Archive for December, 2010

riding in the woods / 森の中を走る

December 30, 2010

22 March 1974, Canada
‘Cycling’ in Olympic Games, Keeping Fit series
design: David Hunter
based on a photograph by Crombie McNeill
engrave: Donald J. Mitchell

Another stamp featuring a family cycling in the woods from Canada, in mono-colour.  This one has unusual Intaglio effect on it – you can see the Olympic rings over the picture if you enlarge.

I don’t have a catalogue of Canadian stamps.  Is anyone able to tell me about the designer who did this optical illusion?

家族で森をサイクリングしている切手をもう一枚。これもモノトーンで、凹版印刷の技術を使って不思議な効果を出していて、拡大するとオリンピックのマークが見えてきます。

カナダの切手のカタログを持っていなくデザイナー名が不詳です。どなたかご存知だったらぜひ教えてください。

p.s. Name of designer, original photo and engraver were tought by Jürgen of Europa Stamps.  Thanks, Jürgen!

追記:デザインに関する詳細はのちにEuropa Stampsを主宰するJürgenより教えてもらいました。ありがとう!

want to ride! / 自転車に乗りたい!

December 28, 2010

1977Sweden001

24 March 1977 Sweden
Keep Fit Activities
designer: R Martensson
engraver: Czesław Słania

The snow has stayed for a week on country roads and I couldn’t take the risk of riding on frozen surfaces.  It was raining all day today, so maybe tomorrow we have the chance to ride?

The detail in this stamp is great, as enlarged below.  Slania has proven that single coloured stamps can be very enjoyable.

1977Sweden001-2

積もった雪が道路をかちかちに凍らせてから一週間ほど経ちます。ぜったいに転ぶと思って自転車に乗ってないのだけど、かなり限界。風を切って走りたい!今日は一日中雨だったので、雪も溶けたはず。明日には出かけてみます。

このスラニアが彫った凹版印刷のディテールは素晴らしいです。単色でもここまで描き込める、という挑戦のような切手。

under the Mistletoe / ヤドリギの飾り

December 18, 2010

1980UK003
1980UK001
1980UK002
1980UK004
1980UK005

19 November 1980, UK
Christmas

design: J. Matthews

This snow makes airports closed, rail and tube largely suspended.  The roads are all covered with White and too scary to drive…  Let’s make our home warm and cosy for a long stay!

I specially like the Mistletoe and apples decoration of the top stamp.  Mistletoe is recently recognised in the important role of biological diversity in the wood, because it provides rich food and a base for birds nests.

イギリス全土が雪に覆われ、空港も鉄道も、地下鉄すらありこちで止まっている模様。道路も真っ白で運転をするのは怖い。仕方ない。家を暖かくして籠りましょう。

さっぱりしたイラストのイギリスのクリスマス切手。一枚目のヤドリギとりんごのモチーフが一番好きです。ヤドリギは最近まで、寄生した木を枯らすと嫌がられたらしいけれど、近年の研究によると、森の小鳥たちに良質の食料と安全に巣を掛ける場所をあたえ、生物多様性に味方する存在なのがわかってきたそうです。

shrimp, prawn or lobster? / エビ問題

December 14, 2010

1966Japan001
*exch. 047

31 January 1966, Japan
Japanese spiny lobster
original paint: Eizo Kato ( 1906 – 1972 )

When this stamp was issued, we were not aware of the impact of the commercial fishing on the ocean environment.  Recent researches are revealing the scale of destruction and I was shocked to watch ‘The Death of the Oceans?’ presented by David Attenborough.

This is the Japanese spiny lobster and they seem ethically OK.  But smaller ones, prawns or shrimps are more problematic.  Shrimp trawling causes a lot of bycatch.  According to Greenpeace Seafood Red List, there are 10 kgs of bycatch for 1 kg of shrimp, and endangered species, such as sea turtles, are often caught.  Prawns and shrimps are largely exported to Japan, USA and Western Europe.

Do we keep enojoying Dim Sum at a reasonable price in traditional Chinese restaurant or look for a MSC certified restaurant and pay a bit more? – Although I am used to choose vegetables and meat ethically, this is not an easy question to ask myself.

昭和41年1月31日発行
魚介シリーズ
原画:加藤栄三 ( 明治39 – 昭和47 )

この切手が発行された時にはまだ、漁業が環境に与えている影響についてほとんど議論されていなかったと思います。最近、デーヴィッド・アッテンボローのBBCのドキュメンタリー『The Death of the Oceans?』を観てショックを受けました。人口の増加と漁業技術の進歩、寿司が世界中で好まれるようになったこと、、、原因はたくさんあるけれど、ともかくこのまま続けると海の生態系はずたずたになってしまう。

この切手に描かれているイセエビは、たまにしか口にしないけれど、さほど問題ではないようです。もう少し小さめのエビ、アジアの海で底網で収穫されるタイプが環境に深刻な影響を与えています。1キロのエビを穫るために他の生き物が10キロもトロール網にかかってしまうのだそうです。その網には、絶滅の危機にある海ガメもかかってしまう。そして、エビは遠く日本やアメリカ、ヨーロッパなどの消費地に輸出されます。

今までのように中華街で安く美味しい飲茶を食べ続けるか、それともMSCに認定された別のレストランで(ある?)少し高い料金を払うか?卵や肉、野菜などをサステナブルな売り手から買うことには慣れてきたけれど、エビ問題にはちょっと困っているのでした。

season of fish / 冬は魚

December 5, 2010

1967Japan004
1967Japan005
1967Japan001
*exch. 046 ( bottom one only / limited number )

1967 Japan ( from top: 10 March, 30 June, 10 February )
Fugu / painted by Shingo Yamada ( 1908 – 1977 )
Flying Squid / painted by Takayama Tatsuo ( 1912 – 2007 )
Amberjack / painted by Okumura Dogyu ( 1889 – 1990 )

I was grown up in Yamaguchi prefecture, which is known for Fugu fishing.  I remember once my grandfather caught this funny looking but poisonous fish and my mother took it to a fishmonger who had a license to prepare it for sashimi.

Amberjack is a special delicacy for me as it fished far away from where I used to live.  And I was wrong to remember about squid as a winter taste – this Flying Squid, the most common squid is summer/autumn food.

Recently I am more concerend about what I eat – not just the safety of it, but also the impact of commercial fishing on the environment.  Then I started to look up names and the recent statistics.  This list is helpful for getting some idea, from their names.

昭和42年2月~6月発行
魚介シリーズ
原画:
トラフグ / 山田申吾 ( 明治41 – 昭和52 )
スルメイカ / 高山辰雄 ( 明治45 – 平成19 )
ブリ / 奥村土牛 ( 明治22 – 平成2 )

山口県で育ったのでフグは身近な魚でした。祖父が近くで釣って帰って、母が免許を持った魚屋に持ち込んでさばいてもらったのを憶えています。ブリは遠く日本海側で釣れる魚だから、家族にとってはお正月用の特別な魚でした。イカも冬の味だと思い込んでいたのですが、スルメイカは夏が旬なのですね。

近頃、日常的に食べるものがどんな風に育ったり捕獲されたりしているのか、魚好きのわたしたちによる消費が環境にどんな影響を与えているのか気になります。けれど、魚についてあまりに何も知らないので、この一覧表の助けをかりて魚の名前と姿を見比べることから始めようと思います。