electrical telegraph / 電信機

March 17, 2013

1954Japan001

13 October 1954, Japan
75th Anniversary of Admission to ITU
designer: Yutaka Yoshida
engraver: Tsuneo Kasano

After the Croatian QR code stamp, I remembered this one, in a similar layout with mysterious lines and dots.  The centre picture is an early electrical telegraph receiver.  In the top bar, between two small squares, are Japanese Morse code, which says ‘ko ku sa i’, which means ‘international’.

Although there is a similarity in the first impression between this and the QR code stamp in the previous post, this one has far higher density in its stamp design.  I admire this old ‘stampness’ and joy of magnifying.

1954Japan001-2

昭和29年10月13日発行
国際電気通信連合(ITU)加盟75周年記念
デザイン:吉田豊
原版彫刻:笠野常雄

白地に赤のQRコード切手を見て思い出したのが、これです。小さな四角の配置が似ているし、フチを囲んでいる不思議なコードも前時代のQRという感じ。中央は電気通信レシーバーで、上のフチの中は日本語モールス符号で「こくさい」と読めます。たぶん、他の3種類のフチにあるコードで「電気・通信・連合」と言っているのでしょう。

ぱっと見の印象は似ていても、小さな紙面に詰まった情報の密度にQRコード切手とは雲泥の差があって、やっぱりわたしは丁寧にカリカリと彫られた59年前の「切手らしさ」がとても好きみたいです。拡大して、うっとり。

追記:
2012年10月に日本郵趣協会から発売された『ビジュアル日本切手カタログ vol.1』に、この図案のフチを囲む記号が説明されています。左が「キネン」、右が「デンキ」拡大している下は「ツウシン レンゴウ カメイ 57 シウネン」と右から読むようです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: