Archive for July, 2011

camping in the rain / 雨天キャンプ

July 31, 2011

1989Sweden005

17 May 1989, Sweden
Summer Activites
design: R. Eriksson

I am kind of traumatised by my first experience in camping – heavy rain was too loud to sleep, my brand new trainers went totally brown in muddy ground next morning.  It was the last camping memory and I have not gone back to the fields to sleep since.

In recent years it seems I am wanting to go back – I bought a set of stackable wine glasses, enamel mugs and a kettle and even a collapsible coffee dripper.  I cannot resist compactness and devices for mobility.  Well, I have to buy a tent, then.

子供の頃に行ったキャンプで雨に降られ散々な目にあいました。テントを打つ雨音が強くて眠れず、翌朝に新品のスニーカーを泥にとられて靴下までどろどろになった記憶。たぶんこれが理由で、それ以来2度とキャンプをしていないのでした。

ここ数年、どうやらキャンプをしたくなっているようで、気づくといろいろ揃えていました。重ねて小さく収納できるワイングラス、ホーローのやかんとマグカップ、平たくなるコーヒー・ドリッパーまで。こういう機能的でコンパクトに設計されたアイテムに目がないのでした。そうだ、まずテントを買わないと、、。

peace race / 平和な競争

July 25, 2011

1962 Poland
Peace Race, Berlin-Prague-Warsaw

The last day of the Tour de France is traditionally peaceful and friendly – until a few laps before the goal.  All the team members of the winner and lots of others wore yellow sun glasses this year, as if they praised everyone’s courage.  Yes, riding through 21 stages is already a huge achievement.

These stamps are celebrating the 15th Peace Race, which started in 1948 to recreate a friendly reunion between Czechoslovakia and Poland, then extended to Berlin in 1952.  ‘Peace’ in different languages shows how international the race was already in 1962.

I forgot almost – but the right hand side top corner of this stamp below is my blog icon picture.

昨日のツールドフランス最終日は、恒例の「競争しない日」で、和気あいあいと話しながら、黄色のサングラスで勝者を讃えながらの行進、という風情。ただ、ゴール直前のシャンゼリゼでのスプリントだけは例年盛り上がります。

この2枚の切手は1948年に戦後の関係修復としてポーランドとチェコスロバキア間で始まった「平和レース」の15回目を祝ったものです。1952年には東ドイツも加わって3都市間レースになり、その後さらに距離も伸びて2006年まで続きました。

ほとんど忘ていましたが、2枚目の切手の右端がこのブログのアイコン・イメージです。ブログを始めてから2年と2ヶ月後にやっと掲載。

god of speed / スピードの神様

July 23, 2011

1975Ecuador001

1975 Ecuador

Stage 20 of Tour de France was the sole individual time trial.  A lot of solitary battles on the 42.5 km route.  Cadel Evans became the first Australian winner of this historic race.  He was absolutely tuned into winning – as if the God of speed was with him.

This Ecuador stamp is showing a cycle racer ( doesn’t it? ) in the style of their Inca god – in the form of a time trialist.  I wish Thomas Voeckler had come at least third – he did really great, though.

今日のツールドフランスは個人のタイムトライアルで、優勝を賭けた孤独な戦いはオーストラリアから初めてのツール勝者となるカデル・エバンスが制しました。「勝ってやる!勝ってやる!」と背中に書いてあるような、そんなこぎっぷり。

エクアドルの切手の中でタイムトライアルのポジションで疾走しているレーサーは、インカの神様の装束です。今日のエバンスには、たしかにこんな神様が一緒でした。応援していたトマ・ヴォクレールは無念の4位。よく頑張った!!

mountain stage / 上り坂

July 22, 2011

1960Morocco001

1960 Morocco
designer:  Albert Decaris
engraver:  Claude Durrens

It was a tough mountain stage at the Tour de France today – the racers made a great effort to pedal up Alpine mountains.  The last one was 15 km long up-hill – Alpe d’Huez – after they have already ridden 85 km on very hilly roads…

This stamp from Morocco for the Olympics in Rome shows the climbing moment – the strange shape of his mouth is maybe expressing the clenching of teeth!  Arabic letters are dancing around this racer, supporting his effort – maybe?

今日のツールドフランスはタフなアルプス越えでした。歯を食いしばって渾身の力でペダルをこぐ若者たちは感動を呼びます。レースのハイライトを見ていると、だんだんと自分も一緒に坂道をこいでいるような気になって、終わるとぐったり疲れるのでした。

このモロッコの1960年の切手はそんな山道をこぐレーサーを描いているようです。口が変な形になっているのが「うへー」と言っているようにも見える。上下のアラビア文字が飛び跳ねながらフレーフレーと応援している風情なのですが、、、読めなくて残念。

the winner / 勝者エディ・メルクス

July 20, 2011

22 July 1972, France
World Cycling Championships
design & engraving: Georges Bétemps

This stamp does not show the name of the rider pictured, but it is Eddy Merckx who won the World Championship in 1971.  Shortly after the launch of this stamp, he also won the Tour de France of 1972, for the third time.

On the contrary to this feature, I am enjoying the absence of the ‘superstar’ in the Tour de France 2011 – stage winners are honestly talking about the support they have received from team mates, and I like the modest comments by Thomas Voeckler, who has kept his Maillot jaune for nine days.  I am now a great supporter of his – why not a French winner after 26 years of foreign riders winning?

