Archive for April, 2013

orbit of satellite / 衛星の軌跡

April 29, 2013

1965USA001

6 October 1965, USA
Centenary of International Telecommunication Union

Crisp intaglio stamp from the USA on the same theme as the 1965 ITU – expressing its 100 years progress with Morse code and the tracks of communication satellites.  The Morse code can be read… itu itu itu and itu.  A simple yet well designed stamp, I would say.

同じく国際電気通信連合の百年を祝う、かりっとした凹版印刷のアメリカの切手です。100年間の通信の進歩が、地球を横断するモールス符号と通信衛星の軌道で表現されています。モールス符号でITUが4度くりかえされ、意図と構成のはっきりした明快な切手。あ、でもITUの存在はモールス信号が分かる(または読もうと努力する)人にしか、伝わらないのだった、、。

electrical arrow / 電撃

April 23, 2013

1965Bermuda001
1965Bermuda002

1965 Bermuda
Centenary of International Telecommunication Union

I found more stamps issued for the same theme, the 1965 Telecommunication Union.  This set is from Bermuda, a British overseas territory, thus it has the silhouette of the Queen.  Apart from the Queen, the designer made his/her own interpretation on the ITU’s design guidance – the zig-zag arrow is extended, making a nice and simple composition.

なぜだかたくさん持っている、1965年の世界共通テーマ切手。これはイギリス領バミューダ諸島から発行されたもので、女王のシルエットは欠かせません。けれど、その女王のほかは、デザイナーはリベラルにITUのガイドラインを解釈したようで、ロゴに出てくる電撃がばーんと地球をつらぬいて、シンプルだけれど色がきれいで、勢いのある切手です。

slight variation / バリエーション

April 19, 2013

1965Japan002
*exch. 060

17 May 1965, Japan
Centenary of International Telecommunication Union
design: Yoshiomi Higashikadoi

Issued for the same theme of telecommunication as the previous two stamps from Ceylon, Brazil, France and British.  A Japanese stamp designer had taken guidance from the ITU a little straight, and made minor changes – somehow this modest stamp appeals to me, it’s charming.

If you look at the little detail of the electrical Insulators, and find slight differences in shape between each country – you might share an odd passion on ‘Insulator watchers’ – I am one of those proud Otaku.

昭和40年5月17日発行
国際電気通信連合( ITU )
デザイン:東角井良臣

続けて掲載しているセイロンブラジルフランス、そしてイギリスからの切手と同じく「国際電気通信連合の百年」を祝う切手です。連合が発行したデザインのガイドラインに沿っているけれど、少しだけ変えた中央の地球と背景の空に浮かぶ星が、この切手を愛らしくしているみたいです。

電信柱からひょろっと飛び出ている絶縁体の形が国ごとに少し違うことに気付いたあなたは、、、ガラスのでも陶器のでもがいしを見るとつい欲しくなってしまう、わたしと趣味を同じくするがいしファンですね。

same design, different colour / 色違い

April 1, 2013

1965Ceylon001

1965 Ceylon
Centenary of International Telecommunication Union

It seems that the ITU ( or UIT ) had issued some design guidance to all the countries for these centenary stamps.  Then each post office made their own version – some countries paid respect to the motif and layout, and other interpreted it more freely.

This Ceylon ( became Sri Lanka in 1972 ) stamp is an obedience one, with their three official languages – Sinhala, Tamil and English.  The most radical design on the same centenary is from Ceylon’s ex-suzerain country, the United Kingdom.

結成100年を祝う切手のために、国際電気通信連合は各国に「こんな図案で切手をつくろう」と呼びかけたのだと思われます。ひとつ前のブラジルと、このセイロン(現スリランカ)の切手は、色だけ変えてほぼその通り出ている。シンハラ語とタミル語がくるくる踊っていて、可愛いですね。

電気通信連合のガイドラインはほとんど気にせず、独自のデザインをほどこした国もたくさんあって、2つ前のフランスよりもっと自由奔放なのがセイロンの宗主国だったイギリスからのこのセットでした。