long ears and hump back

January 10, 2021

コブ牛

1 May 1942, Brazil
Zebu: 2nd Agriculture and Cattle Show

This stamp celebrated a cattle exhibition. This virtuous looking bull (or cow?) was introduced from India, because those long eared species have more resistance to heat.

76 years on since this stamp, Brazil had the world largest population of cattle in 2018 ( almost the same as the human population ), and soy production to feed livestock there and to export has been expanding greatly in the last 2 years, causing deforestation on a massive scale.

畜産見本市を祝うブラジルの切手のちょっと高慢な顔つきの動物は、高温に強い家畜としてインドから持ち込まれたコブ牛でした。長くて大きい耳から熱を発散して、体温を調節できるらしい。

この切手から76年後の2018年の統計では、ブラジルは世界一の牛の多い国で、なんと人口とほぼ同じ。その後、女性蔑視大統領が就任してからは、家畜に食べさせ輸出する大豆の栽培のために、貴重な森林がどんどん切り倒され焼かれて畑に変わっているのは、世界の周知するところです。

%d bloggers like this: