year of the Dragon / 祝辰年

January 2, 2012


1 November 1971, Japan
Government Printing Works Centenary
‘Ryu-ko zu (Dragon and Tiger)’ 1895
by Hashimoto Gahō ( 1835-1908 )
tonal-engraving
layout: Kyohei Maeno

The year of the Dragon has started ( at least in Japan yesterday, so I follow this one. )  I wish you all have a fruitful year – we should really prove that our happiness is not controlled by the unstable situation of the world’s finances.

These stamps, a set of two, were issued to celebrate 100 years of stamp and banknote printing.  So, they are naturally representative of what they can do best for this kind of process.  Surely they took time to do the details of the waves.  I have to look up what ‘tonal engraving’ could be – if I magnify, it seems the tone is made by lines and dots together.

Paper as well, seems a little special for this printing.

新年おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくおねがいします。

昭和46年11月1日発行
政府印刷事業100年記念
橋本雅邦画『竜虎図屏風』(明治28年)
印刷:階調凹版
原画構成者:前野京平

昨年は日本にとっては試練の年でした。エネルギー政策がなんの展開も見せないまま、年を越してしまいました。ヨーロッパでは金融問題が今年も続き、ここイギリスも引き続きあおりを受けそうです。でも「金融事情だけが自分の幸せを左右するのではないよね」と、年末に思えるような実りの多い年にしたいものです。

さて、年頭を飾る竜モチーフの切手は1971年に政府の印刷事業100年を祝ったもので、さすがに気合いの入った切手です。虫めがねで拡大すると線と点の両方が見えるのですが、この「階調凹版」という技法について知っている方はぜひその詳細を教えてください。わたしがよく辞書代わりに使っている「お札と切手の博物館・図録」にもこの技法についての解説が載っていないのです。

紙も普通の切手と違う和紙のような柔らかな質感です。

追記:この印刷技術に関して、友人が内藤陽介さんのブログにしっかり説明があることを教えてくれました。これは、日本の印刷局が開発した、グラビアと凹版印刷の組み合わせによるものだったのですね。素晴らしい!リサーチをしっかりされている先人(というか、専門家ですが)の書かれたものを、もっとちゃんと読んで勉強しよう、、、と思いました。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: