Archive for January, 2015

irreplaceable / かけがえのない

January 15, 2015

1971Uruguay001

1971 Uruguay
Natural Woolen – Irreplaceable

The rear half of a sheep is a roll of woolen fabric… I tried to find out about sheep in Uruguay, but could not find if they were the original species or if Europeans brought them to South America.  In either case, the farming of sheep was an important industry in 1971.

羊のうしろ半分がウールの反物になっているウルグアイの切手です。「天然の羊毛ーかけがえのない」と印刷されているように、1971年の時点では大切な産業だったのですね。もともと南アメリカに羊がいたのか、スペイン人が持ち込んだのか?と思って読んでみたけれど、ウィキペディアでは見つかりませんでした。

travelled sheep / 旅した羊

January 5, 2015

1933Falkland Islands001

1933 Falkland Islands
Romney Marsh Ram

An ancestor of this hairy Ram has travelled a long distance from Scotland, about 70 years before this stamp was issued.  The Falkland Islands, one of the British Overseas Territories, has a sheep in their flag and about 670,000 sheep live in those islands, where less than 3,000 people populate.

I forgot how I got this handsome stamp – and when I looked up Stanley Gibbons website I found that it is one of a set of 12 and the set is sold for £4,000!  Big surprise, but this is not the valuable one…

平和な牧草地にたたずむこの羊の先祖は、1860年代にスコットランドから移住した人たちと長い旅をして南半球のイギリス領、フォークランド諸島まで来たのでした。国旗にも描かれる羊はこの切手が発行された頃にはずいぶん増え、今でも人口3,000人以下の諸島に67万頭の羊が飼われているそうです。

この端正な切手をどこで入手したのか忘れてしまったのですが、スタンリー・ギボンズのHPで12枚のセットが4,000ポンド、約73万円で売られていてびっくり!でもこれは高価でない一枚なのでした、、。

year of the sheep / 未年おめでとうございます

January 1, 2015

1979Faroe Islands001

19 March 1979, Faröe Islands
Ram
engraver: Czesław Słania / printed in Helsinki

Are you having a relaxed holiday?  I wish you have a fresh and prosperous new year in 2015.  In the Eastern calender, 2015 is the year of the Sheep.  In some country the sheep year starts from the lunar new year, but in Japan it starts today.

This stamp is a treasure – one of the great masterpieces by a master craftsman.  Please do enjoy the magnified view below, different textures of fleece and transparency of the eyes.

1979Faroe Islands001-2

新年あけましておめでとうございます。

のんびりしたお正月を過ごされていますか?羊のことを、年の名前の時だけなぜ「未」と書く?英語では生きてたらsheep、肉ならramと呼ぶけれど(注:大まちがいでした!正しくはlamb、しかも子羊の肉です。なんて日本人的な間違い、、)、図録にある「Ram」はどうして?(注:去勢されていない雄羊のことでした)などと思いながら、新年です。

この迫力の切手は巨匠スラニアの技術の結晶のような、わたしの宝ものです。毛質の違いや瞳の透明感など、奥行きのある彫刻作品を拡大で楽しんでください。