Archive for September, 2012

microphone and TV / マイクとテレビ機器

September 29, 2012

15 November 2001, Japan
50th Anniversary of Private Commercial Broadcasting
design: Akira Tamaki

In the early times of TV news broadcasting, the microphone was prominent – although news-readers are no longer talking to microphone these days, it being hidden or at least discreet.

I like this almost stoic stamp showing early TV equipment, together with the shape of a TV screen in the three primary colours, and the old style ending title of a program.  In my memory this shape of TV screen is familiar, but current TVs are all rectangular with a lot more width than height – cinema proportions, almost.

平成13年11月15日発行
民間放送50年
デザイン:玉木明

初期のテレビ放送ではニュースキャスターもマイクロフォンを前に話していましたよね?ピンマイクと無線レシーバーがある今は、もうテレビ画面に写らなくなりました。

ほとんど「禁欲的」と呼べそうなデザインのこの切手は、レトロなマイクとかつてのテレビ画面の形を描いていてお気に入りの一枚です。額面の入っている一番下の画面は、かつて放送終了後に流れていたエンディング・タイトルの印象を再現したとか。こののちに、ざーっと砂の流れるような画像と音に変わって、うたた寝から目覚めていたのでした、、、。

camera and TV / カメラとテレビ

September 17, 2012

19 September 1967, United Kingdom
British Discovery and Invention
Television Equipment
design: Richard Negus & Philip Sharland

Together with Radar, Penicillium Notatum and Jet Engines, television equipment is counted as one of the biggest inventions in Britain.  BBC and Channel 4 are the successors of this invention – usage of that equipment has been developed for decades, to show us the great detail of sports in recent Olympic and Paralympic games.

I wonder which era of equipment is depicted in this stamp – contemporary with the stamp design? Beautiful colour and composition, looks like a woodblock print.

レーダーの発明やペニシリンの発見などと並んで、テレビが「イギリスの発見と発明」に数えられていました。オリンピックやパラリンピックでBBCとチャンネル4が頑張ったあの驚異的な接写は、そんな技術者の情熱を受け継いでいるのですね。

ここに描かれているカメラ類がどの時代のものかまだ調べていないのですが、木版画のような雰囲気をたたえ、色の重なりが美しい切手です。

sailing / セーリング

September 16, 2012

11 June 1975, United Kingdom
Sailing
design: Andrew Restall

As you can see on the cover of a book of ‘Royal Mail Stamps’ (1980), the designer made many sketches for this set of stamps. He took a long time to decide the composition of the stamps, and also re-drew the chosen ones for adopting the new printing method of intaglio lines on top of gravure.  As a result of effort and fine adjustment, this set has outstanding beauty.

During the Olympic games, I enjoyed the view from those sailing boats – images sent from a little waterproof camera on each boat, showing how dynamic and subtle it is to control sails in the competition.  But 38 years ago, the stamp designer had to draw them from the land or a harbour, as no equipment was suitable for being soaked by the waves.



『Royal Mail Stamps』(1980) という本の表紙になっているように、この切手のデザイナーはセーリングのタイプやアングルを決めるために時間をかけてスケッチをしたようです。4枚の構図が決まったのちも、グラビアで刷った色面に凹版印刷を重ねる新しい手法に合うように、色と線の両方を描き直した、と本の中で紹介されています。当然ながら、そんなたくさんの手間ののちにこの美しい切手が生まれたわけです。

この夏のオリンピックでは、最新の防水カメラを積んだボートから、セーリング競技を選手の視線で見ることが出来てとても面白かった。ダイナミックな波の動きと、素早くデリケートなセールさばきと重心の移動のライブ中継。迫力でした。38年前のこの切手の頃には、そんな現場にカメラを持ち込むのはまだ無理で、デザイナーは陸からスケッチをしたのですね。

Sir Paul’s Olympic Games / ポール・スミスのオリンピック切手

September 1, 2012

1 January 2012, Isle of Man
London 2012 Olympic Games
design: Sir Paul Smith

There is another set on the Olympic Games, designed by Sir Paul Smith.

I like the top one the best.  As the designer stated in the presentation pack, they are positive and colourful – but I suspect that he did not take a long time to research and design them, unfortunately…  The in-house design team was perhaps shocked by the colour restriction and smallness of what they had to design – even so, for example, the stamp on Archery issued in 2009 has a similar and better composition.

Anyway, they are cheerful and pleasant if you use them on an envelope and a post card, as their colours are sophisticated.






オリンピックにちなんだ切手が、マン島の発行で1セット出ていました。ポール・スミスのデザイン。

一番上のプールのは、色合いと構図が好きです。「はつらつとカラフルな切手にしたかった」と本人も言っているように、こうやって並べるとさすがに色使いはこなれていると思う。

けれど、時間をかけて真面目にデザインしてないよね、サー・ポール。普段はふんだんに色数を使ってファッションアイテムとかパッケージ、広告などを手がけているインハウスデザイナーが、リサーチもほどほどに、ボスのスケッチを整えてセンス良く色を乗せました、、、という印象。たとえば、最後の一枚アーチェリーは、2009年のパラリンピック・シリーズの一枚のほうが緊張感があってかっこ良いと思う。自転車だって、背景に描かれたベロドロームでの競技用自転車ではないし、サドルをクロップして外すか?という感じ。

でもまあ、封筒に貼って出すにはすっきり綺麗だし、元気よく楽しい雰囲気にはなりそうですが。