Archive for October, 2010

first silhouette / 肖像がシルエットに

October 24, 2010




2 May 1966, UK
‘Landscapes’
design: Leonard Rosoman
Queen’s portrait, adapted by David Gentleman from coinage

The first set of stamps with the Queen’s shilhouette – improvement in design and four different, delicately selected blue backgrounds matching the colours of the pictures. The silhouettes still occupy a large space on each stamp, but they are already proving that it was a good idea!

前のポストで触れた「女王のシルエット」が導入された最初の切手たちです。微妙な違いの4色の背景の青が図柄によって選ばれ、イングランド、北アイルランド、ウェールズとスコットランドの風景が四季にあてはめられた切手。女王のシルエットはまだかなりの面積を占めていますが、それでも試した甲斐があった、と思わせる仕上がり。

before the silhouette / 女王の肖像

October 23, 2010


15 November 1965, UK
Centenary of International Communication Union
design: Andrew Restall

British stamps have no name of the country – instead they have a silhouette of the Queen.  This simplified mark started in 1966 and before then all the stamps had a little portrait of the Queen.

This set of stamps have beautiful composition and colours, by the same designer of Racket Sports of 1977, and you can see how difficult it is to combine modern graphics and the portrait with a State crown.  It is interesting to read the discussions on this problem in the British Postal Museum & Archive, and see a few trial designs without the portrait, which were not issued.

英国の切手は国名が印刷されていないことで知られていますが、替わりに女王のシルエットがあるのでそれと分かります。このシルエットは1966年に導入され、それまではすべての切手に女王の肖像が入っていました。

この1965年のセットは美しい色合いの切手で、前回紹介した『ラケットスポーツ』と同じデザイナーによるものですが、王冠を頂いた肖像とモダンな平面構成とを同じ紙面に載せるのに苦労している感じがあります。この頃から「肖像をなくそう」という議論が始まったようすが、郵便博物館のHPに載っていました。肖像をまったくなくした試みの未発行の切手デザインもいくつか掲載されています。

racket sports / ラケット系

October 15, 2010


12 January 1977, United Kingdom
design: Andrew Restall

I haven’t ridden my bike for 4 weeks and feel really unfit.  I need a table tennis in my studio, as I can do some exercise whatever the weather outside.

This set of stamps are depicting movement of balls hit by rackets.  Beautiful contrast of White and other colours, flat shadowed people located in great sense of space – I like them a lot.

天気が悪かったり風邪をひいたりで、ここひと月ほど自転車に乗っていません。運動不足。。。こんな時、スタジオに卓球台があったら手軽に運動できるのかな、と思ったり。

このシリーズはラケットを使ったスポーツを描いているイギリス70年代の切手で、ボールの軌跡が軽快です。小さい紙面に奥行きを感じさせる巧みな空間が描かれ、中に配置された人の影とネットのコントラストも美しい。イギリスのグラフィックには、時にはっとされられます。

Autumn colours / 秋の色

October 4, 2010



14 September 1993 United Kingdom
‘The Four Seasons – Autumns’
Horse Chestnut, Blackberry and Pear
design: Charlotte Knox

It was windy and rainy typical autumn weather here last two days, the Epping Forest is wet and colourful – autumn leaves and coloured fruits.

These stamps are printed with ‘Conventional gravure’ method, which makes printing ink appear thick on the paper, allowing glossy depth in the picture.  They are symbolical stamps for me to represent impression of Britain.

ここ数日雨が降りつづけ、エッピングの森はしっとりとして秋の色がますます深まりました。

この切手シリーズは「コンベンショナル・グラビア」という腐食版をもちいた手法で印刷され、インクの重量感や光沢が深い秋の色をあざやかに表現しています。湿度ある秋の匂いまで感じさせてくれる切手です。