Archive for February, 2013

Mother Language / 母語

February 23, 2013

2011Austria001

4 October 2011, Austria
‘Brand Austria’
designer:  Nik Thoenen

21 February is the International Mother Language Day, which is an annual observance to celebrate and promote awareness of linguistic and cultural diversity and Multilingualism.

This stamp from Austria shows 15 different linguistic groups in the country, in the manner that the size of letters reflect the population of people to use them as their mother tongue – I think.  And I guess that the red letter E, sideways up on top of the central O, is the modern version of the umlaut for Ö of Östereich, when you spell it in the ‘www’ world.

The latest statistics tells us that native British population is less than a half in London.  I am one of these non-British who speaks English for everyday communication.  At the same time I am trying to keep my Mother Language as good as it was – not easy!

一昨日の2月21日は国際母語デーでした。母語を捨てることを強要された東パキスタン人(現バングラデシュ人)が1952年にベンガル語を公用語にするよう抗議行動を起こしたことに由来します。

この切手は、オーストリアに住む人たちのさまざまな言語集団とその人口比率を文字のサイズで表したもの?と推測するのですが、どなたか知っている方がいたら教えてください。中央の赤いOの上で横になっているEは、ネット環境でタイプできないウムラウトの替わりに並べて使われる「oe」を表し、バイエルン語の国名Östareichのことだと思われます。

最近の統計によると、ロンドンでは白人イギリス人の全市人口における割合が45%に減ったのだそうです。たくさんの人が外から来てこの街で生活しているわけです。その一人であるわたしも、日常会話や仕事には英語を使いながら、国語を忘れないよう努めて書いたりしていますが、なかなか簡単ではない、、。ここで子供を育て、現地校に通わせながら母語も教えている友人たちの努力を思うのでした。

roses? / バラじゃなくても

February 14, 2013

1997Sweden003

2 January 1997, Sweden
designer: Olöf Baldursdóttir

St. Valentine’s Day.
I believe that a card with sincere words would deliver your love – you don’t have to buy expensive roses, artificially grown towards today and transported from the far end of the globe!  The best solution for a remote love is using a stamp like this…

Have a lovely day!

日本ではチョコレートが、ヨーロッパではミモザやカードが手渡されるバレンタインデー。

バブルな雰囲気ただよう「真っ赤なバラ」を今でも手にして歩いている人もいますが、人工的な環境でこの日にピークを迎えるよう栽培されて遠くから運ばれてくる高価なバラじゃなくても、愛は伝わると思うのです。遠くにいる大事な人には、こんな切手でカードを送るのが素敵かと(もう遅いけど)。

Chinese New Year / 旧正月のお祝い

February 9, 2013

1965Taiwan001
1965Taiwan002

1 December 1965, Taiwan
‘Folklore Stamps’
designer: Wen Hsueh-ju

Today is Chinese New Year – the official beginning of the year of the Snake.  You may witness a traditional style celebration in the China Town near you.

This set of stamps are from Taiwan – and they were printed in Japan.  I enlarge a part of it, as you can see the sparkling collaboration between a Taiwanese designer and Japanese print technician on the pattern of traditional costume.  This Taiwanese Stamp Archive helps me to find out the hidden context of stamps.

1965Taiwan002-3

今日は旧正月で、台湾をはじめアジアの国ぐにでは家族で集まって新年を祝っています。世界各地の中華街でも、この切手のようなお祝いの情景が見れるのではないでしょうか。

1965年の暮れに発行されたこの台湾の切手は、日本の大蔵省印刷局で製造されたようです。花火で遊ぶ子供たちの服の模様が細かい!とルーペで拡大して楽しんだあとに、台湾の切手アーカイブでこの情報を見つけて、切手デザイナーと印刷技師の時間をかけた仕事ぶりを想像しました。

World Meteorology / 世界気象機関

February 8, 2013

1962Taiwan001

23 March 1962, Taiwan
‘2nd World Meteorological Day’
designer: Tsai Cheng-lun, Wen Hsueh-ju & Yen Ki-shih
engraver: Pao Liang-yu, Chen Lien-huei & Li Pin-chien

The World Meteorological Organization was established in 1950, as a specialist agency of the United Nations for meteorology, succeeding from the International Meteorological Organization from 1873.  It is no surprise that people tried to share meteorological information from that early time – yet cross-governmental actions towards climate change started a lot later.

Last year I visited Taiwan for the first time, and would love to go back again.  I met a lots of intellectual, diligent and polite people there, and the country has a rich vein of stamps of my favourite type!

1962Taiwan003
1962Taiwan002

気象に関する情報の交換を目的として設立された世界気象機関は1950年にはじまり、その原型は1873年に創立された政府間組織である国際気象機関にさかのぼります。そんな以前から、人々はある場所の気候が地球の別の地域の気象に関係していることに気付いていたのですね。けれど、各国政府が集まって環境に対する取り決めをはじめるのは、もっと後になってからだったのでした、、、。

この切手は台湾からの発行です。台湾には昨年秋に初めて行きました。勤勉で知的なたくさんの人(特に若い女性たち!)と出会い、素晴らしい料理に舌鼓をうち、、、そして、好みの切手もいろいろ見つかってほくほく。また行きたい場所です。

snow has melted / 雪がとけて

February 3, 2013

1989UN005-2
1989UN004-2
1989UN002-2

1989 United Nations
‘Mediterranean determines the weather in the Alps’
‘Europe under the influence of the polar air’
‘Typhoon Abby in the North-West Pacific’

The temperature has risen and the snow has melted – so we went to the countryside for a bike ride, then found that a lot of the farmers fields were covered with water, and water is streaming down the roads.  The earth was already saturated with water after a very wet winter, then the melted snow has added to this, causing flooding.  We have been riding in the area for years, but have never seen those roads flooded so badly before.  The amount of water which melting snow produces must be huge, as this picture shows.

A series of stamps from the United Nations – views from satellite cameras, tell us how our climate is affected by other areas of the world.

雪が溶けて太陽がのぞいた先週末。やっと自転車に乗れる!といつもの田園地帯に行ったら、あちこちで畑が水に浸かり、道路に流れ出てたいへんなことになっていました。秋から続いた長雨で地面が水を含んだ飽和状態になっていたところに、溶けた雪が大量の水を足して行き場がなくなったようです。衛星から撮影されたこの写真でも見えるように、雪はイギリス全土を覆い、今は地表を流れています。

国連の発行したこの気象衛星の切手は、ある場所の気候が地球の他の場所で起こることと繋がっていることをはっきり示しています。