Honey making

養蜂

18 August 2015, United Kingdom
Bees / Honey making
design: Interabang / illustration: Andy English

Of course the reason for human beings keeping bees is honey. In ancient time, honey was a very precious source of sweetness. This style of beehive is called WBC style, designed by William Broughton Carr in 1890, who was the editor of the “Bee Journal and Record”.

蜂は太古の昔より、ハチミツを得るために人に飼われていて、たくさんのスタイルの養蜂箱が生み出されています。この切手のモチーフは、1890年に英国の「ミツバチ新聞」の編集者だった人物がデザインして新聞に掲載し、その後ひろくイギリスで使われているタイプです。