Archive for July, 2013

diversity in Tour? / ツールにも多様性?

July 23, 2013

1960Togo001

27 Feburary 1960, Togo
Olympic Games, California & Rome
designer: M. Shamir / engraver: Claude Durrens

The Tour de France 2013 winner Chris Froome is Kenyan-born British and he says that he wishes to inspire young cyclists from Africa.  To celebrate the future diversity in this sport, I feature this mellow coloured yet crisp stamp from Togo.

By the way – it is a terrible choice of picture in the BBC article – is it only me that thinks so?

今年のツールドフランス勝者のクリス・フルームはケニア生まれで、ツールのために特訓したというフランス語のほかに、スワヒリ語も話すそうです。優勝後のインタビューで、自分の姿が若いアフリカ出身のサイクリスト達を元気づけたら嬉しい、と語っています。ツールの未来の多様性を予想して、トーゴから、かりっとした凹版印刷の色がきれいなこの切手を。

それにしても、このBBCの記事に使われているクリス・フルームの写真を選んだ記者のセンスを疑うのはわたしだけ?

celebration / よくがんばった

July 21, 2013

1957Colombia001

1957 Colombia
7th Tour of Colombia

Today is the final stage of the Tour de France 2013 – post Armstrong ‘clean’ tour as well as the 100th edition.

I have been supporting Nairo Quintana from Colombia since he made his great challenge in the mountain stages.  He won a stage yesterday and became 2nd place in this years Tour.  I always support the small built athletes in any sports – he is 166 cm high, 20 cm shorter than the winner Chris Froome!

Colombia has a long history of cycling as this stamp tells us.  Quintana might be the first Colombian winner of Tour de France in the coming years.

今日はツールドフランスの最終日。アームストロングがドラッグ使用をとうとう認めてツールファンをがっくりと落胆させ「クリーンなツール」が叫ばれてはじめての、そして開催100回目のツールドフランスでもありました。

一週めの登坂ステージでコロンビア出身のナイロ・キンタナがその存在を見せて以来、わたしはこのアメリカ先住民の血を濃くひく風貌のレーサーを応援していました。彼が身長166センチと小柄なのも、近ごろのスポーツ界でめずらしく。優勝したイギリスのクリス・フルームと20センチも差があります。

最終日に彼が総合2位でツールを終えたことを祝って、コロンビアの1957年の切手です。

in the Arctic seas / 北の海

July 21, 2013

1968Canada002

10 April 1968, Canada
Narwhal, Monodon monoceros
design: John Alexander Crosby

This image, again showing below and above the sea – looks cool, too.  Narwhals are living in the Northern sea, where icebergs are floating around.  The long tusk is a sensory organ to detect temperature and atmospheric pressure.. amazing!

水中と水面の上を描いている、さらに涼しげな一枚をカナダから。イッカクは氷山の浮かぶ北極圏だけに棲んでいるようです。歯が変形した長い牙は、気圧や温度変化を感知する高度な感覚器だって。うーん、すごい。

in the water / 水の中

July 19, 2013

1962Niger001

29 Jan 1962, Niger
‘Protection of Wildlife’
design & engraving:  Jacques Combet

It has been 10 days since ‘the real summer’ arrived.  The indoor temperature is gradually rising – but last night we had a nice cool breeze and I felt refreshed as if I am dipping myself in the cool water.

This stamp from Niger is showing the water surface as the central horizon and depictes above and below the water with two different green colours.  An African Manatee looks cool and content.

暑い日が10日つづき、冷房のない室内の気温は日増しに上がっています。大きなバケツを買って冷水に足でも浸さないと仕事の能率下がる〜、と思った昨日ですが、夜には涼しい風が吹いて気温が少し下がったようです。

このニジェールからのさわやかな切手は、真ん中が喫水線で区切られ、水中と水上の世界が2色の緑で描き分けられている面白い構成です。水の中で涼しそうなマナティーが、ちょっとうらやましい。

finally summer / やっと来た、夏

July 16, 2013

2007UK024
2007UK025
2007UK026

15 May 2007, United Kingdom
Beside the Seaside
design: Phelan Barker

Finally we have summer here in the UK for the last 7 days.  Blue sky! Ice cream!!  Our hydrangea has survived a long cold spring and is just starting to bloom now.

The negative side of summer here is; melting roads, steaming Underground and buses and expanded rails – all making our travels nasty…  I thought about beaches, but have not been there yet.

なんだかずっと寒かったのに、一気に暑い夏になりました。急だなぁ、それにしても。ともかく、青い空とアイスクリームを楽しむ日々は嬉しい。庭のアジサイもやっと咲きはじめたところです。

ところで、イギリスは暑さに弱いのです。地下鉄やバスは冷房がないのでものすごく蒸し暑く、道路は舗装が溶けてぷちぷちと泡を出し、レールが伸びて列車が遅れ、、。浜辺のことを考えないでもないけれど、風の通り抜ける家でじっとしているのが、じつは一番涼しいのでした。