Archive for December, 2011

year of the cat / ねこ年

December 30, 2011

2010Vietnam001
2010Vietnam002

1 December 2010, Vietnam
design: Nguyen Du

After I wrote ‘four days to the end of the year of Rabbit’, I realised that at the origin of the Chinese zodiac, new year does not come until 23 January 2012.  Also in Vietnam, one of the countries to follow the tradition of the Chinese zodiac, this year is the year of Cat.  This set of stamps were issued at the end of 2010, for the new year celebration of 2011.

Yes, the world consists of great diversity.  I want to learn more about those interesting differences and how people express their originality, through the world of stamps.

I wish you all have a happy new year.

「うさぎ年もあと4日」と一つ前のポストで書いてのち、十二支の発祥国である中国では新年が来年の1月23日まで来ないことに気付きました。そして、ヴェトナムでは今年は「ねこ年」だったことも。この切手は2010年の末に発行された、2011年の新年を祝うものだったようです。

世界は多様な気候と生活様式と考え方に満ちている。そんな興味深い違いについて、そんな違いがどんな風に目に見えるのかを切手を通して発見したい、という思いを新たにしています。

みなさんに素敵な新年が訪れますよう。

Rabbit out of Hat / 手品うさぎ

December 27, 2011

15 March 2005, UK
‘Centenary of the Magic Circle’
design: G. Hardie and Tatham Design

I met a Japanese magician this summer, who told me about the Magic Circle, where he performed sometime ago.  I remembered the story now, because I found this set of stamps, which are celebrating the Magic Circle’s 100 years.

Following their tradition with a top hat and a tailcoat, these pop designs recreate nice visual illusions within small stamps – pity you cannot rub digital images, but I feature one which I scratched with a coin.




I have ‘head’ of the coin, not ‘tail’.

The year of the rabbit is ceasing in four days.  I have this feeling that a year gets shorter and shorter – is it proving the fact that I am getting older faster!?

この夏東京で出会ったあるマジシャンが、ロンドンにあるマジック・サークルで公演した時のことを話してくれたのを、この切手のタイトルを探していて思い出しました。そのマジック・サークルの100年の歴史を2005年に祝っていたのでした。

燕尾服やシルクハットという伝統も描きながら、デザイナーはこの小さな切手で出来る紙面トリックをいろいろな手法で試していて面白いです。画像をこすってもらうわけにいかないので、わたしがコインで引っ掻いたのちの画像も載せます。

うさぎ年もあと4日で新しい年に変わります。なんだか、一年がどんどん短くなっていくと感じるのは、わたしの加齢が加速しているのか!?とちょっと焦る年末なのでした。

Merry Christmas / メリークリスマス

December 24, 2011

9 November 1973, Germany
‘Christmas’

I worked really hard this December – the busiest ever in the last several years.  Finally today, I have the feeling that I am in a festive break.  I wish you all have a very merry Christmas and peaceful gatherings.

この12月は例年になく忙しく、このブログ更新だけがささやかな楽しみでした。スタッフが休みに入ったあとに展示会の搬出まであって、筋肉痛。やっと今日「あ、クリスマス?」という気分になり。

みなさんも、すてきなクリスマスと年末を迎えられますよう。

embossed Machin / エンボスの女王

December 24, 2011

16 February 1999, UK
‘Profile on Print’ booklet
embossed by Walsall Security Printers
based on original design by Arnold Machin
self-adhesive

Can you not see the Queen?  Please click the image larger.

When the first Penny Black was introduced in 1840, the post office must have sold them a lot and made a fortune – the second printing method they introduced after intaglio, in 1847, was the rather costly technique of embossing.

This embossed Machin was made to celebrate those rare ( and now expensive ) achievements of 1847-1854 high value definitives.  The die for the press was based on the original Machin cast.

Taking photos of this stamp was not easy!  Different light creates a diversity of expression in the Queen’s face.  One looks more prominent of relief but shows an anxious face, another is paler but with a noble atmosphere.  I experienced some of the difficulties of the team who took the photo for the Machin stamps in 1967.


切手が真っ白?拡大してみてください。

イギリスで最初の切手が発行された時、きっとたくさん売れて郵便局はひと稼ぎしたのだと想像します。凹版印刷の次に1847年に導入された印刷技術は高額な投資の必要な「エンボス」でした。

この切手は、その最初のエンボス切手へのオマージュとして発行され、メイチン作の石膏彫刻からプレス型が作られました。

この撮影は思ったよりも難しく、、、浮き彫りの詳細がはっきり写ったら女王の顔が悲しそうになり、表情がいちばん気高く見える角度からの光では首の輪郭線が飛んでしまう。1967年にこの普通切手が発行された時の撮影チームの苦労を、ちっちゃなスケールで追体験した気分です。

letterpressed Machin / 凸版印刷の女王

December 18, 2011

16 February 1999, UK
‘Profile on Print’ booklet
letterpress
scraperboard: Bill Sanderson
based on original design by Arnold Machin

This stamp is one of the celebrations of Machin’s stamp, representing the design in the letterpress method.  The artwork was made using the scraperboard technique, which was widely used for newspaper, book and magazine illustrations until the 1960s – lines are carved through the black ink coating of the board revealing the white clay surface beneath. Sanderson is one of the few remaining artists using this technique.

His reduced and controlled way of using the knife is recreating the Queens face in the Machin’s relief – not at all easy, I would imagine…  I first found his works in Gavin Pretor Pinney’s book ‘The Cloudspotter’s Guide‘ – incredible depictions of clouds in black and white.

