Archive for the '1920s' Category

a boy on a fish / 魚に乗る男の子

December 11, 2012

1929Netherland002
1929Netherland001
1929Netherland003

10 December 1929, Netherlands
designer: H.H. Kamerlingh

After a small boy riding a flying Goose ( well, posted 2 weeks ago ), I am featuring another boy, this time on a fish ( a kind of Goby fish? ) on Dutch stamps.  But in this case, it could be a huge fish carrying a normal sized boy on…

I like these stamps, particularly their complicated perforation pattern.  This framing make a nice contrast to the simple drawing and letters – and makes these stamps elegant.

ガンに乗って空を飛ぶ小さな男の子の切手の次は(更新に2週間も経っていますが、、)魚(ハゼの種類?)にまたがって波間に浮かぶ裸の男の子の切手をオランダから。ただ、この場合は魚が巨大で、乗っているのが普通の男の子、ということも考えられるのでした。

この切手は打ち抜き穴の配置に特色があります。ふつうと違う「額縁」が、すっきりとした図柄のこの切手を少しエレガントな存在にしている気がします。

クリスマスを意識した配色で3枚並べてみました。

avant-garde in 1923 / 1923年の前衛

May 7, 2011

1923Netherland002

1923 Netherlands
design: N. J. van de Vecht
letterpress

I am a great fan of letterpress stamps as they often have a beautiful naïveness and simple composition.  This one from the Netherlands must be very advanced in design at that time, compared to other conventional portraits of sovereigns.   I featured another set from 1926, the Dutch post office in the 1920’s was quite experimental in their artistic attitude.

88年経っているとは思えない斬新な余白を持つこの切手。君主の肖像や国の紋章が一般的なモチーフだった当時、このデザインにOKを出した役所は前衛的だったのですね。1926年のアーティスティックな切手も。

1923年は日本の大正12年。J. H. モーガンが設計し建設に約3年かかったモダンな丸ノ内ビルヂングが春に完成、同年9月に関東大震災が起こりました。震災を生き残ったこのビルは残念ながら1999年に解体されました。もしも残っていたら、今回の地震で壊れていたかもしれないし、、複雑です。

sturdy nurse / 頼れる看護婦さん

May 3, 2011



1925 Belgium
Charity for Tuberculosis
letterpress

I fell off my bicycle yesterday and had four stitches in my knee.  The nurse at the accident and emergency unit of the local hospital was very reassuring and highly professional.  She was very comforting and made a shocking ‘stitching session’ endurable.

This set of stamps from 1925 Belgium is depicting a sturdy nurse with supportive energy, appealing for a charity for people suffering from Tuberculosis.  This campaign was continued until the 1950’s, when the disease was almost exterminated in the Western World.

昨日、田園サイクリング中に転び、膝を4針縫う怪我をしました。最寄りの救急病院で、とても頼れる感じの看護婦さんがリラックスした雰囲気で手当をしてくれ、「縫い合わせ」は、想像したほど怖くなく終了。出会う看護婦さんの人柄は、患者の心理には大きく左右することを実感しました。

この切手セットは結核患者のための義援金をつのる1925年のものですが、たくましく美しい看護婦さんが描かれ、協力を呼びかけています。このような寄附金付き切手シリーズは1950年代まで、結核が治療可能な病いになるまで発行されました。

a boat on the rough sea / 荒波の小舟

April 26, 2011



1927 Belgium
‘Caritas’

Charity stamps, known also as semi-postal, were a great invention to collect charitable funds to support people who need help.

Caritas, named after the Latin for ‘charity’ or ‘virtue’, was formed by Catholic members in 1897.  Their mission was to make a better world, especially for poor and oppressed people. I consulted the history of Belgium around 1927, but did not discover who Caritas were raising money for in this case.  Whoever the people in the boat are, the stamps are in impressive contrast between sad faces and the abstract lines of waves – appealing for help.

ヨーロッパには古くから援助の精神があったようですが、切手の額面を少し増やして義援金を集める寄附金付き切手は1890年代に発行されはじめたようです。

「Caritas」は1897年にドイツで設立され今も続くカソリック系の団体です。援助は貧困に苦しむ人たち、政治的にしいたげられた人たちなど向けられますが、この切手の1927年のベルギーで、荒れた海に浮かぶ小さな舟に乗っていたのが誰だったのか、調べてみたけれどわかりませんでした。誰だったにしろ、悲しみに沈む表情と象徴的な波の描写が印象に残る切手です。

less land? / あれ?

February 22, 2011

1927Canada001

29 June 1927, Canada
map of Canada
design: Herman Herbert Schwartz
engrave: Edwin H. Gunn

This beautiful stamp celebrates 60 years of the first Canadian Confederation, and the map shows its expansion.  Ah – wait a moment, the previous map of 1898 shows a little more land in red – the East end of the continent and the island in front.  The area called Labrador and Newfoundland were not the parts of Canada until 1949.  But it was British territory anyway, so the map of 1898 was correct.

Enjoy the magnified part below, showing those two lightly hatched areas.

1927年発行のこの切手はカナダ連邦の60周年を記念し、その後さらに拡大した国土が精緻な地図で描かれています。けれど、これと1898年の地図を比べると、、あれ?領土が減っているような。大陸の東端にあるラブラドールと呼ばれる地域と海峡をはさんだニューファンドランドは、1949年にやっとカナダに統合されたようです。それまでは英国領だったので、1898年の地図は正しかったのでした。

薄い横線でカナダ本土と区別された部分を拡大してみました。

1927Canada001-3

in the middle of history / 折り返し地点

January 13, 2010

1926Netherland006
1926Netherland004
1926Netherland003
1926Netherland005

1926 Netherland
children charity stamps
design: Ant. Molkenboer
photogravure printing

The first stamp was issued in 1840 in England.  It has 170 years of history and if you look at its turning point, that would be around 1925.

These Dutch stamps were issue in 1926, for charity of child welfare.  They were designed with modern mind – or beginning of graphic design.  Although they still have coat of arms within, they picked up atmosphere of the time and cultural trends – a bit late arrival of Art Nouveau.

Around same time, they were issued in Switzerland.  A bit conservative, if you compare them to Dutch ones?

世界初の切手は1840年にイギリスで発行されました。それから170年が経った。では、折り返し地点ではどんな切手があった?とふと思い、今から85年前の切手を探してみました。

このオランダの切手は子供のための基金付き切手で1926年の発行。国の紋章がまだ見られるけれど、間違いなく時代を反映してデザインされています。たぶんこの頃はすでにアールデコが全盛で、少し時代遅れな感じすらしたと思われる、アールヌーボーの香り高い切手。

ほぼ同じ頃、スイスではこんな切手が出されていました。すごくかっこいいと思うけど、比べると少し保守的なのかな?

Coat of arms from 1920’s / 紋章

July 24, 2009

1920 Switzerland
1923 Switzerland
1925 Switzerland

1920, 1923 and 1925 Switzerland
design: R. Munger
letterpress

Beautifully designed stamps of coat of arms and pride of the country – watch cog.  Coat of arms are,  from the top, Canton of Zürich, Basel-Stadt and Appenzell Ausserrhoden. Switzerland has unique history and politics, outstanding to other European countries.

紋章とレース模様、時計の歯車などが美しくデザインされた切手。いつまでも見飽きません。紋章は上からチューリッヒ州バーゼル=シュタット準州、そしてアッペンツェル・アウサーローデン準州のもの。君主がいたヨーロッパの国々と対照的な、スイスはとても独特な成立と施政を持つ国です。