Archive for February, 2017

hand and tool / 手と道具

February 26, 2017

2007San Marino001

20 April 2007, San Marino
Birth Centenary of Bruno Munari
design: Ilaria Montanari

One more design by Bruno Munari – description on stamp ‘attrezzo per vetrinista’ is translated to ‘window dresser’s tool’.  Window dresser?  Wikipedia told me that is window display professionals, includes young age of Giorgio Armani and Salvador Dali!

I wonder if Munari has invented this tool for them or refined existing tool for production… Anyone knows?

一つ前のポストで紹介したムナーリの記念切手の最後の一枚。印刷されている「attrezzo per vetrinista」を訳すと「ウィンドー・ドレッサーのための道具」。窓職人?と思ったら、店のウィンドーディスプレイを手がける人たちで、アルマーニやサルバドール・ダリが若い頃に「ヴェトリニスタ(良い響き)」だったと、ウィキぺディアが教えてくれました。

この道具がムナーリの発明品なのか、すでに存在した道具のプロダクト化だったのか、、ご存知の方、教えてください。

holding hand / 持つ手

February 22, 2017

2007San Marino004
2007San Marino002
2007San Marino003

20 April 2007, San Marino
Birth Centenary of Bruno Munari
design: Ilaria Montanari

Memorial stamps for the Italian designer Bruno Munari showing hands holding products he designed, and receiving the Compasso d’oro award.  Until I saw this stamp, I didn’t know the stylish and common hook-or-hold garage lamp which was designed by him.  He is known more for his beautiful illustrated books.  Using hands for these stamps pays a compliment to Munari’s book from 1963, named Supplement to the Italian dictionarya lot of photos to tell us how Italians use their hands in conversation.

1998年に他界したブルーノ・ムナーリの生誕100年を記念したサンマリノの切手には、彼がデザインしたプロダクトとそれを持つ手が描かれました。これまで、フックで引っ掛けたり手に持って使うガレージ用のランプが彼のデザインだと知りませんでした。手を使っているのは、ムナーリの有名な本『イタリア語辞書の付属として』に敬意を払ってのことと思われます。この本では、イタリア人が手でいろいろな形をつくりながら会話する、独特なジェスチャーについて写真で解説しています。

saving hand / 貯める手

February 18, 2017

1981Israel002

1981 Israel
Energy Conservation

The light bulb is a symbol of energy and pink hand stocks saving.  Strong colours and bold lines to express – but without words, not telling me the intention of design straight away.  Does it tell to you?

電球はエネルギー資源の象徴で、ピンクの手がそこにエネルギーを貯めている、、、インパクトのある色と図柄で、ぱっと目に留まるデザインではありますが、「エネルギーの保護」と書き足されているコンセプトに沿ったデザインか?と問うと、、謎です。

hand squeezes sun / 太陽をしぼる手

February 8, 2017

1981Israel001

1981 Israel
Solar Energy

A hand is squeezing solar energy from the sun.  With my Eastern origin, this concept is rather difficult to understand.  But this stamp shows me an active attitude towards the energy problem – we need a big hand to squeeze the sun to use its benefits to the last drop.  But how big should this hand be?  Well, the size of the hand of God!

太陽からエネルギーを搾り取る手。自然に対する、発想というか考え方の違いをまざまざと見るこの切手。たしかに、昨今の資源問題を考えると、受け身になっている場合ではない切迫感はありますが。でも、熱くない?その前に、この手どのくらい大きいの?これも、神の手ですね。

hand of God / 神の手

February 6, 2017

1958USA002

31 May 1958, USA
International Geophysical Year

The hand of God is giving Adam a human intelligence – a part of Michelangelo‘s huge fresco ceiling in the Sistine Chapel of the Vatican.  The background for this stamp is the burning surface of the sun, which could be the mother of the earth.

When I read about Michelangelo’s life, I discovered that he was always angry because his life was affected by the change of rulers, and also what those rulers forced him to create.  Well, 500 years later in our global era, we still have to be aware about what a ruler wants and how our life is influenced by that.  I am imagining Michelangelo’s feeling when he painted this hand of God.

神の手。1958年、国際地球観測年の記念切手として、ミケランジェロがバチカン市国のシスティーナ礼拝堂の天井画に描いた、『アダムの創造』のアダムと神の指先が選ばれています。背景には地球の存在の根源として、燃えさかっている太陽の表面が描かれています。

ミケランジェロの生涯を読むと、彼のキャリアがその時の教皇の意思や交代によって左右され、やりたかった仕事になかなか取りかかれないことを生涯怒っていたらしいことが伺えます。そして、今。500年後のグローバル社会で、権力を手にしたある人物の言動がまわりまわって日々の暮らしに影響を与えることを、思い知らされるわたしたち。ミケランジェロがどんな気持ちでこの神の手を描いたのかに思いを馳せます。