šprungl
engraver: J. Goldshmied

I joined a vintage cycling event in Belgium last weekend, named Retro Ronde.  About 5oo cyclists had gathered from all over the world – with their bicycles older than 30 years and matching clothes to one’s bike age.  It is a well-organized event, scenic route and snack stops, also tasty beer and dance with a swing band after you finish the ride.  I rode for 40km on my bike from 1970s, my partner did for 70km on his 1950s bike, both French made.

Many of the bicycles in Retro Ronde are 1950s to 1960s racing ones, so the suitable clothing is similar to what this stamp is showing.  But if you look at this stamp closely – the bikes are for track racing with no brakes or mudguards fitted.  The stamp designer seemed to put track racers in a piece of a rainy road…?

先週末はベルギーで、ヴィンテージ自転車で田園を走る「レトロ・ロンド」に参加しました。30年以上古い自転車に乗り、自転車の年代と揃ったコスチュームで参加、というのがルールです。わたしは1970年代フランス製で、世界中から集まるヴィンテージ自転車ファン500人と一緒にスタートして40キロを走りました。

レトロ・ロンドにはたくさんの1950年代から1960年代のレース用自転車が集まっていて、それらにふさわしい服装はまさにこのチェコの切手に描かれている感じです。けれど、この切手をよく見ると、自転車はトラック・レース用の泥よけやブレーキのないタイプ。なのに、レーサーたちは雨に濡れた山路を走っている、、、?

animal of the nation / 国家的ビーバー

November 15, 2011

1 April 1954, Canada
design: Herman Schwartz
original illustration: Emanuel Hahn
engraver: Silas Allen

Another stamp with the Canadian Maple leaf, this time the main feature is their National animal, the Beaver.  This is the result of works by three people, the artist of the original art work, the designer and the engraver ( the job is completed by the printer, of course ).  It is interesting to read about them – their routes are from Germany, Holland and Canada.

The engraving work is really delicate and enjoyable to magnify… I know it’s a bit minor, but joyful!

カナダのカエデの葉が描かれているもう一枚の切手、主人公はビーバーです。この切手は原画の描き手、切手デザイナーと彫刻師の連携作業によって生まれたものですが、彼らの経歴を読むのは興味深い。ドイツからの移民、オランダ移民の子孫など、カナダが形づくられていった様子が想像できます。

凹版印刷のデリケートな彫りを虫めがねで拡大するのが楽しくて、楽しくて、、、。変ですかね、やっぱり。

flying pigeons / 飛び立つハト

August 11, 2011

1954Monaco001

12 April 1954, Monaco
‘Pigeons released from mobile loft’
design and engraving: Raoul Serres

Following a Dove stamp from Switzerland, I pick up this from Monaco.  I did not know that people had this mobile Homing pigeon hut until seeing this stamp.  Pigeon keeping was popular from ancient times until the 1960’s, as they delivered communication materials. A Pigeon-Gram service even existed at the end of 18th century to the early 19th century.  Domestic pigeons also provided valuable manure for farmers – thus many beautiful Dovecotes still exist.

ハトの切手つづきで、モナコの1950年代の「移動小屋から飛びたつハト」です。となりに飼い主のテントもあります。ロフトの語源が屋根裏のハト小屋だったこと、移動するロフトもあったことなど、この切手を見るまで知りませんでした。糞が畑の肥料になったこともあり、伝書鳩の飼育は古代から1960年代ごろまで続き、今も多くの鳩舎が残っています。インド警察は「インターネットの普及」を理由に2002年で伝書鳩の飼育をやめたようです。ということは、ファックスよりは鳩が信頼されていたのかな。

Phoenix and little cloud / 鳳凰と小さな雲

September 25, 2009

1953Japan002-2

12 October 1953, Japan
Prince Akihito returned from abroad
designer:  Ryusaku Nakao
engraver: Yoshiro Kawahara

In contrast to the last stamp issued in the same year, it clearly shows that post office paid effort to make this stamp impressive.  OK, it looks good but was it that important to celebrate the young prince had returend from Oxford University?  Anyway, worth to magnify and enjoy.  My eyes are cought by a little cloud floating near the bottom of the Phoenix.  Yes, it was needed to make graphical balance.

昭和28年10月12日発行
皇太子明仁帰朝記念
デザイン:中尾竜作
原版彫刻:河原義郎

同じ年に発行された電燈の切手とくらべると、郵政省がこの切手には手間とお金をかけたようです。皇太子がオックフォードでの遊学を終えたのは、そんなに記念すべき事だったのね。単色ながら、虫メガネで拡大するとその細かい線描での濃淡を楽しむことができる切手。鳳凰のおしりの辺りに浮かんでいるちっちゃな雲がかわいい。構成上そこに何か欲しかったのですね、きっと。

75 years of electrical light / 電燈75年

September 24, 2009

1953Japan01

25 March 1953, Japan
75 Years of Electrical Lamp
illustration: Takeo Shimada
stamp design: Minoru Kuno

Celebrating innovation and development of electrical light – it seems to me its celebrating peace of being allowed to light up their town and homes, after 8 years from the end of the war.  Blur mono colour print shows the country did not afford to take time and monery on stamps.

昭和28年3月25日発行
原画:島田武夫
デザイン:久野実

電燈の発明と発展の75年を祝う切手。戦後8年にして、ようやく各家庭に明るさのもどった象徴であるようにも見えます。線のあまいボケた単色の印刷が、実用品である切手に時間やお金をかける余裕のなかった復興の時代だったことをうかがわせます。

wood industry in Canada / 製材所

September 23, 2009

1952Canada001

1 April 1952, Canada
Forestry Products of Canada
design: Alan L. Pollock
engrave: Joseph Keller

Simple composition, single coloured stamp depicting factory of wood veneer.

シンプルな単色の切手にベニア工場が描かれています。きりっとして素敵な切手。

50 years of Tour de France / ツールドフランス50年

July 26, 2009

1953France001

26 July 1953, France
’50th anniversary of Tour de France Cycle Race’
design & engrave: Albert Decaris

It was the final stage today and Alberto Contador had won the race, second time.

ツール・ド・フランスの50年記念を祝う切手。今日、パリのシャンゼリゼを走り抜ける最終ステージが終わり、スペイン人アルベルト・コンタドールが2度目の総合優勝を決めました。