a fusion style

様式の融合

1954, Lebanon
Courtyard view of palace in Beit ed-Dine

This is not ancient, but early modern and still in use (after restoration, it is used for the president’s summer office). It was completed in the early 19th century, in a style of fusion between Arab and Italian Baroque architecture. You can see how the cloister ceiling is made – it looks like timber with some kind of rope to tie it up. The stripe patterns are made by different coloured stones.

レバノンから、遺跡ではなく今も使われているベイト・エッディーン宮殿の切手です。18世紀初頭に完成したこの宮殿は、アラブ建築とイタリアのバロック様式を融合させたデザインです。レバノン内戦で受けたダメージから復興したあと、一部は大統領の夏の執務室として使われ、一部が一般に公開されているようです。回廊の天井が、木や縄などの素材で編まれて作られている様子がわかります。