Archive for March, 2012

floating envelopes / 宙に浮く封筒

March 28, 2012

1958 Turkey
Letter Writing Week

I finally realised myself that I have an envelope fetish – I cannot throw away used but not damaged envelopes, especially one that has a nice coloured lining or printed patterns.  I made a set of artworks, using those insides of used envelopes for a charity exhibition, and it was very satisfactory when someone bought them.

So, I am naturally attracted by this charming 1950s stamp from Turkey.  They are on their way to be delivered, as they have cancellation marks.

最近になって気付いたのですが、わたしはきっと「封筒フェチ」なのです。送られる郵便物の封筒をなかなか捨てられない。特に、封筒の中に模様が印刷されているのが好きで、そんな封筒の裏を使ってチャリティー展示会のための作品を作ったことがあります。それが売れた時には、共感してくれた人がいてとても嬉しかったのです。

こんな風に封筒がふわふわ浮いているチャーミングな切手を見つけると、だから必然のように買ってしまう。切手に消印も見えます。ただ、この図柄から「信頼できる郵便サービス」は連想できない、、ですよね。

rainbow envelopes / カラフルな封筒

March 26, 2012

1985USA001

1985 USA
Definitive, coiled

Envelopes, colourful.  Strong and nice!  But why the odd figured denomination… 21.1 cents??

カラフルな封筒が強い印象の一枚。でもどうして、21.1セントなんていう半端な額面なのでしょう?

bird & postal code / 鳥と郵便番号(封筒も)

March 25, 2012


1978 Portugal
Postal Code

A bird carrying an envelope – and two stamps together promoting postal codes.  It seems that machine sorting was introduced in many countries during the 1970s.

ポルトガルから – 鳥が封書をくわえて飛ぶおなじみの構図で、しかも郵便番号の普及を呼びかけている切手です。1970年代に、世界の各国で手紙の機械分類が始まったのですね。

opened envelope / 封筒からナンバー君

March 22, 2012

1 July 1972, Japan
Postal Code campaign
design: Katsutoshi Hioki

I like to see envelopes on a stamp – especially when it is opened and shows its coloured lining!

1 July 1973, Japan
5th Anniversary of the Postal Code
design: Takao Yamanouchi

These stamps were promoting the newly introduced postal code for machine sorting.  ‘Mr. Number’ was a known character at that time – I remember the paper cut-out of this figure was floating in my local post office.

上:昭和47年7月1日発行
郵便番号宣伝(5次):封筒とナンバー君に数字
デザイン:日置勝駿

下:昭和48年7月1日発行
郵便番号宣伝(6次):伸びゆく樹木とナンバー君
デザイン:山野内孝夫

封筒が描かれた切手がなぜか好きです。開かれて色つきの裏紙が見えていたりすると、とても嬉しくなるのでした。

この2枚は新しく導入された郵便番号を宣伝するための切手です。この頃から、機械での分類が始まったのですね。厚紙から切り出されたナンバー君が郵便局の天井近くでゆらゆらしていたのを憶えています。

courier bird 2 / 運ぶ鳥 2

March 19, 2012


*exch. 050

20 June 1977, Japan
Centenary of Admission to Universal Postal Union
design: Katsutoshi Hioki

I found another stamp with birds, carrying messages.  The rectangular shape in the middle is a post box – I noticed that Red post boxes are not universal.  This map shows the different colours of post boxes around the world – but for me, having lived in Japan and now living in the UK, post boxes have always been red!

The design of this stamp looks nicely dated and the shape of this post box is evocative of that time, in a similar way that I remember ‘Mr. Number’ of these stamps at the edge of my memory.

昭和52年6月20日発行
万国郵便連合加盟100年記念
デザイン:日置勝駿

ポストの周りを舞う鳥がピンクの封筒をくわえている、しんみりとレトロな図柄。35年前の切手と思うとうなずけますね。以前に載せた「ナンバー君」切手にも出てくるこのポストは、この頃から登場したようです。

中央にあるのがポストなのは日本人なら誰でも分かるし、きっとイギリス人にも分かると思うけれど、実は世界のポストはこんなにいろいろな色で設置されているのですね。フランスとフィンランドの黄色ぐらいしか憶えていないのだけれど。

courier bird / 運ぶ鳥

March 18, 2012

1974Australia002

1974 Australia
Centenary of Universal Postal Union
design: John Copeland

When I posted the last stamp I thought about this one, as a bird is used as a symbol of delivering messages or good will.  Bright colours and simple composition – very pleasant to receive an envelope or card with these stamps, I think.

From my previous post, this is another bird carrying a letter, from Germany.  I never knew how a carrier pigeon takes a message while flying – no doubt, not by beak, I guess…   OK, according to wikipedia it was a little tube on their feet, but some of those pigeons carried up to 75 grams of messages!

