St Michael on dragon (or devil?)

ロマネスク様式、聖ミカエル

15 February 1973, Switzerland
Roman capital of Jean-Baptist Church, Grandson
design: A. Yersin

This capital is typical of the Romanesque era – 11th to 12th century, before Gothic style and high arches were in fashion. A lot of saints are sculpted from stone, a lot of artisan’s time was spent to realise this magical architecture.

The statue is St. Michael with a mythical creature beneath him. Is it dragon or devil..?

ゴシック様式が流行する前の10世紀から11世紀にかけての建築は、ロマネスクと呼ばれる「古代ローマ」時代から続く装飾が多く見られます。柱の上のかざり「柱頭」には、たくさんの聖人が彫刻されていました。たくさんの石工が、長い時間をかけて石を削り、壮麗な建物を完成させた。その時間を考えると、ちょっとくらくらします。

彫刻されている人物は聖ミカエルのようですが、足元の動物がドラゴンなのか、悪魔なのかは判断つきかねるのです。