travel in a train

列車で旅する

26 January 2010, Great Britain
Business and Consumer Smilers 2010
designed by Andrew Davidson

COP26 is still on, and still some related news is on every day. One of the pieces of news on transport of participants was the train-delay because of trees on the rails. And the cause of this has its own history with climate change.

When the first rails were built, trains were all steam locomotives. People were afraid to have trees burnt, so they cut down many trees in the wide area on both sides of the rails. Then about 50 to 60 years ago, when the trains were changed to electric, trees were planted back on those strips of land to bring green back. And now those trees are getting old, plus the global warming made storms stronger – as a result, they are easy to be felled by storms.

This stamp shows the smoke from the locomotive. Those trains are a beautiful chunk of steel, although they had consumed massive amount of coal over long years.

COP26のグラスゴーに集まる人の中で、環境に配慮して列車で向かった人たちは、温暖化の影響で列車が遅れることを身をもって経験した、という報道がありました。

ニュースによると、ほぼ200年前に線路が施設された時は列車が蒸気機関車だったので、近くに木があると燃える恐れがある、ということで路線の両側の木を切り倒したのだそうです。そして、今から60年前ぐらいに列車が電動に替わったのち、緑を取り戻そうと線路沿いに植樹をした。そんな樹齢50年以上の木が多い所では、地球温暖化で凶暴化した嵐が吹くと木々が倒れて路線を覆う、という事態が頻発しているのでした。「秋になったら、落ち葉で遅れるイギリスの列車」と冗談で言っていたのですが、そんな歴史があったとは、、。この切手は、蒸気機関車がもくもく煙を出している図柄。個人的に、こういう機関車は大好きですが、相当な量の石炭が煙になったのは間違いないです。

ちなみに、イギリスの列車は冬は線路が凍って遅れ、夏は暑さで線路が延び&曲がって遅れるのです。春も理由があったけど、なんだったかな、、?