Archive for May, 2011

The Enchanted Owl / 魔法のふくろう

May 30, 2011

1970Canada001

27 January 1970, Canada
Centennial of the Northwest Territories
design: Norman E. Hallendy & Sharon Van Raalte
based on a stone-cut print by Kenojuak Ashevak

Since last autumn I have not heard the sound of an Owl at all, until tonight.  I am really pleased to hear it!

This beautiful Owl stamp is based on an Inuit artist‘s work from 1960, named ‘The Enchanted Owl’.  How magical the Owl was in their tradition – I would like to find out.  In Canada, the indigenous people’s full political rights were entitled in 1960 – two years earlier than the Australian Aborigine – just 51 years ago.  That is a suprise.

昨年秋ぐらいから、まったくふくろうの鳴き声を聞かず、どうしたんだろう?と話していた今夜、久しぶりにはっきりした声を聞きました。あぁ、よかった。戻ってきた。

この美しい切手にはカナダの原住民イヌイットのアーティストの『魔法のふくろう』という名の石版画が使われています。この切手を見て、ふくろうがイヌイットや他の原住民にとってどんな意味を持った鳥だったのか、知りたいと思いました。カナダでは、この石版画が制作された1960年にやっと、原住民の参政権が認められています。オーストラリアのアボリジニよりは2年早かったとはいえ、今からたった51年前のことだと思うと、ちょっと驚きです。

Aboriginal art / アボリジニのアート

May 23, 2011

1947Australia001

1947 Australia

The British Museum has an Australian season over this summer, featuring art, crafts and history.  One of the curators of the British Museum was talking about Aboriginal art on the radio tonight and that reminded me of this stamp.

Featuring indigenous people’s art in 1947 was in fact very early compared to other countries which were settled by immigrants.  15 years later than this stamp, in 1962, all the Aboriginal tribes in Australia finally had the right to vote.

大英博物館ではこの夏「オーストラリア・シーズン」と称して前庭にオーストラリアの木が植えられ、工芸やアートが展示されるそうです。ラジオで大英博物館のキュレーターがこの催しを案内していたので、この切手を思い出しました。

入植者が国土を乗っ取ってしまった国々では先住民がひどい扱いを受け、1947年の時点で先住民のアートを切手の図柄に取り上げたのは実はとても早かったのです。なのでわりと早くに先住民の文化に理解を示した国だったのかと思ったら、そうでもなく、この切手から15年後の1962年にようやくアボリジニも選挙権を獲得しました。

avant-garde in 1923 / 1923年の前衛

May 7, 2011

1923Netherland002

1923 Netherlands
design: N. J. van de Vecht
letterpress

I am a great fan of letterpress stamps as they often have a beautiful naïveness and simple composition.  This one from the Netherlands must be very advanced in design at that time, compared to other conventional portraits of sovereigns.   I featured another set from 1926, the Dutch post office in the 1920’s was quite experimental in their artistic attitude.

88年経っているとは思えない斬新な余白を持つこの切手。君主の肖像や国の紋章が一般的なモチーフだった当時、このデザインにOKを出した役所は前衛的だったのですね。1926年のアーティスティックな切手も。

1923年は日本の大正12年。J. H. モーガンが設計し建設に約3年かかったモダンな丸ノ内ビルヂングが春に完成、同年9月に関東大震災が起こりました。震災を生き残ったこのビルは残念ながら1999年に解体されました。もしも残っていたら、今回の地震で壊れていたかもしれないし、、複雑です。

sturdy nurse / 頼れる看護婦さん

May 3, 2011



1925 Belgium
Charity for Tuberculosis
letterpress

I fell off my bicycle yesterday and had four stitches in my knee.  The nurse at the accident and emergency unit of the local hospital was very reassuring and highly professional.  She was very comforting and made a shocking ‘stitching session’ endurable.

This set of stamps from 1925 Belgium is depicting a sturdy nurse with supportive energy, appealing for a charity for people suffering from Tuberculosis.  This campaign was continued until the 1950’s, when the disease was almost exterminated in the Western World.

昨日、田園サイクリング中に転び、膝を4針縫う怪我をしました。最寄りの救急病院で、とても頼れる感じの看護婦さんがリラックスした雰囲気で手当をしてくれ、「縫い合わせ」は、想像したほど怖くなく終了。出会う看護婦さんの人柄は、患者の心理には大きく左右することを実感しました。

この切手セットは結核患者のための義援金をつのる1925年のものですが、たくましく美しい看護婦さんが描かれ、協力を呼びかけています。このような寄附金付き切手シリーズは1950年代まで、結核が治療可能な病いになるまで発行されました。