Mother Language / 母語

February 23, 2013

2011Austria001

4 October 2011, Austria
‘Brand Austria’
designer:  Nik Thoenen

21 February is the International Mother Language Day, which is an annual observance to celebrate and promote awareness of linguistic and cultural diversity and Multilingualism.

This stamp from Austria shows 15 different linguistic groups in the country, in the manner that the size of letters reflect the population of people to use them as their mother tongue – I think.  And I guess that the red letter E, sideways up on top of the central O, is the modern version of the umlaut for Ö of Östereich, when you spell it in the ‘www’ world.

The latest statistics tells us that native British population is less than a half in London.  I am one of these non-British who speaks English for everyday communication.  At the same time I am trying to keep my Mother Language as good as it was – not easy!

一昨日の2月21日は国際母語デーでした。母語を捨てることを強要された東パキスタン人(現バングラデシュ人)が1952年にベンガル語を公用語にするよう抗議行動を起こしたことに由来します。

この切手は、オーストリアに住む人たちのさまざまな言語集団とその人口比率を文字のサイズで表したもの?と推測するのですが、どなたか知っている方がいたら教えてください。中央の赤いOの上で横になっているEは、ネット環境でタイプできないウムラウトの替わりに並べて使われる「oe」を表し、バイエルン語の国名Östareichのことだと思われます。

最近の統計によると、ロンドンでは白人イギリス人の全市人口における割合が45%に減ったのだそうです。たくさんの人が外から来てこの街で生活しているわけです。その一人であるわたしも、日常会話や仕事には英語を使いながら、国語を忘れないよう努めて書いたりしていますが、なかなか簡単ではない、、。ここで子供を育て、現地校に通わせながら母語も教えている友人たちの努力を思うのでした。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: