Archive for March, 2011

energy recycling / エネルギーリサイクリング

March 30, 2011

1981Japan002

1 August 1981, Japan
Energy Recycling
design: Hideo Toyomasu ( competition winner )
layout: Yoshiaki Kikuchi

Another stamp in the same set as the previous post, ‘save energy’.  When this stamp was issued, energy recycling did not yet mean ‘renewable’ in Japan, where the mainstream of energy discussion was around building more and more nuclear power plants.

Now, after the tsunami has made the cooling system of the Fukushima power plant disabled, people started to discuss the dangers of having 54 nuclear power plants on the edge of tectonics – and the 300 year long problem of how to keep nuclear waste safe.  I am shocked myself how I did not pay attention to the decommissioning of nuclear power plants, until this large scale distruction. This is going to be a problem all over the world – 531 existing and under construction plus on-going plans of nuclear power plants, if the buildings are not standing there for ever.

昭和51年8月1日発行
省エネルギー
原画:豊増秀男(公募から採用)
レイアウト:菊地吉晃

一つ前に紹介した『省エネルギー』とセットで出された切手です。原子力発電所の建設がどんどん進んでいた1981年、「エネルギー・リサイクリング」はまだ継続可能なエネルギー源のことではなく、発電余熱の有効利用とか、そういう事だったと思います。

地震と津波で福島第一原子力発電所の操業を止めるまで、原発は安全だと言われているけれど本当に?という疑問を持たなかった。今になって、どうやって原子炉を止めるかとか建て屋の放射能汚染がどれくらい残るのか、放射性廃棄物をどう管理するのかなどを知って愕然としています。300年間どこか隔離された場所にしまっておかないといけないような物が、何百万本ものドラム缶に入って、日本のどこかにある。日本だけでなく、世界中の435基の原子炉から同じような廃棄物が出ていて、まだ100基近くが建設中だったり計画されていたりする事実。世界中で、節電しないといけないんだよね、本当は。

save energy / 省エネルギー

March 23, 2011

1981Japan003

1 August 1981, Japan
Energy Saving
design: Sakae Maejima ( competition winner )
layout: Fumito Otani

It is not well broadcast abroad that in most of Tokyo people are having planned power cuts, up to 3.5 hours a day.  Many shops are open with reduced illumination, as well as in stations.  They must have a difficult time, even if they expect the black out they have to build their life around it.  But there are some positive comments on their situation – one found that the stars are so beautiful when the street lamps are out, another thought a restaurant was nice and intimate with a table lamp.

I thought I could find several stamps about Energy Saving, but found only a set of two, which were issued in 1981, just after the second oil crisis.  Since then people forgot to think about it for long time and power plants were built to sustain our wasteful habits.

昭和51年8月1日発行
省エネルギー
原画:前島栄(公募から採用)
レイアウト:大谷文人

首都圏の計画停電でたくさんの人が交通の乱れなどを体験している様子は、ここ英国のメディアでほとんど取り上げられていません。きっと毎日の生活で、細かく不便なことがたくさんあるだろうと思います。そんな中でも「店や駅もこれくらいの明るさで充分、今までがエスカレートしすぎだった」とか「街灯の消えた空にびっくりするほどたくさんの星が見えた」というようなコメントを見かけると、日本はこの困難を抜けた時にきっとより良い場所になる、と思えます。

省エネルギーに関する切手はきっとたくさんあるだろうと思ったら、日本ではこの1981年のセットだけでした。それ以降はバブルに突入し、だれも「ビルの広告明るすぎない?」と言わなくなった。そして、工業を促進して明るい夜を支えるために、発電所が建て続けられた。環境問題への意識が高まったここ数年にも、省エネルギーに関する日本の切手は見つからず。それは正直、驚きでした。

a prayer for Japan / 祈りはじめて10日

March 21, 2011

1989Netherland001

30 November 1989, Netherlands
‘candle’
design: Hans Kruit

I was in a hotel room in Tokyo when the earthquake hit Japan.  The room on the 10th floor was shaken badly, but nothing fell down, or was broken or cracked.  Soon I discovered that I was a lucky one – my family is all in the west part of Japan and all my friends in Tokyo and Sendai are fine, although some of them are concerned about their family in the stricken area.  My flight was delayed just 24 hours, and took off on Sunday, two days after the quake, when I returned to London.

Since I left Japan, I have been thinking what I can do.  Maybe right now I can donate for rescue activities, and to pray – for the souls of the victims to rest in peace and for servivors to have rest, comfort and medical care they need.  I am praying for safety of people who are working at the nuclear power station, too.

地震がおそった時、わたしは都内のホテルの一室に居ました。地上10階はさすがに揺れたけれど、耐震構造のおかげか何も床に落ちなかったし、壁に亀裂も走らなかった。心優しい友人たちに助けられ、予定より1日遅れただけでロンドンに戻りました。その2日間に、秩序を守り行動する市民と復旧をいそいで日夜を問わず働いているたくさんの方々を目の当たりにし、日本は大丈夫!と思いました。

日本を離れて以来、遠くから被災地に何ができるのか、デザイナーという職能をどうにかして役に立てることに使えないか?と考え続けています。

まず出来ることは募金、そして、祈ること。犠牲になった方がたの安らかな眠りを祈り、被災地の人びとの一日も早い安堵と健康を心より祈ります。

spring fish / 春告魚

March 1, 2011

1964Germany004

10 April 1964, Germany
‘Herring’

They are in widely sail around North Pacific and North Atlantic.  In Europe, Herring has been called the “silver of the sea”, and its trade has been so significant.

Recently, as a result of their predators such as sharks, dog fish, tuna and cod have been gradually declined, the number of them are retained fine.  So, let’s enjoy this oily fish, deep fried or marinated.

This is my favorite offset/lithography stamp from Germany – delicate Black line on its mouth is so effective from distance view.

1964Germany004-3

「春告魚」というすてきな別名で呼ばれるニシンは、その数で北大西洋の生態系にいちばん影響を与えている魚です。

日本近海での漁獲は1897年のピークを境にどんどん減り、1955年頃にはすでにカナダやロシアからの輸入が大半を占めていたそうです。お正月に食べた数の子も、輸入ものだった記憶が。江戸時代にはニシンの加工のために木が切り倒され北海道で森林破壊がすすむ原因になったり、漁業と環境問題とはいつも隣り合わせなのですね。

この切手はオフセット印刷の美しい例。しゅっと1本入った黒い線が、にしんの口元をきりりと引き締めています。