Archive for October, 2011

Tintin 3D / 立体タンタン

October 30, 2011

2004Belgium002
2004Belgium003

4 November 2004, Belgium
clay figure, sketch and illustration by Hergé (1907-1983)

In fact Hergé worked on 3D films and made clay figures for ‘Destination Moon‘ in 1953 and ‘Explorers on the Moon‘ in 1954.  The sketch shows his detailed design for that evocative Red & White checkered spaceship.

Then the Belgium post released a set of stamps which shows his Black & White stop motion animated film of 1947, based on his illustrated book of ‘The Crab with the Golden Claws‘ of 1941.

So – it’s not hard to think that he imagined quite a detailed ’real’ version when Spielberg told him his ideas about filming Tintin.  Was the concept of digital 3D indicated at that time already?

2004Belgium006
2004Belgium005

タンタンの原作者エルジェはかなり初期から、絵本のフォーマットを越えて先に進むことを考えていたのですね。この2004年の切手には、1953年の『めざすは月』と1954年の『月世界探検』のために作られたフィギュアが作者とともに載っています。宇宙船の詳細なスケッチにも、立体的な世界を構想していた跡がみられます。

そして今年、たぶん3D映画化にあわせてベルギー郵便から発売された切手シリーズには、1941年にすでに作られていたストップ・モーション撮影によるアニメ映画『金のはさみのカニ』の一コマが。白黒でしっかり影が出ていて、雰囲気があります。

彼が亡くなる前にスピルバーグが訪れて「実写タンタン」の構想を伝えた時、エルジェとスピルバーグはデジタルによる3D化の可能性も話したのでしょうか?

run to a cinema? / タンタン3D?

October 25, 2011

2000France001

11 March 2000, France
Tintin and Snowy
illustration by Georges Rémi ‘Hergé’

Yesterday and today are the world premiere of ‘The Adventure of Tintin – 3D‘ – the movie is shown in the cinema from tomorrow.  I watched YouTube clip of the trailer, also the channel 4 feature… well, rushing to a cinema?  Ummm… I realised that I am a fan of those distinctive black line drawings and well-chosen colour compositions.  I am not sure if I am keen to watch the 3D.  Is it a too conservative opinion?  Should it be good because it is directed by Steven Spielberg?

昨日と今日がワールド・プレミアで、明日から公開される『The Adventure of Tintin – 3D』。さて、映画館に走るべきなのか?トレイラーとチャンネル4のニュースまで観たけれど、スティーブン・スピルバーグがタンタンを「ティンティン」と発音するのにいちいちひっかかって困りました。タンタンだもん!そして気付いたのです。わたしはあの黒い線描とマットな着色が大好き!ということに。3Dなぁ、、、こんな困惑は保守的すぎますか?

looking at the stars / 星空を見上げる

October 22, 2011

1 November 1978, Japan
Tokyo Astronomical Observatory Centenary
design: Kanji Takeara

I received a lovely postcard from Japan and this stamp was used.  I remember when this stamp came out – I was 12 years old, just after moving from a small town to the big city of Hiroshima, where I realised that I couldn’t find any stars in the sky.

Now I live on the edge of metropolitan London, but above the forest here there are more stars to be seen.  We had clear blue skies for last few days, similar to Japanese autumn sky, and I’ve been enjoying real stars, as well as the ones on this stamp.

昭和53年11月1日発行
東京天文台100年記念
デザイン:武荒勧嗣

数日前に、この切手が貼られた素敵な葉書が届きました。12歳だったわたしは家族とともに山口県の小さな町から都会の広島に引っ越し、あれ、夜空に星が見えない、、、と思った年に出た美しい切手。

今はさらに大きな都市であるロンドンの端っこに住んでいて、でも近くに森があるので、その方角を向くと広島よりは星が数えられます。特にここ数日は日本の「天高い」秋の空のような抜けるような青空が続き、夜空を見上げて楽しんでいます。

追記:このポストの後に見つけたとっても楽しいブログ『科学切手の世界』の『日本にもあるぞ科学の切手』によりますと、この切手に描かれているのは岡山天体物理観測所の188cm反射望遠鏡で、その背景の空にはオリオン座が。そして「ペテルギウスもちゃんと赤っぽくなってます。」、、、確かに!わざわざ印刷を一色(ひと工程)増やして、この効果が作られている!?

big appetite in autumn / 食欲の秋

October 6, 2011

2005Sweden003
2005Sweden002
2005Sweden001

10 March 2005, Sweden
Europa / Gastronomy
design: Jenny Halling Sjostedt

There is a saying in Japan that your appetite grows in autumn.  Yes, I have eaten a lot in Istanbul last week and now here in Tokyo.  My appetite will be more developed in Hiroshima in the next week, then I will start to miss my everyday meal in London.

This is the third radish stamp in my collection.  In Europe, now is the time to make preserved food, the grace of forest.

食欲の秋、というのは本当だなぁと思います。どうしてこんなにお腹が空く?と不思議になるほどです。仕事をしていたらお腹が空いて当然だけど、なんにもしていない移動待ちの半日とか、そんな生産的でない夕方にもぺこぺこにお腹が空くのはちょっと理不尽な気がする。

赤カブを描いた切手がもう一枚ありました。スウェーデンの秋の味覚と保存食作りの切手。ヨーロッパでは秋の味覚は大事に保存され冬を越す食料になります。