Archive for August, 2015

single-minded kawaii / ひたむきかわいい

August 20, 2015

1940Estonia001

30 July 1940, Estonia
Century of First Postage Stamps
design: K. Doll

The pigeon post was important method for distant communication before the airplanes were introduced.  And this stamp from Estonia is celebrating the history of postal stamps, with a pigeon with a letter in its bill, as if competing to an airplane.

I think the figure of ‘pigeon with letter’ is always kawaii, as its earnest and single-minded attitude to complete their mission.  One question I still have – how did they deliver letters to the correct address?

Ah, I have just read the wiki and learned – they were flying back home!

航空便が広く使われる前は、伝書鳩が遠隔地を結ぶ通信に使われた – 切手の100年を祝うエストニアからの1枚は、そんなミッションを帯びて飛ぶハトが飛行機と競争しているかのような図案で、、とてもかわいいと思うのです。

くちばしに手紙をはさんだハト(本当は、脚に巻いた筒や胸にくくり付けた小さな箱だったようです)は、それだけでひたむきなものを感じさせる。けれど、当時の伝書鳩はどうやって到着地の住所を見分けたのか、、、?

あ、ウィキペディア読んで分かりました – 家まで戻る能力を使ったのですね〜。

 

pink kawaii? / ピンクかわいい?

August 13, 2015

2006Finland001
*exch. 067  ( limited number )

11 January 2006, Finland
St. Valentine’s Day

I am still thinking about kawaii/cute in stamps – how about colours?  OK, this is not only colour, but with a motif, of course.  Yet, is it still cute if not in pink?

I did not like the colour of pink for long time, since my low-teen until recently, because I though pink is representing girly flatter to gain anything better, which I was not equipped with.  I was reconciled with pink when I recognised that I am not called ‘girl’ any more.

Anyway, this stamp is simple and cute, and it delivers very strong message, anytime.

ずっと長い間、わたしはピンクが嫌いでした。中学の時に母が買ってくれたブラが体操服から透けてバスケット部の後輩から「ピンク先輩」と呼ばれたのがたぶんトラウマの始まりで、その後はピンクが似合うかわいい女性にはなれないとあきらめ、自分らしさを表現できる別の色を模索したのでした。

友人のFBで知ったジェーン・スーの『ピンクと和解せよ』という記事を読んだとき、あぁ、自分だけではなかったのだ!と知り、その分析の明快さに「そう!そうなのよ!!」と何度つぶやいたか。「媚びて発情している色」と思っていたから避けたのです。そして、わたしも40歳あたりで和解した。

この切手はもちろんハートの形もあるけれど、色がピンクでなかったら可愛さよりもシンプルさをまず感じるのではないかな、と思います。何より、強く正しくメッセージを運ぶデザイン。明日は「裏バレンタインデー」ですが、好きな人にはいつでもピンクの♡を届けたいものです。