Archive for January, 2012

saving squirrels / 貯蓄リス

January 31, 2012

1980Sweden001

12 May 1980, Sweden
‘Home’ Rebate stamp
design: M. Gavler

Since December I had this incident twice – I slammed on the brakes when I was almost running over a squirrel, which was tottering across the road.  They were both plump, had well-rounded bottom.  I though that was because we had a mild winter and they came out from hibernation too early – but someone told me that squirrels in London never hibernate, as they can find food all year round.

Well, maybe the squirrels don’t symbolize Savings any more – but those winter squirrels are certainly saving some fat on their body.  Better to watch out for little fluffy animals on the road, not to make them a victim of a traffic accident.

This stamp was in a booklet, which was distributed to all households in Sweden and they were valid for inland postage only, and gave a rebate on the normal cost for postcards and letters up to 100g.  This is why there is no face value.

昨年末からすでに2度、近所を運転中にリスを轢きそうになってあわててブレーキを踏む、という事がありました。暖冬だったから、春になったと思って冬眠から出て来たのかな?と思うような、よたよたとした足取りで道を横切るリス。でも、ロンドン周辺では、いつでも餌があるのでリスは冬眠しないのだそうです。

ちょっと昔の切手に登場するような「貯蓄の象徴」ではなくなっているらしいリスですが、でも、あの2匹のリスは丸まると太っていたから、秋にたくさん食べて脂肪を貯蓄する習性は変わっていないのかも。木立の近くを走る時は、気をつけないといけません。

この切手はブックレットとしてスウェーデンのすべての家庭に配られ、国内の郵便に使うか、またはその対価の払い戻しを受け取ることができたようです。額面が印刷されていないのは、それが理由なのですね。

dragons in architecture / 建築に棲むドラゴン

January 11, 2012


15 February 1973, Switzerland
Gargoyle, Berne Cathedral
Roman Capital, Jean-Baptiste Church, Grandson
design: H. Hartmann
engrave: A Yersin

There are Chinese origin dragons and European mythical dragons. European dragons have wings, as well as a long beak with sharp teeth – often their mouths are wide open and spitting fire.  I think the top one is a dragon head ( with a crown and fancy lace ) gargoyle.

I enjoy spotting creatures that live on architecture in European cities and towns.  A Gargoyle is a carved stone figure with a spout designed to convey water from a roof.  They are often imaginary creatures or angry faced humans – grotesque.  If you want to break into a church at night, they will scare you off for sure.

The second stamp shows a capital in the Church of Sain-Jean-Baptiste in Grandson, Saint Michael is killing a dragon with a spear.

龍には中国起源の竜と、ヨーロッパ神話のドラゴンと2種類あるのですね。ドラゴンには羽があって胴体が少し太いけれど、鋭い歯や空を飛んで火を噴くことなど、似ている特徴も多くて興味深い。この2枚の切手は、スイスの建築に棲んでいるドラゴンたち – 1枚目はガーゴイルとよばれる彫刻、2枚目はドラゴンと戦う大天使・ミカエルの柱頭です。

ガーゴイルは屋根の水を流す樋の役割をする彫刻ですが、怪物や怖い顔の人が建物から突き出ています。夜闇にまぎれて教会に泥棒に入ろうとすると、こんな怪獣たちににらまれて怖い、、、諦める。それが機能だったのでは?と想像します。

sea dragon? / タツノオトシゴ

January 8, 2012


1959 Turkey
50 years of Maritime High School

I used the top stamp for my studio’s new year celebration image, since the New Year is the year of the Dragon.  Because the Japanese name of the creature in the sea is translated as ‘Child of Dragon’, I thought it was called Sea Dragon in English, too.

Now I know that the Sea Dragon is leafy one, or like algae – and the normal ones are named Sea Horse.  Maybe all non-Japanese people did not get why I used the Sea Horse…  never mind!

This set is celebrating the Turkish Maritime school in Istanbul.  I visited Istanbul for the first time last year.  Beautiful view it has, surrounded by oceans – it is an important place between Europe and Asia.

