Archive for January, 2013

rich soil after snow / 雪が肥やす森

January 26, 2013

1990Canada004
1990Canada001

7 August 1990, Canada
Acadian Forest
Great Lakes – St. Lawrence Forest
design: Malcolm Waddell
leaves illustration: Jan Waddell
photograph: Sherman Hines

We have some sunshine finally!!  Patchy snow is seen on the ground and it will deliver rich minerals to the tree roots little by little.  I am amazed how little birds keep their feet warm during that snow – the birds’ chirping let us know that they have survived.

Two stamps are showing Canadian forests in winter and early spring, together with Beech and Eastern White Pine details.

待ちに待った日が射して、雪がどんどん溶けています。こうやって、栄養たっぷりの水が徐々に地面にしみ込んで、森を育てていくのだなぁ、、、と思いを馳せます。それにしても、あの雪の中で、小鳥たちの足はしもやけにならなかったのだろうか。元気そうに啼く声を聞けて、嬉しいのでした。

切手はカナダの森の冬と早春が写されたもの。一枚目にはブナの葉と実、二枚目はマツの一種ストローブマツの葉と松ぼっくりのイラスト付きです。

covered with snow / 雪景色

January 20, 2013

1998Finland003

15 January 1998, Finland
from Moomin
‘Too-ticky playing barrel organ and Littly My dancing’
illustration: Tove Jansson
design: Pirkko Vahtero

In the last post I featured self-adhesive stamps from 2011, because Nyoro Nyoro was on one of them – but I like conventional gum with perforated edges far better and this is my best favourite set from the Moomin stories.  They live in severe Northern weather and the Moomin Troll family is hibernating during the winter.

It has snowed all day today here and we are surrounded by a White world.  We went for a walk, enjoyed to leave foot steps in powdery 4 inches of snow, but at the same time I am bored by this dull colour of sky and badly dreaming that the warm sunshine arrives soon, and Moomins are coming out from their house.

1998Finland004
1998Finland001
1998Finland002

‘Moomintroll dancing with the Snork Maiden’
‘Moominmamma making jam’
‘Moominpappa writing Play’

今日は一日雪が降って、ロンドン郊外のこの辺りは銀世界です。雪が小降りになった午後に長靴をはいて散歩に出かけ、10センチ以上積もっている雪に足跡をつけて楽しかったけど、正直、暗い朝を迎えることにいいかげん嫌気がさしているのでした。早く春が来ないかな〜〜。

ひとつ前のポストではニョロニョロの載っているセットを紹介しましたが、ムーミン切手ではこの1998年のものが一番好きです。目打ち糊付きの切手のほうが、紙の質感が良くて印刷も繊細だと思う。一枚目はムーミン一家が冬眠していて寂しいトゥーティッキーとミーが雪に囲まれている図。あとの3枚は春以降に太陽を浴びて嬉しそうなムーミン達、ジャムを作るムーミンママと執筆にはげむムーミンパパ。

Nyoro Nyoro in Moominvalley / ムーミン谷のニョロニョロ

January 13, 2013

2011Finland003
2011Finland004
2011Finland006

6 May 2011, Finland
illustration: Tove Jansson
design:  Satu Lusa

Nyoro Nyoro in Japan is the name of a creature in Tove Jansson‘s Moomin series – they are pictured on the third stamp, called Hattifattener in English translations.  They walk swayingly together and gather in mass numbers when a storm is arriving… then get electrified in a ceremonial manner!

These three stamps from ‘Hur gick det sen? (1952)’ are showing beverage/tea time in Moominvalley.  Oh no, not a drop left in a flask…

「ニョロニョロ」というと、日本ではムーミンに出てくるゆらゆら集団で歩く生き物の名前をまず思い浮かべる人も多いと思います。嵐の中で集団で電気チャージするこの生き物を思いついたトーベ・ヤンソンの想像力に憧れます。

上の3枚は、1952年原作の6枚の切手の中から、飲み物をめぐる情景を集めてみました。水筒がからっぽでがーん!としているムーミンがかわいい。セルフのりの切手は普通は好きではないけれど、これくらい形で遊んでいると楽しめます。

nyoro nyoro / にょろにょろ

January 7, 2013

2008UK014

11 March 2008, United Kingdom
St. Patrick‘ in a sheet of Celebrating Northern Ireland
illustration: Clare Melinsky / design: Silk Pearce

Kune kune is mostly for a single object swaying or winding.  When more than one object are together going kune kune – that is nyoro nyoro!!

The third stamp of this year is from the UK, showing St. Patrick – with three snakes nyoro-nyoro-ing behind columns!  In the legend, St. Patrick was attacked by snakes when he was doing his ’40 Day Fast’ and he chased them into the sea and banished all snakes from Ireland…  Well, modern research tells us different reasons why no snakes are found on the island.

「くねくね」している生き物が集まって一緒に動いている様子が「にょろにょろ」ー という定義をしてみました。そんな感じがしませんか?

2013年の3枚目の切手はイギリスから、北アイルランドの聖人パトリックを描いたもので、背後ににょろにょろと3匹。伝説では、聖人が断食の行をしている時にヘビに襲われ、彼がヘビたちを追いつめて海に落としたのでアイルランドにはヘビがいない!のだそうです。けれど、アイルランドやグリーンランドは南半球のニュージーランドや南極大陸と同じようにもともとヘビが生息していないらしい。海を渡れなかったのですね。

kune kune / くねくね

January 6, 2013

1971Germany001

5 February 1971, Germany
‘Children’s Drawings’

In the Japanese language there are a lot of onomatopoeia terms to express movement, condition and feel of a material or its surface.  Kune kune is one of them – it means a road is winding or something sways, as in this stamp depicting a snake!

「くねくね」「のっしのっし」「ねばねば」など日本語には擬音語が多いけれど、似たような表現は英語の日常会話ではほとんど使われません。ふと口をついて出てくる擬音語が想像をかきたてることがあるようで、よく面白がられるのでした。音とビジュアルのサンプルとして、このブログで使ってみることを思いつきました。

year of the Snake / 祝・巳年

January 3, 2013

1964Finland001

13 June 1964, Finland
General Assembly of World Medical Association
designer: O. Vepsäläinen
engraver: B. Ekholm

Happy New Year to everyone!

2013 is the year of the Snake.  As shown on this stamp, the snake ( or the serpent ) is the symbol of wisdom or medical care – the energy of life in ancient Inca and Indian worship, and the Greek and Roman herald’s wand of Caduceus.  Long, spiral and ‘kune-kune’ as we say in Japanese.  We have to learn from this animal, for endurance of life, avoiding obstacles in a smooth and quiet manner.

明けましておめでとうございます。

巳年の2013年が始まりました。まずはフィンランドから、医療の象徴としてのヘビを一枚。古代のインカ文明やインドでは神々の一員として、ギリシャやローマでは神の使者が持つ杖にからまって、ヘビは生命力や生きる知恵を人々に授ける存在として描かれたようです。今年はヘビに習って、障害物の隙間をするすると静かに通り抜ける練習をしてみようと思います。