名前は載っていませんが、描かれているレーサーは世界選手権自転車競技大会の1971年の勝者エディ・メルクスだと思われます。この切手が発行された数日後に、彼はツール・ド・フランスの1972年の優勝を飾りました。

この切手とは対照的に今年のツール・ド・フランスはスーパースターが不在で、それがいい感じなのです。ステージ勝者たちはチームメイトの協力を讃え、9日もマイヨ・ジョーヌを保持しているトマ・ヴォクレールはインタビューのたびにすっとぼけた調子で「明日はどうなることやら、、」と八の字眉毛の笑顔になる。クールなスターよりも、不安と隣り合わせのこんなレーサーを応援したくなります。さて、26年ぶりにフランス人が優勝するのか!?

final sprint / 最後のひとこぎ

July 15, 2011

1969Belgium002

5 July 1969, Belgium
Road Championship of the World

The sprint competition points system has been changed for this years Tour de France, which is making the tour more exciting to watch.  Teams work hard to bring their sprinter to the height of speed to ride for the intermediate sprints – as well as the final few hundred of meters before the goal of the day.

This Belgium stamp from the late 60’s depicts well the hard work of legs and I can almost hear the squeaking noise from the bike…

ツールドフランスのスプリントポイントの数え方が今年から変わり、ハイライトを観る楽しみが増えました。チームが一丸となってぐりぐりと前に進み、一番早いスプリンターを最後にラインに送り出す。ライン間近で競り合うそんな瞬間の選手たちの全身の筋肉の動きや「うがー!」という表情は迫力があります。

この1960年代最後のベルギーの切手は、自転車がきしむ音が聞こえてきそうなほど、その瞬間の様子をとらえていて、お気に入りの一枚です。

French weathercock / フランスの風見鶏

July 13, 2011

1973France001

1 December 1973, France
50th Anniversary of French Chambers of Agriculture
design & engrave: Pierre Béquet

A prominent ironwork on top of a traditional farm house – was weathervane.  Before the weather forecast was developed, people try to read the weather by the wind and clouds, to plan their day.

Since the Tour de France started, I am concerned about the weather in France – today, those tough guys had to ride against heavy rain and strong side winds.  Cavendish had won his 18th stage champion – with clenched teeth!

ヨーロッパの伝統的なスタイルの農家には必ず風向計がついていて、これも鍛冶屋の仕事でした。天気予報のない頃は、風の向きや雲の位置でその日の仕事を決めたのですね。

ツールドフランスが始まってから、フランスの天気が気になります。路面が濡れると怖いのを実感しているから。今日も横殴りの雨の中、タフな選手達は時速60キロなどという恐ろしいスピードで、脚力を競ったのでした。英人スプリンター、マーク・カベンディッシュがツール通算ステージ18勝目を飾る。歯を食いしばって、すごい気迫でした。

the power of the spiral / うずまきの力

July 7, 2011

1970Sweden005
1970Sweden004

9 February 1970, Sweden
Memorial Cross, Ekshärad churchyard
Weathervane, Soderala Church
engrave: M. Franzén (5ö) and H. Gutschmidt (30ö)

One of the features which catches my eye when I see ironwork is the spiral.  There is some kind of power there, especially when they exist in numbers.  A lot of spirals – somehow makes me stare at them and be hypnotised.

This series of stamps, definitives from Sweden, are simple and powerful examples to reproduce the power of the spiral.

中世の鉄細工を見てわくわくする要素のひとつが、うずまきの繰り返しです。どうしてこんなに引きつけられ、くらくらさせられるのか。やはり前世の記憶が、、、?

このスウェーデンの普通切手は、鉄細工のシンプルな魅力がそのまま切手になっていて、うっとりしてしまうのでした。

door with iron spirals / 鉄のうずまきの扉

July 5, 2011

1970Sweden006

9 February 1970, Sweden
14th-century door, Biörksta Church
engrave: H. Gutschmidt

I strongly believe that in a former life I was a Medieval blacksmith somewhere in Europe!

My favorite room in the Victoria &Albert Museum is the Ironwork gallery on level 3 and my favorite museum in France is Musée Le Secq des Tournelles in Rouen.  Both places are full of objects made of iron – decorative wrought and cast iron, such as door handles, locks and keys, handrails and shop signs, doors and fences.  I can forget about time, staring at them and imagining iron bars being forged, twisted and formed into spirals.  I can even smell charcoal and feel the heat of sparks flying…

わたしの前世は(もしもいくつかあるなら、確実にその一つは)中世ヨーロッパの鍛冶屋だったと確信しています。

ロンドンの工芸美術博物館V&Aで一番お気に入りの部屋はレベル3にある Ironwork ギャラリー。フランスで一番好きな博物館はル・セック・ド・トーネルという人のコレクションを納めたルーオンにある教会です。どちらも、鋳鉄や聯鉄で作られた門扉、ドアハンドル、錠前と鍵、階段の手すりや看板などで一杯で、入ったとたんに腰くだけのようになって時間を忘れ、ほれぼれと眺め入ってしまう。自分でも、どうしてこんなに好きなのか謎なので、これはやはり前世だと思うのです。