昨年末はあわただしかったので年賀状をあきらめ、上の一枚をスタジオの年賀の画像に使いました。メールを送り出したあとで「で、どうして Sea Horse の切手なの?」と聞かれて、、、ぇえ!?

タツノオトシゴは英語で Sea Dragon だと思いこんでいたのだけど、こんなひらひらが付いているのとか、さらにひらひらで海藻に見えるこんなのだけが Sea Dragon で、あとは Sea Horse だったのです。日本語でもウミウマとかカイマとも呼ばれてることも初めて知りました。

この2枚はイスタンブールの海事学校の50年を記念したものです。ぱっきりした文字ときれいな色合いのバックグラウンドにちょっとボケた凸版印刷のモチーフが重なっている、お気に入りのセット。イスタンブールには昨年初めて行き、海に囲まれた美しい眺望を堪能しました。アジアとヨーロッパをつなぐ要所なのは間違いないです。

dragon and lion / 龍とライオン

January 3, 2012

1982 Hong Kong

After a pair of Dragon and Tiger, next one is the Dragon and Lion on both sides of the Queen.

It is obvious that the lion with a crown is the sovereign Britain and the dragon is the symbol of Hong Kong.  Their paws are wide open, eyes are slanted upward and tongues are stuck out – they seem not to be in a peaceful relationship at all.  15 years to go for the transfer of sovereignty over Hong Kong.  Brave postal officers.  Sharrrrrrr.

辰年の切手2枚目は香港から。イギリスからの香港返還の話し合いが1979年に始まった3年後の発行です。

女王の両側に、王冠を戴いたライオンが統治国イギリス、龍が香港を象徴しているのは明らかですが、両者のたたずまいがあまり平和的でない。手足の指はかっと開かれ、口もぐわっと開いて舌が飛び出し、なによりも目が吊り上がって怒っている。両国の緊張状態を、郵便局員がこの小さな普通切手に表現したのでしょうか。勇猛果敢。

year of the Dragon / 祝辰年

January 2, 2012


1 November 1971, Japan
Government Printing Works Centenary
‘Ryu-ko zu (Dragon and Tiger)’ 1895
by Hashimoto Gahō ( 1835-1908 )
tonal-engraving
layout: Kyohei Maeno

The year of the Dragon has started ( at least in Japan yesterday, so I follow this one. )  I wish you all have a fruitful year – we should really prove that our happiness is not controlled by the unstable situation of the world’s finances.

These stamps, a set of two, were issued to celebrate 100 years of stamp and banknote printing.  So, they are naturally representative of what they can do best for this kind of process.  Surely they took time to do the details of the waves.  I have to look up what ‘tonal engraving’ could be – if I magnify, it seems the tone is made by lines and dots together.

Paper as well, seems a little special for this printing.

新年おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくおねがいします。

昭和46年11月1日発行
政府印刷事業100年記念
橋本雅邦画『竜虎図屏風』(明治28年)
印刷:階調凹版
原画構成者:前野京平

昨年は日本にとっては試練の年でした。エネルギー政策がなんの展開も見せないまま、年を越してしまいました。ヨーロッパでは金融問題が今年も続き、ここイギリスも引き続きあおりを受けそうです。でも「金融事情だけが自分の幸せを左右するのではないよね」と、年末に思えるような実りの多い年にしたいものです。

さて、年頭を飾る竜モチーフの切手は1971年に政府の印刷事業100年を祝ったもので、さすがに気合いの入った切手です。虫めがねで拡大すると線と点の両方が見えるのですが、この「階調凹版」という技法について知っている方はぜひその詳細を教えてください。わたしがよく辞書代わりに使っている「お札と切手の博物館・図録」にもこの技法についての解説が載っていないのです。

紙も普通の切手と違う和紙のような柔らかな質感です。

追記:この印刷技術に関して、友人が内藤陽介さんのブログにしっかり説明があることを教えてくれました。これは、日本の印刷局が開発した、グラビアと凹版印刷の組み合わせによるものだったのですね。素晴らしい!リサーチをしっかりされている先人(というか、専門家ですが)の書かれたものを、もっとちゃんと読んで勉強しよう、、、と思いました。