Archive for January, 2017

hands and wall / 手と壁

January 22, 2017

1966USA003

1 July 1966, USA
175th Anniversary of the Bill of Rights

A hand to stop tyranny – and the statement of “The rights of the people shall not be violated”.  This stamp is celebrating the Bill of Rights, started in 1791.

I feel a bit better seeing the sparse crowd for 45th President’s inauguration day, in comparison to Barack Obama’s in 2009, and 500,000 people packed into the same place for the Women’s March on the following day.  Madonna’s words of ‘the new age of tyranny’ are a warning pointing to exactly what is happening.

「専制政治を阻止する権利」が1791年にアメリカの権利章典に記載されたことを記念した切手です。軍隊ぽい手袋の手とそれを阻止している手の間には「暴力に晒されない権利」という言葉が。

45代大統領の就任式ががらがらだった件翌日の「Women’s March」が同じ場所を人で埋め尽くしたのを見て、少し元気になりました。それでも、マドンナの「新しい暴政の時代」という言葉は、今この時を言い当てていると思います。

 

barbed wire and hands / 手と有刺鉄線

January 21, 2017

16 September 1962, Belgium
Concentration camp victims
designer: Idel Iancheleveci / engraver: Jean de Bast

A minimalist stamp, depicting humble hands desiring freedom.  In fact, this simple design was very advanced if you compare it to other stamps from the early 1960s.  Using two print techniques, screen print for the background pale blue and intaglio for the delicate black lines.

I have found an archive of Belgian stamps – added the designer and engraver’s name.

A philatelist had kindly forwarded me information of the engraver of this stamp, Jean de Bast.  Click comment for further info sent by Jürgen.

1962年という発行年からするとものすごくシンプルな切手。まだこの頃は、こういうデザインは多くありませんでした。ナチスの強制収容所で命を落とした人たちを追悼するこの切手。シルクスクリーンで刷られた水色の空に向かう凹版印刷の細い指が自由を求めるはかない希望を表現しています。

ベルギー切手のアーカイブを発見。デザイナーや凹版彫刻師の名前を足しました。そしてベルギーの切手収集家より凹版彫刻師と原画を描いた彫刻家の情報が寄せられました。下記コメント欄をご参照ください。

 

bird, hands and a twig / 手と小鳥と小枝

January 20, 2017

1947, Germany

The handcuffs chain is snapped and freed hands release a bird holding a twig in its beak.  This stamp was issued under Allied occupation 2 years after the end of the second World War, and hands are symbolically used for a great desire for freedom and hope for seeding the recovery.

We live in a chaotic world – this very day I would think about a bird with green leaves, our rather humble hope of peace.

手錠の鎖が切られ、小枝をくわえた白い鳥が空に放たれる、、、この切手は連合軍統治下にあった、戦後2年目のドイツで発行されたものです。手が思想の自由と平和を求める象徴として描かれ、鳥と小枝は交流の再開や復興のシンボルでしょうか。

まったくもって混沌とした非日常に生きているのじゃないかと感じる今日この日に、つつましい希望の鳥を解き放つ「手」に思いをめぐらせることにしました。

bird is hand / 小鳥がつまむ小枝

January 10, 2017

24 October 1959, Tunisia
Red Cross Day

Tunisia was a part of France until 1956 and their stamps often show influences of French design.  But this bright one, only three years after the independence, shows they are clearly developing in their own aesthetics.  The blue bird looks fingers pinching a twig – thus categolised in ‘hand’.

It is unfortunate but the country is recently opposite to this optimistic atmosphere.

チュジジアは1956年までフランスの植民地だったので、古い切手にはフランスの影響が見えます。けれど独立3年後にしてこんなカラフルな切手を発行し、この切手では独自の道を歩んでいることを訴えているようです。水色の鳥は小枝をつまんでいる指にも見えるので、手の切手のカテゴリーに。

極右のイスラム教の影響が広がり、チュニジアはこんな楽観的な雰囲気ではなくなっているようで、気がかりです。

 

Happy New Year / あけましておめでとう

January 2, 2017

1962France001

12 March 1962, France
Gallic cock and sun
designer & engraver: Albert Decaris

I wish you all a happy new year in 2017!
Where the world is directing to – I am almost lost if I think about it.  Yet let’s have healthy and joyful year ahead.

Rooster is the animal of the year in Eastern zodiac.  This stamp is made by a veteran engraver who created a lots of beautiful works during his career of 50 years, which include a definitive Marianne original by Cocteau, satellite communication with starry sky and the 50th Anniversary of Tour de France. Splendid results of trained hands.

新年あけましておめでとうございます。
みなさんにとって、素敵な2017年になりますよう。時代がどこに向かっているのか、考えると不安にもなりますが、愉しく健康にこの一年を過ごせたらと思います。

酉年のとりとは雄鶏なのですね?1枚だけ持っていた雄鶏は、フランスのベテラン凹版彫り師がその50年にわたる職歴のちょうど中間頃に手がけた、足元に陽の登るお正月らしいものでした。この彫り師の作品には、コクトー原画のマリアンヌ星の散りばめられた通信系ツールドフランス50周年など、精緻な切手がたくさんあります。訓練された手わざの華です。