前出のスラニア切手と同時に制作されたもので、凸版印刷にて再現された女王の横顔レリーフです。白黒の原画は「スクレィパー・ボード」と呼ばれる、表面を黒く着色した紙を削って白い線を描く手法で、1960年代ごろまで新聞や雑誌のイラスト、本の挿絵として幅広く使われました。

サンダーソンの手によるこの原画は、デリケートな線の太さの調整と整理された白黒の割合で、見事にオリジナルのレリーフの立体感を再現し、しかもちゃんと女王に似ている。彼の作品は最初にギャヴィン・プレイター=ピニー著『「雲」の楽しみ方』の中で見つけたのですが、白黒で、こんなに表現豊かに雲を描くなんて!としばし感嘆したのでした。

engraved Machin / 凹版印刷の女王

December 17, 2011

16 February 1999, UK
‘Profile on Print’ booklet
engraver: Czesław Słania
based on original design by Arnold Machin

This intaglio engraved by the master Czesław Słania was issued to celebrate The 2000 Stamp Show.  After 48 years of his career, Słania’s polished technique to make three dimensional expression by controlled lines are fully exhibited in much larger format, over double the size of the definitive.

But, somehow this does not look like the Machin original – it does not represent the youth of the Queen, I guess.  Perhaps Słania’s precision urged him to reflect the Time and Tide since the relief was made.

2000年のロンドン・スタンプ・フェアーを祝うために、巨匠スラニアの手による凹版印刷で再現された前出のエリザベス女王の普通切手です。48年のキャリアの迫力の精緻さでオリジナルのレリーフを再現しています。

なのだけど、この横顔は女王に似ていない。というか、Machinのオリジナルにある若さがない気がします。きっと、スラニアは元の切手が世に出てからの30余年の歳月も表現したかったのでしょう。

the Machin / エリザベス2世の肖像

December 13, 2011

5 June 1967, UK
Queen Elizabeth II definitive
photo gravure
design: after plaster cast by Arnold Machin

The last post was my first feature of a monarch portrait – the second stamp is her great grand-daughter, current Queen of the UK.  This is probably the most repeatedly used profile in stamp history.

According to the ‘Profile on Print’ leaflet (1999), the sculptor Arnold Machin made pencil sketches first, then sculpted a relief in clay.  Then he took a plaster mould, which he refined by hand – afterwards taking another plaster cast to bring the features back to relief.  Finally, after ‘numerous trials’ a photograph was taken ‘using north daylight with a precise amount of cloud over the sun’.  Phew!

I like this ultimate simplicity of design – of course inspired by the very first stamp, but pared down to the minimum.  Here are some process records shown, featured in Going Postal blog from New Zealand.

The six stamps below were issued following years – I have not counted yet how many stamps were issued since the first one – still going now.






君主とか政治家の肖像がメインの切手にはほとんど興味がないのですが、前回のポストに続き、イギリスの女王だけは少し特別です。

たぶん世界で一番たくさん切手に印刷されてきたこの横顔が登場したのは、1967年。コミッションを受けた彫刻家は鉛筆スケッチを元にまず粘土で最初の彫刻を制作し、それを石膏で型取りしたものを彫刻刀で手直しして、もう一度石膏取りしてレリーフが完成。それを「おびただしい回数の」試行ののちに「北側の窓辺で一定の雲が日光を隠す瞬間に」撮影したものが、切手になったのでした!彫刻家の写真と最初のスケッチが Going Postal というブログに載っています。

世界初の切手「Penny Black」の横顔をひきつぐデザインなのは一目瞭然ですが、背景の模様や「postage」の文字までも取り去ってしまったこの潔さには、やはり強く惹かれます。

p.s. Someone did count the number of Machins and there are so far 440 of them.

追記:今までに発行されたMachin切手を並べて数えてみた人のリンクを発見。今のところ440枚だそうです。

Penny Black celebrated / 最初の切手の切手

December 11, 2011

2011UK055

15 September 2011, United Kingdom
‘Penny Black – 184o’
Kings & Queens, The Age of Hanoverians
design: Atelier Works

Collect GB Stamps‘ by Royal Mail covers almost all stamps issued in the United Kingdom since the world’s first adhesive postage stamp – the Penny Black. I don’t have the real one, so here is a stamp that features it.

The archive site has huge image records, scanned presentation pack covers, and articles on each stamp.  This is a great archive, but could be improved a lot by featuring the people and stories behind the stamps – designers, creators of original art works, engravers and printers.

As far as I can see, this is the 6th time the first stamp design has been depicted, firstly in 1940 ‘Centerary of First Adhesive Postage Stamps’, in 1970 ‘Philympia 70 – the stamps exhibition’, in 1990 ‘150th Anniverersary of the Penny Black’, in 1992 ‘Greeting Stamps – Memories’, in 1995 ‘Pioneers of Communications’ and finally the one featured above.

イギリスの切手ももちろんアーカイブになっています。世界初の切手と最初の切手蒐集家を生んだ国ですから。そしてその世界最初の切手は「Penny Black」と呼ばれるヴィクトリア女王の横顔です。本物を持っていないので、今年発行されたその切手の切手をここに。

アーカイブには切手だけでなく、一緒に発行されるプレゼンテーション・パックのスキャンやテキストなどが掲載されていますが、残念ながらデザイナーや彫刻師のことは触れられていない。切手に関わる背景が語られたらもっと面白いのになぁ、と今後に期待するのでした。

わたしが見つけた限りでは、「最初の切手」をモチーフにしたイギリスの切手発行は6度目です。1940年に「切手の100周年」が祝われて以来、1970年に「スタンプ・フェア70の記念」1990年に「Penny Blackの150年記念」1992年のグリーティング切手にPenny Redが載り、1995年にはスラニアが彫った「通信のパイオニアたち」、そして今年発行の「ハノーバー家の時代」に、ヴィクトリア女王の切手が登場します。