Sir Paul’s Olympic Games / ポール・スミスのオリンピック切手

September 1, 2012

1 January 2012, Isle of Man
London 2012 Olympic Games
design: Sir Paul Smith

There is another set on the Olympic Games, designed by Sir Paul Smith.

I like the top one the best.  As the designer stated in the presentation pack, they are positive and colourful – but I suspect that he did not take a long time to research and design them, unfortunately…  The in-house design team was perhaps shocked by the colour restriction and smallness of what they had to design – even so, for example, the stamp on Archery issued in 2009 has a similar and better composition.

Anyway, they are cheerful and pleasant if you use them on an envelope and a post card, as their colours are sophisticated.






オリンピックにちなんだ切手が、マン島の発行で1セット出ていました。ポール・スミスのデザイン。

一番上のプールのは、色合いと構図が好きです。「はつらつとカラフルな切手にしたかった」と本人も言っているように、こうやって並べるとさすがに色使いはこなれていると思う。

けれど、時間をかけて真面目にデザインしてないよね、サー・ポール。普段はふんだんに色数を使ってファッションアイテムとかパッケージ、広告などを手がけているインハウスデザイナーが、リサーチもほどほどに、ボスのスケッチを整えてセンス良く色を乗せました、、、という印象。たとえば、最後の一枚アーチェリーは、2009年のパラリンピック・シリーズの一枚のほうが緊張感があってかっこ良いと思う。自転車だって、背景に描かれたベロドロームでの競技用自転車ではないし、サドルをクロップして外すか?という感じ。

でもまあ、封筒に貼って出すにはすっきり綺麗だし、元気よく楽しい雰囲気にはなりそうですが。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: