Archive for September, 2013

grapefruit / グレープフルーツ

September 29, 2013

1967Cameroon001

1967 Cameroon

Another African stamp showing Grapefruits – a friend of mine told me that Japan is importing them this season.

Cameroon was a German colony between 1884 – 1922, after then it became a French and British colony.  This stamp was issued several years after the country became independent.  This design is trying to depart from French and British stamp design heritage – and it is strong as a result.

日本でこの時期アフリカ産のグレープフルーツを食べているという友人のコメントを受け、もう一枚。

19世紀の終盤から約40年ドイツの植民地だったカメルーンはその後フランスとイギリスの植民地に分かれ、1960年と61年に両国から独立した経緯があります。この一枚は、どちらの元宗主国の切手デザインの傾向からも離れ、アフリカ的でオリジナルな強さが出ている切手です。

African intaglio prints / アフリカ凹版切手

September 24, 2013

1962Gabon001
1962Gabon002

1962 Gabon
grapefruit & coconut

Many African stamps have influences from their old suzerain country and many intaglio stamps are made with the influence of French postal history.  In my ‘print: intaglio‘ topic, I featured five African stamps in the last three months.

These stamps are made with a creative sketch style engraving and a radical shape.  They look exotic and seasonal.

アフリカの切手からは、植民地時代の宗主国の影響が強く読み取れます。このガボンからの切手はフランスの凹版切手の影響が強く、「print: intaglio」のここ3か月に掲載した5種類のアフリカの切手もすべて元フランスの植民地の発行でした。

この2枚はスケッチ調の力強い彫刻と三角形のモダンな形のバランスが良く、アフリカらしい風物の切手です。

hair comb 2 / 髪に櫛 その2

September 20, 2013

1947Martinique001

2 June 1947, Martinique ( overseas region of France )
designer: Lemagny / engraver: Achille Ouvré

I looked in my collection for any African hairstyles with combs – not from Africa, but I found this one from the French island of Martinique in the Caribbean Sea.  This lady’s fabric decoration is connected to her hair by a slim comb.

In the exhibition of “Origins of the Afro Comb”, you can learn about modern Afro Combs which are used to celebrate African identity of emancipated slaves in those Caribbean islands as well as in the USA and Europe.

ケンブリッジで観た展示会『Origins of the Afro Comb』に出てくるような櫛が描かれた切手はなかったかな?と探していたら、カリブ海にあるフランスの海外県の島マルティニークから発行されたこの切手がありました。髪に巻かれている布が、細身の櫛で留め付けてあります。

Origins of the Afro Comb』展では、黒人奴隷としてカリブ海やアメリカ、ヨーロッパに連れて来られた人たちの末裔が人権や生活を守る行動を起こした時に、故郷であるアフリカの文化を伝えたスリムな櫛を象徴として使ったことが展示されています。

hair comb / 髪に櫛

September 16, 2013

1974Japan003
*exch. 063  ( limited number )

20 April 1974, Japan
“Finger” ( 1911 ) by Itō Shinsui ( 1898 – 1972 )
Philatelic Week
layout: Hitoshi Otsuka

This paining is showing 20 years earlier fashion than the previously featured stamp.  When the hair style was completed, the comb was often placed in the hair, part of the coiffure decorations.

I visited an excellent exhibition “Origins of the Afro Comb” at The Fitzwilliam Museum in Cambridge and saw many combs made in different materials.  In Japan the customs of showing combs in your hair came to an end around the 1930’s, but in Africa they are still used and expressing identity of their culture.

1974Japan003-2

昭和49年4月20日発行
切手趣味週間
原画:伊東深水画『指』(明治44年)
切手デザイン:大塚均

東京生まれの伊東深水は14歳の頃にこの絵を描いているようです。一つ前に載せた小林古径の『髪』はこの絵よりも20年のちに描かれ、妹はそれまでの結われた日本髪からモダンなおかっぱになり、1930年頃に櫛が髪に飾られる風習が絶えて行ったことが見てとれます。

ケンブリッジのフィッツジェラルド博物館で11月3日まで開催されている『Origins of the Afro Comb』はとても面白い展覧会で、木や動物の骨、金属などのいろいろな素材で作られた6000年前からプラスティック製も加わった最近の櫛までが展示され、アフリカの歴史や文化を世界に示すツールとして櫛が今も髪に飾られている様子が紹介されています。

combing hair / くしけずる

September 13, 2013

1969Japan012
*exch. 062 ( one mint only )

20 April 1969, Japan
“Hair”  (1931)  by Kobayashi Kokei ( 1883-1957 )
Philatelic Week
layout: Hideo Hasebe

This was the first Japanese stamp featuring a painting of a topless female.  The artist Kobayashi Kokei was living in London between 1922 – 1923, where he copied Gu Kaizhi‘s “Admonitions Scroll‘ exhibited at the British Museum.

In this piece, he painted very delicate hair lines and the younger sister combing it, as well as depicting the fashion colours of 1930’s Japan.  His house was planned by Isoya Yoshida and it is reconstructed next to his museum in Jōetsu City.

昭和44年4月20日発行
切手趣味週間
原画:小林古径画『髪』(昭和6年)
切手デザイン:長谷部日出男

女性の上半身裸が初めて日本の切手になったのは1969年です。画家の小林古径は1922年から翌年までロンドンに住んでいて、大英博物館で展示されていた顧 愷之(344-405)の作品「女史箴図巻」を模写して線描の練習をしたそうです。

この作品は、線描での簡潔な描き方とシンプルな色合いが綺麗で、昭和初期の衣服や色合いが美しく描かれています。吉田五十八によって設計された小林古径邸は、新潟県上越市に移設されているらしく、いつか見に行きたいなぁ。