Archive for April, 2011

a boat on the rough sea / 荒波の小舟

April 26, 2011



1927 Belgium
‘Caritas’

Charity stamps, known also as semi-postal, were a great invention to collect charitable funds to support people who need help.

Caritas, named after the Latin for ‘charity’ or ‘virtue’, was formed by Catholic members in 1897.  Their mission was to make a better world, especially for poor and oppressed people. I consulted the history of Belgium around 1927, but did not discover who Caritas were raising money for in this case.  Whoever the people in the boat are, the stamps are in impressive contrast between sad faces and the abstract lines of waves – appealing for help.

ヨーロッパには古くから援助の精神があったようですが、切手の額面を少し増やして義援金を集める寄附金付き切手は1890年代に発行されはじめたようです。

「Caritas」は1897年にドイツで設立され今も続くカソリック系の団体です。援助は貧困に苦しむ人たち、政治的にしいたげられた人たちなど向けられますが、この切手の1927年のベルギーで、荒れた海に浮かぶ小さな舟に乗っていたのが誰だったのか、調べてみたけれどわかりませんでした。誰だったにしろ、悲しみに沈む表情と象徴的な波の描写が印象に残る切手です。

coastlines 2 / 海岸線 2

April 22, 2011





19 March 2002, UK
‘Coastlines’
Photography: Richard Cooke

Another five stamps complete the set.  Again, a variety of coastlines are shown – characteristic chalk cliffs, sunbathing people on beach, beach huts lined up, sailing boats, and a coast road alongside old mining industry.

Although I am not a great fan of stamps with photography, I have to admit photoraphy has the power to stop a moment and show us documentary fact.

この「海岸線」切手は10枚で1セットです。残りの5枚も載せます。切り立った石灰岩の崖、ビーチで日光浴する人たち、海辺の小屋が並ぶ海岸、浅瀬を迂回するボート、古い採鉱跡地。

写真が使われた切手はどちらかというと好みではないのですが、写真は「瞬間を切り取って」事実をみせてくれ、自分の住んでいる地球のことを教えてくれることに改めて気づきます。

coastlines / 海岸線

April 17, 2011





19 March 2002, UK
‘Coastlines’
Photography: Richard Cooke

Coastlines are cultural interfaces between ‘native’ and ‘overseas’.  This set of stamps with aerial photos around the British Isles are showing geographical fact and the lives of people, who protected their land from invaders, the ports for importers and fishermen to bring food, as well as the farmers working on flat land.

This series of satellite photos from the New York Times show us that the Tsunami has taken thousands of lives from the East coast of North Japan, and had destroyed history and culture alongside a long section of the coastline.

海岸線は単に海と陸の境界線というだけでなく、海を越えて人がたどり着く場所であり、攻めて来る敵から土地を守る人びとの戦いの歴史があり、物資が運びこまれ食料の魚が集まる港、平坦な海岸沿いには農家が作物を植えて、、、と、この切手の航空写真を見るだけでも豊かな文化が育まれる場所だということがわかります。

ニューヨーク・タイムズに掲載されたこの衛星写真は、津波が一瞬にしてたくさんの命を奪い、同時に海岸沿いに豊かに育まれていた歴史や文化をめちゃくちゃに壊していったのだ、という事実をわたしたちにつきつけます。

one year on / 火山の混乱から1年

April 16, 2011

1947Iceland001
1947Iceland002

3 December 1947, Iceland
Mt Hekla in Eruption
design: S. Jónsson

Just a year ago, people in Europe started to realise that an event of nature can cause great disorder to our modern society.  I was in Milano last year today, looking for an alternative route to get out from Milano – it took 25 hours to get back to London through Euro-tunnel.

This set of stamps are showing an eruption of Helka, one of Iceland’s main volcanoes, in 1947.  The close-up below shows great needle work by the engraver, signed SJ, depicting erupting volcanic ashes both near and far.

Iceland has been supplying most of its required electricity by renewable sources – geothermal and hydro power. And also they are developing hydrocarbon exploration, as they are aiming to be energy-independent by 2050.

1947Iceland001-2

一年前、火山の噴火が飛行機を止め、いつもの便利な生活をあっと言う間にかき乱すことをヨーロッパの人たちは体験しました。わたしもミラノからパリへの夜行列車で眠り、車でリールまで迎えに来てもらって25時間かけてロンドンに戻りました。

この2枚の切手は、同じアイスランドで1947年に噴火したヘクラ火山を描いています。凹版印刷の彫り師が、吹き上がる火山灰が遠くでかすんで地上に降る様子を丁寧に描いていて、火山に対する畏敬の念を感じます。

アイスランドは国内で必要なエネルギーのほとんどを水力発電と地熱発電によって供給しているのだそうです。水素燃料電池の開発や試運転もすすみ、2050年までには化石燃料の輸入もやめエネルギー的な自立を目指している、、。日本の約3割の国土におよそ32万人が住む人口密度の低さだからできる離れ業ではあるけれど、エネルギー政策の先進国と言えるでしょう。

energy saving / ドイツの省エネ

April 5, 2011

1979Germany001

14 November 1979, Germany
‘Energy Saving’

The seven oldest nuclear power reactors are temporarily shut down in Germany after the Fukushima nuclear incident and discussions on the phase-out process is now dominating the debate in the country.

This stamp is from 32 years ago – the length of time that one nuclear power plant can produce energy under the current German law.

I am interested in energy policy from different countries since the Fukushima problem and recalling the landscape of places I have visited in relation to that. For example, you find a lot of solar panels on houses in Belgium, where the phase-out of nuclear power is in place already.

European cities are not keen to have bright adverts or bright lit vending machines in their towns, and appreciate moody candle light for romantic dinners – but a more radical shift is needed on the manufacturing front and everyday life in the nuclear free future.

ドイツで古い方から7基の原子炉が一時停止したこと、それによって隣国からの電力の輸入が始まったことが伝えられています。もともと反原発の世論の強かった国で、シフトが起こるのは必至のようですね。

この切手は32年前の発行。ドイツには32年経った原子炉は止めるという法律が、すでにあります。

大震災後の福島第一原子力発電所の経緯を見ながら、ヨーロッパ各国のエネルギー政策に関心を持つようになり、それが各国のランドスケープの特徴とも関連があることにも思い当たりました。たとえば原子力発電を将来的に廃止することが決議されたベルギーでは、政府からの補助金を使ってたくさんのソーラーパネルが民家の屋根に設置されています。

もともとヨーロッパでは、都市に照明で飾り立てた看板を掲げることを嫌ってきたし、キャンドルの灯でロマンティックなディナーを大事にする伝統がありますが、原子力に頼らない将来を模索する今、もっとラディカルな製造現場や生活の見直しが必要になってくるのは間違いないです。