1974Australia001

ひとつ前のポストを書いていて、同じように鳥がメッセージを運ぶ象徴として描かれているこのオーストラリアの切手を思い出しました。国際郵便連合の100年を祝うものですが、あざやかな色とシンプルな構図で、この切手の貼られた封筒や葉書を受け取ったら嬉しいだろうなぁ、、と思います。

以前に取り上げた切手の中にもドイツの1950年代に、やはり鳥が封筒をくわえている切手があります。インドでは1980年代まで伝書鳩が使われていたそうですが、その鳩たちはまさかくちばしにメッセージをくわえ、啼かず飲まず食べずで目的地に向かったのか!?と疑問に思ったのですが、やはり違っていました。ウィキペディアによると、足にくくり付けた小さな筒にメッセージを丸めて入れたのだそうです。75グラムまでは運べた、というのはちょっと驚きでした。

deliver your wish / 気持ちを届ける

March 14, 2012

2011Japan005
2011Japan003
2011Japan001
2011Japan002
2011Japan004

21 June 2011, Japan
Charity for East Japan Earthquake Disaster
design: Akira Tamaki

It has been a year since the Tohoku Earthquake happened on 11 March 2011.  There are still a lot of people living in temporary housing, and the debris of towns and cities washed away by the Tsunami are still piled beside the roads in many areas. The nuclear power station is still in the cooling down stage before sealing it off.

This set of stamps were issued to raise emergency support for the struck area, prepared within three months after the earthquake – I guess that was very quick compared to the normal process of issuing stamps.  The design is the reflection of the wish of many Japanese at that time – willing to deliver a message that we are thinking of people who lost their loved ones and their homes.

There was a charity concert in London last Sunday 11 March, to raise continuous support for Tsunami orphans.  Music has a strong power to share, and unites this supportive wish.  I was moved by slides which showed people around the world giving their encouragement to Japan after the tragedy.

平成23年6月23日発行
東日本大震災寄附金付
デザイン:玉木明

震災からはやくも一年。あの頃は「デザイナーはこんな時に、どんな役に立てるのか??」と毎日考え込んだけれど、そんな思いも日々の忙しさにかき消されていた、そのことを考えたここ数日でした。まだまだ復興の道のりは長く、福島の逼迫した事態に触れた天皇陛下のお言葉がニュースでは編集され、原発反対の人間の輪は警察に阻まれる現実。遠くから見て、やるせない気持ちになった週末でした。

この切手は震災から3か月で発行され、被害者の救援への寄付金を募りました。デザインが抽象的すぎるのでは?震災と津波で失われた美しい風景や被災各県に伝わる伝統文化などを題材にしては?という意見も読みました。たしかに、そういうリサーチに時間をかけてじっくり作られた切手は今後、被災地へのサポートが忘れられそうな頃に必要になってくると思いますが、今回はスピードが肝心だったので、まずは暖かい気持ちにさせてくれる切手に拍手を送りたいと思います。

追記:切手の博物館で開催された『愛の切手展』でこの切手が紹介されたようです。東京の友人が、デザイナーのコメントが載っているリンクを送ってくれました。「一枚でも多く売れてほしい」という願い。なるほど。

five continents / 五大陸

March 3, 2012

1984 Czechoslovakia
Summer Olympic Games in Los Angeles

The five colours of the Rainbow Jersey – Blue, Yellow, Black, Green and Red – are representing five continents.  And yes, I finally realise that they are the same colours to make Olympic symbols, which was designed in 1912.  Now I learnt that each colour represents Europe, Asia, Africa, Oceania and North & South America in that order.

This stamp shows a track race, nearing the finish – the sprinter in front is a little behind the other – but for sure, he will be the winner as the other racer is distracted by the speed of the guy in the Czech national jersey.

マイヨ・アルカンシエルの5色がオリンピックシンボルの5色と一緒だということに、今ごろ気付きました、、。青、黄、黒、緑、赤の五色はその順にヨーロッパ、アジア、アフリカ、オセアニアと南北アメリカを表す、と英語版ウィキペディアにあるけれど、日本語版では「どの色の輪がどの大陸をあらわしているかという意味はない。」と書かれている、不思議。アジアが黄色って!?と抗議する人がいるとも思えないのですが。いるのかな。

この切手はチェコ代表選手がトラック競技のゴールを競っている図柄です。チェコ代表はこの時点で2位に見えるけれど、もう一人の選手があれ?と横を見ているうちに追い抜かして1位になるに違いない、というスピード感が好きです。

Duhový ( rainbow ) / 虹の道

March 1, 2012

1987 Czechoslovakia
Cyclocross World Championship

There is another stamp on the theme of rainbow colours and cyclocross.  This time, intaglio printed Black plus three colours are used – green is made with Yellow and Blue, Light Blue is made by dots of Blue and the Grey… oh, no, looks like Grey, but is Silver.  Two years before their Gentle Revolution, the Post Office had a generous budget for popular sports of the country.

I like these Czechoslovakian intaglio stamps with gravure colours added – simple and free minded drawings.

サイクロクロスとレインボー・カラーの組み合わせでもう一枚。

これは凹版印刷のかりっとした黒い線にオフセットの原色の赤と黄色と青を足して、緑は青と黄色を重ね、グレーは黒のドットで、、、と思いつつよく見ると、自転車と背景の2人はグレーではなくて銀色でした。「ビロード革命」が起こる2年前の1987年、共産党政権に対する不満が高まって選手の表情が暗いのかな?でも郵便局はふんだんに資金を持っていたみたい、、、などと邪推したくなるのですが、チェコスロバキアの白バックの闊達なドローイングの切手はどれも好きです。