Archive for August, 2011

butterfly, radish and sun / 大陽はどこに

August 18, 2011

1971Netherland002
1971Netherland001
*exch. 051 ( bottom one only )

9 November 1971, Netherlands
design: Babs van Wely

When I was in the countryside for cycling last weekend, I saw a couple of yellow butterflies.  I had an idea that butterflies are found from spring to early summer and not after the peak of a hot summer.  It seems we haven’t had the peak of summer yet – and I am seeing some trees getting coloured already…

Where is our sun!?

1971Netherland003
*exch. 052 ( limited number )

Has summer gone already?

But in our garden, the branches of our pear tree are heavily laden with the biggest pears of the last few years.  How about the vegetable harvest?

I like the composition of these stamp designs – wide sky for the butterfly and deep ground for the radish, as well as the sun with big hands.

先週末、郊外をサイクリング中に蝶がひらひら飛んでいるのを何度か見かけました。あれ、蝶は春先から初夏にかけて飛んで、お盆を過ぎたらぱったり見ないもののはずでは?というか、ここイギリスではこの夏、ほとんど暑くならないままに木々が色づき始めているのでした。

大陽はどこに?
夏は終わったの?

そんな天候なのに、庭の梨の木が今まで見た事のない大きさでたわわに実って、枝が重みで垂れ下がっています。土の中の野菜類は順調に育っているのかな?

地面の位置の違いで蝶に広い空、カブには深い大地を作っている、この女性イラストレーターのおおらかな構図が大好きです。手を振っているような大陽も甘すぎず、クール。

100 years scouting / ボーイスカウト100年

August 14, 2011

27 April 2007, Switzerland
Centenary of Scouting
design: Marc Waller

Another triangular stamp – in the shape of a tent.  I would imagine that in the early time of scouting, boys and girls were not together in a tent!… now they are happily on one site and enjoying new freedoms.

Each face pictured here remainds me someone I know – it is strange, though.

三角切手をもう一枚。図柄はちょっとあか抜けないけれど、テントの形の見立てが面白いと思います。100年前はきっと男子と女子は厳格に活動が分かれていたのだろうけれど、、、今はさすがに、男子と女子、いろんな人種が交流しているよ、と切手で訴えている感じもあり。

それにしても、描かれているどの顔もわたしの知っている誰かと似ているのが、、、変な感じです。

flying pigeons / 飛び立つハト

August 11, 2011

1954Monaco001

12 April 1954, Monaco
‘Pigeons released from mobile loft’
design and engraving: Raoul Serres

Following a Dove stamp from Switzerland, I pick up this from Monaco.  I did not know that people had this mobile Homing pigeon hut until seeing this stamp.  Pigeon keeping was popular from ancient times until the 1960’s, as they delivered communication materials. A Pigeon-Gram service even existed at the end of 18th century to the early 19th century.  Domestic pigeons also provided valuable manure for farmers – thus many beautiful Dovecotes still exist.

ハトの切手つづきで、モナコの1950年代の「移動小屋から飛びたつハト」です。となりに飼い主のテントもあります。ロフトの語源が屋根裏のハト小屋だったこと、移動するロフトもあったことなど、この切手を見るまで知りませんでした。糞が畑の肥料になったこともあり、伝書鳩の飼育は古代から1960年代ごろまで続き、今も多くの鳩舎が残っています。インド警察は「インターネットの普及」を理由に2002年で伝書鳩の飼育をやめたようです。ということは、ファックスよりは鳩が信頼されていたのかな。

prayer for peace / 平和の祈り

August 6, 2011

16 May 1995, Switzerland
Europa: Peace and Freedom
design: Hans Erni / embossed

66 years ago today, the first Atomic Bomb destroyed the city of Hiroshima and killed about 140 thousand people over the course of several months.  My family lived on the edge of the city in the shadow of a little hill and they were lucky to survive, but had to witness a huge number of tragic deaths.

I wanted to celebrate the anti nuclear power demonstration today in Japan, but it is unfortunate that it ended with several arrests in Tokyo.  In London today, 3 kilometers away from my studio, in Tottenham, there was a riot where a bus and a block of buildings were set on fire, and shops were looted.  We need love and peace, not violence and armed interventions…

p.s. The author of Europa stamps has told me about the designer of this stamp, Hans Erni.  He is now 102 years old and is still painting everyday!  How wonderful it is and his stamp designs.  I do love this subtle expression of peace and its sincere atmosphere – his background as an activist tells us about it.

原爆の日に反原発のデモがあるのはとても自然なことに思えました。逮捕者が出るようなことになったのがとても残念です。まだちゃんとした記事を目にしていないけれど、誰かが警察官の帽子をふざけて落としたのがきっかけだったというのは本当かな?

スタジオから数キロ圏の東ロンドンでは同じ日に暴動が起こり、バスや店舗、派出所を含む建物が炎上しています。平和を祈る日だったはずなのに。。。

追記:Eurpa stampsのユルゲンより、このデザイナーのことを教えてもらいました。この平和を願う真摯な雰囲気は、102歳の今も絵を描いている彼の政治的な活動家としての歴史を現しているようです。

girl scout 2 / ガールスカウト2

August 4, 2011

1957Philippine001

19 January 1957, Philippines
Girl Scout World Camp at Quezon City

The girl scouts movement started in Japan in 1920, but in the Philippines it started 63 years earlier, in 1857.  This clover leaf is the emblem of the girl scouts.  Simple and clean design, with four tents behind a silhouette of a girl, with a streak of cooking smoke… I get hungry somehow.

p.s. The Scouting Movement started 1907 – it seems the year 1857 on this stamps has nothing to do with the Scounting… a bit of mystery remains.

日本のガールスカウトは1920年に始まったのだけれど、フィリピンではそれより63年早く1857年には活動が始まっていたようです。このクローバーがガールスカウトの紋章ですね。単色のシンプルなデザインで、少女の背後に4つのテントと調理しているらしい煙が一筋、、、お腹が空くのはなぜだろう。

追記:ボーイスカウトが1907年にはじまり、ガールスカウトは翌年1908年が発足のようなので、この切手に記された年号1857はスカウト運動とはどうやら関係がないようで、、、謎です。

girl scout / ガールスカウト

August 3, 2011

1971Japan004

26 July 1970, Japan
50th Anniversary of Girl Scouts Movement
design: Takao Yamanouchi

I didn’t know the three-fingered salute of girl scouts until seeing this stamp.  Always I admire cool girls who can make strong knots and make fire in the field with a practiced hand.  If I knew this uniform, I could have been a member straight away, too…

昭和45年11月1日発行
ガールスカウト運動50周年記念
デザイン:山野内孝夫

ずっと昔から、ローブの結び方を知っていたり手際良くたき火をおこしたりできる女子に憧れてきました。このユニフォームを子供の頃に見ていたら、きっと「ガールスカウト入りたい!」と挙手していたに違いない。